おせち料理 お菓子 レシピ 和風 時間がたってもおいしい 果物 野菜のおかず

簡単きれい お手軽栗きんとん

更新日:

冷蔵5日

お手軽栗きんとん
今回は、簡単にできる栗きんとんのレシピをご紹介します。

栗だけで上品にあっさりと作りたいところなのですが、生栗は年末にはなかなか出回っていませんし、しかも年末の慌ただしい折に、50個ほど栗をゆでて中身を出して裏ごしし、弱火でじっくりと練り上げる、これは、かなりの労力です。

そこで、年末に安価に出回る栗の甘露煮と、さつまいもを使って、色つやよく、手軽に簡単に作ります。

また、砂糖は加えません。
栗の甘露煮の甘さ、さつまいもの甘さを活かして、あっさりと、ほんのり甘い程度に仕上げます。

どなたでも簡単に、黄金色に仕上がる、ちょっとヘルシーな栗きんとん、ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

さつまいもを柔らかくしてから練って、栗の甘露煮を包んで出来上がりです。裏ごしは要りません。
ぽってりではなく、まとまった形に仕上がりますので、盛り付けや取り分け、保存も簡単です。

栗の甘露煮のシロップで味付けをしますので、砂糖は加えません。
素材の甘さを出来るだけ活かした、あっさりとした甘さですので、色々なアレンジが出来ますよ。

材料

4~5人分
さつまいも(おすすめの品種:なると金時、紅あずま) 400g(大1本)
栗の甘露煮 8~10個(1瓶または1袋)
■さつまいもの下ごしらえ用
 200cc
くちなしの実(あれば) 1個または1パック
■さつまいもの味付け用
栗の甘露煮のシロップ 大さじ4
みりん 大さじ1
 少々(親指・人さし指の2本の指先でつまんだ量)
6~7人分
さつまいも(おすすめの品種:なると金時、紅あずま) 600g(中2~3本)
栗の甘露煮 12~16個(2瓶弱または2袋弱)
■さつまいもの下ごしらえ用
 300cc
くちなしの実(あれば) 1個または1パック
■さつまいもの味付け用
栗の甘露煮のシロップ 大さじ6
みりん 大さじ1.5
 少々(親指・人さし指の2本の指先でつまんだ量)

具材 4~5人分 6~7人分
さつまいも(おすすめの品種:なると金時、紅あずま) 400g(大1本) 600g(中2~3本)
栗の甘露煮 8~10個(1瓶または1袋) 12~16個(2瓶弱または2袋弱)
■さつまいもの下ごしらえ用
200cc 300cc
くちなしの実(あれば) 1個または1パック 1個または1パック
■さつまいもの味付け用
栗の甘露煮のシロップ 大さじ4 大さじ6
みりん 大さじ1 大さじ1.5
少々(親指・人さし指の2本の指先でつまんだ量) 少々(親指・人さし指の2本の指先でつまんだ量)

作り方

1 さつまいもの皮を厚めにむきますさつまいもの皮を厚めにむきます。
写真のように、ピーラーでガーガーとむいても良いですし、1/4くらいの長さに切ってから、包丁で厚めにむいても、どちらでも構いません。

紫色の皮が残らないように、いえ、外側から3~4mmは、皮をむきましょう。
ゆで上がるとわかるのですが、外側の厚い皮が残っていると、はがれています。この部分は、繊維質が特に多く、後の工程でつぶすのに難儀しますし、また、舌ざわりも悪くなりますので、思い切り厚くむいちゃってください。

ですので、えーもったいない!ってくらいの厚さに、むきます。
むいた皮と実は、細切りにして、揚げない大学芋にすると、むだなく美味しくいただけますよ。

2 さつまいもの皮を厚めにむきます3~4cm程度の長さに切り、水に漬けてアクを取ります。

3 圧力鍋に入れます圧力鍋に、水気を切ったさつまいもと、くちなしの実、分量の水を入れます。

普通のお鍋の場合は、水を倍量にしてください。

4 加熱します加熱します。

【圧力鍋の場合】高圧にセットして、圧力がかかったら、1分加圧して、火を止めます。圧力が抜けるまで、そのまま放置します。
【普通のお鍋の場合】ふたをして加熱し、沸騰したらふたを少しずらして弱火にし、竹串が抵抗なくスッと通るまで加熱します。

5 水気を切りますゆで上がったさつまいもは、ざるで受けて、水気を切ります。くちなしの実は、ここで取り除きます。

6 さつまいもの味付け用の調味料を加えて、弱火で加熱しますさつまいもの味付け用の調味料を加えて、弱火で、全体をよく混ぜてつぶしながら、水分を飛ばすように加熱します。
水分が飛んで、しっかりと角が立つようになったら火を止めます。粗熱が取れるまで冷まします。

6 栗の甘露煮を乗せて包み込んでから、ラップで上をキュッと絞ります粗熱が取れたら、ラップを15~20cmほどの長さに切り、手に敷いて、このさつまいもを軽く一握り(親指と人さし指でOKサイズを作り、その中に入る程度)乗せて、その上に栗の甘露煮を乗せて包み込んでから、ラップで上をキュッと絞ると、出来上がりです。

保存の際は、バットか、広口の保存容器に、オーブンシートを敷いて、その上に並べていくと、スッと取り出すことが出来ますよ。

作り置きのコツ

  • さつまいもの皮は、思い切り厚くむいちゃってください。外側の皮は、繊維質が多く、つぶすのに難儀します。また、舌ざわりもよろしくありません。
  • さつまいもを煮た後は、しっかり水分を飛ばすことで、とても扱いやすくなります。水分が飛んで、しっかりと角が立つようになったら火を止め、その後、粗熱が取れるまで冷ましましょう。
  • 仕上げは、ラップを15~20cmほどの長さに切り、手に敷いて、さつまいもを軽く一握り(親指と人さし指でOKサイズを作り、その中に入る程度)乗せて、その上に栗の甘露煮を乗せて包み込んでから、ラップで上をキュッと絞ると、とてもきれいに出来上がります。
  • 保存の際は、バットか、広口の保存容器に、オーブンシートを敷いて、その上に出来上がった栗きんとんを並べていくと、スッと取り出すことが出来ますよ。
アレンジのヒント

  • むいた皮は、かなり厚いですので、細切りにして、揚げない大学芋にすると、むだなく美味しくいただけますよ。
  • さつまいもを2/3の量にし、その量のりんごを皮ごと切ってから、手順3で足して煮て、同じように作っても、美味しくいただけますよ。甘酸っぱく仕上がります。
  • ぽってりとした仕上がりがお好みの場合は、手順6で、ぽたっと柔らかい程度に練ってから、栗の甘露煮を一気に足して、ざっと混ぜ合わせて出来上がりです。この場合は、保存はよく消毒した保存容器を用意して、その中に全体を入れ、粗熱が取れてから冷蔵庫で保存します。盛り付けは、小鉢にこんもりと盛ると良いです。
おすすめ食材、ツール
栗の甘露煮は、明治屋さんのものがお気に入りです。
国産の大粒の栗が、無着色・無漂白、型崩れなく、たくさん入っているのが嬉しいです。

栗が普通に入手できる地域の方からするとハァ?なのかもしれませんが、昭和の時代に自然も田畑も触れない見たこともない工業地帯で生まれ育った私からすると、この栗は、年中安価で扱いやすく、とてもいいお品です。

おせち料理特集
「おせち料理特集」はこちら

-おせち料理, お菓子, レシピ, 和風, 時間がたってもおいしい, 果物, 野菜のおかず
-, ,

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.