チキンミートボール

レシピ 野菜のおかず 玉ねぎ 豆腐 お肉のおかず 鶏肉 鶏ひき肉 ひき肉 冷蔵5日 冷凍1か月 おつまみ お弁当のおかず 時間がたってもおいしい 洋風

チキンミートボール

冷蔵5日/冷凍1か月

ミートボール

今日は、ミートボールのレシピをご紹介します。

鶏ひき肉に豆腐を加えて作る、ヘルシーなミートボールです。

お子さんが好きな、ケチャップを使った甘めの味付けです。甘さはみりんを使い、しょうゆで味を締めていますので、甘ったるくなく、ご飯が進みます。

丸めたタネを、合わせ調味料で煮るだけで出来上がる、シンプルなレシピです。

冷めてもおいしいですので、お弁当のおかずにもぴったりです。ぜひ、お試しくださいませ。

レシピについて

鶏ひき肉に、玉ねぎ、豆腐、パン粉を加えてタネを作り、合わせ調味料で煮て出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分(16個分)

  • 鶏ひき肉(※1) 300g
  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ) 1/2個(100~150g)
  • 豆腐(※2) 150g(1/2丁)
  • パン粉 カップ1/2(100mlのラインまで/20g)
  • 塩 小さじ1/4
  • こしょう(粗挽き、粉末、どちらでも構いません) 小さじ1/4
  • ■合わせ調味料
  • 水 100ml
  • ケチャップ 大さじ3
  • みりん 大さじ2(30ml)
  • しょうゆ 小さじ4(20ml)

(※1)鶏肉を包丁でたたいたり、フードプロセッサーなどでひいたものを使っても構いません。
(※2)3個パック売りの場合、1パックが150gです。

8人分(32個分)

  • 鶏ひき肉(※1) 600g
  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ) 1個(200~300g×1)
  • 豆腐(※2) 300g(1丁)
  • パン粉 カップ1(200mlのラインまで/40g)
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう(粗挽き、粉末、どちらでも構いません) 小さじ1/2
  • ■合わせ調味料
  • 水 200ml
  • ケチャップ 大さじ6
  • みりん 大さじ4(60ml)
  • しょうゆ 大さじ2+小さじ2(40ml)

(※1)鶏肉を包丁でたたいたり、フードプロセッサーなどでひいたものを使っても構いません。
(※2)3個パック売りの場合、1パックが150gです。

作り方

step
1
フライパンに、合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

火はまだつけません。
8人分を作る場合は、フライパン2台で作るか、2回に分けて作るとよいです。

合わせ調味料合わせ調味料

step
2
玉ねぎはみじん切りにします。

フードプロセッサーを使っても構いません。

玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
竹串を置いた上に玉ねぎを乗せて端から切り、竹串を抜いて90度回転させて端から切っていくと、細かく粒の揃ったみじん切りにしやすいです。

玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ

step
3
手水(手につける水)、豆腐、パン粉を用意しておきます。

タネを丸める際、手水を付けながら丸めますので、手指が浸かる程度の量の水を、ボウルなどにあらかじめ用意しておくとよいです。
冬場や、解凍ひき肉を使う場合は、手がとても冷たくなりますので、お湯を用意しておくことをおすすめします。タネをこねる際、冷たく辛くなったら手をお湯に浸けるとよいです。

豆腐、パン粉は、あらかじめ分量を量り、準備しておくと、手際良く進めます。

用意

step
4
タネを作ります。鶏ひき肉、塩、こしょうをボウルに入れ、もったりとするまで1分程度よくこねてから、

タネタネ
タネタネ

step
5
玉ねぎ、豆腐、パン粉を加えて、ひとまとまりになる程度に1分ほどこねます。

タネタネ
タネタネ

step
6
手水を付けながら、ピンポン玉くらいの大きさに丸め、4人分は16等分、8人分は32等分にします。

手水を付けながら丸めると、タネが手指にくっつきにくく、離れやすくなります。
タネをひとつかみしてギュッと握り、親指と人差し指の間から絞り出した分量を丸めると、ちょうどよい大きさになります。

