大根と豚こまの甘辛炒め煮

レシピ 野菜のおかず 大根 しょうが お肉のおかず 豚肉 豚こま切れ肉 冷蔵5日 冷凍1か月 丼飯・のっけ弁の具材 お弁当のおかず 時間がたってもおいしい 和風

大根と豚こまの甘辛炒め煮

冷蔵5日/冷凍1か月

大根と豚こまの甘辛炒め煮

今日は、大根と豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

豚肉のコクと旨味がたっぷりとしみ込んだ大根に、しょうゆ味の香ばしい甘辛ダレが絡んだ、食べ応えたっぷりの、ご飯が進む一品です。

大根は皮ごと薄切りにし、下ゆでなしで作りますので、手早く仕上がり、食物繊維などの栄養も逃すことなくたっぷりといただきます。

そのままはもちろん、丼飯の具材としても活用いただけます。

レシピについて

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶして炒め、皮ごと薄切りにした大根を加えて、調味料で炒め煮にして出来上がりです。
以前よりご紹介しているレシピを改めて整理しました。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 大根 1/2本(500g~750g)
  • 豚こま切れ肉 300g
  • 片栗粉 大さじ3
  • サラダ油 小さじ2(10ml)
  • ■合わせ調味料
  • 水 150ml
  • しょうゆ 大さじ3(45ml)
  • みりん 大さじ1(15ml)
  • 砂糖 大さじ1
  • しょうがすりおろし※ 大さじ1(3~4cm角1片分)

※ お好みで千切りしょうがを使っても構いません。もちろん、チューブしょうがでも問題ありません。

8人分

  • 大根 1本(1000g~1500g)
  • 豚こま切れ肉 600g
  • 片栗粉 大さじ6
  • サラダ油 小さじ4(20ml)
  • ■合わせ調味料
  • 水 300ml
  • しょうゆ 大さじ6(90ml)
  • みりん 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 大さじ2
  • しょうがすりおろし※ 大さじ2(5~6cm角1片分)

※ お好みで千切りしょうがを使っても構いません。もちろん、チューブしょうがでも問題ありません。

作り方

step
1
大根は皮ごと7mm幅の(人差し指の1/2幅目安)いちょう切りにします。

この手順は、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。

念のため重さを量るとよいです。このおかずなどの煮物や汁物、大根の水気を切って仕上げる漬物やなますなどのおかずの場合は、多少重めでも問題はありません。とはいえ、5割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。

皮ごと使いますので、よく洗いましょう。

扱いやすい長さに切ってから、縦4つに切り、端から7mm幅に切っていくと、いちょう切りになります。

大根大根
大根大根
大根大根

step
2
合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この手順も、手順5で豚肉を炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
3
豚こま切れ肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

手順2とは別のボウルです。

豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。

写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

豚こま切れ肉豚こま切れ肉
豚こま切れ肉豚こま切れ肉

step
4
フライパンにサラダ油を薄くひき、手順4の豚肉をほぐし入れ、

サラダ油サラダ油

step
5
弱めの中火にかけます。2分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、そのまま5~6分ほどほったらかしにします。

写真のように、表面が白っぽくなるまで放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。

ほったらかし

step
6
表面が白っぽくなり、フライパンに面している側に焼き色が付いたら、全体をほぐすように、ひっくり返します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いですが、この後の手順でほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。

豚こま切れ肉豚こま切れ肉
豚こま切れ肉豚こま切れ肉

step
7
手順1の大根を加え、ざっと全体を混ぜ合わせて油を回し、手順2の合わせ調味料を加え、かき混ぜて全体になじませたら、

合わせ調味料を加える際は、砂糖が残らないように、ヘラでかき出しましょう。

大根大根
大根大根

step
8
ふたをして中火にします。蒸気が出たら、中火のままさらに8~9分ほど煮ます。

大根大根

step
9
大根に火が通り、煮汁の泡立ちに少しとろみが出たら、ざっと全体を底からかき混ぜて、煮汁を具材に絡めます。

大根に竹串がスッと通るようになると、火が通っています。

多少焦げ目が付いても構いません。そのほうがおいしいです。

仕上げ仕上げ
仕上げ仕上げ
仕上げ仕上げ

step
10
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 豚こま切れ肉に片栗粉をまぶすことで、豚肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 豚肉を炒める際は、できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 仕上げの際、多少焦げ目が付いても構いません。そのほうがおいしいです。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:ごぼう/れんこん/さやいんげん/お好みのきのこ類/小松菜(ゆで・仕上げにざっと加える)
  • いただく際に添えておいしい具材:大葉千切り/青ねぎ小口切り/いりごま/しょうが千切り
  • 丼飯またはワンプレートの具材としても。
  • オーブンで焼いても。お好みで溶けるチーズをたっぷりと混ぜ込むか乗せます。その際、ゆでたほうれん草などの青菜を加えても。

おすすめ食材、ツール

愛用品です。きゅうり、にんじん、しょうがなどの千切りが、即効で美しく出来るスライサーです。セラミック製ですので、錆びずに、まるごと漂白消毒できるのでありがたいです。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。

大根のレシピはこちらもどうぞ



もっと見る

-レシピ, 野菜のおかず, 大根, しょうが, お肉のおかず, 豚肉, 豚こま切れ肉, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 丼飯・のっけ弁の具材, お弁当のおかず, 時間がたってもおいしい, 和風

© 2021 スガ