レシピ 常備菜 梅干し 大葉 鶏ひき肉 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい

あっさり 梅しそ鶏つくね

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月

梅しそ鶏つくね

今日は、梅しそ味の鶏つくねのレシピをご紹介します。

梅肉と大葉をタネに練り込み、たれにも梅肉を使っていますので、梅の風味たっぷり、あっさりといただけます。
はんぺんを使ったタネですので、作りやすく簡単きれいに仕上がります。
食欲が落ちている時にもうれしい酸味です。

スポンサーリンク

レシピについて

梅と大葉を練り込んだタネをフライパンで加熱し、最後にたれを絡めます。

材料

4~5人分
鶏ひき肉 200g
はんぺん(大判) 2枚(110g×2)
サラダ油 小さじ2
■合わせ調味料
片栗粉 大さじ2
梅肉 大さじ1/2(梅干し大1個分)
大葉みじん切り 10枚分
しょうゆ 小さじ1
■たれ
梅肉 大さじ1+1/2(梅干し大3個分)
だし汁 大さじ3
(または) 水大さじ3+顆粒和風だしの素小さじ1/6
みりん 大さじ2
 大さじ2
しょうゆ 小さじ1
8~9人分
鶏ひき肉 400g
はんぺん(大判) 4枚(110g×4)
サラダ油 大さじ1~小さじ4
■合わせ調味料
片栗粉 大さじ4
梅肉 大さじ1(梅干し大2個分)
大葉みじん切り 20枚分
しょうゆ 小さじ2
■たれ
梅肉 大さじ3(梅干し大6個分)
だし汁 90ml
(または) 水90ml+顆粒和風だしの素小さじ1/3
みりん 大さじ4
 大さじ4
しょうゆ 小さじ2

作り方

step
1
はんぺんは袋の上からもんでおくとよいです。

完全に細かくする必要はありません。

はんぺんは袋の上からもんでおくとよいです。

step
2
ひき肉とはんぺんをこねます。

はんぺんが砕けて、ひき肉とひとまとまりになる位までこねます。写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使うと良いです。
ひき肉はんぺんがひとまとまりになる位までこねておいてから調味料と混ぜ合わせると、崩れにくいです。

ひき肉とはんぺんをこねます。

step
3
合わせ調味料を加え、よくこねます。

材料が固まらないように、よくこねましょう。

よくこねます。

step
4
ひと口大にまとめたタネを、サラダ油を塗ったフライパンに並べます。

大きさは、指でOKを作った中に入るくらいの大きさが目安です。

よくこねます

step
5
ふたをして、弱火でじっくりと7~8分焼きます。

焼いている間は、さわらず、ほったらかしにしましょう。

7~8分焼きます

step
6
表面が白っぽくなり、底面に焼き色がついたら、


底面に焼き色がついたら、

step
7
ひっくり返し、さらに5~6分、中までしっかりと火を通します。


ひっくり返します。

step
8
この間に、たれの調味料を混ぜ合わせます。


たれの調味料を混ぜ合わせます

step
9
たれの調味料を一気に加えます。


たれの調味料を一気に加えます。

step
10
少しだけ火を強め、焦げないように底から絡めます。最初こそ水分が多く感じますが、


焦げないように底から絡めます。

step
11
20~30秒もすると水分が底に泡立つ程度になりますので、手早く絡め、火を止めます。


手早く絡め、火を止めます。

step
12
保存する際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。


保存します。

作り置きのコツ・ポイント

  • ひき肉はんぺんがひとまとまりになる位までこねておいてから調味料と混ぜ合わせると、崩れにくいです。
  • 焼いている間は、さわらず、ほったらかしにしましょう。
  • 保存する際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

アレンジのヒント

  • いただく際、大葉や梅肉を添えて、大葉で巻いたり、さらに梅肉をつけてもおいしいです。写真そうしなさいって感じですねすみません。
  • タネには大葉に代えて、ねぎのみじん切りを混ぜ込んでもおいしいです。

おすすめ食材、ツール

S&Bさんから、梅肉と塩だけの練り梅が出ています。混ざり物がないので、とてもおいしく使いやすいです。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 梅干し, 大葉, 鶏ひき肉, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.