レシピ 野菜のおかず 玉ねぎ 豚肉 豚こま切れ肉 マヨネーズ マスタード 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 洋風

玉ねぎと豚こまのマスタードマヨ炒め

冷蔵5日/冷凍1か月


玉ねぎたっぷり豚こま生姜焼き

今日は、たっぷりの玉ねぎと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

豚肉に片栗粉をまぶして炒め、たっぷりの玉ねぎと調味料を加え、ボリュームたっぷりの炒め煮にします。ほとんどほったらかしで作ります。

粒マスタードにマヨネーズを合わせることで、とてもまろやかになります。また、玉ねぎの甘味を活かしますので、甘味調味料はごく控えめですが、しっかりと甘味があり、玉ねぎが苦手な方や、お子様にも食べやすい味に仕上がります。

そのままはもちろん、冷めてもおいしいので、お弁当のおかずや、のっけ弁の具材としてもどうぞ。

レシピについて

片栗粉をまぶしつけた豚肉を炒め、玉ねぎと調味料を加えて炒めます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ) 2個(300g~400×2)
  • 豚こま切れ肉 400g
  • 片栗粉 大さじ4
  • サラダ油 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • マヨネーズ 大さじ3
  • 粗挽きマスタード 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • 砂糖 小さじ2

8人分

  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ) 4個(300g~400g×4)
  • 豚こま切れ肉 800g
  • 片栗粉 大さじ8
  • サラダ油 小さじ4
  • ■合わせ調味料
  • マヨネーズ 大さじ6
  • 粗挽きマスタード 大さじ4
  • 酒 大さじ2
  • 砂糖 小さじ4

作り方

step
1
玉ねぎは半分に切り、繊維に沿って、5mm幅程度(人差し指の幅の1/3目安)に切ります。

玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
この作業は、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ

step
2
ボウルに合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この作業も、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
3
豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

豚こま切れ肉
豚こま切れ肉
豚こま切れ肉

step
4
フライパンにサラダ油を薄くひき、手順3の豚肉をほぐし入れ、


サラダ油
豚薄切り肉

step
5
弱めの中火にかけます。2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、そのまま5~6分ほどほったらかしにします。

写真のように、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。

ほったらかし

step
6
表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いです。
この後の手順でほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。

ほぐす

step
7
手順1の玉ねぎを加え、ざっと全体を混ぜ合わせて油を回し、


玉ねぎ
玉ねぎ

step
8
手順2の合わせ調味料を加え、かき混ぜて全体になじませたら、ふたをします。


合わせ調味料
全体になじませたら
ふた

step
9
3~4分ほど経ち蒸気が充分に出たら、さらに7~8分ほど炒めます。

火加減は弱めの中火のままで構いません。これ以上強くすると、調味料が焦げてしまいます。
玉ねぎにじっくりと火を通して甘味を引き出し、豚肉にしっかりと火を通します。

炒めている間は、ほったらかします。焦げ付きが気になるようなら、途中1度かき混ぜるとよいです。その程度で構いません。この間に洗い物でもしておきましょう。

炒め
炒め

step
10
玉ねぎがくったりとなり、水分が飛んだら、ざっと全体を底からかき混ぜて、汁気を飛ばします。

底からかき混ぜて
汁気を飛ばします

step
11
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
  • 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 豚肉を炒める際は、できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:お好みのきのこ類/キャベツ/ピーマン/にんじん
  • たっぷりのキャベツを添えたり、リーフレタスをしいた上に盛り付けても。
  • レタスで巻いても。かいわれ大根などと一緒に巻いても良いです。
  • 丼飯や、のっけ弁に。こってり味がお好みの方は、卵を落としたり、さらにマヨネーズをかけても。
  • オーブン焼きの具材としても。

おすすめ食材、ツール


粒マスタードはマイユを常備しています。使いやすい手頃なサイズ感に、大粒つぶつぶプチプチがたっぷりと詰め込まれています。酢ではなく白ワインに漬け込んで作られているとのこと、かなり風味が良くマイルドなので、いろいろな料理に使いやすいです。

豚肉のレシピはこちらもどうぞ


かぼちゃと豚こまの甘辛炒め
かぼちゃと豚こまの甘辛炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、かぼちゃと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 豚肉と甘辛いかぼちゃ ...

厚揚げのバターしょうゆそぼろ煮
厚揚げのバターしょうゆそぼろ煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、厚揚げとひき肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 厚揚げが甘じょっぱいボリュー ...

キャベツと豚こまのしょうゆマヨ炒め
キャベツと豚こまのしょうゆマヨ炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、たっぷりのキャベツと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 たっぷりの ...

玉ねぎと豚こまのマスタードマヨ炒め
玉ねぎと豚こまのマスタードマヨ炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、たっぷりの玉ねぎと豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 豚肉に片栗粉 ...

フライパンで豚肩ロース焼き豚
フライパンで豚肩ロース焼き豚

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、豚肩ロース肉をフライパンで焼き豚にするレシピをご紹介します。 材料は、豚肩ロース、しょうが ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, 玉ねぎ, 豚肉, 豚こま切れ肉, マヨネーズ, マスタード, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 洋風