切干大根のエスニックサラダ

レシピ 野菜のおかず トマト 玉ねぎ 海藻・乾物 切干大根 レモン ナンプラー 赤唐辛子 冷蔵5日 おつまみ ねかせておいしい 中華・エスニック

切干大根のエスニックサラダ

冷蔵5日

切干大根のエスニックサラダ

今日は、切干大根を使ったサラダのレシピをご紹介します。

ナンプラーとレモンを使ったエスニックなドレッシングで、野菜をたっぷりといただきます。ノンオイルで、あっさり、さっぱりとした口当たりです。

そのままはもちろん、サラダ生春巻きの具材にしたり、お好みの具材を加えて、ヘルシーなヤムウンセン風の一品としてもアレンジできます。

もうあと一品の副菜や、おつまみにもどうぞ。

レシピについて

洗った切干大根と、スライスした玉ねぎ、カットしたトマト、粗く刻んだ香菜を、調味料で和えて出来上がりです。
以前よりご紹介しているレシピを、より作りやすく見直しました。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 切干大根 60g
  • トマト 2個(150~160g×2)
  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ) 1個(200~300g×1)
  • 香菜(パクチー) 1把(20~100g×1)※
  • ■合わせ調味料
  • ナンプラー 大さじ2(30ml)
  • レモン果汁 または ライム果汁 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 大さじ1
  • 鶏ガラスープの素 小さじ2
  • (お好みで)輪切り唐辛子 小さじ1(1本分)

※メーカーによってグラムの幅がありますが、少量でも、たっぷりと加えても、どちらでも構いません。

8人分

  • 切干大根 120g
  • トマト 4個(150~160g×4)
  • 玉ねぎ(または新玉ねぎ) 2個(200~300g×2)
  • 香菜(パクチー) 2把(20~100g×2)※
  • ■合わせ調味料
  • ナンプラー 大さじ4(60ml)
  • レモン果汁 または ライム果汁 大さじ4(60ml)
  • 砂糖 大さじ2
  • 鶏ガラスープの素 小さじ4
  • (お好みで)輪切り唐辛子 小さじ2(2本分)

※メーカーによってグラムの幅がありますが、少量でも、たっぷりと加えても、どちらでも構いません。

作り方

step
1
切干大根はたっぷりの水に入れ、表面をこするように、よくもみ洗いします。絞らずにざるに上げて、そのまま置いておきます。

写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使い、こすり合わせるようにして、よくもみ洗いましょう。
切干大根独特のにおいや風味が苦手、古いものを使う、水洗いだけでは雑菌や衛生面が心配という方は、次にご紹介する手順1-2をご参照くださいませ。

切干大根切干大根
切干大根切干大根

step
1-2
切干大根独特のにおいや風味が苦手という方や、表面の雑菌が心配という方は、よく沸騰したお湯で再沸騰するまでゆで、流水で冷やすように全体を洗っておくとよいです。

古いものを使う、切干大根をご自身で干して作っている場合なども、一度沸騰させてから流水で洗うと、とても食べやすい仕上がりになりますので、ぜひお試しいただけますと幸いです。

切干大根切干大根
切干大根切干大根
切干大根切干大根

step
3
玉ねぎは半分に切り、

玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。

玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ

step
4
スライサーで薄くスライスし、

スライスする際、怪我をしないように、必ずガードを使いましょう。また、ぎりぎりまでスライサーを使うのではなく、無理をせず、端のほうは包丁を使って薄切りにしましょう。

玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ

step
5
ボウルに入れ、たっぷりの水にさらして、すぐにざるにあげておきます。

こうすることで、玉ねぎの余分な辛味を抜きます。
新たまねぎの場合は、辛味がおだやかですので、水にさらさず、そのまま次の手順に進んでも構いませんが、小さいお子さんや、生の玉ねぎが苦手な方がおられる場合は、水にさらすほうが無難です。

玉ねぎは、水にさらすことで、辛味成分(硫化アリル)を取り除きますが、玉ねぎは水にさらし過ぎると、水っぽくなり、栄養価も抜けますので、長くても2分以内にとどめましょう。辛み成分も、ビタミンB1の働きを活性化させるなどの大切な栄養価のひとつです。

玉ねぎ玉ねぎ
玉ねぎ玉ねぎ

step
6
ボウルに、合わせ調味料の材料を混ぜ合わせておきます。

合わせ調味料

step
7
トマトを洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取ります。

水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。

トマトトマト
トマトトマト

step
8
ダイス状に切ります。端から1cm程度(人差し指の2/3幅目安)の厚さに切ってから、1cm幅程度に切り、さらに垂直方向に1cm幅に切ります。

切ったトマトは、手順6の合わせ調味料のボウルに入れておくとよいです。

トマトトマト
トマトトマト
トマトトマト

step
9
香菜を洗い、キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取ります。

特に、根の部分は良く洗いましょう。

香菜香菜
香菜香菜

step
10
根はみじん切りに、茎と葉は4~5cm長さ(指3本分の幅目安)に切ります。

香菜香菜
香菜香菜
香菜香菜

step
11
手順6の合わせ調味料のボウルに、手順8のトマト、手順10の香菜を加え、よく混ぜ合わせます。

トマトトマト

step
12
手順5の玉ねぎの水気をぎゅっと絞って加え、

写真は、撮影の都合から片手ですが、両手を使ってしっかりと絞りましょう。
特に、ざるの底のほうにあった玉ねぎは、余分な水気がたっぷりと溜まっています。水気をよく絞ってから、調味料と和えるようにしましょう。水気が多いまま調味料と和えると、水っぽく残念な仕上がりになり、また、作り置きにも向きません。

