レシピ おせち料理 作り置きメニュー 段取り・手順

おせち料理特集

更新日:

おせち料理

伝統的な作り置き料理といえば、おせち料理です。

私は毎年、おせち料理を作ります。

おせち料理は、「手間がかかる」「買うと高い」「味が濃いので、誰も箸をつけない」ということで、私も家を出るまでは、おせち料理を、ほとんど食べたことはありませんでした。

でも、家を出て、子供たちが産まれてしばらくしてから、少しずつ、少しずつ作るようになり、子供たちは、もうすっかり、毎年正月のおせち料理を楽しみにしています。

私の作るおせち料理は、一般的なレシピよりも薄味です。ですので、たくさんの量をいただくことができ、また、色々なアレンジも楽しむことが出来ます。

一つひとつは、とても作りやすいレシピです。そして、とても日持ちするレシピが多いです。
また、食材によっては、充分、普段のおかずや、箸休めはもちろん、おもてなし料理としていただけるレシピもあります。ですので、事前の練習として、普段から少しずつ作り、慣れておくのも良いかもしれません。

おせち料理を全部作る!? 無理!!

数の子

おせち料理は、全部自分で作らないといけない、決してそんなことはありません!
全品自作で完成、コンプリートなんて、そんなこと、しなくて良いんです。出来るに越したことはないですが、目的はそうやない、そこやないんです。それは「手段」なんです。

お正月を無事に迎えることを祝い、ご自身、そして大切な方の健康と長寿を祈り、美味しくいただく。こんな素敵なハレの日の食卓を、今年もまた、いただける喜びを、しっかりと味わう。これが何より大切です。

例えば、いつも購入している素敵なおせち料理があれば、それにもう少しだけ品数を足す、というのも充分に有りなんです。

また、1人暮らしや2人暮らし、子供はまだまだ手が掛かる、親の介護でそれどころではない、年末年始はガッツリ仕事……などという場合は、落ち着いた頃に、好きなお品を、少しだけ用意するのも良いんです。そう強く思います。

実際、25年近く前までの私はそうでした。味付け数の子、特価投げ売りのハムと焼豚とかまぼこを用意し、あとはお惣菜コーナーの「するめ天ぷら」でした。
しかも、当時は年末年始は出勤の仕事でしたので、おせちっぽいものをいただくのは、幕の内が明けて、とうに食材が特価になってから、やっとでした。

作ってみたいけど、そもそも、おせち料理をまともに食べたことがないので、味もレシピもわからない、しかも食材がめっちゃくちゃに高い。どうしたもんか。

当時、料理本を見ながら、いわゆる「一の重」をいくつか作ってみました。
で。ものすごく、びっくりしました! 何やこれはめっっっちゃくっちゃ塩辛い! こっちは砂糖食べてるみたいに甘い!
「……もしかしておせち料理って、食べずに飾るん? お食い初めみたいに飾るだけなん?」本気でそう思いました。

それから、味をだいぶと調節しながら、1~2品ずつ、少しずつ、少しずつ、増やしていきました。そんなわけで、どのメニューも初回は「まずは失敗」からスタートでした。要領も良くありませんでしたし、懲りずに何度も何度も何度も失敗しましたし、失敗した食材破棄の金額がえげつないこともあり、途中でイヤになったことも何度もありましたし、コンプリートには、15年以上かかりました。

でも、大切なこと、目的は、決してコンプリートではありません。
さきほども書きましたが、お正月を無事に迎えることを祝い、ご自身、そして大切な方の健康と長寿を祈り、美味しくいただく。こんな素敵なハレの日の食卓を、今年もまた、いただける喜びを、しっかりと味わう。これが何より大切です。

ですので、心をこめて選ぶ、または、作る。
それぞれのご家庭のご事情に合った、お祝いの形を、大切な方と一緒に過ごすことが出来る。これが何より大切なことやと思うんです。

「でも、おせち料理、作ってみたい」「作ったことあるけど、美味しくなかった」「ただただ疲れた。もういいです」
もしそうであれば、おせち料理、私と一緒に、ぜひ、チャレンジしてみませんか?
ご不明な点や、もっと知りたい点などは、ぜひ、コメントをいただけると幸いです。遅筆ですが、ご回答いたしますね。

スポンサーリンク

おしながき

掲載のレシピは、すべて4~5人分&6~7人分です。
2~3人分を作られる場合は基本的に4~5人分の半量、8人分を作られる場合は、基本的に4~5人分の倍量でOKですが、レシピによっては調味料の分量が多いことがありますので、どうぞお気軽にコメント欄でお問い合わせくださいませ。

おせち料理の段取り

飾り切り大量

おせち料理 重箱への詰め方
おせち料理 重箱への詰め方

リクエストをいただいていました、おせち料理の重箱への詰め方をご紹介します。 重箱の仕切りや、仕切り代わりにちょうど入る器 ...

2日目以降のおせち料理のいただき方
2日目以降のおせち料理のいただき方

せっかく用意したおせち料理。ところが正月も2日になると「飽きた」「違う味が欲しい」、という声も聞こえてくるのではないでし ...

飾り切りの方法
飾り切りの方法

今回は、飾り切りの方法を、お正月料理に使う飾り切りをメインにご紹介します。 飾り切りを行うことで、見た目が華やかに美しく ...

おせち料理のスケジュール
おせち料理のスケジュールと段取り

おせち料理は、準備に割と時間がかかります。 戻す時間など、下ごしらえに時間がかかる食材が割とたくさんあったり、食材は年末 ...

