レシピ 野菜のおかず にんじん しょうが 豚肉 豚ひき肉 ひき肉 ごま油 オイスターソース 冷蔵5日 冷凍1か月 おつまみ 丼飯・のっけ弁の具材 時間がたってもおいしい 中華・エスニック

にんじんとひき肉のオイスターとろみ炒め

冷蔵5日/冷凍1か月


今日は、にんじんとひき肉を、オイスターソース味でいただくレシピをご紹介します。

千切りにしたにんじんを炒めて甘味を引き出し、豚ひき肉とオイスターソースの旨味を絡めて仕上げる、にんじんがたっぷり食べられるレシピです。

そのままはもちろん、ご飯にかけたり、卵にあんかけにしたりと、彩りも華やかに活躍する一品です。

レシピについて

スライサーで千切りにしたにんじんを炒め、下ゆでしたひき肉と調味料を加えて仕上げます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • にんじん 2本(150~200g×2)
  • 豚ひき肉 200g
  • ごま油 大さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 水 200ml
  • オイスターソース 大さじ2
  • しょうゆ 大さじ2
  • 酢 小さじ1
  • 片栗粉 小さじ1
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1/2
  • しょうがすりおろし 大さじ1(3~4cm角1片分)

8人分

  • にんじん 4本(150~200g×4)
  • 豚ひき肉 400g
  • ごま油 大さじ2
  • ■合わせ調味料
  • 水 400ml
  • オイスターソース 大さじ4
  • しょうゆ 大さじ4
  • 酢 小さじ2
  • 片栗粉 小さじ2
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • しょうがすりおろし 大さじ2(5~6cm角1片分)

作り方

step
1
ひき肉下ゆで用のお湯(4人分で1.5リットル程度)を沸かします。


step
2
お湯が沸騰したら、ひき肉を入れ、ほぐしながら中火で1分ほど再沸騰するまでゆで、ざるにあげておきます。

ひき肉はゆでてから調理することで、余分な脂やアクが落ち、雑味のない仕上がりになります。また、作り置いて冷蔵庫の中で脂が固まることも防ぎます。




step
3
にんじんです。豊作の年は、かなり太くなりますので、1本で300g超えになります。

このレシピは4人分の味付けで300~400gまでOKですが、念のため重さを量るとよいです。今回は使い差しを足して約400gで作っています。
多少重めでも問題はありませんが、5割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。
皮ごと使いますので、よく洗います。



step
4
にんじんはスライサーや、にんじんしりしり器などで、皮ごと千切りにします。

この作業は、手順1~2の豚肉を下ゆでしている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。
使い込んで切れ味が少し悪くなったスライサーを使うほうが、むしろおいしく仕上がります。スパッときれいに切るよりも、切り口がザラザラして、味が良くしみ込むためです。


step
5
合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておきます。

この作業は、手順1~2の豚肉を下ゆでしている間、または手順7のにんじんを炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。

step
6
フライパンにごま油と手順4のにんじんを入れ、全体を混ぜ合わせて油を回し、

火はまだつけません。
にんじん全体に、まんべんなく油を回しておくことで、火の通りが早く均一に行き渡ります。


step
7
弱めの中火にかけます。2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、そのまま2~3分ほどほったらかしにします。

ゆっくりと火を通すことで、にんじんの甘味を引き出します。
炒める際は、できるだけいじらずに、そのままにしましょう。むやみにかき混ぜたりすると、その分、火の通りが悪くなります。

step
8
にんじんがしんなりとしたら、手順2の豚ひき肉、手順5の合わせ調味料を加え、全体を混ぜ合わせ、

合わせ調味料は、片栗粉が固まっている場合がありますので、必ず再度混ぜ合わせてから加えましょう。



step
9
ふたをしないで、フライパンの底がヘラでなぞれるまで、しっかりと炒りつけます。

写真のように、しっかりと煮切っても良いですし、少し煮汁を残しても構いませんが、煮汁にしっかり火を通さないと、とろみが弱くなります。フライパンの底がヘラでなぞれるまで、しっかりと火を通しましょう。


step
10
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ひき肉はゆでてから調理することで、余分な脂やアクが落ち、雑味のない仕上がりになります。また、作り置いて冷蔵庫の中で脂が固まることも防ぎます。
  • にんじんは、豊作の年はかなり太くなりますので、1本で300g超えになります。念のため重さを量るとよいです。多少重めでも問題はありませんが、5割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。
  • にんじんを千切りにするスライサーは、使い込んで切れ味が少し悪くなったスライサーを使うほうが、むしろおいしく仕上がります。スパッときれいに切るよりも、切り口がザラザラして、味が良くしみ込むためです。
  • にんじん全体に、まんべんなく油を回しておくことで、火の通りが早く均一に行き渡ります。
  • ゆっくりと火を通すことで、にんじんの甘味を引き出します。炒める際は、できるだけいじらずに、そのままにしましょう。むやみにかき混ぜたりすると、その分、火の通りが悪くなります。
  • 合わせ調味料は、片栗粉が固まっている場合がありますので、必ず再度混ぜ合わせてから加えましょう。
  • 煮汁は、写真のように、しっかりと煮切っても良いですし、少し煮汁を残しても構いませんが、煮汁にしっかり火を通さないと、とろみが弱くなります。フライパンの底がヘラでなぞれるまで、しっかりと火を通しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 加えておいしい具材:枝豆/大豆/ねぎ小口切り/しいたけ/炒り卵/きくらげ/松の実/にんにくすりおろし
  • 丼飯、のっけ弁の具材にも。
  • あんかけのあんにもどうぞ。焼いた卵や、焼きそばなどに。
  • ゆでた青菜にかけても。ほうれん草、青梗菜、小松菜などに合います。

おすすめ食材、ツール

私の使っているオイスターソースは、李錦記一択です。オイスターソースは中華調味料で、グルタミン酸の宝庫です。これをイノシン酸の旨味を含む肉料理や魚料理に加えると、こめかみが痛くなるほどの旨味になります。李錦記はおいしく安定の仕上がりになります。

にんじんのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】にんじんのエスニックサラダ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、にんじんの和え物のレシピをご紹介します。 火を使わずに作るレシピです。千切りにしたにんじん ...

具だくさん豆乳シチュー

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、豆乳シチューのレシピをご紹介します。 乳製品、小麦粉不使用、ルウを使わずに作る具だくさんシ ...

具だくさんチキンクリームシチュー

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、クリームシチューのレシピをご紹介します。 ルウを使わずに作るシチューです。 たっぷりの具材 ...

高野豆腐の含め煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、高野豆腐の含め煮のレシピをご紹介します。 だしの味がやさしくしみ込んだ高野豆腐は、温かくし ...

五色なます

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、具だくさんの、なますのレシピをご紹介します。 もともと、おせち料理のなますとして作ったと ...


もっと見る

© 2021 スガ