鶏つくね

レシピ 野菜のおかず 長ねぎ 豆腐 お肉のおかず 鶏肉 鶏ひき肉 ひき肉 冷蔵5日 冷凍1か月 おつまみ お弁当のおかず 時間がたってもおいしい 和風

鶏つくね

冷蔵5日/冷凍1か月

鶏つくね

今日は、鶏つくねのレシピをご紹介します。

鶏ひき肉に、たっぷりの長ねぎと豆腐を加えて作る、ヘルシーな鶏つくねです。

ふわふわ柔らか仕上がりのつくねに、甘辛い照り焼きダレをジュワッと絡めた、ご飯やお酒が進む一品です。

冷めてもおいしいですので、お弁当のおかずにもぴったりです。ぜひ、お試しくださいませ。

レシピについて

鶏ひき肉に、長ねぎ、豆腐、パン粉を加えてタネを作り、フライパンで焼いて、調味料を絡めて出来上がりです。
以前よりご紹介しているレシピを、改めて整理しました。

スポンサーリンク

材料

4人分(16個分)

  • 鶏ひき肉(※1) 300g
  • 長ねぎ 1/2本(※2)(75~100g目安)
  • 豆腐(※3) 150g(1/2丁)
  • パン粉 カップ1/4(50mlのラインまで/10g)
  • 塩 小さじ1/4
  • こしょう(粗挽き、粉末、どちらでも構いません) 小さじ1/4
  • サラダ油 大さじ1(15ml)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ2(30ml)
  • みりん 大さじ1(15ml)
  • 砂糖 大さじ1

(※1)鶏肉を包丁でたたいたり、フードプロセッサーなどでひいたものを使っても構いません。
(※2)白色、緑色、どちらの部分を使っても構いません。
(※3)3個パック売りの場合、1パックが150gです。

8人分(32個分)

  • 鶏ひき肉(※1) 600g
  • 長ねぎ 1本(※2)(150~200g目安)
  • 豆腐(※3) 300g(1丁)
  • パン粉 カップ1/2(100mlのラインまで/20g)
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう(粗挽き、粉末、どちらでも構いません) 小さじ1/2
  • サラダ油 大さじ2(30ml)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ4(60ml)
  • みりん 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 大さじ2

(※1)鶏肉を包丁でたたいたり、フードプロセッサーなどでひいたものを使っても構いません。
(※2)緑色の部分もまるごと一本使います。
(※3)※3個パック売りの場合、1パックが150gです。

作り方

step
1
合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この作業は、手順7~8でタネを焼いている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
2
長ねぎはみじん切りにします。扱いやすい長さに切ってから、縦に細く切り、90度向きを変えて、端から細かく切っていくとよいです。

フードプロセッサーを使っても構いません。

長ねぎ長ねぎ
長ねぎ長ねぎ
長ねぎ長ねぎ

step
3
手水(手につける水)、豆腐、パン粉を用意しておきます。

タネを丸める際、手水を付けながら丸めますので、手指が浸かる程度の量の水を、ボウルなどにあらかじめ用意しておくとよいです。
冬場や、解凍ひき肉を使う場合は、手がとても冷たくなりますので、お湯を用意しておくことをおすすめします。タネをこねる際、冷たく辛くなったら手をお湯に浸けるとよいです。

豆腐、パン粉は、あらかじめ分量を量り、準備しておくと、手際良く進めます。

用意

step
4
タネを作ります。鶏ひき肉、塩、こしょうをボウルに入れ、もったりとするまで1分程度よくこねてから、

タネタネ
タネタネ

step
5
長ねぎ、豆腐、パン粉を加えて、ひとまとまりになる程度に1分ほどこねます。

タネタネ
タネタネ

step
6
手水を付けながら丸め、4人分は16等分、8人分は32等分にし、形を整えます。

手水を付けながら丸めると、タネが手指にくっつきにくく、離れやすくなります。

タネタネ
タネタネ

step
7
サラダ油を薄くひいたフライパンに並べ、中火にかけます。表面が白っぽく乾いたような状態になるまで、7~8分ほど焼きます。

8人分を作る場合は、フライパン2台で焼くか、2回に分けて焼きましょう。

タネタネ
タネタネ

step
8
表面が白っぽく乾き、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、ひっくり返し、弱火にして3~4分ほど焼きます。

