人気検索ワードめんつゆなすピーマン

レシピ 常備菜 野菜のおかず にんにく 赤唐辛子 海藻・乾物 切干大根 昆布 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 洋風

切干大根のイタリアン風 アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

投稿日:

冷蔵5日/冷凍1か月

切干大根の煮物
今回は、切干大根の洋風煮物のレシピをご紹介します。
野菜が高騰している時や、食べ過ぎ飲み過ぎで体重や数値が気になる時節などにも、ぜひ活用いただけますと幸いです。

イタリアの代表的なパスタ料理のひとつ「アーリオ(にんにく)・オーリオ(オリーブオイル)・ペペロンチーノ(唐辛子)」。
これをスパゲッティではなく、切干大根の煮物に応用します。

切干大根は戻さずそのまま使い、ベーコンと昆布の旨味をたっぷりと切干大根に煮含ませて仕上げます。
昆布は、雑な形になっても全く構いませんし、便利な刻み昆布でも構いませんので、ぜひ加えて、豊富なミネラル、そしてグルタミン酸の旨味をたっぷりといただきましょう。

食材の香りを活かした、コクと旨味がたっぷりの一品、きっと、「これまでの切干大根の煮物とは違う」と思っていただけるのではないでしょうか。ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

切干大根を戻さず使います。切干大根の旨味と甘味を逃すことなくいただきます。

材料

4人分
切干大根 40g
にんにく(みじん切り) 1~2片分
オリーブオイル 大さじ1
輪切り唐辛子(お好みで) 小さじ1(赤唐辛子1本分)
昆布 1枚(幅3cm程度×長さ10cm程度)
(または) 刻み昆布10g
ベーコン 2枚(「ハーフ」と記載されているものなら4枚)
 150ml
白ワイン(または酒) 大さじ2
 小さじ1/2
黒こしょう 小さじ1/4
8人分
切干大根 80g
にんにく(みじん切り) 2~3片分
オリーブオイル 大さじ2
輪切り唐辛子(お好みで) 小さじ2(赤唐辛子2本分)
昆布 2枚(幅3cm程度×長さ10cm程度×2枚)
(または) 刻み昆布20g
ベーコン 4枚(「ハーフ」と記載されているものなら8枚)
 300ml
白ワイン(または酒) 大さじ4
 小さじ2/3
黒こしょう 小さじ1/2

具材 4人分 8人分
切干大根 40g 80g
にんにく(みじん切り) 1~2片分 2~3片分
オリーブオイル 大さじ1 大さじ2
輪切り唐辛子(お好みで) 小さじ1(赤唐辛子1本分) 小さじ2(赤唐辛子2本分)
昆布 1枚(幅3cm程度×長さ10cm程度) 2枚(幅3cm程度×長さ10cm程度×2枚)
(または) 刻み昆布10g 刻み昆布20g
ベーコン 2枚(「ハーフ」と記載されているものなら4枚) 4枚(「ハーフ」と記載されているものなら8枚)
150ml 300ml
白ワイン(または酒) 大さじ2 大さじ4
小さじ1/2 小さじ2/3
黒こしょう 小さじ1/4 小さじ1/2

作り方

1 昆布はキッチンバサミで2mm幅程度の細切りにしておきます昆布はキッチンバサミで2mm幅程度の細切りにしておきます。
雑な形になっても全く構いません。
飛び散るので、ビニール袋の中で切るとよいです。

刻み昆布を使う場合は、この手順は必要ありません。ダマにならないよう、よくほぐしておきましょう。

2 切干大根は、水にさっとくぐらせて洗い、表面のごみなどを取り除きます切干大根は、水にさっとくぐらせて洗い、表面のごみなどを取り除きます。
もし長ければ、キッチンバサミで食べやすい大きさに切っておきます。
3 オリーブオイルとにんにくをフライパンに入れ、弱火にかけますオリーブオイルとにんにくをフライパンに入れ、弱火にかけます。

弱火は、コンロとフライパンの半分くらいの間に炎の先がある程度です。
家庭用のガスコンロは、炎からフライパンや鍋に当たる距離が短いため、弱火でも充分に火が通ります。

4 にんにくの周りが、ふつふつと泡立ち、香りが立つまで火を通しますにんにくの周りが、ふつふつと泡立ち、香りが立つまで火を通します。にんにくは焦がさないようにしましょう。
5 3~4mm幅程度の細切りにしたベーコンを加えます3~4mm幅程度の細切りにしたベーコンを加えます。
6 ベーコンから脂がにじみ出てきたら、赤唐辛子、切干大根を加えますベーコンから脂がにじみ出てきたら、赤唐辛子、切干大根を加えます。
7 ざっと全体をかき混ぜ、白ワイン、昆布、水を加えざっと全体をかき混ぜ、白ワイン、昆布、水を加えて、
8 ふたをして、強火にかけますふたをして、強火にかけます。
9 煮立ったら弱火にし、時々、全体をざっとかき混ぜ、ふたをしたまま4~5分ほど煮て、切干大根が柔らかくなり、煮汁が少し残る程度まで火を通します煮立ったら弱火にし、時々、全体をざっとかき混ぜ、ふたをしたまま4~5分ほど煮て、切干大根が柔らかくなり、煮汁が少し残る程度まで火を通します。
10 煮立ったら弱火にし、時々、全体をざっとかき混ぜ、ふたをしたまま4~5分ほど煮て、切干大根が柔らかくなり、煮汁が少し残る程度まで火を通します味をみて、塩、黒こしょうで味を調え、ひと煮立ちさせて出来上がりです。
少し薄味かな、という塩梅で仕上げると良いです。煮物は冷めるほど、味がぐっと染み込むためです。

煮物は、冷めるときに味が染み込みます。その日の食卓でいただく場合も、いったん急冷し、いただく際に再度温めると、よく味が染みて、よりおいしくいただけます。

作り置きとして、すぐにいただかない場合は、できるだけ急速に冷ましてから、よく消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存しましょう。
急冷することで、食中毒の予防にもなります。詳しくは、食中毒を防止するために 知識と実践をご参照くださいませ。

作り置きのコツ

  • オリーブオイルとにんにくを熱する際は、焦がさないように注意しましょう。
  • 切干大根を洗うのは、表面のごみを落とす程度です。もし長い場合は、キッチンバサミで切りましょう。
  • 保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • いただく際に、お好みでレモン果汁をふりかけても◎です。
  • 和洋折衷ですので、さまざまなトッピングが合います。干しえび、バジル、カットトマト、オレガノ、乾燥ちりめんじゃこ、ミックスナッツがおいしくいただけました。
おすすめ食材、ツール
味、香り、歯ごたえがしっかりしていておいしい宮崎県産の切干大根です。使いごたえのある500gです。
私はよく大豆高野豆腐と一緒に購入しています。

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, にんにく, 赤唐辛子, 海藻・乾物, 切干大根, 昆布, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 洋風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.