切干大根のごまマヨサラダ

レシピ 野菜のおかず きゅうり にんじん 切干大根 すりごま マヨネーズ 冷蔵4日 おつまみ お弁当のおかず ねかせておいしい 和風

切干大根のごまマヨサラダ

冷蔵4日

切干大根のごまマヨサラダ

今日は、切干大根を使ったサラダのレシピをご紹介します。

たっぷりのかつお節と、ごまの風味を活かしたマヨだれを使い、野菜をたっぷりといただきます。お子さんや、酸味がきいたサラダが苦手な方でも、食べやすいサラダです。

お好みで、ハムやコーン、かにかまぼこなどの具材を加えたり、差し替えてもおいしくいただけます。

もうあと一品の副菜や、お弁当のおかず、おつまみにもどうぞ。

レシピについて

洗った切干大根と、千切りにして塩もみしたきゅうりとにんじんを、調味料で和えて出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 切干大根 60g
  • きゅうり 中2本(1本100~130g前後×2本)
  • にんじん 中1本(1本150~200g前後×1本)
  • 塩 小さじ1/2
  • ■合わせ調味料
  • マヨネーズ 大さじ3
  • しょうゆ 小さじ4(20ml)
  • ごま油 大さじ1(15ml)
  • すりごま 大さじ2
  • かつお節 小袋2袋(2.5~3g×2)

8人分

  • 切干大根 120g
  • きゅうり 中4本(1本100~130g前後×4本)
  • にんじん 中2本(1本150~200g前後×2本)
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • マヨネーズ 大さじ6
  • しょうゆ 大さじ2+小さじ2(40ml)
  • ごま油 大さじ2(30ml)
  • すりごま 大さじ4
  • かつお節 10g(小袋なら4袋(2.5~3g×4))

作り方

step
1
切干大根はたっぷりの水に入れ、表面をこするように、よくもみ洗いします。絞らずにざるに上げて、そのまま置いておきます。

写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使い、こすり合わせるようにして、よくもみ洗いましょう。
切干大根独特のにおいや風味が苦手、古いものを使う、水洗いだけでは雑菌や衛生面が心配という方は、次にご紹介する手順1-2をご参照くださいませ。

切干大根切干大根
切干大根切干大根

step
1-2
切干大根独特のにおいや風味が苦手という方や、表面の雑菌が心配という方は、よく沸騰したお湯で再沸騰するまでゆで、流水で冷やすように全体を洗っておくとよいです。

古いものを使う、切干大根をご自身で干して作っている場合なども、一度沸騰させてから流水で洗うと、とても食べやすい仕上がりになりますので、ぜひお試しいただけますと幸いです。

切干大根切干大根
切干大根切干大根
切干大根切干大根

step
2
きゅうりとにんじんは洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取ります。

多少重めでも問題はありませんが、2割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。

このレシピは、加熱する工程がありません。水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。

きゅうりとにんじんきゅうりとにんじん
きゅうりとにんじんきゅうりとにんじん

step
3
千切り用スライサーなどで、皮ごと千切りにしてボウルに入れます。

8人分以上など、大量になると、千切りにするだけで大変です。手伝ってもらったり、時間を作って休憩をしながら、無理をしないように仕込みましょう。無理をするとトラウマになるぐらい疲れます。

きゅうりとにんじんきゅうりとにんじん
きゅうりとにんじんきゅうりとにんじん
きゅうりとにんじんきゅうりとにんじん

step
4
塩を加え、軽くもみ込んで、塩を全体に行き渡らせます。このまま10分ほど置きます。

ギュンギュンにもみ込む必要はありません。塩がきゅうりとにんじん全体に行き渡ればよいです。あとはほったらかしておきましょう。その間に合わせ調味料を用意したり、洗い物でもしておきましょう。

きゅうりとにんじんきゅうりとにんじん
きゅうりとにんじんきゅうりとにんじん

step
5
ボウルに、合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせます。

大さじですりごまを量って加えてから、ごま油、マヨネーズの順で量ると、大さじからマヨネーズがきれいに離れやすいです。
すりごまがダマにならないよう、全体をほぐすように混ぜ合わせましょう。

