レシピ 野菜のおかず ピーマン にんにく 豚肉 豚こま切れ肉 オリーブオイル トマト缶 冷蔵5日 冷凍1か月

丸ごとピーマン肉詰めのトマト煮

冷蔵5日/冷凍1か月


丸ごとピーマン肉詰めのトマト煮

今日は、ピーマンを丸ごと使った肉詰めのレシピをご紹介します。

ピーマンは丸ごと使うと、意外と作りやすく、また、見た目もボリュームもたっぷりで、おもてなしにも使えます。

肉だねは豚こま切れ肉を使いますので、練り合わせることもなく、縮みにくく、ひき肉よりも簡単です。

これらをトマト缶で煮込んで仕上げますので、お子さんにも食べやすい味付けで、多少形が崩れてもカバーできます。

レシピは、ワンポイントごとにコツもあわせてご紹介しますので、ピーマンを半分に切ったり、ひき肉で作る際のご参考にもなれば幸いです。

レシピについて

ピーマン丸ごとに、豚こま切れ肉を入れてフライパンで焼き、トマト缶と調味料で煮込んで仕上げます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • ピーマン 大ぶりのものなら8個、小ぶりのものなら12個
  • オリーブオイル 小さじ2
  • 豚こま切れ肉 400g
  • ■下味用調味料
  • 片栗粉 大さじ1
  • 塩 小さじ1/4
  • こしょう(粗挽き、粉末、どちらでも構いません) 小さじ1/4
  • ■合わせ調味料
  • 酒 大さじ2(30ml)
  • トマト缶 400g×1缶
  • にんにくすりおろし 小さじ1(1片分)
  • 塩 小さじ3/4
  • オレガノ※ 小さじ1/2
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1/4

※オレガノは、なければ省いても構いませんが、加えたほうが格段に風味良く、おいしく仕上がります。

8人分

  • ピーマン 大ぶりのものなら16個、小ぶりのものなら24個
  • オリーブオイル 小さじ4
  • 豚こま切れ肉 800g
  • ■下味用調味料
  • 片栗粉 大さじ2
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう(粗挽き、粉末、どちらでも構いません) 小さじ1/2
  • ■合わせ調味料
  • 酒 大さじ4(60ml)
  • トマト缶 400g×2缶
  • にんにくすりおろし 小さじ2(2片分)
  • 塩 小さじ1+1/2
  • オレガノ※ 小さじ1
  • 粗挽き黒こしょう 小さじ1/2

※オレガノは、なければ省いても構いませんが、加えたほうが格段に風味良く、おいしく仕上がります。

作り方

step
1
ピーマンは水洗いします。

写真は大ぶりのピーマン8個を使っています。
特に、ヘタの反対側にゴミが詰まっていることがありますので、念入りに洗っておきましょう。

ピーマン
ピーマン

step
2
ヘタを取ります。2種類の方法をご紹介します。ペットボトルのふたをヘタに当てて押します。

ヘタは指で押すとパキッと取れることは取れるのですが、取れなくてピーマンの実が陥没した際のショックが大きいので、ここでは2種類の方法をご紹介します。

ペットボトルのふたをヘタにぎゅっと押し当てると、ヘタごと取れます。写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使って行いましょう。
種は残っても構いません。煮ている間に気にならなくなります。

ピーマン
ピーマン
ピーマン

step
2-2
もうひとつの方法は、ヘタの周りを端ぎりぎりの部分を包丁でカットし、実とのつながりの部分に包丁を入れてから取ります。

安全、確実、急がば回れです。
種は残っても構いません。煮ている間に気にならなくなります。

ピーマン
ピーマン
ピーマン

step
3
豚こま切れ肉に、下味用調味料をもみ込み、肉だねを作ります。

塩、こしょうがまんべんなく行き渡るようにしましょう。片栗粉の粉っぽさがなくなる程度が目安です。

豚こま切れ肉
豚こま切れ肉
豚こま切れ肉

step
4
手順2のピーマンに、手順3の肉だねを入れます。まず少量をピーマンの細くなっているところにギュッと入れ、

ピーマン

step
5
ピーマンのふちまで、肉だねを詰め込みます。

今回ご紹介するレシピは、仕上がった際にピーマンと肉だねが離れにくい方法ですが、よりはがれにくくしたい、という方は、ピーマンの内側に、片栗粉をピーマンが白くなる程度の量(分量外:ピーマン1個あたり小さじ1程度)を、指でしっかりと塗りつけておくとよいです。

ピーマン
ピーマン

step
6
フライパンにオリーブオイルを薄くひき、手順5のピーマンを、肉だねを下にして置き、中火にかけます。

ピーマン
ピーマン

step
7
2~3分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、そのまま2分ほど、ピーマンのふちが白っぽくなるまで加熱します。

加熱している間は、ほったらかしで構いません。もし倒れそうなピーマンが居たら、しっかりと押さえつけるようにするとよいです。

このように、最初に肉だねを下にしてしっかりと焼き付けることで、ピーマンと肉だねが分離せずに仕上がるようになります。これをせずに、いきなり煮込んだり、ピーマンの横に焼き目を付けるだけで煮込むと、仕上がりの際、2枚目の写真のように、肉だねがピーマンから分離して、飛び出してしまいます。

