棒だらの煮付け

レシピ しょうが 魚介のおかず 棒だら 煮干し 昆布 冷蔵10日 冷凍1か月 おつまみ お弁当のおかず 圧力鍋で作る ねかせておいしい 和風 おせち料理 一の重

棒だらの煮付け

冷蔵10日/冷凍2か月

棒だらの煮付け

今日は、棒だらの煮付けのレシピをご紹介します。

私は関西人ですが、東北地方の料理も大好きです。その中の一つが、棒だらの煮付けです。旨味と滋味あふれる、とても贅沢な海の幸の一品、おせち料理には必ず詰めています。

調味料は控えめですが、しっかりと下ゆでをし、そして煮詰めることで、旨味の活きた、しっかりとした味付けに仕上がります。そしてこの甘辛さが、やみつきになります。

旨味たっぷりの甘じょっぱさが、ご飯のお供にはもちろん、絶品の酒の肴としていただけますので、普段使いのお惣菜としてもおすすめします。

レシピについて

棒だらを一昼夜かけて戻し、番茶で下ゆでし、そして酒とだしで下ゆでしてから、最後に甘辛く煮付けます。
以前よりご紹介しているレシピを改めて整理しました。鍋またはフライパン、圧力鍋、それぞれの炊き方をご紹介します。

スポンサーリンク

材料

4~5人分

  • 棒だら(乾燥) 200g
  • しょうが 3~4cm角1片
  • 煮干し※ 5g
  • だし昆布 10cm角1枚
  • 酒 100ml
  • ■棒だらの下ごしらえ用
  • 番茶(緑茶、ほうじ茶など、緑茶が入っているもの) 大さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 砂糖 小さじ2
  • みりん 大さじ2(30ml)
  • しょうゆ 大さじ2(30ml)

※煮干しはそのまま使用して構いませんが、頭を取り、身を開いて中のワタを取り除いて使用すると、雑味が抑えられるため、よりすっきりとした仕上がりになります。

6~7人分

  • 棒だら(乾燥) 300g
  • しょうが 3~4cm角1+1/2片
  • 煮干し※ 8g
  • だし昆布 10cm角1+1/2枚
  • 酒 150ml
  • ■棒だらの下ごしらえ用
  • 番茶(緑茶、ほうじ茶など、緑茶が入っているもの) 大さじ1+1/2
  • ■合わせ調味料
  • 砂糖 大さじ1
  • みりん 大さじ3(45ml)
  • しょうゆ 大さじ3(45ml)

※煮干しはそのまま使用して構いませんが、頭を取り、身を開いて中のワタを取り除いて使用すると、雑味が抑えられるため、よりすっきりとした仕上がりになります。

作り方

step
1
棒だらを戻します。大きめの容器に入れ、たっぷりと浸かるくらいの水に漬けて、冷蔵庫に入れて、1日~2日かけて戻します。途中、2~3回ほど水を替えましょう。

棒だらは、たっぷりの水に漬けて戻しましょう。意外とふくらみます。

もし、大きな長い棒だらを使う場合は、4~5日ほどかかります。1日2回ほど水を替えて、気長に戻しましょう。

棒だら棒だら

step
2
鍋に手順1の棒だら、お茶パックに入れた番茶を入れ、かぶる程度の水を入れて強火にかけます。沸騰したら弱火にし、ふたを外して2~3分ほど煮て、番茶を取り除き、ざるにあげます。

番茶でゆでることで、特有の臭みとアクを取り除きます。番茶は、お茶の葉をお茶パックに入れて封をしてからゆでると、お茶の葉が棒だらに付かず、とても扱いやすいです。

番茶は急須で用意しても構いません。また、番茶を沸騰させてから、棒だらを加えても構いません。

棒だら棒だら
棒だら棒だら
棒だら棒だら

step
3
しょうがは皮ごと薄切りにします。

しょうがは皮ごと使いますので、よく洗います。

しょうがしょうが

step
4
鍋かフライパンに、手順2の棒だら、手順3のしょうが、煮干し、昆布、酒を入れ、その上から棒だらがかぶるくらいの水を注ぎ、ふたをして火にかけます。

しょうがと酒で臭みを飛ばし、煮干しと昆布で旨味を加えます。みりん、しょうゆは、ここで加えると硬く仕上がりがちのため、このタイミングでは加えず、後で加えます。

しょうが、煮干し、昆布は、そのまま加えてもよいですし、お茶パックに入れて後で取り除けるようにしておくと、すっきりと仕上がります。

【鍋またはフライパンで炊く場合】沸騰したら少しふたをずらして、弱火で2時間ほど煮込みます。

【圧力鍋で炊く場合】圧力鍋を高圧に設定して加熱し、圧力がかかったら、おもりが揺れる程度に火を弱め、15分間加圧し、火を止め、圧力が抜けるまで、自然に放置します。

棒だら棒だら
棒だら棒だら

step
5
合わせ調味料を加えて煮込みます。

もし煮汁が少なくなっていたら、棒だらが1/2程度まで浸かる程度に水を足しましょう。

【鍋またはフライパンで炊く場合】沸騰したら少しふたをずらして、煮汁が半量になるまで、弱火で30~40分ほど煮込みます。

【圧力鍋で炊く場合】高圧に設定して加熱し、圧力がかかったら、おもりが揺れる程度に火を弱め、1分間加圧し、火を止め、圧力が抜けるまで放置します。

棒だら棒だら

step
6
煮汁が1/2~1/4程度──ヘラで混ぜると鍋肌が出て、煮汁がトロッとする程度まで、ゆっくりと焦がさないように煮詰めたら、火を止めます。

棒だらが崩れないよう、やさしくかき混ぜるようにしましょう。仕上がりは、箸で切れます。

「まだ調味料のかさがある」ように見えても、沸騰状態は、調味料が多く見えてしまいますので、沸騰した状態で「なんとなく半分」になったら、火を止めてみて確認すると失敗がありません。意外と少なくなっています。煮汁がある程度少なくなった頃に、全体をざっと炒り付けるように、水分を飛ばしながら数回かき混ぜると良いです。少ない調味料でも、しっかりと味が絡みます。

