作り置きメニュー

2016年6月5日の作り置き(11品+ソース類)

更新日:

2016年6月5日の作り置き

※寝落ちしてました。公開が遅くなりごめんなさい!!><

「ちょっとなにこの手抜き??」的なことになっていますが、どうやら今週は、あまり家やお弁当で食事を摂らない予定になっていまして……。

そんなわけで、どう転んでもえぇように、ゆがいた青菜と、漬物多めです。
ゆがいた青菜たちは、なめたけと和えるか、おひたしか酢味噌和えでいただきます。

あとは、ちょっと梅で色々と試していました。
うまく仕上がったら、レシピ化しますね。もっとも、すごい遅筆なので、仕上がるのは3か月後以降やと思いますが……(ノ∀`)

※たくさんのコメントありがとうございます!
 ご返信がだいぶ滞っていてごめんなさい><
 特に私、うれしいコメントへの返信がとても遅いんです、、、
 必ずご返信しますので、ちょーっとお時間くださいませ(´Д` )

おしながき
ひじきたっぷり炒り高野
山形のだし
蒸し鶏の梅和え(手順4まで/アボカドと和えるかもです)
いろいろきのこの おかずなめたけ
・ゆで青菜
 └小松菜
 └かぶの葉
 └青梗菜
切干大根のあっさりハリハリ漬け
即席しば漬け
・梅きゅうり
・かぶの梅肉和え

写真にはありませんが、酢味噌があります。
主食は「最強飯」を炊きます。

今週もがんばりますー(´∀`)ノ

スポンサーリンク

今週買った食材と値段

計:2,803円(消費税8%換算込み)
【内訳(消費税8%換算込み)】
■野菜類・乾物・穀類
・ごぼう1本 100円
・かぶ1束 150円
・青梗菜2束 100円
・小松菜1束 54円
・なす5本 180円
・やわらかねぎ3本 108円
・きゅうり8本 150円
・みょうが6個 100円
・えのきだけ3束 100円
・ぶなしめじ1個 80円
・もやし750g 99円
・おくら10本 100円
・大葉1盛 102円
・しょうが3片 102円

■肉・魚・豆製品・乳製品・調味料
・鶏むね肉4枚 726円
・納豆4パック×3個 308円
・トマトジュース900g 149円
・豆腐3丁 95円

私の使っている食材の単価や考え方、持ち越し方法などは、こちらをご参照くださいませ。

使った食材と持ち越し

※調味料は含みません。

作り置き
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
ごぼう 1/2本
かぶ 1束
青梗菜 2束
小松菜 1束
なす 5本
きゅうり 8本
みょうが 6個
えのきだけ 2束
ぶなしめじ 1袋
おくら 10本
大葉 1盛
にんじん 1/2本
ひじき 25g
刻み昆布 20g
高野豆腐 2個
しょうが 3片
やわらかねぎ 1本
だし昆布 5cm
鶏むね肉 2枚
徳用こんにゃく 1/2枚
休日のおかず(土・日:火鍋)
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
もやし 750g
やわらかねぎ 2本
鶏むね肉 1枚
豆腐 1丁
朝とお弁当用
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
納豆4パック×3個
トマトジュース 900g
持ち越し
野菜類・乾物 肉・魚・豆製品・乳製品
えのきだけ 1束
ごぼう 1/2本
しょうが 3片

作り置きでの使い方

※調味料は含みません

作ったもの 買い置き 買い足し
ひじきたっぷり炒り高野 ひじき 25g
高野豆腐 2個
徳用こんにゃく 1/2袋
にんじん 1/2本
ぶなしめじ 1/2袋
鶏皮 2枚分
もやしとわかめのナムル わかめ 10g もやし 400g
山形のだし しょうが 1/2片
刻み昆布 10g
オクラ 10本
きゅうり 2本
なす 3本
みょうが 3個
大葉 1盛
ねぎ 1/2本
蒸し鶏の梅和え(手順4まで) しょうが 1/2片
ねぎ 1/2本
だし昆布 5cm
鶏むね肉 2枚(皮をはいで)
いろいろきのこの おかずなめたけ えのきだけ 2束
ぶなしめじ 1/2袋
ゆで青菜 小松菜 1束
かぶの葉 1束
青梗菜 2束
切干大根のあっさりハリハリ漬け しょうが 1/2片
切干大根 30g
刻み昆布 10g
きゅうり 1本
しば漬け しょうが 1片 きゅうり 2本
なす 2本
梅きゅうり きゅうり 3本
かぶの梅肉和え かぶ 1束

作り置きの段取り・手順

■お困りごとの解決、もっと知りたいこと、きっとこちらにあります(´∀`)つ
コツ・ポイント 作り置きのコツ・ポイント
作り置きに関するQ&A
1週間の食事例
食中毒を防止するために 知識と実践
作り置きに関する失敗あれこれ
だしの取り方 だしの取り方&だしがらの活用法
保存方法と食材の在庫管理方法 冷蔵庫・冷凍庫の中身と収納について
買い物や家事を含めた1日の段取りなど 家族同居編
単身赴任編
いつも使用している調味料のご紹介 基礎調味料・和食編
洋・中・エスニック料理編
いつも使用している調理器具のご紹介 いつも使用している調理器具

