レシピ 野菜のおかず さつまいも お肉のおかず 鶏むね肉 鶏もも肉 マヨネーズ 冷蔵5日 時間がたってもおいしい 和風

ご飯もお酒もガンガン進む!鶏肉とさつまいも炒め

更新日:

冷蔵5日

さつまいもと鶏肉の甘辛煮
今回は、さつまいもを使った、ご飯もお酒もガンガン進むレシピのご紹介です。

そもそも私は甘いものが苦手で、いわゆる「いもくりなんきん」が苦手です。
でも、さつまいもとかぼちゃを、たくさんいただいたので、ここ最近は、あくまで苦手克服のつもりで、いろいろと試していたのですが、

さつまいもを鶏肉と一緒に、しょうゆ味で炒める。
香り付け程度のマヨネーズが、かなりいい仕事をして、むね肉でもコク充分、ご飯にもお酒にも合うどころかガンガン進む、危険な一品が出来上がってしまいました。

あまりに食も酒も進むので、「こんなに甘辛くしたさつまいも、ちょっと血糖値アカンかな?」と調べてみたら、GI値※は、じゃがいも(90)>山芋(75)>かぼちゃ(65)>里芋(64)>栗(60)>さつまいも(55)とのこと。
「いもくりなんきん」の中で一番低く、じゃがいもの約半分、玄米(55)と同じ、でした。ちなみに白米は88です。
※GI値:食後血糖値の上昇度を示す指標のことです。詳細はこちらからどうぞ。そもそもGIって何?|大塚製薬

食物繊維もとても多く、体にうれしいさつまいも、しかも、調理次第では酒にも合う。私も、今後はできるだけ進んで食べてみようと思います。

さつまいもはご飯のおかずにならない。ましてや酒のアテになるわけがない。パートナーがさつまいもに手を付けない。
そのような方に、ぜひ、お試しいただきたいレシピです。

スポンサーリンク

レシピについて

一口大の鶏肉と、ゆでたさつまいもを、しょうゆ味で炒めます。
ほんの少しマヨネーズを加えることで、コクを出しています。

材料

4人分
鶏肉(もも肉、むね肉どちらでもOK) 1枚
 小さじ1
片栗粉 大さじ1
さつまいも 中1本(250g~300g)
サラダ油 大さじ1
■合わせ調味料
しょうゆ 大さじ1
砂糖 大さじ1
マヨネーズ 小さじ1
 大さじ1
■仕上げ
青ねぎ(お好みで) お好みの量
8人分
鶏肉(もも肉、むね肉どちらでもOK) 2枚
 小さじ2
片栗粉 大さじ2
さつまいも 中2本(500g~600g)
サラダ油 大さじ1.5
■合わせ調味料
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ2
マヨネーズ 小さじ2
 大さじ2
■仕上げ
青ねぎ(お好みで) お好みの量

具材 4人分 8人分
鶏肉(もも肉、むね肉どちらでもOK) 1枚 2枚
小さじ1 小さじ2
片栗粉 大さじ1 大さじ2
さつまいも 中1本(250g~300g) 中2本(500g~600g)
サラダ油 大さじ1 大さじ1.5
■合わせ調味料
しょうゆ 大さじ1 大さじ2
砂糖 大さじ1 大さじ2
マヨネーズ 小さじ1 小さじ2
大さじ1 大さじ2
■仕上げ
青ねぎ(お好みで) お好みの量 お好みの量

作り方

1 鶏肉は一口大に切りそろえます鶏肉の下ごしらえをします。

鶏肉は一口大に切りそろえます。
むね肉を使用する場合は、1~2cm厚さ程度の一口大に、そぎ切りにすると良いです。

2 鶏肉に和風だしの素を加え、もみ込みます鶏肉をビニール袋に入れ、酒を加えて、よくもみ込みます。
3 鶏肉に片栗粉をまぶし付けます酒をもみ込んだら、片栗粉を加え、全体にまぶし付けます。ビニール袋の底をポンポンとたたくようにすると、全体によくまぶし付けることができますよ。
このまま冷蔵庫に置いておきます。
4 さつまいもは皮ごと一口大に切りますさつまいもの下ごしらえをします。

さつまいもはきれいによく洗って、皮ごと一口大に切ります。
写真のように細いさつまいもなら、そのまま輪切りにし、太い部分をお好みで半分程度にすればOKです。

5 水にさらしますさつまいもは、切ったらすぐに、たっぷりの水にさらしておきましょう。
6 さつまいもを柔らかくしますさつまいもを柔らかくします。
さつまいもは水気を切り、耐熱容器に入れてラップをし、600Wで4~8分程度様子を見ながら加熱します。

または、写真のように、鍋に移してひたひたの水を加え、竹串がスッと通るまでゆでて、ざるにあけておきます。

7 合わせ調味料をよく混ぜ合わせます合わせ調味料を準備します。
材料をよく混ぜ合わせます。マヨネーズが分離しますが、問題ありません。
8 鶏肉をじっくりと焼きます焼いて仕上げます。

フライパンを熱し、サラダ油をひき、弱めの中火で、手順3の鶏肉をじっくりと、両面をしっかり焼きます。

9 さつまいもを加え、軽く混ぜ合わせます鶏肉の両面がしっかりと焼けたら、手順6のさつまいもを加え、軽く混ぜ合わせます。
10 合わせ調味料を加えます合わせ調味料を加え、全体に行き渡るように、ざっと混ぜます。
11 ふたをして、弱火で熱しますふたをして、弱火で5~6分ほど熱します。焦がさないようにしましょう。
12 全体をざっと混ぜ合わせますふたを開けて、具材に煮汁を絡めるように、全体をざっと混ぜ合わせて、煮汁を炒り付けて出来上がりです。
13 さつまいもと鶏肉の甘辛煮いただく際、お好みで、青ねぎの小口切りを添えると、風味、見た目とも、とてもおいしくいただけます。
作り置きのコツ

  • 焦がさないようにしましょう。鶏肉に片栗粉をまぶしてあるため、具材に合わせ調味料を加えると、とろみが出て、合わせ調味料の砂糖としょうゆが焦げやすくなりますので、弱火で熱しましょう。
  • 保存する際は、保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • いただく際、青ねぎの小口切を添えると、風味、見た目とも、とてもおいしくいただけます。
  • お弁当にもよく合います。よく冷ましてから詰めましょう。
おすすめ食材、ツール
愛用品です。これ一つで、つぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンにと大活躍します。
耐熱温度が200℃ですので、今回のように、合わせ調味料を混ぜ合わせ、そのまま炒り煮にする際の木べら代わりとして使えるので、手早く、洗い物も少なく済みます。また、鍋料理などの穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際にも充分に使え、食洗機でもきれいに洗える、優秀キッチンツールです。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 野菜のおかず, さつまいも, お肉のおかず, 鶏むね肉, 鶏もも肉, マヨネーズ, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.