くっついている場合は、この時点でヘラを使って切るとよいです。
ひっくり返す際は、フライパンに面している部分にヘラを入れてからひっくり返しましょう。箸やトングだけですと割れやすいです。

タネタネ
タネタネ

step
9
フライパンに面している部分に一度ヘラを入れてから、手順1の合わせ調味料を加え、1~2回ひっくり返したり、すべらせながら、タレを全体に絡めます。

ヘラを入れてから合わせ調味料を加えることで、タネがフライパンにくっつくなどの事故を防ぎます。

合わせ調味料は、砂糖が残らないように、ヘラで底からかき出すようにして加えましょう。

8人分を仕上げる際は、調味料を半分ずつに分けて煮詰めるか、焼けたつくね全量を1台のフライパンに入れてから、調味料全量を加えて煮詰めても構いません。

写真のように、タレが少し残る程度で火を止めます。すぐに食べる場合は、つくねを盛り付けてから、タレを少しかけます。保存する場合は、つくねと一緒に保存容器に入れるとよいです。

タネタネ
タネタネ
タネタネ

step
10
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • タネを丸める際、手水を付けながら丸めますので、手指が浸かる程度の量の水を、ボウルなどにあらかじめ用意しておくとよいです。
  • 冬場や、解凍ひき肉を使う場合は、手がとても冷たくなりますので、お湯を用意しておくことをおすすめします。タネをこねる際、冷たく辛くなったら手をお湯に浸けるとよいです。
  • 豆腐、パン粉は、あらかじめ分量を量り、準備しておくと、手際良く進めます。
  • タネを丸める際、手水を付けながら丸めると、タネが手指にくっつきにくく、離れやすくなります。
  • タネをひっくり返す際は、フライパンに面している部分にヘラを入れてからひっくり返しましょう。箸やトングだけですと割れやすいです。
  • ヘラを入れてから合わせ調味料を加えることで、タネがフライパンにくっつくなどの事故を防ぎます。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • いただく際、添えておいしい具材・調味料:卵黄/大葉/半分に切った生ピーマン/マヨネーズ/練り辛子/一味唐辛子
  • タネは鍋の具材としても。焼かずに加えます。
  • お弁当に詰める際は、粗熱を取ってから詰めましょう。

おすすめ食材、ツール

愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。

ひき肉のレシピはこちらもどうぞ


さつまいものそぼろ煮
さつまいものそぼろ煮

2021/9/11

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、さつまいものそぼろ煮のレシピをご紹介します。 さつまいもの甘味を活かした一品です。主菜使い ...

キャベツの鶏そぼろ煮
キャベツの鶏そぼろ煮

2021/8/22

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、キャベツとたっぷりの鶏ひき肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 キャベツに甘じ ...

長芋のごまだれ鶏そぼろ煮
長芋のごまだれ鶏そぼろ煮

2021/6/26

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、長芋と鶏ひき肉を使ったレシピをご紹介します。 ごまだれを使った変わり種の鶏そぼろが、長芋に ...

鶏そぼろ
鶏そぼろ

2021/6/20

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏そぼろのレシピをご紹介します。 手軽に出来る、甘じょっぱい常備菜です。シンプルな味付け、 ...

そぼろ肉じゃが
そぼろ肉じゃが

2021/6/28

冷蔵4日 今日は、鶏ひき肉で作る肉じゃがのレシピをご紹介します。 あらかじめ調味料を加えた鶏ひき肉のそぼろで、直接具材を ...

もっと見る