レシピ しょうが にんにく こんにゃく めんつゆ マヨネーズ 冷蔵5日 時間がたってもおいしい

こんにゃくのフリッター

更新日:

冷蔵5日


こんにゃくのフリッター

今日は、こんにゃくをフリッターにするレシピをご紹介します。

下ごしらえをし、しっかりと下味を付けたこんにゃくに、衣をつけてカラッとしっかりきつね色に揚げます。
しっかりして日持ちのよい衣ですので、ついでにいろいろ揚げて冷蔵庫一層にも活用いただけます。

レシピについて

こんにゃくは下ゆでをしてから、しっかりと味付けをし、衣を付けて、たっぷりの揚げ油でしっかりときつね色に揚げます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • こんにゃく 2枚(250g×2)
  • 塩 大さじ2
  • 揚げ油 適量
  • ■合わせ調味料
  • にんにくすりおろし 2片分(小さじ2)
  • しょうがすりおろし 3~4cm角1片分(大さじ1)
  • めんつゆ(3倍濃縮推奨) 小さじ4
  • しょうゆ 小さじ4
  • 酒 小さじ2
  • みりん 小さじ2
  • 酢 小さじ1
  • ■衣
  • 水 1/2カップ(100ml)
  • サラダ油 1/2カップ(90g)
  • 薄力粉 1/2カップ(55g)
  • 片栗粉 1/2カップ(65g)
  • マヨネーズ 1/2カップ(95g)

8人分

  • こんにゃく 4枚(250g×4)
  • 塩 大さじ4
  • 揚げ油 適量
  • ■合わせ調味料
  • にんにくすりおろし 4片分(小さじ4)
  • しょうがすりおろし 5~6cm角1片分(大さじ2)
  • めんつゆ(3倍濃縮推奨) 大さじ2+小さじ2
  • しょうゆ 大さじ2+小さじ2
  • 酒 小さじ4
  • みりん 小さじ4
  • 酢 小さじ2
  • ■衣
  • 水 1カップ(200ml)
  • サラダ油 1カップ(180g)
  • 薄力粉 1カップ(110g)
  • 片栗粉 1カップ(130g)
  • マヨネーズ 1カップ(190g)

作り方

step
1
こんにゃくの下ごしらえをします。あとで慌てないように、お湯(こんにゃく2枚で1.5リットル目安)を沸かし始めましょう。


お湯

step
2
こんにゃくは手でひと口大(指でOKを作ったサイズが目安)に、引っ張るようにしてちぎります。

形がいびつになればなるほどOKです。こんにゃくは味がしみこみにくいので、断面をできるだけいびつにすることで、表面積を増やし、より味が絡むようにします。

ちぎります
ちぎります

step
3
こんにゃくと塩をボウルに入れ、水分が出るまでよくもみ込みます。

1分ほどもんでいると、たっぷりと水分が出てきます。
「あく抜き済み」のこんにゃくの場合は、手順3~4は省いても構いません。

よくもみ込みます
よくもみ込みます

step
4
充分に沸騰したお湯に、こんにゃくの水気を切って入れて強めの中火にかけ、2~3分ほどして再び沸騰してきたら、ざるにあげます。

こんにゃくから出た水分と、残った塩は捨てます。

沸騰したお湯
水気を切って入れ
再び沸騰
ざるにあげます

step
5
合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせておきます。


合わせ調味料

step
6
手順4のこんにゃくをフライパンに入れて強めの中火にかけます。ピューピューという音が鳴るまで炒めたら、


こんにゃく
こんにゃく

step
7
火を弱火にし、手順5の合わせ調味料を加え、汁気が飛ぶまで炒りつけます。


合わせ調味料
炒りつけます
炒りつけます

step
8
ボウルに入れ、周りを冷水で冷やし、急冷します。

こんにゃくは冷める際に味がしみるため、粗熱を取ったほうが味がしみこみやすいです。
冷水のボウルは、こんにゃくのボウルより小さめのほうがよいです。こんにゃくの中に水が入るといった事故を防ぎます。
こんにゃくは途中で一度かき混ぜると、粗熱が取れやすいです。

