レシピ 常備菜 野菜のおかず トマト しょうが 冷蔵1週間 ねかせておいしい 和風

あっさりすっきり トマトの生姜マリネ

更新日:

冷蔵5日

トマトの生姜マリネ
今日は、トマトを使ったレシピのご紹介です。

トマトを切って漬けるだけで出来上がります。
酢やしょうがをたっぷりと使いますので、生のままですが、作り置きとしての日持ちも問題ありません。
キンキンに冷やしておいしくいただけるこのレシピ、蒸し暑く食欲の落ちる時期にも、ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

漬け汁に、切ったトマトを入れて冷やして完成です。

材料

4~6人分
トマト 4個
■合わせ調味料
しょうが(すりおろす) 大1片(3~4cm角1個)
酢(できれば米酢) 大さじ3
しょうゆ 大さじ3
砂糖 大さじ1+1/2
8~10人分
トマト 8個
■合わせ調味料
しょうが(すりおろす) 大2片(3~4cm角2個)
酢(できれば米酢) 大さじ6
しょうゆ 大さじ6
砂糖 大さじ3

具材 4~6人分 8~10人分
トマト 4個 8個
■合わせ調味料
しょうが(すりおろす) 大1片(3~4cm角1個) 大2片(3~4cm角2個)
酢(できれば米酢) 大さじ3 大さじ6
しょうゆ 大さじ3 大さじ6
砂糖 大さじ1+1/2 大さじ3

作り方

1 まず、合わせ調味料を用意します。まず、合わせ調味料を用意します。
保存用バッグ、もしくは充分に消毒した容器に、合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせておきます。

2 トマトを洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取ります。トマトを洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取ります。
水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、すぐ食べずに保存する際は、しっかりと拭き取っておきましょう。

3 トマトはくし型に4つに切り、ヘタを切り落とし、トマトはくし型に4つに切り、ヘタを切り落とし、

4 さらに2~3つに切ります。さらに2~3つに切ります。

5 切ったトマトは、手順1の合わせ調味料に漬け込みます。切ったトマトは、手順1の合わせ調味料に漬け込みます。
冷蔵庫で2時間ほど、よく冷やすと、よりおいしくいただけます。

6 取り出す際に扱いやすいです。保存用バッグで作った際は、ある程度時間が経ったら、充分に消毒した容器に移し替えておくと、取り出す際に扱いやすいです。

作り置きのコツ

  • 水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、すぐ食べずに保存する際は、洗ったトマトの水気は、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取りましょう。
  • 保存容器は充分に消毒して使いましょう。
アレンジのヒント

  • 具材を足してもおいしいです。玉ねぎ/きゅうり/みょうが/セロリが合います。
  • ミニトマトでも作れます。ヘタを取り、半分~4つに切って漬け込みます。
  • 1~2cm角に切って作ると、ドレッシングとしても活用できます。野菜、冷奴、グリルした肉や魚などに、たっぷりとかけてどうぞ。
おすすめ食材、ツール
内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。

WECK TULIP SHAPE
ソース、ドレッシングなどの保存は、WECK(ウェック)の、TULIP SHAPEという型を使っています。
東急ハンズで見つけて、かわいいから1つ衝動買いしたという、まぁかなり私らしくない出会いですが、かなり気に入って、今では3つ持っています。
広口で、消毒しやすく、別売りのパッキンを付ければ、さらに長期保存が可能ですので、すっかり愛用しています。

フタは木製やプラスチックもあり、とてもおしゃれなんですが、まぁきりがないので、手は出していません。今のところは。

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, トマト, しょうが, 冷蔵1週間, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.