【野菜ひとつ】にんじんもち

レシピ 野菜のおかず にんじん 野菜ひとつ バター 冷蔵5日 冷凍1か月 おつまみ お弁当のおかず 時間がたってもおいしい 洋風 お菓子

【野菜ひとつ】にんじんもち

冷蔵5日/冷凍1か月


にんじんもち

今日は、にんじんもちのレシピをご紹介します。

すりおろしたにんじんに、塩と片栗粉を加えて混ぜ、バターを薄くひいたフライパンで焼きます。甘味調味料が一切入らないのに、「えっ? なぜ?」という位に、びっくりするほどにんじんの甘味が引き立ちます。

はちみつやバターを添えると、栄養満点のパンケーキ風に。作り置いておくと、甘いソフトクッキーのような食感に。チーズを加えて焼くと、スナックのような味わいに。朝食から、おやつ、お弁当のおかず、おつまみまで、幅広く活用いただけます。

レシピについて

すりおろしたにんじんと、塩と片栗粉を混ぜ、バターをひいたフライパンで、丸型に焼きます。

スポンサーリンク

材料

4人分(8個分)

  • にんじん 中2本(150g~200g×2)
  • 片栗粉 大さじ6(65g/1/2カップ)
  • 塩 小さじ1/2
  • バター 10g

8人分(16個分)

  • にんじん 中4本(150g~200g×4)
  • 片栗粉 130g(1カップ)
  • 塩 小さじ1
  • バター 20g

作り方

step
1
にんじんは、皮ごと使いますので、よく洗い、清潔な布巾やキッチンペーパーなどで、余分な水気をきれいに拭き取ります。

念のため重さを量るとよいです。豊作の年は、かなり太くなりますので、1本で300g前後になります。

にんじんにんじん
にんじん

step
2
にんじんはヘタを取り除き、皮ごとすりおろします。

すりおろしたにんじんの水気は切りません。すべてそのまま使います。

すりおろし刃があるフードプロセッサーを使うと、本っ当にラクです。その場合、にんじんを3cm程度(指2本分の幅目安)の半月切りくらいに切り、何回かに分けておろすとよいです。

にんじんにんじん
にんじんにんじん
にんじんにんじん

step
3
塩、片栗粉を加え、よく混ぜ合わせます。

写真は手で混ぜていますが、もちろんヘラなどを使っても構いません。

タネタネ
タネタネ

step
4
フライパンにバター5gを置き、中火にかけます。


バターバター

step
5
フライパンが温まり、バターがサラサラの状態になったら、手順3のタネをスプーンですくって、丸形に置きます。

26cmのフライパンで、4個目安です。

タネタネ

step
6
中火のまま、片面7~8分焼きます。

容赦なくこんがりと焼いたほうがおいしく仕上がります。

タネ

step
7
ひっくり返して、弱めの中火にして7~8分、両面をこんがり、中までじっくりと焼きます。

焼きが甘いと、ベタッとした、生っぽい仕上がりになってしまいます。しっかりと焼くことで、にんじんの甘味を引き出します。水分を飛ばすように、こんがりと焼き色がつくまで、しっかりと焼きましょう。

タネタネ
タネタネ

焼き上がったら取り出し、フライパンにバター5gを追加し、溶かして薄くひき、4個ずつを目安に残りのタネを焼きます。

step
8
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
保存容器には、くっつかないホイルや、クッキングシートなどを敷くと良いです。重ねて保存する場合は、間にも挟むとよいです。

保存します。保存します。
保存します。保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • すりおろし刃があるフードプロセッサーを使うと、本っ当にラクです。その場合、にんじんを3cm程度(指2本分の幅目安)の半月切りくらいに切り、何回かに分けておろすとよいです。
  • 容赦なくこんがりと焼いたほうがおいしく仕上がります。
  • 焼きが甘いと、ベタッとした、生っぽい仕上がりになってしまいます。しっかりと焼くことで、にんじんの甘味を引き出します。水分を飛ばすように、こんがりと焼き色がつくまで、しっかりと焼きましょう。
  • 粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。
  • 保存容器には、くっつかないホイルや、クッキングシートなどを敷くと良いです。重ねて保存する場合は、間にも挟むとよいです。

アレンジのヒント

  • いただく際、お好みでかけても:はちみつ/バター/粉チーズ
  • パンケーキ風に、大きな一枚で焼いても。
  • 混ぜ込んで焼いても:チーズ(溶ける/溶けない/粉チーズ)/レーズン/砕いたミックスナッツ
  • バターの代わりにごま油を使うとチヂミ風に。青ねぎやニラを加えて焼き、コチュジャンやポン酢しょうゆをつけても。
  • 片栗粉に替えても(半量を差し替えても):上新粉/小麦粉

おすすめ食材、ツール

愛用品のフードプロセッサーです。「きざむ」「する」「まぜる」「くだく」「あわだてる」「こねる」「おろす」の1台7役、低速から高速まで無段階変速で「思った通りの」仕上がりになります。また、音が静かで、とても洗いやすく衛生的なのも嬉しい限りです。もっと早く買えばよかったと、使う度に後悔している逸品です。

にんじんのレシピはこちらもどうぞ


ロールチキン
ロールチキン

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、ロールチキンのレシピをご紹介します。 豪華でジューシー、彩りよく仕上がるロールチキンは、地 ...

筑前煮
筑前煮

冷蔵5日 今日は、筑前煮のレシピをご紹介します。 たっぷりの根菜を、鶏もも肉の旨味で煮含めた、滋味あふれる一品です。 温 ...

【野菜ひとつ】にんじんのごまマヨサラダ
【野菜ひとつ】にんじんのごまマヨサラダ

冷蔵4日 今日は、にんじんのサラダのレシピをご紹介します。 ごまの風味を活かしたマヨだれを使い、まろやかに仕上げます。砂 ...

たっぷり野菜のコールスロー
たっぷり野菜のコールスロー

冷蔵4日 今日は、コールスローのレシピをご紹介します。 4人分でキャベツ1/2個、にんじん1本、コーン1缶を使い切る、野 ...

にんじんと生姜のマリネサラダ
にんじんと生姜のマリネサラダ

冷蔵1週間 今日は、にんじんとしょうがを使ったサラダのレシピをご紹介します。 たっぷりのしょうがと酢を使った、体にやさし ...


もっと見る

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、おせち作りのスケジュールと段取り、飾り切りの方法、重箱への詰め方、おもてなし料理レシピなどもご紹介しています。

新年あけましておめでとうございます 2018年1月1日の作り置き
おせち料理特集

伝統的な作り置き料理といえば、おせち料理です。 私は毎年、おせち料理を作ります。 おせち料理は、「手間がかかる」「買うと ...

続きを見る

「おせち料理特集」が一冊の本になりました

おせち作りのスケジュールと段取りはもちろん、おせちの2日目以降の食べ方やアレンジレシピ、クリスマスなど季節の行事やおもてなしにもぴったりな「ハレの日の作りおき」も充実。毎年活用できる、手作りおせちのバイブルになれば幸いです。

-レシピ, 野菜のおかず, にんじん, 野菜ひとつ, バター, 冷蔵5日, 冷凍1か月, おつまみ, お弁当のおかず, 時間がたってもおいしい, 洋風, お菓子

© 2020 スガ