【野菜ひとつ】にんじんのナンプラー炒め

レシピ 野菜のおかず にんじん 野菜ひとつ ナンプラー 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

【野菜ひとつ】にんじんのナンプラー炒め

冷蔵5日/冷凍1か月


にんじんのナンプラー炒め

今日は、にんじんをナンプラーで炒めるレシピをご紹介します。

細切りにしたにんじんをじっくり炒めることで、にんじんの甘味をたっぷりと引き出して作ります。

ナンプラー独特の風味が、しっかりと甘味を引き立てて、にんじんのクセを消して驚くほどきれいにまとめますので、にんじん嫌いの方にもおすすめします。

作り置きしておけば、お弁当のおかずに、もうあと一品の副菜に、おつまみに、何かと重宝します。

レシピについて

にんじんを細切りにし、じっくりと蒸し焼きにし、調味料で味付けします。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • にんじん 2本(150~200g×2本)
  • サラダ油 大さじ1
  • ナンプラー 小さじ4
  • 桜えび 大さじ2
  • いりごま 大さじ2

8人分

  • にんじん 4本(150~200g×4本)
  • サラダ油 大さじ2
  • ナンプラー 大さじ2+小さじ2
  • 桜えび 大さじ4
  • いりごま 大さじ4

作り方

step
1
にんじんです。豊作の年は、かなり太くなりますので、1本で300g超えになります。

このレシピは4人分の味付けで300~400gまでOKですが、念のため重さを量るとよいです。今回は使い差しを足して約400g強で作っています。
多少重めでも問題はありませんが、5割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。
皮ごと使いますので、よく洗います。

にんじん
にんじん
にんじん

step
2
にんじんは皮ごと4~5cm長さ×3~5mm幅の細切りにします。まず、ヘタを切り落とし、4~5cm長さ(指3本分の幅目安)に切り、

この長さが、仕上がりの長さになります。

ヘタを切り落とします
4~5cm長さ
4~5cm長さ

step
3
縦に置いて、2~3mm幅の薄切り(マッチ棒の幅が目安)にします。

この幅が、仕上がりの幅になります。

縦に置いて
2~3mm幅
2~3mm幅

step
4
横に並べて、端から2~3mm幅に切っていきます。マッチ棒がたくさんできるイメージです。

たくさん重ねて切るとズルッとすべって非常に危険ですので、重ねても3~4枚程度にし、並べて切りましょう。

2~3mm幅
2~3mm幅

step
5
切ったそばから、フライパンに入れていくとよいです。

火はまだつけません。

にんじん

step
6
サラダ油を入れ、よく混ぜ合わせてからふたをして、弱めの中火にかけます。

火加減は弱めの中火で、じっくりと火を通し、にんじんの甘味を引き出します。

サラダ油
よく混ぜ合わせ
ふたをして

step
7
充分に蒸気が立ったら、ナンプラー、桜えび、いりごまを加え、かき混ぜて全体になじませ、


蒸気が立ったら
加え
加え
かき混ぜて

step
8
そのまま水分が飛ぶまで、2~3分ほど加熱します。

ここでもじっくりと火を通し、にんじんの甘味を引き出します。

加熱
加熱

step
9
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。
保存容器に入れる際、ゴムベラを使うと、無駄なく移せます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • にんじんは、豊作の年はかなり太くなりますので、1本で300g超えになります。念のため重さを量るとよいです。多少重めでも問題はありませんが、5割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。
  • にんじんを細切りにする際、たくさん重ねて切るとズルッとすべって非常に危険ですので、重ねても3~4枚程度にし、並べて切りましょう。
  • にんじんを加熱する際は、火加減は弱火~弱めの中火のまま、じっくりと火を通し、にんじんの甘味を引き出します。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 加えておいしい具材:輪切り唐辛子/ナッツ類/すりごま/きくらげ
  • 卵焼きの芯や、ココットの具材としてもどうぞ。
  • 作り置き保存して冷えた状態のものに、レモン果汁を加えると、あっさりとしたサラダ風の味わいになります。

おすすめ食材、ツール

天秤マークが目印のバランスのナンプラーは、アンチョビの旨味が芳醇で、ソムタムやヤムウンセンなどのアジアンサラダはもちろん、タイカレーの仕上げや、肉の漬け汁、野菜炒めの隠し味などに加えると、仕上がりの印象がぐっと良くなります。ナンプラーが苦手という方でも、これまでの認識が変わるくらい、とてもおいしくいただけます。

にんじんのレシピはこちらもどうぞ


鶏むね肉の南蛮漬け
鶏むね肉の野菜たっぷり南蛮漬け

冷蔵5日 今日は、鶏むね肉を南蛮漬けでいただくレシピをご紹介します。 たっぷりの玉ねぎとにんじんを使った南蛮酢です。酢の ...

さば缶とにんじんのサラダ
さば缶とにんじんのサラダ

冷蔵4日 今日は、さば缶とにんじんを使ったサラダのレシピをご紹介します。 さばもにんじんもたっぷりと食べられる、ごまマヨ ...

ツナマヨにんじんサラダ
ツナマヨにんじんサラダ

冷蔵4日 今日は、にんじんをツナマヨサラダでいただくレシピをご紹介します。 ツナとマヨネーズだけでも充分においしいのです ...

【野菜ひとつ】にんじんの浅漬け
【野菜ひとつ】にんじんの浅漬け

冷蔵1週間 今日は、にんじんを浅漬けにするレシピをご紹介します。 ポリポリとした食感、さっぱりと甘酸っぱい味わいです。明 ...

【野菜ひとつ】にんじんの梅マリネ
【野菜ひとつ】にんじんの梅マリネ

冷蔵1週間 今日は、にんじんを梅肉であっさりといただくレシピをご紹介します。 にんじん、梅干し、オリーブオイル、砂糖があ ...


もっと見る

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
ワンルームでも、きちんと作る梅干し

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る

-レシピ, 野菜のおかず, にんじん, 野菜ひとつ, ナンプラー, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

© 2020 スガ