レシピ 野菜のおかず ピーマン こんにゃく 鶏肉 鶏もも肉 オイスターソース 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 中華・エスニック

こんにゃくと鶏肉のオイスターソース炒め

冷蔵5日


こんにゃくと鶏肉のオイスターソース炒め

今日は、こんにゃくと鶏もも肉を、オイスターソースで炒めるレシピをご紹介します。

こんがり焼いた鶏もも肉、こんにゃく、ピーマンを、しょうがをきかせたオイスターソース味で仕上げます。
こってりの食べごたえを、たっぷりのこんにゃくでカサ増しです。冷めてもおいしく、お弁当にも詰めやすいです。

レシピについて

ひと口大に切った鶏もも肉を焼き、下ゆでをしたこんにゃく、ひと口大に切ったピーマンを炒め合わせます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • こんにゃく 2枚(200~250g×2)
  • 塩 小さじ2
  • 鶏もも肉 1枚(300g×1)
  • ピーマン 4~5個
  • サラダ油 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • オイスターソース 小さじ4
  • しょうゆ 小さじ4
  • 酒 大さじ1
  • しょうがすりおろし 3~4cm角1片分(大さじ1)
  • 酢 小さじ1

8人分

  • こんにゃく 4枚(200~250g×4)
  • 塩 小さじ4
  • 鶏もも肉 2枚(300g×2)
  • ピーマン 8~10個
  • サラダ油 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • オイスターソース 大さじ2+小さじ2
  • しょうゆ 大さじ2+小さじ2
  • 酒 大さじ2
  • しょうがすりおろし 5~6cm角1片分(大さじ2)
  • 酢 小さじ2

作り方

step
1
こんにゃくの下ごしらえをします。あとで慌てないように、お湯(こんにゃく大1枚で1.5リットル目安)を沸かし始めましょう。


お湯

step
2
こんにゃくは手でひと口大(指でOKを作ったサイズが目安)に、引っ張るようにしてちぎります。

形がいびつになればなるほどOKです。こんにゃくは味がしみこみにくいので、断面をできるだけいびつにすることで、表面積を増やし、より味が絡むようにします。

ちぎります
ちぎります

step
3
こんにゃくと塩をボウルに入れ、水分が出るまでよくもみ込みます。

1分ほどもんでいると、たっぷりと水分が出てきます。
「あく抜き済み」のこんにゃくの場合は、手順3~4は省いても構いません。

よくもみ込みます
よくもみ込みます

step
4
充分に沸騰したお湯に、こんにゃくの水気を切って入れて強めの中火にかけ、2~3分ほどして再び沸騰してきたら、ざるにあげます。

こんにゃくから出た水分と、残った塩は捨てます。

沸騰したお湯
水気を切って入れ
再び沸騰
ざるにあげます

step
5
ピーマンは縦半分に切り、ヘタを取ります。親指でヘタを外側から押すようにすると、パキッと取れます。


縦半分に切り
ヘタを取ります
ヘタを取ります

step
6
ピーマンは4cm角程度に切ります。ピーマンの半分を3つ程度に切るとちょうどよいサイズになります。


4cm角程度
4cm角程度

step
7
鶏肉は洗って水気を拭き、白い筋は断ち切り、皮目にフォークで数箇所穴を開けておきます。

鶏肉は洗って水気を拭くことで、ある程度の臭みが取れます。今回扱った鶏肉には無かったのですが、黄色い脂肪も臭みや雑味の元ですので、あれば取り除いておきましょう。
筋は加熱すると固くなりますので、切っておきましょう。
皮目は縮みやすいので、縮みが気になるようであれば、ところどころ穴を開けておくと良いです。

