休日に作る本格スパゲティ・ボロネーゼ (ミートソース)

冷蔵5日/冷凍1か月

本格ボロネーゼ
ガツンと焼いた挽き肉の旨味を、じっくり炒めたソフリット、トマトと赤ワインの風味でギュッと封じ込めたボロネーゼです。

手間と時間がかかりますが、本当に美味しいです。(*^-^*)←こんな顔になります。

たくさん作れて、1人分ずつ冷凍でき、ラザニア、ドリア、グラタンなど、他の料理にもガンガン使えますので、時間のとれる休日などに、ぜひお試しいただきたい一品です。

レシピについて

Cpicon 本格ボロネーゼ(ミートソース) by まゆ庵
オリジナルのレシピです。
いろーんなボロネーゼのレシピを試して、おいしいとこ取りしたのと、ビーフシチューの作り方を応用してみました。カラメルが最強。甘くならずに深みが出ます。

材料

8人分
挽き肉(できれば牛肉がオススメ、または合い挽き肉) 1kg(500g~1kgまでOKです。もちろん多いほうが具だくさん&お肉の旨味たっぷりで美味しいです!)
 小さじ1/3
こしょう 小さじ1/3
オリーブオイル 大さじ1
■ソフリット
玉ねぎ 1個
セロリ 1/2本
にんじん 1/2本
にんにく 1~2片
オリーブオイル 50cc
■ベース
赤ワイン 300cc
トマト水煮缶 2缶
ブイヨンスープの素 1個
 200cc
■香辛料
ローリエ 2枚
 小さじ1/2
黒こしょう 小さじ1/3
バジル粉末 小さじ1/2
オレガノ粉末 小さじ1/3
■隠し味のカラメル
グラニュー糖 大さじ1
■仕上げ例:パスタの場合1人分
スパゲッティなど太めのパスタ 100g
バター 15g
パルメザンチーズ 大さじ2

具材 8人分
挽き肉(できれば牛肉がオススメ、または合い挽き肉) 1kg(500g~1kgまでOKです。もちろん多いほうが具だくさん&お肉の旨味たっぷりで美味しいです!)
小さじ1/3
こしょう 小さじ1/3
オリーブオイル 大さじ1
■ソフリット
玉ねぎ 1個
セロリ 1/2本
にんじん 1/2本
にんにく 1~2片
オリーブオイル 50cc
■ベース
赤ワイン 300cc
トマト水煮缶 2缶
ブイヨンスープの素 1個
200cc
■香辛料
ローリエ 2枚
小さじ1/2
黒こしょう 小さじ1/3
バジル粉末 小さじ1/2
オレガノ粉末 小さじ1/3
■隠し味のカラメル
グラニュー糖 大さじ1
■仕上げ例:パスタの場合1人分
スパゲッティなど太めのパスタ 100g
バター 15g
パルメザンチーズ 大さじ2

作り方

1 野菜をきざみますソフリットを作ります。

玉ねぎ、セロリ、にんじん、にんにくを、それぞれ少し大きめのみじん切り(7~8mmくらいの大きさ)にします。フードプロセッサでガーとやると楽ですね。

ソフリットとは、玉ねぎ、セロリ、にんじんなど、炒めたら甘みの出る野菜を、オリーブオイルでじっくりと炒めて作る、イタリア料理の旨味の元として使われるものです。野菜の旨味や甘みをお料理に加えることができますので、煮込み料理などによく使われます。

2 オリーブオイル+にんにくフライパンにオリーブオイルを弱火で熱し、にんにくを1分くらい、いい香りが出るまで炒めます。
3 じっくり炒めますにんじん→セロリ→玉ねぎの順に炒めます。
約30分間ほど、焦がさないようにじっくりと茶色になるまで炒めます。

これで出来上がったものが、ソフリットです。

4 挽き肉を炒めます挽き肉はバットなどに広げて、塩こしょうをふっておきます。

フライパンを強火にかけて煙が立つくらい熱したら、オリーブオイルをひいて、挽き肉を加えます。

最初ざっくりと広げたら、それ以上混ぜずに、しっかりと焼き色をつけます。

5 挽き肉を炒める焼き色がついたらざっくりと返して焼く、これを何度か繰り返します。
6 挽き肉を炒める油が透明になって、カリッと焼き色がつくまで焼きます。
7 全体を強火で熱しますソフリットの入った煮込み用の鍋に挽き肉を入れ全体を混ぜて強火にかけてよく熱します。
8 ワインを注ぎます材料の2/3量のワインをジュワーッと注ぎます。
9 ワインを温めます挽き肉を炒めたフライパンは、油を捨てて、残りの1/3量のワインを注いで、強火にかけて木ベラ等で中身をこそぎ落としながら温めます。
10 ワインを注ぎます温まったワインを、手順8の鍋に加えます。

