旧式・タンドリーチキン

レシピ 野菜のおかず 玉ねぎ 鶏肉 鶏もも肉 ヨーグルト カレー粉 インド料理の香辛料(クミン・ターメリック等) 冷蔵5日 冷凍1か月 おつまみ お弁当のおかず おもてなしの一品 ねかせておいしい 洋風 インド料理

丁寧に作るタンドリーチキン

冷蔵5日/冷凍1か月

丁寧に作るタンドリーチキン

今日は、タンドリーチキンのレシピをご紹介します。

レモン果汁と塩でマリネしてから漬け込み、漬け汁には玉ねぎのすりおろしを加えます。ひと手間、ふた手間かかりますが、とても柔らかくジューシー、格別のおいしさに仕上がります。

また、漬け汁が余りますので、活用法も併せてご紹介します。

焼き上げは、魚焼きグリルがおすすめです。高温で一気に焼き上がり、余分な脂が落ち、カリッとジューシーに仕上がります。もちろんオーブンやフライパンでも焼けますので、それぞれの焼き方をご紹介します。

メインのおかずにはもちろん、おつまみにもどうぞ。

レシピについて

切った鶏もも肉を、レモン果汁と塩でマリネしてから、調味料に漬け込み、焼き上げます。
以前ご紹介していたレシピを、改めて整理しました。
より手軽に作れて、調味料を使い切るレシピは、こちらをご参照くださいませ。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 鶏もも肉 2枚(300g目安×2)
  • ■マリネ用調味料
  • レモン果汁 大さじ2(30ml)
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 玉ねぎすり下ろし 1/2個分(100~150g)
  • ヨーグルト(無糖) 大さじ4(60g)
  • カレー粉 大さじ2
  • にんにくすり下ろし 小さじ2(2片分)
  • しょうがすり下ろし 大さじ1(3~4cm角1片分)
  • チリペッパー※ 小さじ1

※チリペッパーは、一味唐辛子、レッドペッパー、またはカイエンペッパーで代用できます。チリパウダーは別物で、乾燥香味野菜や塩が含まれていることから、このレシピでは不向きです。

8人分

  • 鶏もも肉 4枚(300g目安×4)
  • ■マリネ用調味料
  • レモン果汁 大さじ4(60ml)
  • 塩 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • 玉ねぎすり下ろし 1個分(200~300g)
  • ヨーグルト(無糖) 大さじ8(120g)
  • カレー粉 大さじ4
  • にんにくすり下ろし 小さじ4(4片分)
  • しょうがすり下ろし 大さじ2(5~6cm角1片分)
  • チリペッパー※ 小さじ2

※チリペッパーは、一味唐辛子、レッドペッパー、またはカイエンペッパーで代用できます。チリパウダーは別物で、乾燥香味野菜や塩が含まれていることから、このレシピでは不向きです。

漬け方

step
1
鶏肉は、1枚を4つに切ります。

鶏肉は、水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。
鶏もも肉はキッチンバサミを使うと切りやすいです。

血合いや黄色い脂がある場合は、雑味が出てしまいますので、取り除くことをおすすめします。
白い筋がある場合は、取り除いておきましょう。加熱すると硬くなります。

鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉

step
2
マリネ用調味料を加え、よくもみ込み、冷蔵庫で30分ほどねかせます。

写真はボウルを使っていますが、ポリ袋やバットを使っても構いません。

このひと手間で、より臭みを取り除き、塩味をしっかりと入れます。

ねかせている間に、次の手順に進み、合わせ調味料を用意しておくとよいです。

鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉

step
3
合わせ調味料の材料を、よく混ぜ合わせます。

写真はボウルを使っています。保存袋や保存容器を使っても構いませんが、ボウルのほうが調味料が均一に混ざるため、扱いやすいです。

玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。

ヨーグルトは重さを量りながら加えると、確実に味が決まります。

合わせ調味料合わせ調味料
合わせ調味料合わせ調味料
合わせ調味料合わせ調味料
合わせ調味料合わせ調味料

step
4
手順2の鶏肉の汁気を切って、合わせ調味料に入れ、よくもみ込んで、1時間以上漬けます。

ボウルを使う場合は、ラップで密封してから冷蔵庫に入れましょう。

冷蔵庫で一晩(8時間)以上漬け込むと、よりおいしく仕上がります。

この時点で冷蔵5日、冷凍1か月保存可です。ただし、解凍肉を使う場合は、再冷凍になり、仕上がりがパサついておいしさが半減しますので、冷凍保存は避けましょう。

鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉

step
5
ここまでの手順で、鶏肉に付着しているカンピロバクターが飛散しています。食中毒を防ぐため、シンク、まな板はしっかりと洗浄し消毒しましょう。

鶏肉を洗った際にシンクに飛び散ったり、まな板に付着していますので、しっかりと洗い、消毒しましょう。消毒は熱湯を回しかけるか、手軽で確実なアルコール消毒がおすすめです。

