ほっとするおいしさ やわらか鶏ごぼう

冷蔵1週間

やわらか鶏ごぼう
今回は、ごぼうと鶏むね肉がとても柔らかく仕上がる、和風煮物レシピのご紹介です。

筑前煮や炒り鶏などよりも、安価で手軽に出来上がり、作り置きしておくと、とても応用が利き、日持ちもする嬉しい一品です。

材料を一口大に切って作れば、立派なメインのおかずに。小さめに切りそろえて仕上げれば、混ぜご飯や卵焼き、つくねの具材にと、大活躍します。

ご飯はもちろん、酒の肴にも良く合います。また、冷めてもおいしいので、お弁当にもぴったりです。

とても柔らかく、ほっとするうれしい味、ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

柔らかく美味しく仕上がるコツは、鶏むね肉は下ごしらえをしておき、根菜を砂糖、酒、みりんで柔らかく煮込んでから、仕上げに鶏むね肉としょうゆを加えて仕上げることです。

材料

具材 4人分 8人分
鶏むね肉(または、もも肉でもOK) 1枚 2枚
ごぼう 小2本 小4本
にんじん 1/2本 1本
こんにゃく 1枚 2枚
サラダ油 小さじ2 大さじ1
■鶏肉の下味用調味料
片栗粉 大さじ1 大さじ2
小さじ1 小さじ2
しょうゆ 小さじ1 小さじ2
■煮込み用調味料
だし汁 200cc 300cc
みりん 大さじ2 大さじ3
大さじ1 大さじ1.5
砂糖 大さじ1 大さじ1.5
■仕上げ用調味料
しょうゆ 大さじ2 大さじ3

作り方

1 鶏肉はそぎ切りにします鶏肉の下ごしらえをします。
鶏肉は、1~2cm厚さ程度の一口大に、そぎ切りにします。
2 下味用調味料に鶏肉を漬け込みます切った鶏肉は、下味用調味料に漬け込みます。

翌日に調理する場合や、朝に仕込んでおいて晩に調理するのであれば、冷蔵庫でねかせておきましょう。

3 ごぼうを洗います野菜の準備をします。
ごぼうをよく洗います。スポンジの硬い部分や、たわしやアルミホイルを使い、きれいに泥を落とします。皮はむきません。
4 ごぼうは斜め切りにしますごぼうは斜め切りにします。
5 切ったごぼうは水に漬けておきます切ったごぼうは、水に漬けておきます。

水を何度も替えると、ごぼうの旨味が残りませんので、替える必要はありません。もし泥が残っていたら、もう一度、洗う程度に水を替える程度で充分です。

6 にんじんは乱切りにしますにんじんは乱切りにします。
7 こんにゃくは真ん中に切れ目を入れますこんにゃくの下ごしらえをします。
こんにゃくは、手でちぎるか、結びこんにゃくにして、味が染み込みやすいようにしましょう。ここでは、簡単な結びこんにゃくの手順をご紹介します。

こんにゃくは厚さ2~3mm程度に切り、端を残して、真ん中に切れ目を入れます。あまり厚く切りすぎると、ほどけてしまいます。

8 片側を真ん中の切れ目に入れ込みます端の片側を、真ん中の切れ目に入れ込みます。
9 そのままくるっとねじりますそのままくるっとねじり、出来上がりです。
10 こんにゃくは塩でもみますアクを抜きます。
結びこんにゃくにしたもの、もしくはちぎったこんにゃくは、塩(分量外:小さじ1)を全体にふりかけて、軽くもみます。
11 沸騰したお湯で5分間ほどゆでます沸騰したお湯に入れ、5分間ほどゆでます
12 こんにゃくはざるにあけますゆでたこんにゃくは、ざるにあけておきます。
こんにゃくのアク抜きは、これで完了です。
13 鶏肉はゆっくりと焼きます鶏肉を焼きます。
煮込み用の鍋を弱めの中火にかけ、サラダ油を熱し、下味を付けておいた手順2の鶏肉を広げて入れます。
14 こんがりと焼きます鶏肉の両面に薄い焼き色が付くまで、ひっくり返しながら焼きます。
15 鶏肉は別容器に移しておきます鶏肉の中まで火が通らなくても構いませんので、表面に焼き色が付いたら取り出し、別容器に移しておきます。

