ごぼうとこんにゃくの煮物

レシピ 野菜のおかず ごぼう こんにゃく 冷蔵4日 調理時間:20分 こどもOK おつまみ お弁当のおかず 茶色のおかず ねかせておいしい 和風

ごぼうとこんにゃくの煮物

冷蔵4日

ごぼうとこんにゃくの煮物

今日は、ごぼうとこんにゃくのレシピをご紹介します。

ごぼうとこんにゃくを、出汁たっぷりの甘辛味で煮る、ほっこりやさしい味の煮物です。

ごぼうは乱切り、こんにゃくはちぎりますので、きんぴらごぼうよりも作りやすいです。

砂糖ではなくみりんを使うことで、ごぼうの繊維を締め、より歯ごたえと香りをたっぷり味わいます。

冷めてもおいしいですので、お弁当のおかずに、もうあと一品の副菜に、常備菜として活用いただけますと幸いです。

レシピについて

下ゆでしたこんにゃくと、乱切りにしたごぼうを、ごま油で炒めてから、調味料で煮て出来上がりです。
以前よりご紹介していたレシピを整理しました。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • ごぼう 150~200g(中1本または大1/2本目安)
  • こんにゃく 1枚(200~250g×1)
  • 塩 小さじ1
  • ごま油 大さじ1(15ml)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ2(30ml)
  • みりん 大さじ2(30ml)

8人分

  • ごぼう 300~400g(中2本または大1本目安)
  • こんにゃく 2枚(200~250g×2)
  • 塩 小さじ2
  • ごま油 大さじ2(30ml)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 400ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ4(60ml)
  • みりん 大さじ4(60ml)

作り方

step
1
こんにゃくの下ごしらえをします。たっぷりのお湯を沸かし始めます。4人分で1.5リットル程度目安です。

お湯

step
2
こんにゃくは手でひと口大(指でOKを作ったサイズが目安)に、引っ張るようにしてちぎり、塩とともにボウルに入れて、水分がにじみ出るまで、1分ほどもみます。

形がいびつになればなるほど良いです。こんにゃくは味がしみこみにくいので、断面をできるだけいびつにすることで、表面積を増やし、より味が絡むようにします。
「あく抜き済み」のこんにゃくでも、塩もみをすることで、より臭みのない仕上がりになります。

こんにゃくこんにゃく
こんにゃくこんにゃく
こんにゃくこんにゃく

step
3
お湯が充分に沸騰したら、火加減は強めの中火にします。こんにゃくの水気を切って入れ、再び沸騰するまで2~3分ほど加熱し、ざるに上げます。

塩がお湯に入っても構いません。

こんにゃくこんにゃく
こんにゃくこんにゃく

step
4
ごぼうは、たわしなどで泥を洗い落とします。皮はむきません。

ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
シンクが狭い場合は、写真のように長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。

ごぼうごぼう
ごぼうごぼう

step
5
根元の硬い部分は切り落とし、皮ごと3~4cm長さ(指2本分の幅目安)の乱切りにします。

乱切りは「回し切り」ともいいますので、ごぼうを回しながら切っていくとよいです。
ごぼうはすぐに調理するので、水にはつけなくて問題ありません。しばらく調理しない場合や、アクがどうしても気になる場合は、変色を防ぐため水につけるとよいです。

ごぼうごぼう
ごぼうごぼう

step
6
フライパンに手順3のこんにゃく、手順5のごぼう、ごま油を入れ、全体を混ぜ合わせてから、ふたをして弱めの中火にかけ、少し蒸気が出るまで5~6分ほどそのまま加熱します。

炒めている間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなります。洗い物でもしておきましょう。

ごぼうごぼう
ごぼうごぼう

step
7
ざっと全体をかき混ぜてから、合わせ調味料を加えて全体になじませて、ふたをします。

ごぼうごぼう
ごぼうごぼう

step
7
弱めの中火のまま5~6分ほど煮ます。火を止め、そのまま粗熱が取れるまで30分ほど置き、味を含ませます。

煮物は冷める際に味がしみ込みますので、いったん粗熱が取れるまで冷ますと、よりおいしくいただけます。急ぐ場合は、次の手順をご参照くださいませ。

濃い味付けがお好みの方は、汁気がほとんどなくなるまで煮るとよいです。

ごぼうごぼう

step
9
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。

汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

温めても、冷めても、どちらでもおいしくいただけます。

保存します。保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • こんにゃくは、形がいびつになればなるほど良いです。こんにゃくは味がしみこみにくいので、断面をできるだけいびつにすることで、表面積を増やし、より味が絡むようにします。
  • ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
    シンクが狭い場合は、写真のように長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。
  • 煮物は冷める際に味がしみ込みますので、いったん粗熱が取れるまで冷ますと、よりおいしくいただけます。
  • 濃い味付けがお好みの方は、汁気がほとんどなくなるまで煮るとよいです。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • 汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材・香辛料:れんこん/にんじん/輪切り唐辛子
  • いただく際に添えておいしい具材・香辛料:一味・七味唐辛子/いりごま/かつお節
  • 細かく切って作り、混ぜご飯の具材としても。

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。

ごぼうのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】ごぼうの漬物
【野菜ひとつ】ごぼうの漬物

2022/5/5

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、ごぼうの漬物のレシピをご紹介します。 ポリポリとした歯ごたえがおいしい、ごぼうの漬物です ...

ごぼうとにんじんのサラダ
ごぼうとにんじんのサラダ

2022/4/30

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ごぼうとにんじんを使ったレシピをご紹介します。 ごぼうとにんじんを、すりごまたっぷりのマイ ...

ごぼうと大豆の甘辛炒め
ごぼうと大豆の甘辛炒め

2022/3/27

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ごぼうと大豆を使ったレシピをご紹介します。 コロコロサイズのごぼうと大豆に甘辛ダレを絡めた ...

ごぼうと鶏むね肉の胡麻照り煮
ごぼうと鶏むね肉の胡麻照り煮

2022/4/17

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ごぼうと鶏むね肉を使ったレシピをご紹介します。 ごぼうと柔らか鶏むね肉に、やさしい甘さのま ...

【野菜ひとつ】ごぼうの甘辛マヨ炒め
【野菜ひとつ】ごぼうの甘辛マヨ炒め

2022/4/24

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ごぼうを使ったレシピをご紹介します。 ごぼうの風味と歯ごたえが、まろやかな甘辛味と相まった ...


もっと見る