豚こまの南蛮漬け

レシピ 野菜のおかず 玉ねぎ にんじん お肉のおかず 豚肉 豚こま切れ肉 赤唐辛子 冷蔵5日 おつまみ お弁当のおかず ねかせておいしい 和風

豚こまの南蛮漬け

冷蔵5日

豚こまの南蛮漬け

今日は、豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

カリッと焼いた豚こま切れ肉を、たっぷりの玉ねぎとにんじんと甘酢を合わせた南蛮酢に漬けます。

ご飯が進む甘辛酸っぱい味付けで、ボリュームたっぷりの野菜と豚肉をいただきます。

出来たてでも、よく冷やしても、どちらでもおいしくいただけます。あっさり、さっぱりとした口当たりですので、作り置いておけば、暑い日の献立がとてもラクになります。

レシピについて

より簡単な手順で、おいしくいただけるよう、分量、工程を全面的に見直しました。
薄切りにした玉ねぎと、千切りにしたにんじんを、合わせ調味料と混ぜ合わせて南蛮酢を作ります。豚こま切れ肉に片栗粉をまぶして焼き、南蛮酢と和えて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 豚こま切れ肉 400g
  • 玉ねぎ 1個(200~300g×1)
  • にんじん 小1本 または 中1/2本(75~100g×1)
  • 片栗粉 大さじ4
  • サラダ油 大さじ2(30ml)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 100ml
  • (または)水100ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/4
  • 酢 大さじ4(60ml)
  • しょうゆ 大さじ4(60ml)
  • 砂糖 大さじ3
  • 輪切り唐辛子※ 小さじ1(赤唐辛子1本分)

※小さいお子さんがいらっしゃったり、辛味が苦手であれば、省いても構いません。

8人分

  • 豚こま切れ肉 800g
  • 玉ねぎ 2個(200~300g×2)
  • にんじん 小2本 または 中1本(75~100g×2)
  • 片栗粉 大さじ8
  • サラダ油 大さじ4(60ml)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • 酢 120ml(大さじ8)
  • しょうゆ 120ml(大さじ8)
  • 砂糖 大さじ6
  • 輪切り唐辛子※ 小さじ2(赤唐辛子2本分)

※小さいお子さんがいらっしゃったり、辛味が苦手であれば、省いても構いません。

作り方

step
1
玉ねぎは半分に切り、

玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。

玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ

step
2
スライサーで薄くスライスし、大きめのボウルに入れます。

スライスする際、怪我をしないように、必ずガードを使いましょう。また、ぎりぎりまでスライサーを使うのではなく、無理をせず、端のほうは包丁を使って薄切りにしましょう。

玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ

step
3
にんじんは千切り用スライサーなどで、皮ごと千切りにし、手順2のボウルに加えます。

にんじんにんじん
にんじんにんじん
にんじんにんじん

step
4
合わせ調味料の材料をすべて加えて、よく混ぜ合わせて調味料をなじませ、野菜がすべて調味料に浸かるようにします。

ボウルの底から返すように、野菜をほぐしながら、しっかりと混ぜ合わせましょう。野菜が調味料になじむほど、野菜のかさが少なくなっていきます。

これで南蛮酢の出来上がりです。
時間が経つほど、野菜から出た旨味と調味料がなじんで、どんどんまろやかな味わいになっていきます。

南蛮酢南蛮酢
南蛮酢南蛮酢

step
5
豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

豚肉に片栗粉をまぶすことで、ボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

豚肉豚肉
豚肉豚肉

step
6
フライパンにサラダ油をひき、手順5の豚肉をほぐし入れ、

豚肉豚肉

step
7
弱めの中火にかけます。2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、さらに5~6分ほどそのままにします。

写真のように、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。

豚肉

step
8
表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いですが、この後の手順でほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。

豚肉豚肉
豚肉豚肉

step
9
赤い部分がなくなるまで2~3分ほど加熱し、ざっと全体をほぐします。

豚肉豚肉

step
10
豚肉の油を軽く切って、手順4の南蛮酢に入れ、和えるように全体をざっくりと混ぜ合わせて、豚肉に南蛮酢を絡めます。

豚肉豚肉
豚肉豚肉

step
11
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。
できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で2時間以上しっかりと冷やすと、より口当たり良く、さっぱり、あっさりといただけます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
  • スライスする際、怪我をしないように、必ずガードを使いましょう。また、ぎりぎりまでスライサーを使うのではなく、無理をせず、端のほうは包丁を使って薄切りにしましょう
  • 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 豚肉を焼いている間は、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で2時間以上しっかりと冷やすと、より口当たり良く、さっぱり、あっさりといただけます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材(いずれも手順4で追加):ピーマン/パプリカ/切干大根/いりごま
  • いただく際、添えておいしい具材:大葉千切り/青ねぎ小口切り/みょうが千切り/かいわれ大根
  • ボリュームサラダの具材としても。

おすすめ食材、ツール

愛用品です。きゅうり、にんじん、しょうがなどの千切りが、速攻で美しく出来るスライサーです。セラミック製ですので、錆びずに、まるごと漂白消毒できるのでありがたいです。


内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。

豚こま切れ肉のレシピはこちらもどうぞ


ピーマンと豚肉の甘辛炒め
ピーマンと豚肉の甘辛炒め

2021/9/1

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ピーマンと豚こま切れ肉で作る、メインおかずのレシピをご紹介します。 ご飯が進む甘じょっぱい ...

豚こまの梅だれ漬け
豚こまの梅だれ漬け

2021/8/16

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、豚こま切れ肉を使ったレシピをご紹介します。 ご飯が進む、出汁たっぷりの梅味で、あっさり、さ ...

なすと豚こまのトマト煮
なすと豚こまのトマト煮

2021/7/11

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 豚こま切れ肉に、アツアツ ...

豚こまの南蛮漬け
豚こまの南蛮漬け

2021/7/3

冷蔵5日 今日は、豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 カリッと焼いた豚こま切れ肉を、たっぷりの玉 ...

パプリカと豚こまのしょうゆ炒め
パプリカと豚こまのしょうゆ炒め

2021/9/1

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、パプリカと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 パプリカは火を通すと ...


もっと見る