シンクまな板

魚焼きグリルでの焼き方

step
6
漬け汁を除いて、魚焼きグリルに並べます。

私は受け皿にアルミホイルを敷き、網にサラダ油(分量外)を塗っています。アルミホイルを捨てるだけで脂の処理が出来るので便利です。

鶏肉は焼くと縮みますが、4枚ずつ焼くほうが無難です。

鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉

step
7
9~10分焼き、ひっくり返して4~5分目安で焼きます。

多少焦げても構いません。そのほうがおいしいです。

火加減の調整ができる場合は、強火で焼き、焦げが気になるようなら中火にするとよいです。

鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉

step
8
残りの鶏肉も同様に焼き上げます。

鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉

step
9
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

オーブンでの焼き方

手順5までの下ごしらえは同様です。

step
6
オーブンを220℃に温めます。天板に網を乗せ、漬け汁を除いて並べます。

鶏肉

step
7
中段に入れ、25~30分ほど焼きます。

途中焦げが気になるようなら、上からアルミホイルをかぶせるとよいです。

鶏肉鶏肉

フライパンでの焼き方

焼き上がりが魚焼きグリルやオーブンとは違い、しっとりとした焼き上がりです。手順5までの下ごしらえは同様です。

step
6
フライパンにサラダ油(分量外)を薄くひき、漬け汁を除いて、鶏肉の皮目を下にして並べ、ふたをせずに強めの中火で熱します。

鶏肉鶏肉

step
7
9~10分ほど経ち、フライパンに面している側に焼き色が付いたらひっくり返し、

鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉

step
8
ふたをして弱火にし、5~6分ほど蒸し焼きにします。

鶏肉鶏肉

step
9
ふたを開け、強めの中火にし、煮汁を飛ばすように1~2分ほど沸騰させます。

鶏肉鶏肉

step
10
煮汁が少なくなり、大きな泡立ちが出てきたら、全体を混ぜ合わせて鶏肉に煮汁を絡め、火を止めます。

多少焦げ目が付いても構いません。そのほうがおいしいです。

鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉

step
11
しっとりとした仕上がりです。

仕上がり

step
12
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

漬け汁活用法その1:カレー麺

タンドリーチキンをフライパンで作った際の、残ったソースも活用できます。
カレー鍋のつゆとしても。

材料

2人分

  • 漬け汁:4人分の残り
  • トマト(※1) 1個
  • 水 450ml
  • めんつゆ(3倍濃縮) 50ml
  • お好みの麺(※2) 乾麺なら80~100g×2、生麺なら120~170g×2
  • (あれば)長ねぎなど、お好みの具材

(※1)トマトが入手しにくい場合、カットトマト1缶を使用しても構いません。濃いめに仕上がります。
(※2)うどん/そば/中華麺/緑豆春雨などが合います。

作り方

step
1
麺はゆでておきます。トマトは洗って水気を拭き、皮ごとすり下ろします。

トマトトマト
トマトトマト

step
2
水とめんつゆを計量し、合わせておきます。

カレー麺

step
3
フライパンか鍋に、漬け汁、手順1ですりおろしたトマトを入れて混ぜ合わせ、中火にかけます。

タンドリーチキンをフライパンで作った際の、残ったソースも活用できます。

カレー麺カレー麺
カレー麺カレー麺

step
4
時々混ぜながら、ペースト状になるまで加熱したら、手順2のめんつゆを加えて、のばします。

カレー麺カレー麺
カレー麺カレー麺

step
5
時々混ぜながら、全体が沸騰するまで加熱したら、ゆでておいた麺、お好みの具材を加え、ひと煮立ちさせます。

カレー麺カレー麺
カレー麺カレー麺

step
6
出来上がりです。

写真は中華麺です。

仕上がり

漬け汁活用法その2:チキンカレー

具材は、タンドリーチキンを加えても良いですし、新たに鶏肉を加えても構いません。

材料

2人分

  • オリーブオイル 大さじ2
  • クミン 小さじ1
  • 漬け汁:4人分の残り
  • トマト※ 1個
  • 砂糖 小さじ1
  • 水 250ml
  • タンドリーチキン4枚 または 鶏もも肉1枚(ひと口大に切る)
  • (あれば)きのこ類、パクチー、青唐辛子など、お好みの具材

