さつまいものそぼろ煮

レシピ 野菜のおかず さつまいも しょうが お肉のおかず 鶏ひき肉 ひき肉 冷蔵5日 冷凍1か月 調理時間:15分 こどもOK おつまみ お弁当のおかず 紫色のおかず 黄色のおかず 時間がたってもおいしい 和風

さつまいものそぼろ煮

冷蔵5日/冷凍1か月

さつまいものそぼろ煮

今日は、さつまいものそぼろ煮のレシピをご紹介します。

さつまいもの甘味を活かした一品です。主菜使いもできるよう、そぼろをたっぷりと加えました。

そぼろたっぷり、甘じょっぱい仕上がりで、ご飯に合う一品です。

鶏ひき肉のそぼろで、さつまいもを直接煮込みます。手早く仕上がり、さつまいもに鶏肉の旨味がたっぷりとしみ込みます。

冷めてもおいしいですので、お弁当のおかずにもどうぞ。

レシピについて

鶏ひき肉と調味料を合わせてから火にかけてそぼろ状にし、さつまいもを煮て、とろみをつけて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • さつまいも 中2本(400g)
  • 鶏ひき肉 300g
  • ■合わせ調味料
  • 水 300ml
  • しょうゆ 大さじ2(30ml)
  • 酒 大さじ2(30ml)
  • みりん 大さじ2(30ml)
  • しょうがすりおろし 小さじ1(3~4cm角×1/3片分目安)
  • ■とろみ付け
  • 水 小さじ2(10ml)
  • 片栗粉 小さじ2

8人分

  • さつまいも 中4本(800g)
  • 鶏ひき肉 600g
  • ■合わせ調味料
  • 水 600ml
  • しょうゆ 大さじ4(60ml)
  • 酒 大さじ4(60ml)
  • みりん 大さじ4(60ml)
  • しょうがすりおろし 小さじ2(3~4cm角×2/3片分目安)
  • ■とろみ付け
  • 水 小さじ4(20ml)
  • 片栗粉 小さじ4

作り方

step
1
さつまいもはよく洗います。

手順1~2でさつまいもの下ごしらえをします。これらの手順は、手順3で鶏ひき肉を煮ている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。

多少重めでも問題はありませんが、3割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。
皮ごと使いますので、よく洗います。

さつまいもさつまいも

step
2
両端の硬い部分は取り除き、皮ごとひと口大の乱切りにします。

乱切りは「回し切り」ともいいますので、さつまいもを回しながら切っていくとよいです。幅の太いさつまいもは、いったん縦半分~縦1/4に切ってからのほうが切りやすいです。

ひと口大は、親指と人差し指でOKを作り、親指が人差し指の第一関節あたりにくる程度の中に入る大きさが目安です。

さつまいもは切ったらすぐに水にさらすことで変色を防ぎますが、今回は茶色に仕上げますので、すぐに調理するのであれば、水にさらさなくても構いません。

さつまいもさつまいも
さつまいもさつまいも

step
3
フライパンか鍋に、鶏ひき肉と、合わせ調味料を入れ、ヘラで切るようにして、全体がなじむまで混ぜ合わせてから、中火にかけます。

鶏ひき肉と合わせ調味料をよくなじませてから火にかけることで、なめらかなそぼろに仕上がります。

そぼろそぼろ
そぼろそぼろ

step
4
沸騰してきたら、さらにヘラで切るように良く混ぜ合わせ、ひき肉全体の色が変わったら、手順2のさつまいもを加えてざっと混ぜ、ふたをします。

さつまいもさつまいも
さつまいもさつまいも
さつまいもさつまいも

step
5
沸騰したら弱めの中火にし、10分ほど煮込みます。

さつまいもさつまいも

step
6
とろみ付けの材料を混ぜ合わせておきます。

水を先に容器に入れてから、片栗粉を入れてから溶くと、溶きやすいです。
他のレシピよりも片栗粉の分量が少なめですが、さつまいもは煮汁をよく吸うため、ちょうどよく仕上がります。

片栗粉片栗粉
片栗粉片栗粉

step
7
さつまいもに竹串がスッと通るまで煮えたら弱火にし、とろみ付け調味料を回し入れ、全体に行き渡るように混ぜながら、2~3分ほど加熱します。

煮汁にしっかり火を通さないと、とろみが付きません。全体がもったりとするまで、しっかりと火を通しましょう。

味をみて、もし薄く感じる場合は、しょうゆで調整するとよいです。小さじ1/2程度から加え、全体をよく混ぜ合わせてから、味をみて調整しましょう。

さつまいもさつまいも
さつまいもさつまいも
さつまいもさつまいも

step
8
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 乱切りは「回し切り」ともいいますので、さつまいもを回しながら切っていくとよいです。幅の太いさつまいもは、いったん縦半分~縦1/4に切ってからのほうが切りやすいです。
  • 鶏ひき肉と合わせ調味料をよくなじませてから火にかけることで、なめらかなそぼろに仕上がります。
  • 片栗粉を溶く際は、水を先に容器に入れてから、片栗粉を入れてから溶くと、溶きやすいです。
  • 片栗粉を加えてからは、煮汁にしっかり火を通さないと、とろみが付きません。全体がもったりとするまで、しっかりと火を通しましょう。
  • 味をみて、もし薄く感じる場合は、しょうゆで調整するとよいです。小さじ1/2程度から加え、全体をよく混ぜ合わせてから、味をみて調整しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:さやいんげん/きぬさや/枝豆
  • いただく際、添えておいしい香辛料・香味野菜:千切りしょうが
  • 和風グラタン:耐熱容器に入れ、溶けるチーズを混ぜ込むか上からかけて、オーブントースターで焦げ目が付くまで焼きます。チーズの代わりに、マヨネーズをかけても。
  • 丼飯の具材としても。ただしダブル炭水化物ですので、その点はご留意くださいませ。

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

さつまいものレシピはこちらもどうぞ

【野菜ひとつ】さつまいもの醤油バター
【野菜ひとつ】さつまいもの醤油バター

2021/9/15

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、さつまいもとバターを使ったレシピをご紹介します。 さつまいもを酒蒸しにし、バター、しょうゆ ...

さつまいものそぼろ煮
さつまいものそぼろ煮

2021/9/11

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、さつまいものそぼろ煮のレシピをご紹介します。 さつまいもの甘味を活かした一品です。主菜使い ...

【野菜ひとつ】さつまいもの照り焼き
【野菜ひとつ】さつまいもの照り焼き

2021/9/5

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、さつまいもの照り焼きのレシピをご紹介します。 さつまいもを酒蒸しにし、ごまの香りをきかせた ...

さつまいもと鶏むね肉の甘辛炒め煮
さつまいもと鶏むね肉の甘辛炒め煮

2021/1/31

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、さつまいもと鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 鶏むね肉とさつまいもに ...

さつまいものガリマヨ炒め
【野菜ひとつ】さつまいものガリマヨ炒め

2021/1/20

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、さつまいものおかずのレシピをご紹介します。 さつまいもにマヨネーズとにんにくを絡めてじっく ...


もっと見る