【野菜ひとつ】さつまいものレモン煮

レシピ 野菜のおかず さつまいも 野菜ひとつ レモン 冷蔵5日 冷凍1か月 お弁当のおかず ねかせておいしい 和風

【野菜ひとつ】さつまいものレモン煮

冷蔵5日/冷凍1か月

さつまいものレモン煮

今日は、さつまいものレモン煮のレシピをご紹介します。

切ったさつまいもを、調味料で煮て出来上がりの、シンプルなレシピです。

砂糖は控えめ、さつまいも本来の甘さを活かし、レモンでさっぱりと仕上げた、上品な味わいです。

箸休めにはもちろん、作り置いて、しっかりと冷やすと、おやつやデザートとしても活用できます。

レシピについて

切ったさつまいもを水にさらしてから、調味料で煮て出来上がりです。
以前のレシピを全面的に見直し、作りやすく整理しました。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • さつまいも 中2本(400g)
  • ■合わせ調味料
  • 水 400ml
  • グラニュー糖 大さじ2
  • (または)上白糖か三温糖 大さじ2+小さじ2
  • レモン果汁 大さじ2(30ml)
  • 塩 少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)
  • (あれば)くちなしの実 1個または1パック

8人分

  • さつまいも 中4本(800g)
  • ■合わせ調味料
  • 水 800ml
  • グラニュー糖 大さじ4
  • (または)上白糖か三温糖 大さじ4+小さじ4
  • レモン果汁 大さじ4(60ml)
  • 塩 ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量:小さじ1/5~1/6目安)
  • (あれば)くちなしの実 1個または1パック※

※くちなしの実の個数は、4人分、8人分でも同じです。

作り方

step
1
さつまいもはよく洗い、両端の硬い部分は取り除き、皮ごと1.5cm幅(人差し指の幅目安)の輪切りにします。

さつまいもは皮ごと使いますので、よく洗います。

さつまいもさつまいも
さつまいもさつまいも
さつまいもさつまいも

step
2
切ったさつまいもは水につけてざっと洗い、ざるに上げます。

このレシピは、色がそのまま出ますので、変色の原因のひとつであるアクを洗い流しておきます。

ただし、変色を完全に抑えることはできませんのでご容赦ください。変色原因成分のうちのひとつ「クロロゲン酸」は、皮の近くにたっぷりと含まれているため、皮ごといただく調理法では、どうしても皮の付近に多少の黒ずみが出ます。

さつまいもさつまいも

step
3
鍋に、合わせ調味料、手順2のさつまいもを入れ、ふたをして中火にかけます。

調味料に塩をほんの少し加えることで、甘味が引き立ちます。

くちなしの実を加えると、黄色がきれいに出ます。
くちなしの実は、割って使います。お茶パックに入れてから割ると扱いやすいです。割るときは、上から体重をかけるか、指かペンチ等で割ります。

さつまいもさつまいも
さつまいもさつまいも
さつまいもさつまいも

step
4
沸騰したら弱火にし、10~11分ほど煮ます。

ふたに蒸気口がない場合は、少しずらすとよいです。

煮ている間は、放置で構いません。むやみにいじると、火の通りが悪くなったり、さつまいもが崩れることもあります。洗い物でもしておきましょう。

さつまいも

step
5
竹串を刺してみて、貫通すれば、さつまいもが煮えていますので、火からおろします(火を止めます)。

竹串を通す際、多少抵抗があっても構いません。貫通すれば良いです。余熱でさらに火が通ります。また、これ以上火を通すと、皮がはがれる場合があります。

くちなしの実を加えていた場合は、ここで取り除きます。

私のレシピは甘さ控えめです。冷めてからいただくと、甘味はさらに抑えられますので、味見をして、もっと甘めの味がお好みでしたら、加熱せず、砂糖を小さじ1ずつ足して、ざっと全体を混ぜて、砂糖が溶けて全体がなじんだら、味見をして、ちょうど良い甘味加減にすると良いです。4人分で砂糖+小さじ2までが、甘ったるくなく仕上がる分量です。

さつまいもさつまいも

step
6
保存の際は、

粗熱を取ってから、煮汁ごと充分に消毒した保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。

出来立てでもおいしいですが、粗熱が取れるまで冷ましたほうが、味がなじみます。また、粗熱を取ってから、冷蔵庫で2時間以上しっかり冷やすと、あっさり、さっぱりと、よりおいしくいただけます。

周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、早く粗熱が取れ、かつ食中毒を防止することができます。麦茶を冷やす要領で、容器の周りを水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

保存します。保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • くちなしの実を加えると、黄色がきれいに出ます。くちなしの実は、割って使います。お茶パックに入れてから割ると扱いやすいです。割るときは、上から体重をかけるか、指かペンチなどで割ります。
  • 竹串を通す際、多少抵抗があっても構いません。貫通すれば良いです。余熱でさらに火が通ります。また、これ以上火を通すと、皮がはがれる場合があります。
  • 私のレシピは甘さ控えめです。冷めてからいただくと、甘味はさらに抑えられますので、味見をして、もっと甘めの味がお好みでしたら、加熱せず、砂糖を小さじ1ずつ足して、ざっと全体を混ぜて、砂糖が溶けて全体がなじんだら、味見をして、ちょうど良い甘味加減にすると良いです。4人分で砂糖+小さじ2までが、甘ったるくなく仕上がる分量です。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、煮汁ごと充分に消毒した保存容器に入れ、冷蔵庫で保存します。
  • 周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、早く粗熱が取れ、かつ食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。
  • 出来立てでもおいしいですが、粗熱が取れるまで冷ましたほうが、味がなじみます。また、粗熱を取ってから、冷蔵庫で2時間以上しっかり冷やすと、あっさり、さっぱりと、よりおいしくいただけます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:りんご/レーズンなどお好みのドライフルーツ
  • ヨーグルト和え:粗く割ってヨーグルトと和えても。その際、ドライフルーツを加えると、さらに食物繊維とミネラルたっぷりでいただけます。
  • スイートポテト風:お好みの量のバターを落としてオーブントースターで温めると、コクがあってさらに自然な甘みが加わった、スイートポテトのような味わいになります。
  • サラダ:粗くつぶし、マヨネーズ、クリームチーズ1:1と和えます。
  • 蒸しパンやバターケーキの具材にも。
  • 抹茶アイスやバニラアイスに混ぜ込んでも。

おすすめ食材、ツール

レモン果汁をたっぷりと使われる場合は、この有機レモン果汁720mlがおすすめです。イタリア・シチリア島でオーガニック栽培されたレモンの果汁のみを使用し、収穫後速やかに搾汁後冷凍し、冷凍温度帯を保ったまま日本に輸送。有機認証工場にて解凍して瓶詰め。添加物一切なしのオーガニックシチリアンレモンの香りと風味は他産地のものとは一線を画します。濃い。amazon定期おトク便購入です。

さつまいものレシピはこちらもどうぞ


もっと見る

最新刊 2020/9/19発売

通常のレシピ本2冊分くらいのレシピを、ぎゅうぎゅうに詰め込んだ、大ボリュームの一冊です。レシピ数約300、季節ごと、週ごとの献立形式、食材リスト付きでのご紹介です。

最新刊「スガさんの 365日使えるつくりおき」出版のお知らせ
最新刊「スガさんの 365日使えるつくりおき」出版のお知らせ

続きを見る

-レシピ, 野菜のおかず, さつまいも, 野菜ひとつ, レモン, 冷蔵5日, 冷凍1か月, お弁当のおかず, ねかせておいしい, 和風

© 2020 スガ