鶏肉
水気を拭き
白い筋は断ち
フォークで穴を開け

step
8
ひと口大に切ります。人差し指と親指でOKを作ったサイズを目安にすると良いです。

キッチンバサミを使うと切りやすいです。

ひと口大

step
9
合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせておきます。


合わせ調味料

step
10
フライパンか鍋にサラダ油を薄くひき、鶏肉の皮目を下にして並べ、中火にかけ、両面をこんがりと焼きます。

軽く焦げ目が付くまで、ほったらかしにして焼きましょう。火にかけてから2分ほどで「ジューッ……」という音がしますので、それから5~6分ほど焼いたらひっくり返します。

こんがりと焼きます
皮目を下
こんがりと焼きます

step
11
手順4のこんにゃくを加えて炒め、


こんにゃく
こんにゃく

step
12
油がまわったら、手順9の合わせ調味料を加えて絡めます。


絡めます
絡めます

step
13
弱めの中火にし、ピーマンを加えて混ぜ合わせたら、


ピーマン
ピーマン

step
14
1分ほどそのままにしてピーマンに火を通し、底からざっとかき混ぜ、ピーマンにツヤが出て汗をかいたようになったら火を止めます。


ピーマンに火を通し
かき混ぜます

step
15
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

保存します。

作り置きのコツ・ポイント

  • こんにゃくは味がしみこみにくいので、断面をできるだけいびつにすることで、表面積を増やし、より味が絡むようにします。
  • 鶏肉は洗って水気を拭くことで、ある程度の臭みが取れます。今回扱った鶏肉には無かったのですが、黄色い脂肪も臭みや雑味の元ですので、あれば取り除いておきましょう。
  • 筋は加熱すると固くなりますので、切っておきましょう。鶏肉の皮目は縮みやすいので、気になるようなら、ところどころ穴を開けておくと良いです。
  • 鶏肉を焼く時は、軽く焦げ目が付くまで、ほったらかしにして焼きましょう。
  • 保存容器は、充分に消毒してから使用しましょう。

アレンジのヒント

  • 追加しておいしい具材:青梗菜/小松菜/長ねぎ
  • 卵でとじてもOKです。
  • 豚バラブロック肉を5mm厚さに切って作ると、ものすごくボリュームが出ます。ただし、しっかりと火を通しましょう。

おすすめ食材、ツール

オイスターソースを使ったレシピを滅多に書かなくなったのは、これほどメーカーによって味のムラがある調味料はないからです。
私の使っているオイスターソースは、李錦記一択です。オイスターソースは中華調味料で、グルタミン酸の宝庫です。これをイノシン酸の旨味を含む肉料理や魚料理に加えると、こめかみが痛くなるほどの旨味になります。李錦記はおいしく安定の仕上がりになります。

こんにゃくのレシピはこちらもどうぞ


ごぼうとこんにゃくの炒り煮
ごぼうとこんにゃくの炒り煮

冷蔵5日 今日は、ごぼうとこんにゃくを使ったおかずのレシピをご紹介します。 ごぼうは、ささがきではなく薄切りに、こんにゃ ...

こんにゃくの甘辛炒め
こんにゃくの甘辛炒め

冷蔵5日 今日は、こんにゃくを甘辛く炒めるレシピをご紹介します。 このレシピでは、かつお節も砂糖も使用していません。こん ...

圧力鍋で作る野菜豆
圧力鍋で作る 野菜豆

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、根菜と大豆を圧力鍋で炊くレシピをご紹介します。 乾燥大豆をだし汁で戻し、圧力鍋で炊くと、驚 ...

鶏皮すじこん風
鶏皮すじこん風

冷蔵5日 今日は、鶏皮を、牛すじ煮込み風にいただくレシピをご紹介します。 牛すじ煮込みは、みそで味付けする「どて焼き」に ...

ノンオイル 糸こんにゃくと塩昆布の柚子胡椒炒め
ノンオイル 糸こんにゃくと塩昆布の柚子胡椒炒め

冷蔵5日 今日は、糸こんにゃくを塩昆布と柚子胡椒で炒めるレシピをご紹介します。 調味料は酒と柚子胡椒だけですが、特に塩昆 ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, ピーマン, こんにゃく, 鶏肉, 鶏もも肉, オイスターソース, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 中華・エスニック