人気検索ワードめんつゆなすピーマン

レシピ 常備菜 野菜のおかず ミニトマト 大葉 刻み昆布 冷蔵5日 ねかせておいしい 和風

ミニトマトの青じそ昆布ノンオイルサラダ

投稿日:

冷蔵5日

ミニトマトの青じそ昆布ノンオイルサラダ
今日は、ミニトマトをノンオイルドレッシングに漬け込んで作るレシピをご紹介します。

たっぷりの大葉と刻み昆布をベースにしたドレッシングに、切ったミニトマトを漬けるだけで出来上がりです。
ミニトマトはマリネにすると、青臭さが飛び、また、熟したものでも日持ちがよくなります。
大葉の香りと、刻み昆布の豊富な栄養をまるごとお召し上がりくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

ミニトマトを切って漬けます。冷やすとより一層おいしく召し上がれます。
後半に、大葉の刻み方を詳しくご説明いたします。

材料

4人分
ミニトマト 400g(2パック)
■合わせ調味料
大葉(千切り) 10枚分
刻み昆布 10g
しょうゆ 大さじ1
砂糖 小さじ2
酢(米酢がおすすめ) 小さじ2
レモン果汁(柚子、すだち、かぼすなどでもOK) 小さじ1
8人分
ミニトマト 800g(4パック)
■合わせ調味料
大葉(千切り) 20枚分
刻み昆布 20g
しょうゆ 大さじ2
砂糖 小さじ4
酢(米酢がおすすめ) 小さじ4
レモン果汁(柚子、すだち、かぼすなどでもOK) 小さじ2

作り方

1 ミニトマトはヘタを取り、よく洗います。ミニトマトはヘタを取り、よく洗います。
ヘタの周りに雑菌が溜まりやすいので、ヘタは必ず取ってよく洗いましょう。

2 水気をよく拭き取ります。水気をよく拭き取ります。
余分な水気があると、いたみやすいのです。洗ってそのままの余分な水気は、雑菌が混じることから保存の大敵となること、また、味がぼけますので、丁寧に拭き取ることをおすすめします。

3 2つまたは4つに切ります。2つまたは4つに切ります。

4 保存袋に合わせ調味料と手順3のミニトマトを入れます。保存袋に合わせ調味料と手順3のミニトマトを入れます。
もむ必要はありません。袋の底をポンポンとたたくようにして調味料を行き渡らせます。
このまま保存する場合は、平らにして、空気を抜いてから密封するとよいですが、

5 冷蔵庫で保存この時点で完成していますので、充分に消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存するとよいです。
保存容器のほうが取り出しやすいのと、袋の口から調味液が漏れるという事故を防ぐことができます。
冷蔵庫で2時間ほど、よく冷やすと、よりおいしくいただけます。

大葉の刻み方

1 大葉は根元の茎を切り落とします。大葉は根元の茎を切り落としてから、

2 横半分に切り、横半分に切り、

3 重ねます。重ねます。

4 手前から、くるくると巻いて、手前から、くるくると巻いて、

5 端から千切りにしていきます。端から千切りにしていきます。

作り置きのコツ

  • ミニトマトはヘタの周りに雑菌が溜まりやすいので、ヘタは必ず取ってよく洗いましょう。
  • 余分な水気があると、いたみやすいです。洗ってそのままの余分な水気は、雑菌が混じることから保存の大敵となること、また、味がぼけますので、丁寧に拭き取ることをおすすめします。キッチンペーパーや乾いた清潔な布巾で、水気をよく拭き取りましょう。
  • 保存容器は充分に消毒して使いましょう。
アレンジのヒント

  • 材料欄記載の通り、レモン果汁をお好みの柑橘類に替えてもおいしくいただけます。
  • 具材を足してもおいしいです。玉ねぎ/きゅうり/みょうが/セロリが合います。
  • トマトでも作れます。くし型に4つに切り、ヘタを切り落とし、さらに2~3つに切って漬け込みます。
  • ソースとしても活用できます。冷奴、グリルした肉や魚などに、たっぷりとかけてどうぞ。
おすすめ食材、ツール
内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, ミニトマト, 大葉, 刻み昆布, 冷蔵5日, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.