合わせ調味料合わせ調味料
合わせ調味料合わせ調味料

step
6
手順1(または1-2)の切干大根の水分を絞り、手順5の合わせ調味料のボウルに、よくほぐしながら加え、

写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使ってぎゅっと絞りましょう。
切干大根は、よくほぐしてから、合わせ調味料に加えましょう。絞ってそのままの塊をドンと入れると、和えるのに難儀します。

切干大根切干大根

step
7
手順4のきゅうりとにんじんは、ざるにあげて、水気をぎゅっと絞り、

特に、ざるの底のほうにあった部分には、かなりの水分が含まれていますので、しっかりと絞りましょう。

きゅうりとにんじんきゅうりとにんじん
きゅうりとにんじんきゅうりとにんじん

step
8
よくほぐしながら加えて、しっかりと混ぜ合わせます。

菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。
8人分の場合は、手でもむように混ぜ込んだほうが、手早くなじみます。

きゅうりとにんじんきゅうりとにんじん

step
9
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。
保存容器に入れる際、ゴムベラを使うと、無駄なく移せます。

出来立てでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上置くと、味がなじんで、よりおいしく召し上がれます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 切干大根は、両手を使い、こすり合わせるようにして、よくもみ洗いましょう。
  • 切干大根独特のにおいや風味が苦手という方や、表面の雑菌が心配という方は、よく沸騰したお湯で再沸騰するまでゆで、流水で冷やすように全体を洗っておくとよいです。
  • きゅうり、にんじんを洗った際、水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。
  • 8人分以上など、大量になると、カットするだけで大変です。手伝ってもらったり、時間を作って休憩をしながら、無理をしないように仕込みましょう。無理をするとトラウマになるぐらい疲れます。
  • 塩をする際、ギュンギュンにもみ込む必要はありません。塩がにんじん全体に行き渡ればよいです。あとはほったらかしておきましょう。その間に合わせ調味料を用意したり、洗い物でもしておきましょう。
  • 切干大根は、よくほぐしてから、合わせ調味料に加えましょう。絞ってそのままの塊をドンと入れると、和えるのに難儀します。
  • 保存の際は、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • 出来立てでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上置くと、味がなじんで、よりおいしく召し上がれます。

アレンジのヒント

  • 一緒に和えておいしい具材:ハム/コーン/玉ねぎ(薄切り)/かにかまぼこ/チーズ/刻み昆布
  • おつまみにしたい方へ…いただく際にかけて・添えておいしい香辛料:タバスコ/一味唐辛子/豆板醤/チリパウダー/粉チーズ
  • お弁当に詰める際は、水気をよく切ってから詰めましょう。

おすすめ食材、ツール

最近ごま油は、こちらのお品を使っています。濃いんです。とにかく濃い。少量でごまの芳醇な香りがふわぁぁああっとなります。炒めもの、ラーメン、スープ、納豆、サラダ、おひたし、冷奴、全部幸せになります。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。

切干大根のレシピはこちらもどうぞ


切干大根ときゅうりの酢の物
切干大根ときゅうりの酢の物

2021/7/22

冷蔵5日 今日は、切干大根の酢の物のレシピをご紹介します。 しょうがをきかせた爽やかな風味、ノンオイルで、あっさり、さっ ...

切干大根ときゅうりのツナサラダ
切干大根ときゅうりのツナサラダ

2021/7/22

冷蔵5日 今日は、切干大根をとツナを使ったサラダのレシピをご紹介します。 ストック食材と身近な調味料を使った、作りやすく ...

切干大根のごまマヨサラダ
切干大根のごまマヨサラダ

2021/6/29

冷蔵4日 今日は、切干大根を使ったサラダのレシピをご紹介します。 たっぷりのかつお節と、ごまの風味を活かしたマヨだれを使 ...

切干大根のエスニックサラダ
切干大根のエスニックサラダ

2021/5/8

冷蔵5日 今日は、切干大根を使ったサラダのレシピをご紹介します。 ナンプラーとレモンを使ったエスニックなドレッシングで、 ...

切干大根の中華風サラダ
切干大根の中華風サラダ

2021/7/13

冷蔵5日 今日は、切干大根を使ったサラダのレシピをご紹介します。 切干大根のコリコリ、ザクザクとした、くらげのような歯ざ ...


もっと見る

梅干しの作り方

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
梅干しの作り方

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る