9~10の手順は、すごく手間に思えますが、肉汁が溶け込んだ赤ワインは隠し味として本当に素晴らしいこと、あと洗い物が格段に楽になるので、ぜひ省かずにお試しください。

11 赤ワインを煮詰めますワインがほとんどなくなるまで煮詰めます。
12 弱火で煮込みます弱火にし、ブイヨンスープの素と水、香辛料を鍋に加えます。

こまめにアクをとりながら煮込みましょう。

13 煮込みますアクが少なくなってきたら、トマト水煮を潰して加えます。

いよいよ、煮込み開始です。40分くらいコトコト煮込みます。焦げ付かないように、時々底から混ぜておきましょう。

14 カラメルを作ります煮込んでいる間に、隠し味のカラメルを作ります。

テフロン加工か鉄製の小鍋もしくはフライパンにグラニュー糖を入れて、そのまま混ぜないで、ごく弱火にかけます。

15 カラメルを作ります砂糖が溶けて茶色くなってきたら、フライパンをゆするか、木ベラを使って焦げないようにします。特に、ふちが焦げやすいので注意しましょう。
16 カラメルを作ります1cmくらいの大きめの泡がブツブツ立って濃い焦げ茶色になったら、煮汁をおたま1杯分入れます。

この時、ものすごく大きくジュワーッ!!!!!って音がしますが、大丈夫です。成功の音です。あせらないで、よくかき混ぜてから煮込み鍋に加えましょう。

17 カラメルを入れて煮込みますさらに10~15分くらい煮込みます。味見して、適宜塩こしょうして味を整えたら、鍋ごと自然に冷まして完成!です。お疲れさまでした。

冷蔵庫で一晩ねかせたら、より美味な仕上がりになります。

18 ミートソース冷凍一人分ずつ(おたま1杯強)に小分けにし冷凍保存すれば、いつでもおいしく食べられます。1か月くらいは冷凍保存がききます。
19 バターを加えますパスタで召し上がる際の仕上げ例です。
ボロネーゼソースにバター(1人分15g目安)を加え、弱めの中火で加熱します。
20 パルメザンチーズを加えます下パルメザンチーズ(1人分大さじ2杯くらい、たっぷりと)振り入れます。
21 パスタと和えます茹で上がったパスタを一気に和えて出来上がりです。
作り置きのコツ

  • 慣れれば、ソフリットを作る手順3と、挽き肉を炒める手順4~6は同時に進めることができます。その際、手順3のソフリットは、くれぐれも焦がさないようにしましょう。
  • 手順13でトマトの水煮を加えた後は、圧力鍋でも美味しく仕上がります。高圧設定で沸騰後1分加圧後、余熱調理でOKです。
  • 保存する際は、必ずよく冷ましてから冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
アレンジのヒント

  • ラザニアパスタとベシャメルソース、そしてチーズがあれば、簡単に本格ラザニアが楽しめます。が、もっとお手軽に!オイルを塗った耐熱容器にボロネーゼソース、餃子の皮、ハインツホワイトソースを順に重ねてオーブントースターで7~8分ほど焼けば、お手軽ラザニアの出来上がりです。
  • 冷ご飯にボロネーゼソースととろけるチーズをかけてオーブントースターで温めれば、簡単ドリアの出来上がりです。
  • 蒸したじゃがいもに絡めてもおいしいですよ。
おすすめ食材、ツール
子供がパスタ好きのため、私はこれをAmazon定期おトク便で購入しています。
使いやすい1.6mmですので、特に塩味のあっさりしたソースがよく合いますが、表面がつるんとしているので、こってりしたトマトやクリーム系のソースもしつこくならず、どんなパスタメニューにも合うので重宝しています。

ゆで時間は、今回のように仕上げにソースと加熱しながら和えるのであれば、5分でOKです。
使いごたえがある量ですので、重曹を入れたお湯でゆでて中華麺のようにして、鍋のシメに使ったりもしていますよ。

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。

本日公開レシピ

関連するレシピ