レシピ 野菜のおかず さつまいも くちなしの実 レモン 冷蔵5日 冷凍1か月 ねかせておいしい 和風

あっさりおいしい!さつまいものレモン煮

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月

さつまいものレモン煮
今回はリクエストをいただいていました、さつまいものレモン煮のレシピをご紹介します。

さつまいもの旬は秋から冬にかけてですが、割と年中安価に出回っている、うれしい食材のひとつです。
ほんのり甘酸っぱく、あっさりとした甘さで、キンキンに冷やしてもおいしくいただけますので、さつまいもの旬の時期にはもちろん、暑い時期にも活躍します。

おかずはもちろん、お弁当に、おやつに、お茶うけに。ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

全体をシンプルに見直しました。
圧力鍋、普通のお鍋、どちらでも美味しく作れます。圧力鍋で作ると、よりいっそう、さつまいもそのものの甘さと風味が引き立ちます。

材料

3~4人分
さつまいも 約350g前後(中2本)
■合わせ調味料
 200cc
レモン汁 大さじ1.5
(または)レモンスライス 1/2個分
はちみつ 小さじ1
(または)砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
 ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量)
(あれば)くちなしの実 1個または1パック

※りんご1/2個を加えても美味しくいただけます。さつまいもや調味料の変更はありません。

6~8人分
さつまいも 約700g前後(中4本)
■合わせ調味料
 350~400cc
レモン汁 大さじ3
(または)レモンスライス 1個分
はちみつ 小さじ2
(または)砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
 ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量)
(あれば)くちなしの実 1個または1パック

※りんご1個を加えても美味しくいただけます。さつまいもや調味料の変更はありません。

具材 3~4人分 6~8人分
さつまいも 約400g(中2本) 約800g(中4本)
■合わせ調味料
200cc 350~400cc
レモン汁 大さじ1.5 大さじ3
(または)レモンスライス 1/2個分 1個分
はちみつ 小さじ1 小さじ2
(または)砂糖 大さじ1 大さじ2
みりん 大さじ1 大さじ2
ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量) ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量)
(あれば)くちなしの実 1個または1パック 1個または1パック

※りんごを加えても美味しくいただけます。3~4人分人分で1/2個、6~8人分で1個目安です。さつまいもや調味料の変更はありません。

作り方

1 さつまいもを1~1.5cm厚さに切りますさつまいもは、ひげ根や、先端の白くなっている部分を切って取り除き、皮ごと1~1.5cm厚さに切り、水に浸けておきます。
厚さは、人差し指の太さくらいを目安にすると、ちょうど良い厚さで、きれいに切れますよ。

りんごを加える場合は、芯は取り、皮ごと、さつまいもと同じくらいの大きさに切ります。

2 鍋に、水気を切ったさつまいも、合わせ調味料を加えます鍋に、水気を切ったさつまいも、合わせ調味料を加えます。
りんごを加える場合は、一緒に加えます。

水の量は、ひたひたの量です。
ここでいう、ひたひたの水の量とは、鍋の中に平らにさつまいもを並べて入れて、さつまいもが、少しだけ水から出ている状態のことです。

3 圧力鍋を高圧にセットして加熱します圧力鍋を高圧にセットして加熱します。
圧力がかかったら、1分加熱したらすぐに火を止めて、圧力が抜けるまでそのまま放置し、余熱で調理します。

普通のお鍋で作る場合は、ふたをして煮込み、煮立ったら弱火にして、10分ほど煮て、竹串がスッと通るまで加熱します。
キッチンペーパーを、さつまいもの上からかぶせて、落としぶた代わりにすると、アクもきれいに取れますよ※。
※圧力鍋の場合は、キッチンペーパーは入れないでください!詰まって事故の元になります。

4 圧力が抜けたらふたを取ります圧力が抜けたらふたを取ります。
くちなしの実を入れた場合は、取り除きます。

ちなみに写真は、圧力鍋でうっかり3分ほど加熱したものです。
だいぶ火が通り過ぎて、皮がはがれてきています。。

5 急冷し、保存容器に入れて保存します鍋ごと水に浸して急冷し、粗熱を取って出来上がりです。
しっかり消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

作り置きのコツ

  • 砂糖大さじ1=はちみつ小さじ1の甘さです。糖分やカロリーを抑えたい場合は、はちみつを使うと良いですよ。
  • 冷凍が可能です。冷凍する場合は、煮汁ごとおたま1杯分ずつ、ジップロックのようなチャック付きのフリーザーバッグに入れ、なるべく空気を抜いて密封し、できるだけ急速に冷凍しましょう。
  • くちなしの実を加えてさつまいもをゆでると、とても綺麗な色に仕上がります。私は、お正月などのハレの日の準備で、栗きんとんなどで使用して余ったくちなしの実を使っています。加える場合は、お茶パックに包むと、扱いやすいですよ。
アレンジのヒント

  • 甘さ控えめ、あっさりとした口当たりですので、食卓のあと一品にはもちろん、お弁当のおかず、おやつ、お茶うけと、幅広く使えます。
  • りんごを加えても美味しくいただけます。3~4人分人分で1/2個、6~8人分で1個目安です。さつまいもと同じくらいの大きさに切って、手順2で追加します。さつまいもや合わせ調味料の量はそのままでOKです。
  • 荒く砕いてヨーグルトやドライフルーツと混ぜながらいただくと、ほんのり甘酸っぱく、繊維質たっぷりのおいしいデザートになります。朝食にどうぞ。
  • 温めてもおいしくいただけます。温める際、お好みの量のバターを落としてレンジで温めると、コクがあってさらに自然な甘みが加わった、スイートポテトのような味わいになります。
  • 荒くつぶして、マスタード、マヨネーズ各少々と和え、白ごまを散らすと、さつまいもサラダとしておいしくいただけます。
  • 蒸しパンやバターケーキの実としても活用できます。細かく切り、キッチンペーパーで水分を除いてから利用すると良いです。
  • バニラアイスや抹茶アイスを乗せて、荒く砕きながらいただくと絶品とのことです。(@うちの子)
おすすめ食材、ツール
はちみつは、こちらのアルゼンチン&カナダ産はちみつを使っています。
私は甘ったるいのが苦手なのですが、少しあっさりめで、クセが少なく、美味しくいただけるので、気に入っています。

はちみつ小さじ1杯(5ml)と、砂糖大さじ1杯(15ml)は同じ甘さです。さつまいも煮はもちろん、甘辛く仕上げる中華料理のあんや、照り焼きなどをツヤよく、こってりさせたい時など、とても重宝します。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 野菜のおかず, さつまいも, くちなしの実, レモン, 冷蔵5日, 冷凍1か月, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.