このあと、鍋は洗わず、そのまま使います。鶏肉の旨味が残った鍋で、次の手順に移ります。

16 根菜を炒めます鍋に、油を足さずに、ごぼう、にんじん、こんにゃくを加え、強めの中火にかけて炒めます。
17 根菜が柔らかくなるまで煮込みます煮込み用調味料を加え、根菜が柔らかくなるまで、そのままの火加減でガーッと煮込みます。
18 しょうゆと鶏肉を加えます根菜が柔らかくなったら、しょうゆを加え、ひと煮立ちさせて全体がほんのりと茶色に色づいたら、手順15の鶏肉を加えます。
19 煮汁を絡めながら炒り煮にします炒り煮にします。
煮汁を全体に絡めるようにして、炒るように煮込み、煮汁が少なくなれば、出来上がりです。
作り置きのコツ

  • 鶏肉は、下味に漬け込んでから焼き、根菜に火が通ってから、最後に戻し入れて煮ることで、柔らかく仕上がります。
  • 鶏肉を焼いた鍋で根菜を炒めて煮込むことで、鶏の旨味がしっかりと根菜に行き渡ります。
  • ごぼうの皮には、本当にたくさんの栄養がぎっしりと詰まっています。ごぼうは出来るだけ、土を洗うだけにしましょう。
  • 根菜を炒り煮にする場合は、しっかりと煮汁が具材に行き渡る程度の、強めの火力でガーッと煮ると、味が染み込みやすく、そして手早く仕上がります。
  • しょうゆは煮込みの最後に加えることで、具材に旨味がよく染み込み、しょうゆの香りがきいた仕上がりとなります。
  • 容器に移して冷蔵庫で保存する際は、保存容器はしっかり消毒してから使い、しっかり荒熱を取ってから冷蔵庫に入れましょう。
アレンジのヒント

  • さやいんげんや、きぬさやをあしらうと、彩り良くいただけます。塩ゆでし、水に放って色止めしたものを、別で用意しておき、いただく際にあしらうと良いです。
  • 材料をすべて2cm角程度(ごぼうはささがきでもOK)に切りそろえて、同じ手順で作ると、アレンジのきく常備菜が出来上がります。作り置きしておくと、次のような応用が利きます。
    • 混ぜご飯:少し固めに炊いたご飯に、煮汁ごとたっぷり鶏ごぼうを乗せ、ふたをして3分ほど蒸らしてから混ぜ込むと、具だくさん鶏ごぼうご飯の出来上がりです。冷ご飯の救済にもどうぞ。冷ご飯をレンジで温めてほぐしたものに混ぜ込みましょう。ご飯2合+鶏ごぼう4人分が目安です。三つ葉を添えると色、香りともにおいしくいただけます。
    • 玉子焼き:卵2個あたり、鶏ごぼうを大さじ2程度、煮汁ごと混ぜ込むか、具を芯にして、焼き上げます。
    • つくね:鶏ひき肉300g(うち100gを豆腐にしてもOK)、鶏ごぼう大さじ2を、パン粉大さじ4~5とともに混ぜ込みます。照り焼きに仕上げる際のタレは、こちらの鶏つくねの甘辛照り焼きのレシピをご参照くださいませ。
    • 炒り豆腐:フライパンに、鶏ごぼう2人分程度の分量に、木綿豆腐1丁(300g)を水切りしたものを崩しながら加えて炒め、卵1個を溶き卵にして加えます。仕上げに、ねぎの小口切りや、塩ゆでして千切りにしたきぬさやをあしらうと、彩り良く、さらにおいしくいただけます。
おすすめ食材、ツール
料理をする際の酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がりますよ。

下記は、ご参考までにAmazonなどへのリンクを張っていますが、お近くにアルコールを扱うスーパーやコープがある場合は、そちらの方が、かなりお安くお買い求めいただけますので、ぜひ、日常のお買い物のついでに見つけられることを、おすすめします。

こちらのレシピもどうぞ

休日に作る本格スパゲティ・ボロネーゼ (ミートソース)

休日に作る本格スパゲティ・ボロネーゼ (ミートソース)

冷蔵5日/冷凍1か月 ガツンと焼いた挽き肉の旨味を、じっくり炒めたソフリット、トマトと赤ワイン

レシピをみる

わらびと薄揚げの煮物 わらびのアク抜きの方法もご紹介

わらびと薄揚げの煮物 わらびのアク抜きの方法もご紹介

冷蔵4日 今回は、わらびと薄揚げの煮物のレシピを、わらびのアク抜きの方法もあわせてご紹介します

レシピをみる

炒土豆絲(じゃがいもの細切り炒め)