一の重

一の重

甘さほんのり 黒豆の赤ワイン煮
甘さほんのり 黒豆の赤ワイン煮

冷蔵1週間/冷凍1か月 今回は、黒豆を赤ワインで煮た、甘さ控えめ、つやつやに仕上がるレシピをご紹介します。 私は、甘じょ ...

かつお風味たっぷり 基本の数の子 
かつお風味たっぷり 基本の数の子 

冷蔵5日 今回は、基本の数の子のレシピを、より簡単な皮のむき方、苦くならないコツと併せてご紹介します。 私は酒飲みだから ...

簡単きれい お手軽栗きんとん
簡単きれい お手軽栗きんとん

冷蔵5日 今回は、簡単にできる栗きんとんのレシピをご紹介します。 栗だけで上品にあっさりと作りたいところなのですが、生栗 ...

にしんの昆布巻き
旨味ふっくら にしんの昆布巻き

冷蔵1週間 今回は、圧力鍋を使った、にしんの昆布巻きのレシピをご紹介します。 にしんの昆布巻きは、身欠きにしんを、昆布で ...

棒だらの煮付け
毎日食べたい常備菜 棒だらの煮付け

冷蔵10日 今回は、圧力鍋を使った、棒だらの煮付けのレシピをご紹介します。 私は関西人ですが、東北地方の料理も大好きです ...

おやつにも 酒の肴にも ナッツたっぷりごまめ
おやつにも 酒の肴にも ナッツたっぷりごまめ(田作り)

冷蔵1週間 今回は、ナッツがたっぷり入ったごまめ(田作り)のレシピをご紹介します。 子供の頃、ごまめが大嫌いでした。煮干 ...

ハレの日のおもてなし えびのうま煮
ハレの日のおもてなし えびの旨煮

冷蔵4日 今回は、ハレの日にぴったりの、えびの旨煮のレシピをご紹介します。 ハレの日は、お肉もいいですが、えびがあると、 ...

伊達巻き
甘さ控えめ 簡単ふわふわ伊達巻き

冷蔵4日 今回は、甘さ控えめで、簡単にふわふわに仕上がる伊達巻きのレシピをご紹介します。 関西人やからでしょうか、それと ...

二の重

二の重

2種類のロールチキン 照り焼き/チーズ&みそ
2種類のロールチキン 照り焼き/チーズ&みそ

冷蔵4日 今回は、ロールチキンのレシピを2種類ご紹介します。あ、野菜を欲張ってたっぷり使い過ぎると、写真のようにちょっと ...

ぶりの照り焼き
フライパンでぶりの照り焼き

冷蔵4日 今回は、ぶりの照り焼きのレシピをご紹介します。 関西に住んでた頃、お気に入りの魚屋さんでは、ぶりがとんでもなく ...

菊花かぶ
菊花かぶ 箸休めにも 焼き魚のお供にも 

冷蔵1週間 今回は、この一品があれば、食卓がぱっと華やぐ、菊花かぶのレシピをご紹介します。 菊花かぶの作り方を知っておく ...

酢れんこん
やさしい味の酢れんこん

冷蔵10日/冷凍1か月 今日は、酢れんこんのレシピをご紹介します。 いやー、子供の頃は本当にダメでしたね、酢れんこん。酢 ...

のし鶏
のし鶏 おせち料理にも お弁当にもどうぞ

冷蔵4日 今回は、のし鶏のレシピをご紹介します。 鶏ひき肉を使い、ほんのりと、みそとしょうがの香りが効いた一品です。 つ ...

高野豆腐の含め煮
おせち料理にもどうぞ ほっとする味 高野豆腐の含め煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、高野豆腐の含め煮のレシピをご紹介します。 だしの味が優しく染み渡った高野豆腐は、温かくして ...

休日に作るローストビーフ
休日に作るローストビーフ 肉汁とソースの旨味を閉じ込めます

冷蔵4日 今回は、ローストビーフのレシピをご紹介します。 後半で、肉の色や肉汁についてもご説明いたします。 私のレシピは ...

おせち料理にもどうぞ 食物繊維たっぷり たたきごぼう
おせち料理にもどうぞ 食物繊維たっぷり たたきごぼう

冷蔵1週間 今回は、だしの風味とほんのりした甘味が染み渡る、歯ごたえがおいしい、たたきごぼうのレシピをご紹介します。 た ...

五色なます
根菜たっぷり!色とりどり五色なます

冷蔵1週間 もともと、おせち料理のなますとして作ってみたら、大好評! 数種類の根菜と干ししいたけをたっぷり使い、炒めてか ...

三の重

三の重

筑前煮 たっぷりの根菜を、鶏もも肉の旨味で煮含めます

冷蔵4日 今回は、筑前煮のレシピをご紹介します。 たっぷりの根菜を、鶏もも肉の旨味で煮含めた、滋味あふれる逸品、大好きで ...

お雑煮

お雑煮

お雑煮にも 野菜たっぷり根菜汁
お雑煮にも 野菜たっぷり根菜汁

冷蔵5日 今回は、うちのお雑煮のレシピをご紹介します。 お雑煮といいつつ、毎年11月頃から翌年3月頃までロングランで我が ...

おもてなしのもう一品

おもてなしのもう一品


豚の角煮
極上 豚の角煮

冷蔵1週間/冷凍1か月 今回は、これまで私が試した中で、一番美味しかった豚の角煮のレシピをご紹介します。 豚肉にしょうゆ ...

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, おせち料理, 作り置きメニュー, 段取り・手順

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2019 All Rights Reserved.