今週はこうやって作りました。ご参考になれば幸いです。

※大まかな手順は、下ゆでするもの→きざむもの→煮込む・ゆでるもの→ひき肉を使うもの、です。が、週によって、いろいろですね。
※ワンルームのキッチンですので、下ごしらえが少しずつしかできません。洗い物は、ほぼ手順の都度行っています。
※火力は2口コンロのみ、電子レンジもオーブンもありませんので、3口コンロや、レンジやオーブンなどがあるご家庭では、さらにスピーディーにできるかもしれません。

【所要時間:約2時間30分】

前半(今回は約1時間10分)

  1. 小松菜、かぶの葉、青梗菜をゆでます。
  2. 蒸し鶏を作り始めます。
  3. いろいろきのこの おかずなめたけを作ります。
  4. 切干大根、ひじき、高野豆腐を戻します。しょうがをおろします。

後半(今回は約1時間20分)

  1. 蒸し鶏をほぐします。
  2. 切干大根のあっさりハリハリ漬けを作ります。
  3. 山形のだしを作ります。
  4. ひじきたっぷり炒り高野を作ります。
  5. かぶの梅肉和え、しば漬け、梅きゅうりの順に作ります。

作った感想

梅肉和えとか、梅酢に漬ける系って、美味しいんですが、なんかこう、「これ!」というようにバシッと味が決まらんのです。特にかぶ。かぶの甘味というかクセがより引き立ってなんだかなーなことに。だからといって梅を入れすぎると塩辛い。今回はうまくいってるとえぇんですが……。

お知らせ

このサイト「週末の作り置きレシピ」が本になりました!
タイトルは「ラクする作り置き」、2016年4月8日発売、出版社はセブン&アイ出版さんです。全国の書店(ひぇぇえ)、amazon楽天ブックス、そして、セブンネットショッピングはじめ、各ネット書店でもご購入できます。

買い出しのコツから、消毒の仕方、保存容器の選び方、冷蔵庫整理術などはもちろん掲載、レシピは、野菜たっぷりカロリー控えめ50レシピを、それぞれの週のシチュエーションごとにご紹介しています。
ぜひ、お手に取っていただけると、そして購入いただけると、もんのすごく嬉しいです!!amazonへのレビューをいただけますと、さらに嬉しいです!!詳しい紹介記事は、こちらからどうぞ

私の想像をはるか彼方、彗星のごとく超えて、ものすんんごい売れてます。おかげさまで、増刷上がりました。なんと4刷目が決定!ほんっまに、ありがとうございます。・゚・(つД`)・゚・。

おすすめ食材、ツール
作り置きのおかずは、ジップロック コンテナーに収納しています。
※ たくさんのお問い合わせをいただいています、「新しい白い保存容器」は、アサヒ軽金属工業「真空スリムボックス」です。詳しい使用感レビューは、もうしばらくお時間いただけますようお願いいたします。

とても優秀な容器で、冷凍から電子レンジまでOK、半透明で中身が見えること、パチンとフタが閉まること、食材を入れて重ねて冷蔵庫に収納できます。
使わない際は、容器、ふたをそれぞれ重ねてコンパクトに収納できるのも、とても嬉しいですね。

ボウルとして
狭いキッチンでは、ボウル代わりとして大活躍しています。
ワンルームのキッチンでも、写真のように角型を活用することで、何種類ものおかずを同時進行で作ることが出来ます。

青魚の下処理
あくを抜く
洗いやすく、においがつきにくいですので、青魚の下処理や、野菜のあく抜きなどにも大活躍しています。

ジップロック コンテナーは、「角型 大946ml」「ロング角型 特大1200ml」「ロング角型 特大 1890ml」「ロング角型 特大2400ml(関西の家のみ・廃版)」、そして最近仲間入りした「角型 小258ml」、それぞれ8~12個ほど持っています。

野菜室
野菜は、週末に、お気に入りの近所の安い青果店でたくさん買っておき、作り置きで余った分は、この「愛菜果」に入れて包み、野菜容器で保存しています。例えば、土曜日に購入したレタスが、次の週の金曜日くらいまでなら、みずみずしくいただけるので、本当に重宝しています。

「愛菜果」は、本当に生野菜が長持ちしますので、私はLサイズ3枚ほどに、いろいろな野菜を適当に詰めて、封の口だけ開かないように、ざっとまとめています。
野菜の余分な水分をよく拭き取ってから保存するのがコツです。

根菜類
根菜類も「愛菜果」に入れて、常温保存しています。玉ねぎやじゃがいも、里芋なども傷まず、とても長持ちしますので、特価日に購入して余っても安心です。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-作り置きメニュー

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.