じゃがいも嫌いの方におすすめ!炒土豆丝(じゃがいもの細切り炒め)

冷蔵4日 今回は、じゃがいも嫌いの私が、これならむしゃむしゃ食べてしまう、じゃがいもの細切り炒

レシピをみる

大好評!れんこんとひじきのマスタードツナサラダ

大好評!れんこんとひじきのマスタードツナサラダ

冷蔵5日 今回は、れんこんとひじきを、ツナとたっぷりの粒マスタードで和えたサラダのレシピをご紹

レシピをみる

本格ハッシュドビーフ

休日に作る本格ハッシュドビーフ(ハヤシライス)

冷蔵5日/冷凍1か月 ハインツのデミグラスソース1缶+赤ワイン1/2カップで、炒めた玉ねぎ、き

レシピをみる

かぼちゃのそぼろ煮

ほくほくとろとろ かぼちゃのそぼろ煮

冷蔵5日 今回は、薄味、ノンオイル、だしいらず、お鍋ひとつで簡単に仕上がる、かぼちゃのそぼろ煮

レシピをみる

きゅうりの豆板醤漬け

ピリ辛!きゅうりの豆板醤漬け

冷蔵10日間 今回は、豆板醤の辛味とごま油の香りがおいしい、きゅうりの豆板醤漬けのレシピをご紹

レシピをみる

鶏むね肉の甘酢煮

お酢でさっぱりやわらか!鶏むね肉の甘酢煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、安価な鶏むね肉が、柔らかく照り照りにおいしく仕上がる甘酢煮のレシ

レシピをみる

鶏むね肉で照り焼きチキン

鶏むね肉で!柔らか・ふっくら・縮まない照り焼きチキン

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、鶏むね肉を使って、柔らかく、そして縮まずふっくら大判で出来上がる

レシピをみる

だしの取り方&だしがらの活用法

だしの取り方&だしがらの活用法

冷蔵1週間 今回は、以前からたくさんのリクエストをいただいていた、だしの取り方&だしがらの

レシピをみる

Comment

  1. 葉子 より:

    鳥肉がとっても柔らかく仕上がって感動でした!!
    記述にあったとおり、さやいんげんを別茹でして入れた所、綺麗な色が維持されて嬉しくてニヤニヤしてしまいました♡
    卵焼きにも入れてみました!
    詳しくて分かりやすくて美味しいレシピありがとうございますー!!
    結婚一年目の新米なのですが、スガさんのように素敵なご飯が沢山作れるようになりたいですっ!!

    • スガ より:

      葉子さん
      スガです(´∀`)ノ とても嬉しいコメントをいただきまして、ありがとうございます!(´∀`人)

      とても柔らかく仕上がったとのこと、良かったです!
      また、さやいんげん別ゆでもお試しいただいたとのこと、
      これ、すっごくキレイですよね~(´∀`人)
      旨い茶色系のおかずに鮮やかな緑色、それだけですごく食卓が華やぐと思います!
      普段はもちろん、お正月などハレの日にも、とてもよく合いますので、ぜひぜひ、お気軽にどんどん取り入れていただければと思います。これから青野菜がとてもよく出回りますしね(´∀`*)

      また、ご結婚1年目という、とても幸せ&大切な時期に、
      こんなにもご活用いただき、すっっごく嬉しいです(*´∀`人)
      # 私は結婚1年目は、それこそ、しっちゃかめっちゃかでしたが(トオイメ

      ぜひ、すてきなパートナーさまとご一緒に、おいしく、そして楽しく、これから色々なお料理を召し上がることができればと思います!陰ながら応援しています(´∀`)

      ありがとうございました。
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします(´∀`)ノ

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

2017年6月25日の作り置き(14品)
2017年6月25日の作り置き(14品)

梅雨まっさかりですが、新作をゴリゴリ開発中です。 # レシピ

2017年6月19日の作り置き(11品)
2017年6月19日の作り置き(11品)

週末は関西に行ってました。 東京~関西間の往復を週末にや

2017年6月12日の作り置き(8品)
2017年6月12日の作り置き(8品)

土日はほとんどこもって作業してました。 日付がよくわかりませ

2017年6月4日の作り置き(11品)
2017年6月4日の作り置き(11品)

梅が出回り始めました。 今年は梅酒は漬けず、その分、梅干

2017年5月28日の作り置き(12品)
2017年5月28日の作り置き(12品)

今日はこれから野暮用があるので早めに仕上げました。 新緑

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy
  • にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へTop Food Blog