ほうれん草と切干大根の具だくさん甘辛和え

レシピ 野菜のおかず ほうれん草 にんじん 油揚げ 切干大根 いりごま 冷蔵4日 冷凍1か月 調理時間:20分 こどもOK お弁当のおかず 緑色のおかず オレンジ色のおかず 時間がたってもおいしい 和風

ほうれん草と切干大根の具だくさん甘辛和え

冷蔵4日/冷凍1か月

ほうれん草と切干大根の具だくさん甘辛和え

今日は、ほうれん草と切干大根を使ったレシピをご紹介します。

ゆでたほうれん草を、甘辛く味付けした切干大根の煮物で和える、野菜ボリューム満点の一品です。

ご飯に合う甘辛味で、ビタミン、ミネラル、植物性たんぱく質も摂れる、食べごたえのある和え物です。

野菜補給に、もうあと一品の副菜に、彩り豊かなお弁当のおかずとしても活用いただけますと幸いです。

レシピについて

切干大根、にんじん、油揚げを、調味料で煮て出来上がりです。
以前よりご紹介していたレシピを整理しました。
写真は8人分です。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • ほうれん草 1把(180~200g目安×1)
  • 切干大根 15g
  • にんじん 中1/2本(75~100g目安)
  • 薄揚げ 1枚
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 100ml
  • (または)水100ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/4
  • しょうゆ 小さじ4(20ml)
  • みりん 小さじ2(10ml)
  • 砂糖 小さじ1
  • いりごま 大さじ1

8人分

  • ほうれん草 2把(180~200g目安×2)
  • 切干大根 30g
  • にんじん 中1本(150~200g目安)
  • 薄揚げ 2枚
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ2+小さじ2(40ml)
  • みりん 小さじ4(20ml)
  • 砂糖 小さじ2
  • いりごま 大さじ2

作り方

step
1
切干大根はたっぷりの水に入れ、表面をこするように、よくもみ洗いし、ざるに上げておきます。

写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使い、こすり合わせるようにして、よくもみ洗いをし、表面のごみなどを洗い落としましょう。

切干大根切干大根
切干大根切干大根

step
2
フライパンか鍋に、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておきます。

合わせ調味料合わせ調味料
合わせ調味料合わせ調味料

step
3
にんじんはよく洗い、千切り用スライサーなどで皮ごと千切りにして、手順2のフライパンに入れます。

多少重めでも問題はありませんが、2割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。

にんじんにんじん
にんじんにんじん
にんじんにんじん

step
4
薄揚げはキッチンペーパーで表面を押さえて油分を抜き取り、縦半分に切り、端から7mm幅(人差し指の1/2幅目安)に切り、

薄揚げ薄揚げ
薄揚げ薄揚げ
薄揚げ薄揚げ

step
5
手順3の合わせ調味料とにんじんが入ったフライパンに加え、手順1の切干大根もよくほぐして加え、全体をかき混ぜてからふたをして、中火にかけます。

切干大根は絞らず、よくほぐして加えます。

切干大根切干大根
切干大根切干大根

step
6
全体が沸騰して充分に蒸気が出たら弱めの中火にし、さらに1~2分ほど煮ます。ふたをはずし、底からざっと全体をかき混ぜて、そのまま冷ましておきます。

切干大根切干大根
切干大根切干大根

作り方

step
7
たっぷりのお湯を沸かし始めます。ほうれん草1把で1リットル程度目安です。

ほうれん草の歯ざわりを活かしますので、塩は入れません。

たっぷりのお湯を沸かし始めます

step
8
ほうれん草はよく洗い、4~5cm幅(指3本分の幅目安)に切ります。

特に根元に土が付いていることがありますので、しっかり洗いましょう。

切ったら、茎と葉を分けておくと良いです。だいたいで構いません。

根元を食べる場合、旬の時期の根元は太いですので、縦2つ~4つ程度に切っておくと食べやすいです。

ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草

step
9
お湯が充分に沸騰したことを確認し、火加減は強めの中火にし、

沸騰

step
10
沸騰したお湯に茎の部分から入れ、すぐにお湯がふつふつとなりますので葉の部分を入れ、菜箸などで全部をお湯につけます。

ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草

step
11
10秒ほどで、すぐに再度沸騰しようとしてきますので、ざるに取り、水に放ち、水を2~3回替えて冷まし、ざるに上げます。

「グラッとくる」という状態です。あらかじめ切っておいたほうれん草は速攻でグラッときます。
水は氷水である必要はありません。

ほうれん草はアクが強いので、たっぷりの水にさらしてアクを抜きますが、水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると、栄養分も流れ出てしまいます。

ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草
ほうれん草ほうれん草

step
12
ほうれん草の水分を、しっかりとぎゅっと絞ります。

写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使ってぎゅっと絞りましょう。

ゆでたほうれん草はしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと、味がぼけ、また、作り置きにも向きません。

ほうれん草

step
13
手順6の切干大根の煮物に、ほうれん草をほぐしながら加え、全体をよく和えます。

切干大根の煮物の粗熱が取れてから、ほうれん草を加えましょう。
菜箸でよくほぐしながら、ゴムベラでフライパンの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。

ほうれん草ほうれん草

step
14
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ほうれん草をあらかじめ切ってからたっぷりのお湯でゆでることで、手早くゆでます。ほうれん草は速攻でグラッときますので、葉をつけたら10秒ほどでざるに上げると良いです。
  • ほうれん草はアクが強いので、しっかりと水にさらしてアクを抜きますが、水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると、栄養分も流れ出てしまいます。
  • 切干大根の煮物の粗熱が取れてから、ほうれん草を加えましょう。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:干し椎茸/高野豆腐/ひじき/大豆/お好みのきのこ類/たけのこ
  • いただく際に添えておいしい具材:かつお節/刻みのり/一味・七味唐辛子
  • 卵とじや、卵焼き、ココットの具材にも。
  • 混ぜご飯の具材にも。
  • お弁当に詰める際は、水気をよく切ってから詰めましょう。

おすすめ食材、ツール

愛用品です。きゅうり、にんじん、しょうがなどの千切りが、速攻で美しく出来るスライサーです。セラミック製ですので、錆びずに、まるごと漂白消毒できるのでありがたいです。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。

ほうれん草のレシピはこちらもどうぞ


ほうれん草の焼きのり和え
ほうれん草の焼きのり和え

2022/3/23

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ほうれん草の和え物のレシピをご紹介します。 焼きのりをたっぷりと使ったほうれん草の和え物で ...

ほうれん草と切干大根の具だくさん甘辛和え
ほうれん草と切干大根の具だくさん甘辛和え

2022/3/21

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ほうれん草と切干大根を使ったレシピをご紹介します。 ゆでたほうれん草を、甘辛く味付けした切 ...

ほうれん草と鮭のごましょうが和え
ほうれん草と鮭のごましょうが和え

2021/12/7

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ほうれん草の和え物のレシピをご紹介します。 コクたっぷりの甘辛さでご飯が進む、食べごたえの ...

【野菜ひとつ】ほうれん草の旨辛和え
【野菜ひとつ】ほうれん草の旨辛和え

2021/11/28

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ほうれん草の和え物のレシピをご紹介します。 オイスターソースとごま油のコクと旨味に、豆板醤 ...

【野菜ひとつ】ほうれん草のオリーブオイル和え
【野菜ひとつ】ほうれん草のオリーブオイル和え

2021/11/28

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ほうれん草の和え物のレシピをご紹介します。 さっとゆでたほうれん草を、オリーブオイル、塩、 ...


もっと見る