タネタネ
タネタネ

step
7
手順1のフライパンに並べ、ふたをして強めの中火にかけます。沸騰して蒸気が充分に出たら、中火にし、7~8分ほどそのまま加熱します。

タネタネ

step
8
フライパンに面している部分に一度ヘラを入れてから、ひっくり返して、白い部分が煮汁に浸かるようにします。

ヘラを入れてからひっくり返すことで、タネがフライパンにくっつくなどの事故を防ぎます。
白い部分が煮汁に浸かれば、それ以上転がす必要はありません。あまりコロコロ転がすと、タネが崩れてしまいます。

写真は箸を使っていますが、そのままヘラを使ってひっくり返しても構いません。

タネタネ
タネタネ

step
9
ふたを開けたまま2~3分ほど加熱し、煮汁が少なくなり、煮汁の泡立ちが大きくなったら、火を止めます。

写真のように、タレが少し残る程度で火を止めます。

タネタネ
タネタネ

step
10
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • タネを丸める際、手水を付けながら丸めますので、手指が浸かる程度の量の水を、ボウルなどにあらかじめ用意しておくとよいです。
  • 冬場や、解凍ひき肉を使う場合は、手がとても冷たくなりますので、お湯を用意しておくことをおすすめします。タネをこねる際、冷たく辛くなったら手をお湯に浸けるとよいです。
  • 豆腐、パン粉は、あらかじめ分量を量り、準備しておくと、手際良く進めます。
  • タネを丸める際、手水を付けながら丸めると、タネが手指にくっつきにくく、離れやすくなります。
  • ヘラを入れてからひっくり返すことで、タネがフライパンにくっつくなどの事故を防ぎます。
  • 白い部分が煮汁に浸かれば、それ以上転がす必要はありません。あまりコロコロ転がすと、タネが崩れてしまいます。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 加えておいしい香辛料・香味野菜(手順1で加えます):にんにくすりおろし
  • いただく際、添えておいしい具材・調味料:粒マスタード/マヨネーズ/一味唐辛子/タバスコ/パセリ
  • 鶏ひき肉に替えて、お好みのひき肉で作っても。:合い挽き肉/豚ひき肉/牛ひき肉
  • ご飯と合わせて丼飯やワンプレートにしても。
  • パスタソースとしても。
  • 仕上げにバターや、溶けるチーズを加えても。
  • お弁当に詰める際は、粗熱を取ってから詰めましょう。

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。

ひき肉のレシピはこちらもどうぞ


長芋のごまだれ鶏そぼろ煮
長芋のごまだれ鶏そぼろ煮

2021/6/26

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、長芋と鶏ひき肉を使ったレシピをご紹介します。 ごまだれを使った変わり種の鶏そぼろが、長芋に ...

鶏そぼろ
鶏そぼろ

2021/6/20

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏そぼろのレシピをご紹介します。 手軽に出来る、甘じょっぱい常備菜です。シンプルな味付け、 ...

そぼろ肉じゃが
そぼろ肉じゃが

2021/6/28

冷蔵4日 今日は、鶏ひき肉で作る肉じゃがのレシピをご紹介します。 あらかじめ調味料を加えた鶏ひき肉のそぼろで、直接具材を ...

チキンミートボール
チキンミートボール

2021/6/13

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ミートボールのレシピをご紹介します。 鶏ひき肉に豆腐を加えて作る、ヘルシーなミートボールで ...

巻かないロールキャベツ
巻かないロールキャベツ

2021/5/23

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、巻かないロールキャベツのレシピをご紹介します。 半分に切ったキャベツをくり抜いた中に、肉だ ...

もっと見る

梅干しの作り方

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
梅干しの作り方

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る