ピーマン
ピーマン

step
8
いったん火を止めます。ピーマンを横に倒し、合わせ調味料の材料のうち、まず酒を加えます。

まず酒を加えることで、材料の臭みやアクを飛ばします。
フライパンがとても熱くなっています。調味料を加えると「ジュワァァアアアァァア」とものすごい音がして、蒸気が勢いよく上がります。これが苦手という方は、火を止めてから1分ほど待ってから加えるとよいです。

ピーマン
ピーマン
ピーマン
ピーマン

step
9
残りの材料を加え、軽く全体をなじませて、ふたをして中火にかけます。

写真ではカットトマト缶を使っています。ホールトマト缶を使う場合は、つぶさずに加え、仕上げの際につぶすとよいです。
オレガノを加える場合は、このタイミングから加えて煮込みましょう。
粗挽き黒こしょうは、仕上げのタイミングで加えても構いません。

ピーマン
ピーマン
ピーマン
ピーマン
ピーマン

step
10
煮立ったら弱火にし、10分ほど煮込みます。

ピーマンから出る水分と、肉だねから出る旨味で、じっくりと煮込みます。

ピーマン

step
11
ざっと混ぜ合わせ、味見をして仕上げます。

ホールトマト缶を使っている場合は、このタイミングでヘラでつぶします。
粗挽き黒こしょうを加えていなかった場合は、ここで加えて、混ぜ合わせてから味見をします。もし物足りないようなら、塩少々(親指と人差し指でつまんだ量。小さじ1/6程度)を加えて、調整しましょう。

トマト缶やピーマンの水分量によっては、酸味が強く仕上がる場合があります。その際は、砂糖(分量外:4人分小さじ1/4~、8人分小さじ1/2~)を加えて調整するとよいです。

ピーマン
ピーマン

step
12
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ピーマンの種は残っていても構いません。煮ている間に気にならなくなります。
  • 今回ご紹介するレシピは、仕上がった際にピーマンと肉だねが離れにくい方法ですが、よりはがれにくくしたい、という方は、ピーマンの内側に、片栗粉をピーマンが白くなる程度の量(分量外:ピーマン1個あたり小さじ1程度)を、指でしっかりと塗りつけておくとよいです。
  • 最初に肉だねを下にしてしっかりと焼き付けることで、ピーマンと肉だねが分離せずに仕上がるようになります。
  • ホールトマト缶を使う場合は、つぶさずに加え、仕上げの際につぶすとよいです。
  • トマト缶やピーマンの水分量によっては、酸味が強く仕上がる場合があります。その際は、砂糖(分量外:4人分小さじ1/4~、8人分小さじ1/2~)を加えて調整するとよいです。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:お好みのきのこ
  • 肉だねにチーズを加えても。ただし作り置きには向きません。

おすすめ食材、ツール


オリーブオイルは一周回って味の素さんのを使っています。指定農園しぼりで、国内充填なので安心・安全です。近所のスーパーで安価に購入できるのもうれしい点です。
このオリーブオイルと塩ひとつまみで、たいがいのものは、おいしくいただけます。ありがたい限りです。


私のお気に入り、赤穂の天塩です。以前、スーパーで特価していたのでたまたま購入し、おにぎりや焼き魚に使ってみると、後味で甘み・旨味があり、それ以来ファンになり、あらゆる料理に使っています。特に、味付けがシンプルな料理に使う際には、とても頼りになります。


にんにくすりおろしは、これを使っています。普段使いにスプーンで簡単に計量することができて便利な、使いごたえのある1kgです。amazon定期おトク便購入です。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

ピーマンのレシピはこちらもどうぞ


丸ごとピーマン肉詰めのトマト煮
丸ごとピーマン肉詰めのトマト煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ピーマンを丸ごと使った肉詰めのレシピをご紹介します。 ピーマンは丸ごと使うと、意外と作りや ...

【野菜ひとつ】丸ごとピーマンのオリーブオイル焼き
【野菜ひとつ】丸ごとピーマンのオリーブオイル焼き

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ピーマンを丸ごとそのままいただくレシピをご紹介します。 材料は、ピーマン、オリーブオイル、 ...

ピーマンと油揚げの焼きびたし
ピーマンと油揚げの焼きびたし

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ピーマンの簡単レシピをご紹介します。 油揚げをフライパンでカリカリに焼いて、細切りにしたピ ...

【野菜ひとつ】ピーマンの酢じょうゆ漬け
【野菜ひとつ】ピーマンの酢じょうゆ漬け

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ピーマンの簡単レシピをご紹介します。 細切りにしたピーマンを、さっとゆでて、調味料で和えて ...

ピーマンと豚肉の甘辛炒め
ピーマンと豚肉の甘辛炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ピーマンと豚こま切れ肉で作る、メインおかずのレシピをご紹介します。 豚こま切れ肉と、細切り ...


もっと見る

おせち料理特集

それぞれのレシピはもちろん、事前の段取りから、飾り切りの方法、重箱への詰め方、2日目以降のおせち料理のいただき方などもご紹介しています。

おせち料理特集

詳しくはこちら

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, ピーマン, にんにく, 豚肉, 豚こま切れ肉, オリーブオイル, トマト缶, 冷蔵5日, 冷凍1か月