作り置きのコツ・ポイント

せっかく作った作り置きです。長持ちさせるためには、いくつかのポイントを押さえておくことが大切です。

私が実践している、より長い間、おいしく味わうためのコツをまとめてみました。
また、私の味付けは薄味ですが、これらを守れば、「作り置き=濃い味でないといけない」という概念は無くなります。
免責事項も併せてお読みくださいませ。

「なんかそれでも心配……」「やってみたいけど、わからないことがいっぱいあって……」という方は、食中毒を防止するために 知識と実践作り置きに関するQ&Aも、お読みいただけますと幸いです。

調理前のポイント

調理をする前の、下準備です。
もちろん、調理前に、手はしっかりと洗いましょう。手首や、親指の付け根、爪の間などは、洗い残しが多く、かつ多く食品に触れますので、しっかりと洗っておきましょう。
また、髪が長い方は、面倒でも、しっかり束ねておきましょう。

調理前は消毒しましょう

しっかりアルコール消毒しましょう
消毒、大事です!
おいしいお料理が好きなのはヒトだけではなく、雑菌も大好きです。調理する前に、まずしっかり消毒しましょう。

アルコール消毒が手軽で確実です。すぐに乾くのと、簡単なのがいいですね。
キッチン台はもちろん、流し台、調理器具、立てかけているまな板、仕切り板、床など、全面的に消毒しましょう。

私は、市販のアルコール消毒スプレーを吹きかけて消毒しています。

また、調理中よく使う、ふきんやタオルは、清潔なものを何枚か用意しておき、キッチンペーパーもすぐ手の届くところにたくさん補充しておきましょう。

調理時のポイント

作り置きの保存性はもちろん、美味しく仕上がるコツでもあります。

しっかり火を通しましょう

切干大根は熱湯で茹でます
食材に中途半端に火を通したままですと、雑菌が繁殖しますので、食材はしっかり加熱しましょう。

雑菌は、水分が多ければ多いほど繁殖しやすいですので、佃煮や炒め煮などのおかずは、できるだけ汁気がなくなるまで煮詰めましょう。

水気はしっかり切りましょう

ざるにあけ、粗熱がとれたらぎゅっと絞ります
サラダや和え物を作る際、水分はできるだけしっかり切りましょう。ざるにあけるだけではなく、絞ることができる食材は、しっかり握ってぎゅっと絞ります。

水分が多いままですと、仕上がりの味がぼけて残念な感じになります。おまけに、日が経つほど余分な水分が抜け出て、さらにまずくなります。

スパイス、オイル、酢を利かせましょう

一味唐辛子を入れます
唐辛子、こしょう、にんにく、しょうがなど、殺菌効果の高いスパイスは作り置きの強い味方です。また、塩分を控えた味付けでも味がしっかりと決まります。

また、オイル漬けや酢漬けも作り置き向きです。食材が調味液にしっかりかぶるように漬け込むことで、素材と空気が触れないため、長持ちします。

保存時のポイント

長く美味しく味わえるコツ、そして何より、食中毒を防ぐことが出来ます。

保存容器はしっかり乾燥、しっかり消毒

しっかり乾燥、しっかり消毒
水分は保存の大敵です。保存に使う容器は、まずしっかり乾燥させましょう。洗ったあと時間のないときは、なるべく水気を切ってから、キッチンペーパーで拭き上げます。

そして、しっかり消毒しましょう。私は容器もアルコールで消毒しています。手軽、確実、時短、低コストと、アルコールは優秀です。

よく冷ましてから冷蔵庫へ入れましょう

バットに広げ、網に乗せて冷まします
熱い状態で容器のふたをすると、時間が経つと蒸気がふたの裏に水滴となり、おかずが痛む原因となります。また、熱いままで冷蔵庫に入れると、冷蔵庫内の温度が上がり、他の食材が痛む原因にもなります。

大きめのバットに広げ、網に乗せると早く冷めます。また、このようにすることで余分な水分が抜けますので、味が染み込み、つや良く仕上がります。

煮込み料理は、できるだけ急冷しましょう

急冷します
よく煮込んだはずのカレーやシチュー、筑前煮など、肉・野菜などの煮込み料理で食中毒を発症するのは、主に「ウエルシュ菌」が原因です。

煮込み料理を作ったら、できるだけ急速に冷まして冷蔵庫で保存しましょう。一回り大きい鍋やボウル、シンクに水をはったところに、調理した鍋ごと入れて、氷+流水で、かき混ぜながら冷まします。もちろん、はった水に、氷をたくさん入れてもいいですよ。4~8人分程度でしたら、10~15分くらいで粗熱が取れます。

いきなり冷蔵庫に入れる、という荒業は、やめましょう。冷蔵庫の温度が上がり、保存していた他の食材の温度も上がりますので、それこそ食中毒の元です。

ラベルを貼りましょう

ラベルを貼りましょう
出来上がったおかずの容器には、ラベルを貼っておきましょう。

私は、完成もしくは食べ頃の日付、おかずの名前、簡単な調理法を書いて貼っています。
冷蔵庫を開けてすぐに見つかりますし、誰でも、いつ作ったか、どうやって食べるかがすぐにわかります。
「え~…っと」と、冷蔵庫を長い時間開けていると、冷蔵庫の温度が上がり、食中毒の元となります。

食べる時のポイント

「一人暮らしだし」「家族だし」
残念ながら、そういう問題ではありません。作り置きを、長く美味しく品質高くいただくには、「清潔」が一番大切です。

お箸、スプーンは使い回さない

取り箸は使い回さない
お箸やスプーンを使い回すと、味もそうですが、雑菌も他のおかずに移ってしまいます。
だからといって、水でジャーと洗ったすぐのお箸を使うと、保存の大敵、水分が入り込んでしまいます。

一度使ったお箸は使わない、もしくは、きれいにキッチンペーパーで拭いてから違うおかずを取りましょう。

まとめ

少し面倒なことが多いかもしれませんが、きちんと行なっておくと、作ったおかずが傷みにくく、「長く」「美味しく」「品質高く」いただくことが出来ますよ。

調理前のポイント
・調理前に、手はしっかりと洗いましょう。手首や、親指の付け根、爪の間などは、洗い残しが多く、かつ多く食品に触れますので、しっかりと洗っておきましょう
・髪が長い方は、面倒でも、しっかり束ねておきましょう
・調理前は消毒しましょう
・ふきんやタオルは、清潔なものを何枚か用意しておき、キッチンペーパーもすぐ手の届くところにたくさん補充しておきましょう

調理時のポイント
・しっかり火を通しましょう
・水気はしっかり切りましょう
・スパイス、オイル、酢を利かせましょう

保存時のポイント
・保存容器はしっかり乾燥、しっかり消毒
・よく冷ましてから冷蔵庫へ入れましょう
・煮込み料理は、できるだけ急冷しましょう
・ラベルを貼りましょう

食べる時のポイント
・お箸、スプーンは使い回さない

おすすめ食材、ツール
100%食品に使える原料から作られているアルコール消毒スプレーですので、キッチンまわりはもちろん、食卓テーブルなどにも安心してガンガン使えます。
また、パソコンのキーボードなどを拭いたりするときにも重宝しています。

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。

本日公開レシピ

関連するレシピ