棒だら棒だら

step
7
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

出来立てよりも、半日以上ねかせたほうが、より味がなじんで、おいしくいただけます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 棒だらは、戻すだけで、一見とてもいい感じなので、そのまま調理したくなるんですが、意外に臭みが残ったり、仕上がりが妙に固くなることがあります。ひと手間かかるのですが、番茶で2~3分ほどゆで、酒とだしとしょうがでしっかり煮てから味付けをすることで、とてもすっきり、あっさり、でもしっかりと旨味のある仕上がりになります。
  • 棒だらは、たっぷりの水に漬けて戻しましょう。意外とふくらみます。
  • 最後に合わせ調味料を加えて煮る際は、焦がさないように、弱火で煮詰めましょう。「まだ調味料のかさがある」と思っても、火を止めるとかなり少なくなっていますので、1/2くらいになったら注意しましょう。
  • 出来立てよりも、半日以上ねかせたほうが、より味がなじんで、美味しくいただけます。煮汁に浸して冷ますことで、少ない調味料で、くどくなく、しっかりとした味に仕上がります。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 箸で細かく崩すか切って、混ぜご飯に/温かい番茶をかけて、お茶漬けに/ちらし寿司の具材に/おにぎりの芯に。
  • サラダ:「棒だら+マヨ+青菜」です。水菜や大根、豆苗などにまぶしてマヨネーズを糸状にかけます。
  • 玉子焼きの具材にも。

おすすめ食材、ツール

この棒だらを毎年買い続けて、お正月以外にも、何度かついつい買ってしまったことがあり、もう10回以上はお世話になっています。
たった1晩で「うわっ!でかっ!」というくらいに簡単に戻り、とても味が染みやすく、美味しく仕上がります。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

一の重のレシピはこちらもどうぞ


栗きんとん
栗きんとん

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、栗きんとんのレシピをご紹介します。 栗だけで上品にあっさりと作りたいところなのですが、生栗 ...

棒だらの煮付け
棒だらの煮付け

冷蔵10日/冷凍2か月 今日は、棒だらの煮付けのレシピをご紹介します。 私は関西人ですが、東北地方の料理も大好きです。そ ...

にしんの昆布巻き
にしんの昆布巻き

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、にしんの昆布巻きのレシピをご紹介します。 にしんの昆布巻きは、身欠きにしんを、昆布で巻い ...

甘さほんのり 黒豆の赤ワイン煮
甘さほんのり 黒豆の赤ワイン煮

冷蔵1週間/冷凍1か月 今回は、黒豆を赤ワインで煮た、甘さ控えめ、つやつやに仕上がるレシピをご紹介します。 私は、甘じょ ...

かつお風味たっぷり 基本の数の子 
かつお風味たっぷり 基本の数の子 

冷蔵5日 今回は、基本の数の子のレシピを、より簡単な皮のむき方、苦くならないコツと併せてご紹介します。 私は酒飲みだから ...

おやつにも 酒の肴にも ナッツたっぷりごまめ
おやつにも 酒の肴にも ナッツたっぷりごまめ(田作り)

冷蔵1週間 今回は、ナッツがたっぷり入ったごまめ(田作り)のレシピをご紹介します。 子供の頃、ごまめが大嫌いでした。煮干 ...

ハレの日のおもてなし えびのうま煮
ハレの日のおもてなし えびの旨煮

冷蔵4日 今回は、ハレの日にぴったりの、えびの旨煮のレシピをご紹介します。 ハレの日は、尾頭付きの魚や、肉もいいですが、 ...

伊達巻き
甘さ控えめ 簡単ふわふわ伊達巻き

冷蔵4日 今回は、甘さ控えめで、簡単にふわふわに仕上がる伊達巻きのレシピをご紹介します。 関西人やからでしょうか、それと ...


もっと見る

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、おせち作りのスケジュールと段取り、飾り切りの方法、重箱への詰め方、おもてなし料理レシピなどもご紹介しています。

新年あけましておめでとうございます 2018年1月1日の作り置き
おせち料理特集

伝統的な作り置き料理といえば、おせち料理です。 私は毎年、おせち料理を作ります。 おせち料理は、「手間がかかる」「買うと ...

続きを見る

「おせち料理特集」が一冊の本になりました

おせち作りのスケジュールと段取りはもちろん、おせちの2日目以降の食べ方やアレンジレシピ、クリスマスなど季節の行事やおもてなしにもぴったりな「ハレの日の作りおき」も充実。毎年活用できる、手作りおせちのバイブルになれば幸いです。

-レシピ, しょうが, 魚介のおかず, 棒だら, 煮干し, 昆布, 冷蔵10日, 冷凍1か月, おつまみ, お弁当のおかず, 圧力鍋で作る, ねかせておいしい, 和風, おせち料理, 一の重

© 2020 スガ