おせち料理

レシピ おせち料理 おせち料理の段取り 今週の作り置き 段取り・手順

おせち料理特集

おせち料理

伝統的な作り置き料理といえば、おせち料理です。

私は毎年、おせち料理を作ります。

おせち料理は、「手間がかかる」「買うと高い」「味が濃いので、誰も箸をつけない」ということで、私も家を出るまでは、おせち料理を、ほとんど食べたことはありませんでした。

でも、家を出て、子どもたちが産まれてしばらくしてから、少しずつ、少しずつ作るようになり、子どもたちは、もうすっかり、毎年正月のおせち料理を楽しみにしています。その子どもたちも、みな大人になり、孫も生まれ、私が東京に移り住んでいる今でも、毎年関西の家に集まり、おせち料理を作り、皆でいただいています。

私の作るおせち料理は、一般的なレシピよりも薄味です。ですので、たくさんの量をいただくことができ、また、色々なアレンジも楽しむことが出来ます。

一つひとつは、とても作りやすいレシピです。そして、とても日持ちするレシピが多いです。
また、食材によっては、充分、普段のおかずや、箸休めはもちろん、おもてなし料理としていただけるレシピもあります。ですので、事前の練習として、普段から少しずつ作り、慣れておくのも良いかもしれません。

「おせち料理特集」が一冊の本になりました

おせち作りのスケジュールと段取りはもちろん、おせちの2日目以降の食べ方やアレンジレシピ、クリスマスなど季節の行事やおもてなしにもぴったりな「ハレの日の作りおき」も充実。毎年活用できる、手作りおせちのバイブルになれば幸いです。

最新刊

おせち料理を全部作る!? 無理!!

数の子

おせち料理は、全部自分で作らないといけない、決してそんなことはありません!
全品自作で完成、コンプリートなんて、そんなこと、しなくて良いんです。出来るに越したことはないですが、目的はそうやない、そこやないんです。それは「手段」なんです。

お正月を無事に迎えることを祝い、ご自身、そして大切な方の健康と長寿を祈り、美味しくいただく。こんな素敵なハレの日の食卓を、今年もまた、いただける喜びを、しっかりと味わう。これが何より大切です。

例えば、いつも購入している素敵なおせち料理があれば、それで良しです。お雑煮を添える、もう少しだけ品数を足してみる、それも良いですね。

また、1人暮らしや2人暮らし、子どもはまだまだ手が掛かる、親の介護でそれどころではない、年末年始はガッツリ仕事……などという場合は、落ち着いた頃に、好きなお品を、少しだけ用意するのも良いんです。そう強く思います。

実際、25年近く前までの私はそうでした。味付け数の子、特価投げ売りのハムと焼豚とかまぼこを用意し、あとはお惣菜コーナーの「するめ天ぷら」でした。
しかも、当時は年末年始は出勤の仕事でしたので、おせちっぽいものをいただくのは、幕の内が明けて、とうに食材が特価になってから、やっとでした。

そんな状態でしたから、なんか、ちゃんとしたい。おせち料理にチャレンジして、日が遅れても、きちんとお祝いしたい。
そう思ったものの、そもそも、おせち料理をまともに食べたことがないので、味もレシピもわからない、しかも食材がめっちゃくちゃに高い。どうしたもんか。

当時、料理本を見ながら、いわゆる「一の重」をいくつか作ってみました。
で。ものすごく、びっくりしました! 何やこれはめっっっちゃくっちゃ塩辛い! こっちは砂糖食べてるみたいに甘い!
「……もしかしておせち料理って、食べずに飾るん? お食い初めみたいに飾るだけなん?」本気でそう思いました。

それから、味をだいぶと調節しながら、1~2品ずつ、少しずつ、少しずつ、増やしていきました。そんなわけで、どのメニューも初回は「まずは失敗」からスタートでした。要領も良くありませんでしたし、懲りずに何度も何度も何度も失敗しましたし、失敗した食材破棄量がえげつないこともあり、途中でイヤになったことも何度もありましたし、コンプリートには、15年以上かかりました。

でも、大切なこと、目的は、決してコンプリートではありません。
さきほども書きましたが、お正月を無事に迎えることを祝い、ご自身、そして大切な方の健康と長寿を祈り、美味しくいただく。こんな素敵なハレの日の食卓を、今年もまた、いただける喜びを、しっかりと味わう。これが何より大切です。

ですので、心をこめて選ぶ、または、作る。
それぞれのご家庭のご事情に合った、お祝いの形を、大切な方と一緒に過ごすことが出来る。これが何より大切なことやと思うんです。

「でも、おせち料理、作ってみたい」「作ったことあるけど、美味しくなかった」「ただただ疲れた。もういいです」
もしそうであれば、おせち料理、私と一緒に、ぜひ、チャレンジしてみませんか?
ご不明な点や、もっと知りたい点などは、ぜひ、コメントをいただけると幸いです。遅筆ですが、ご回答いたしますね。

スポンサーリンク

おしながき

掲載のレシピは、すべて4~5人分&6~7人分です。
2~3人分を作られる場合は基本的に4~5人分の半量、8人分を作られる場合は、基本的に4~5人分の倍量でOKですが、レシピによっては調味料の分量が多いことがありますので、どうぞお気軽にコメント欄でお問い合わせくださいませ。

おせち料理の段取り

飾り切り大量


一覧を見る

一の重

一の重


一覧を見る

二の重

二の重


一覧を見る

三の重

三の重

筑前煮
筑前煮

続きを見る

お雑煮

お雑煮

お雑煮にも 野菜たっぷり根菜汁
お雑煮にも 野菜たっぷり根菜汁

続きを見る

おもてなしの一品

おもてなしの一品


一覧を見る

毎年のおせち料理と雑感

おせち料理


一覧を見る

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、おせち作りのスケジュールと段取り、飾り切りの方法、重箱への詰め方、おもてなし料理レシピなどもご紹介しています。

おせち料理
おせち料理特集

伝統的な作り置き料理といえば、おせち料理です。 私は毎年、おせち料理を作ります。 おせち料理は、「手間がかかる」「買うと ...

続きを見る

「おせち料理特集」が一冊の本になりました

おせち作りのスケジュールと段取りはもちろん、おせちの2日目以降の食べ方やアレンジレシピ、クリスマスなど季節の行事やおもてなしにもぴったりな「ハレの日の作りおき」も充実。毎年活用できる、手作りおせちのバイブルになれば幸いです。

-レシピ, おせち料理, おせち料理の段取り, 今週の作り置き, 段取り・手順

© 2020 スガ