ボウルに入れ
冷水 title=
冷やす
かき混ぜる

step
9
衣の材料をよく混ぜ合わせます。

油分の多い衣ですが、どうせ油で揚げますので、カロリーや油分は気にしなくても構いません。

衣の材料
衣の材料

step
10
揚げ油を中火にかけ、高温(180℃~190℃)に加熱します。箸に衣を少し付けて落とすと、途中まで沈んですぐに浮かんでくる程度が目安です。

揚げ油
衣

step
11
手順9の衣に、粗熱を取ったこんにゃくを加えて絡め、


こんにゃく
こんにゃく

step
12
スプーンで衣ごとすくいながら揚げ油に入れ、ひっくり返しながら、全体がきつね色になるまで、しっかりと揚げます。

ほんのり天ぷらに色付いた状態で揚げ油から取り出すと、翌日にはベッチョンベッチョンにダレた、絶対にマズそうで残念な何かになっています。
ですので、しっかりと高温で、きつね色になるまで揚げましょう。唐揚げやフライドチキンや揚げ煎餅、何ならかりんとうの色を目指して構いません。

揚げます
揚げます
揚げます

step
13
揚がったら、網の上などに置いて油を切ります。

油切り網やバットが無い場合は、魚焼きグリルを活用すると良いです。水受け皿にアルミホイルを敷くと後片付けもラクです。

揚げます
網の上

step
14
2~3回に分けて揚げましょう。


揚げます
網の上

step
15
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
保存中の油が気になるようなら、保存容器にキッチンペーパーを敷くとよいです。

保存します。

作り置きのコツ・ポイント

  • こんにゃくは味がしみこみにくいので、断面をできるだけいびつにすることで、表面積を増やし、より味が絡むようにします。
  • 油分の多い衣ですが、どうせ油で揚げますので、カロリーや油分は気にしなくても構いません。
  • 保存容器は、充分に消毒してから使用しましょう。

アレンジのヒント

    ほんのり天ぷらに色付いた状態で揚げ油から取り出すと、翌日にはベッチョンベッチョンにダレた、絶対にマズそうで残念な何かになっています。ですので、しっかりと高温で、きつね色になるまで揚げましょう。唐揚げやフライドチキンや揚げ煎餅、何ならかりんとうの色を目指して構いません。

    >

  • お好みで黒こしょうやケチャップ、マスタードをつけても。
  • 再加熱の際は、オーブントースターで加熱すると、カラッと感が割と復活します。
  • 煮物やきんぴらなど、こんにゃくを使った料理の余り物は、フリッターで解決です。
  • もちろん他の具材でも。冷蔵庫の残り物はもちろん、果物の余り物も、フリッターには合います。
  • たとえばおせち料理で余った煮しめ、煮付け、焼き物、酢の物は、これで消費できます。カロリー無視ですが。
  • しっかりして日持ちのよい衣ですので、ついでに揚げて冷蔵庫一層にも。例:ウインナー/紅生姜/たくあん/大葉/ごぼう・れんこん・かぼちゃ・れんこん・さつまいもなどの根菜類/鶏肉/魚介類

おすすめ食材、ツール

にんにくすりおろしは、これを使っています。普段使いにスプーンで簡単に計量することができて便利な、使いごたえのある1kgです。amazon定期おトク便購入です。

愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

こんにゃくのレシピはこちらもどうぞ


彩りに 梅酢こんにゃく
彩りに 梅酢こんにゃく

冷蔵5日 今日は、こんにゃくを梅酢に漬けて作るレシピをご紹介します。 あく抜き済みの真っ白いこんにゃくをさっとゆでて、梅 ...

ノンオイル こんにゃくの梅おかか炒め
ノンオイル こんにゃくの梅おかか炒め

冷蔵5日 今日は、こんにゃくを梅おかか味で炒めるレシピをご紹介します。 下ごしらえをしたこんにゃくを、ほんのり甘辛い梅肉 ...

こんにゃくの青のりごま和え
こんにゃくの青のりごま和え

冷蔵5日 今日は、こんにゃくに、たっぷりの青のりとすりごまを絡めるレシピをご紹介します。 こんにゃくを甘辛く炒めてから、 ...

こんにゃくのフリッター
こんにゃくのフリッター

冷蔵5日 今日は、こんにゃくをフリッターにするレシピをご紹介します。 下ごしらえをし、しっかりと下味を付けたこんにゃくに ...

こんにゃくと鶏肉のオイスターソース炒め
こんにゃくと鶏肉のオイスターソース炒め

冷蔵5日 今日は、こんにゃくと鶏もも肉を、オイスターソースで炒めるレシピをご紹介します。 こんがり焼いた鶏もも肉、こんに ...


もっと見る

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, しょうが, にんにく, こんにゃく, めんつゆ, マヨネーズ, , 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.