玉ねぎ玉ねぎ

step
13
手順1(または1-2)の切干大根の水分を絞り、よくほぐしながら加え、しっかりと混ぜ合わせます。

切干大根は、よくほぐしてから、合わせ調味料に加えましょう。絞ってそのままの塊をドンと入れると、和えるのに難儀します。

菜箸でほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。
8人分の場合は、手でもむように混ぜ込んだほうが、手早くなじみます。

切干大根切干大根
切干大根切干大根

step
14
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。
保存容器に入れる際、ゴムベラを使うと、無駄なく移せます。

出来立てでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上置くと、味がなじんで、よりおいしく召し上がれます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 切干大根は、両手を使い、こすり合わせるようにして、よくもみ洗いましょう。
  • 切干大根独特のにおいや風味が苦手という方や、表面の雑菌が心配という方は、よく沸騰したお湯で再沸騰するまでゆで、流水で冷やすように全体を洗っておくとよいです。
  • 玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
  • スライスする際、怪我をしないように、必ずガードを使いましょう。また、ぎりぎりまでスライサーを使うのではなく、無理をせず、端のほうは包丁を使って薄切りにしましょう。
  • 玉ねぎを水にさらすことで、玉ねぎの余分な辛味を抜きます。新たまねぎの場合は、辛味がおだやかですので、水にさらさず、そのまま次の手順に進んでも構いませんが、小さいお子さんや、生の玉ねぎが苦手な方がおられる場合は、水にさらすほうが無難です。
  • 玉ねぎの水気はよく切ってから調味料と和えましょう。水気が多いまま調味料と和えると、水っぽく残念な仕上がりになり、また、作り置きにも向きません。
  • トマト、香菜を洗った際、水気は雑菌繁殖の元となり、保存の大敵ですので、しっかりと拭き取っておきましょう。
  • 切干大根は、よくほぐしてから、合わせ調味料に加えましょう。絞ってそのままの塊をドンと入れると、和えるのに難儀します。
  • 保存の際は、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • 出来立てでもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上置くと、味がなじんで、よりおいしく召し上がれます。

アレンジのヒント

  • 一緒に和えておいしい具材:にんじん(千切り)/セロリ/大葉(千切り)/きくらげ(千切り)/きゅうり(千切り)/水菜/レモン薄切り/むきえび(ゆで)/鶏・豚ひき肉(ゆで)/焼豚(細切り)/蒸し鶏(細かく裂く)/かにかまぼこ(細かく裂く)/無塩ミックスナッツ/緑豆春雨
  • いただく際、お好みで添えても:スイートチリソース/にんにくすりおろし
  • ライスペーパーで包んでお手軽ゴイクン(生春巻き)。スイートチリソースでどうぞ。
  • サンドイッチの具材(+ロールパン、照り焼きチキン、大葉)にもどうぞ。バインミーのような仕上がりです。

おすすめ食材、ツール

天秤マークが目印のバランスのナンプラーは、アンチョビの旨味が芳醇で、ヤムウンセンはもちろん、タイカレーの仕上げや、肉の漬け汁、野菜炒めの隠し味などに加えると、仕上がりの印象がぐっと良くなります。ナンプラーが苦手という方でも、これまでの認識が変わるくらい、とてもおいしくいただけます。


100%ライム果汁です。アジアン料理に使うと、手軽に本格的な味が楽しめます。また、ウォッカと炭酸とコレで幸せになれます。


ユウキの無添加鶏がらスープの素は、顆粒タイプでサッと調味料や具材に溶けて馴染むので、とても使いやすく、クセがなく素材の味が引き立ち、旨味とコクが出ますので重宝しています。ガラス瓶ではなくプラスチックの容器ですので、軽く扱いやすい商品です。

私はこちらの700g袋入りをamazon定期おトク便で購入し、上記の容器に詰め替えて使っています。詰め替えた残りは冷凍庫に保存しています。

切干大根のレシピはこちらもどうぞ


切干大根のごまマヨサラダ
切干大根のごまマヨサラダ

冷蔵4日 今日は、切干大根を使ったサラダのレシピをご紹介します。 たっぷりのかつお節と、ごまの風味を活かしたマヨだれを使 ...

切干大根のエスニックサラダ
切干大根のエスニックサラダ

冷蔵5日 今日は、切干大根を使ったサラダのレシピをご紹介します。 ナンプラーとレモンを使ったエスニックなドレッシングで、 ...

切干大根の中華風サラダ
切干大根の中華風サラダ

冷蔵5日 今日は、切干大根を使ったサラダのレシピをご紹介します。 切干大根のコリコリ、ザクザクとした、くらげのような歯ざ ...

切干大根と刻み昆布のはりはり漬け
切干大根と刻み昆布のはりはり漬け

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、切干大根と刻み昆布を使ったレシピをご紹介します。 出汁を使った柔らかい酸味に、レモンと生 ...

【野菜ひとつ】煮て作る 切干大根のナムル
【野菜ひとつ】煮て作る 切干大根のナムル

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、切干大根の和え物のレシピをご紹介します。 このナムルのレシピは、切干大根を鶏がらスープで煮 ...


もっと見る

梅干しの作り方

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
梅干しの作り方

続きを見る

© 2021 スガ