【野菜ひとつ】セロリ大量消費 梅おかかセロリ

冷蔵1週間

梅おかかセロリ
今日は、セロリを梅干しとかつお節で和えたレシピをご紹介します。

セロリの独特の香りと味が、梅干し、かつお節、昆布だしによって、別のものに生まれ変わります。
セロリ好きの方にはもちろん、セロリが苦手な方にも、ぜひ一度お試しいただきたい組み合わせです。
セロリのかさがうんと減りますので、大量消費にも役立ちます。

レシピについて

セロリを切って梅肉、かつお節、昆布だしで揉み込みます。

材料

4人分
セロリ 200~300g(2~3本程度)
■合わせ調味料
梅肉 大さじ1(梅干し大2個分)
顆粒昆布だし(または昆布茶) 小さじ1
かつお節 10g
8人分
セロリ 500~600g(5~6本程度)
■合わせ調味料
梅肉 大さじ2(梅干し大4個分)
顆粒昆布だし(または昆布茶) 小さじ2
かつお節 20g

作り方

1 セロリ200gはこの写真の量です。セロリ200gはこの写真の量です。割とかなりの分量です。4人分の調味料で300g程度まで漬けることができます。

2 セロリの根元の硬い部分は切り落とし、セロリの根元の硬い部分は切り落とし、

3 セロリは、茎の太い部分は4~5mm幅の斜め切りにしていきます。茎の太い部分は4~5mm幅の斜め切りにしていきます。
セロリは斜めに切ることで、筋を取らなくても筋を断ち切ることができます。

4 葉はザク切りにしていきます。葉はザク切りにしていきます。

5 保存袋に切ったセロリと合わせ調味料を入れ、よくもみ込みます。保存袋に切ったセロリと合わせ調味料を入れ、よくもみ込みます。
このまま保存する場合は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、

6 保存充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存することをおすすめします。
保存容器のほうが取り出しやすいのと、保存中、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。

作り置きのコツ

  • セロリは斜めに切ることで、筋を取らなくても筋を断ち切ることができます。
  • 冷蔵保存の際は、できれば袋のままではなく、充分に消毒した保存容器に移し替えて保存することをおすすめします。保存容器のほうが取り出しやすいのと、袋の口からの液漏れ事故を防ぐことができます。
アレンジのヒント

  • 一緒に揉み込んでも&食べる際に添えても:刻んだ大葉/いりごま/乾燥ちりめんじゃこ
  • そうめん、お茶漬けの具材としてもどうぞ。
  • 牛肉と合いますので、牛肉のおかず、たとえば牛丼に紅しょうがに替えて添えたり、ローストビーフにクレソンに替えて添えても合います。
おすすめ食材、ツール
昆布だしはこちらを愛用しています。たっぷり1kg、グルタミン酸の宝庫です。浅漬けやドレッシング、煮物など、和食から洋食、中華、韓国、エスニックまで、幅広く活躍します。

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。

本日公開レシピ

関連するレシピ