※トマトが入手しにくい場合、カットトマト1缶を使用しても構いません。濃いめに仕上がります。

作り方

step
1
トマトは洗って水気を拭き、皮ごとすり下ろします。

トマトトマト
トマトトマト

step
2
フライパンにオリーブオイルとクミンを入れ、弱火にかけ、クミンの周りに細かな泡が立ち、クミンの香りが立つまで加熱します。

チキンカレー

step
3
漬け汁、手順1ですりおろしたトマト、砂糖を加え、中火にし、混ぜながらペースト状になるまで加熱します。

カレーカレー
カレーカレー

step
4
タンドリーチキンまたは鶏もも肉を加え、かき混ぜながらペーストをなじませます。

鶏もも肉を使う場合、鶏肉から肉汁が出てきたら、少し火を強め、表面が少し色づくまで炒めます。

カレーカレー

step
5
水を加えて強火にし、沸騰させます。

鶏もも肉や、お好みの具材を使う場合、沸騰後、ふたをして弱火にし、さらに7~8分ほど煮ます。

最後に味をみて、薄いようなら塩で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。

カレーカレー

step
6
出来上がりです。

仕上がり

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ヨーグルトは重さを量りながら加えると、確実に味が決まります。
  • サラダ油は減らさず、分量通り加えましょう。鶏肉によく絡み、しっとりと仕上がります。また、調味料が均一に混ざりやすくなり、袋や容器から離れやすくなります。
  • 鶏もも肉は、1)水洗いして水気を拭き取り、2)血合いや黄色い脂を取り除き、3)筋を断ち切ってから調理すると、臭みや雑味が取り除かれ、硬く不快な舌触りもなくなります。
  • 魚焼きグリルは、受け皿にアルミホイルを敷くと、アルミホイルを捨てるだけで脂の処理が出来るので便利です。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • いただく際、添えておいしい香味野菜:パクチー
  • カレー粉に代えて:ガラムマサラ、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、パプリカパウダーを、4人分各大さじ1/2、8人分各大さじ1使用します。
  • 違う具材を漬けて焼いても:ウインナー、ゆで卵、玉ねぎ(クシ型に切る)、じゃがいも(1cm程度の厚さに薄切り)
  • ブリトー:レタスやキャベツの千切り、トマトなどの野菜と、スライスチーズと一緒にトルティーヤで挟みます。
  • お弁当のおかずにも。
  • 残った漬け汁は、あと1回程度は再利用できますが、最初に作ってから5日間以内に使い切りましょう。

おすすめ食材、ツール

カレー粉は、最近はGABANを使用しています。じっくりと焙煎し香辛料のほどよい風味・香りを有するカレーパウダーです。香りよし、味よし、コストパフォーマンスが高いので気に入っています。amazon定期おトク便利用です。

鶏もも肉のレシピはこちらもどうぞ


なすと鶏もも肉の味噌炒め
なすと鶏もも肉の味噌炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすと鶏もも肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 甘じょっぱい、にんにく風味の ...

なすと鶏もも肉のさっぱり炒め
なすと鶏もも肉のさっぱり炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、なすと鶏もも肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 鶏もも肉に、アツアツとろとろ ...

旧式・タンドリーチキン
丁寧に作るタンドリーチキン

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、タンドリーチキンのレシピをご紹介します。 レモン果汁と塩でマリネしてから漬け込み、漬け汁に ...

タンドリーチキン
タンドリーチキン

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、タンドリーチキンのレシピをご紹介します。 週末に漬け込んでおけば、平日いつでも焼くだけで完 ...

具だくさんグリーンカレー
具だくさんグリーンカレー

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、グリーンカレーのレシピをご紹介します。 具だくさんのグリーンカレーです。水は使わず、たっぷ ...


もっと見る

梅干しの作り方

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
梅干しの作り方

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る

© 2021 スガ