作り置きメニュー

2015年4月12日の作り置き

更新日:

2015年4月12日の作り置き
2015年4月12日の作り置き

※今週から、買い物の値段と段取りを記載しています。

真冬に逆戻りしました。
ちょうど先週の土曜日に、冬物を一斉にクリーニングに出したので、もう何を着ていいのかさっぱりわからず、先週はなぜかずっと、よそ行きの格好をしていました。それらしか残ってないのです。
今週も冷えるらしいですね。クリーニングから戻ってきた冬物を着る気はないので、今週も気合いの入った格好をすることになると思います。

始終ものすごく、お腹とふくらはぎを意識するので、先週から今週の2週間は、とてもいいダイエットになるかもしれません。
スリムになって、暖かくなったら、パステルカラーを膨張せずに着こなすのです。ほんまかいな。

おしながき
たいめいけんのコールスロー
おからの煮物(卯の花の炒り煮:今回はひじき、ぶなしめじ入り)
ひじきたっぷり炒り高野(今回はえのき入り)
もやしと春雨の中華サラダ(今回はにんじん入り)
海藻ときゅうりと春雨の酢の物
若竹煮
菜の花のおひたし
野菜たっぷりヤムウンセン
ぶり大根
さつまいものわさマヨサラダ
酢味噌和え(ぬた:今回はうるい、えのき、たけのこ、わかめ)

写真にはありませんが、スイートチリソースもあります。
主食は「最強飯」を炊いています。

今週もがんばりますー(´∀`)ノ

今週から買い物の値段と段取りを記載します↓↓

スポンサーリンク

今週買った食材と値段

計:3,946円
【内訳(消費税8%換算)】
■野菜類・乾物
・たけのこ1本(約1kg):600円
・菜の花2束:100円
・長ねぎ5本:100円
・しょうが2片:100円
・ぶなしめじ220g×2パック:130円
・うるい2パック:100円
・春キャベツ1個:130円
・きゅうり3本:119円
・さつまいも 約400g×1本:157円
・玉ねぎ3個:99円
・もやし 1600g:190円(30円×3+100円)
・緑豆春雨500g:473円

肉・魚・日配品・調味料
・おから約400g:50円
・ぶりあら約300g:308円
・鶏むね肉925g:480円
・納豆4パック×3個:301円(93円×3×1.08)
・豆腐3丁:117円(36円×3×1.08)
・インスタントみそ汁20食:311円
・牛乳1L:181円

私の使っている食材の単価や考え方、持ち越し方法などは、こちらをご参照くださいませ。

使った食材と持ち越し

※調味料は含みません

作り置き
野菜類・乾物・豆製品 肉・魚・乳製品
たけのこ 1/2本
玉ねぎ 2個
長ねぎ 1.5本
きゅうり 3本
菜の花 2束
にんじん 小4本
春キャベツ 1個
えのき 200g×2パック
ぶなしめじ 220g×1パック
うるい 2パック
大根 1/2本
さつまいも 約400g×1/2本
もやし 200g
しょうが 2片
乾燥ひじき 50g
うすあげ 2枚
おから 200g
高野豆腐 2個
きくらげ 10g
乾燥えび 大さじ2
乾燥わかめ 20g
昆布 15cm×1枚
緑豆春雨 200g
徳用こんにゃく 1枚(450g)
いりごま 大さじ3
昆布 15cm×1枚
かつお節 40g
鶏むね肉 約300g(大1枚)
ぶりあら 約300g
土日のおかず(今週はチゲ鍋をいただきました)
野菜類・乾物・豆製品 肉・魚・乳製品
長ねぎ 2.5本
キャベツ 5~6枚
もやし 1400g
しょうが 1/2片
パン粉 約1カップ
鶏むね肉 約600g(大2枚)
豆腐 300g×3丁
朝とお弁当用
野菜類・乾物 肉・魚・乳製品
納豆 4パック×3個
インスタントみそ汁 20食
牛乳 1L
持ち越し
野菜類・乾物 肉・魚・乳製品
にんじん 小4本
きゅうり 1本
キャベツ 1/2個
ぶなしめじ 220g×1パック
若竹煮 4人分
さつまいも(ゆで)約200g
おから(炒り)約200g

作り置きでの使い方

※調味料は含みません

作ったもの 買い置き 買い足し
たいめいけんのコールスロー 春キャベツ1/2個
玉ねぎ1個
にんじん小1本
春キャベツ1/2個
おからの煮物(卯の花炒り) ひじき10g
にんじん小1本
徳用こんにゃく450g×1/2枚
おから200g
長ねぎ1.5本
ぶなしめじ1パック
ひじきたっぷり炒り高野 ひじき30g
高野豆腐2個
にんじん小1本
徳用こんにゃく450g×1/2枚
えのき200g×1パック
鶏むね肉約150g
もやしと春雨の中華サラダ きゅうり1本
にんじん小1本
いりごま大さじ1
緑豆春雨50g
もやし200g
海藻ときゅうりと春雨の酢の物 乾燥わかめ約5g
いりごま大さじ1
きゅうり1本
しょうが1/2片
緑豆春雨50g
若竹煮 乾燥わかめ約10g
昆布 15cm×1枚
かつお節 40g
たけのこ1/2本
菜の花のおひたし 菜の花
野菜たっぷりヤムウンセン 玉ねぎ1個
きゅうり1本
緑豆春雨100g
鶏むね肉約150g
ぶり大根 大根1/2本 ぶりあら約300g
しょうが1片
さつまいものわさマヨサラダ いりごま大さじ1 さつまいも約200g
酢味噌和え(ぬた:今回はうるい、えのき、たけのこ、わかめ) 乾燥わかめ約5g
えのき200g×1パック
たけのこ50g
うるい2パック

作り置きの段取り・手順

今週はこうやって作りました。ご参考になれば幸いです。

冷凍庫・冷蔵庫を活用した、保存方法と食材の在庫管理方法は、こちらをご参照くださいませ。
■買い物や家事を含めた1日の段取りなどについては、家族同居編単身赴任編をご参照くださいませ。

※大まかな手順は、下ゆでするもの→きざむもの→煮込む・ゆでるもの→ひき肉を使うもの、です。
※ワンルームのキッチンですので、下ごしらえが少しずつしかできません。洗い物は、ほぼ手順の都度行っています。
※火力は2口コンロのみ、電子レンジもオーブンもありませんので、レンジやオーブンなどがあるご家庭では、さらにスピーディーにできるかもしれません。

【所要時間:約3時間10分】←なんせ一人暮らしですから、じゃまが入りません。すいっすい作れます。

■1時間目

  1. 若竹煮のたけのこをゆでます。ゆでたら冷ましておきます。
  2. 酢味噌和えの酢味噌を作ります。
  3. 酢味噌和えの具材をゆでて、ざるにあけておきます。
  4. 酢味噌和えおからの煮物(卯の花炒り)の、うすあげを油抜きし、刻んでおきます。
  5. 菜の花のおひたしの合わせ調味料を作り冷まします。菜の花をゆがいて冷まします。
  6. もやしと春雨の中華サラダ海藻ときゅうりと春雨の酢の物の春雨を戻します。
  7. 若竹煮海藻ときゅうりと春雨の酢の物酢味噌和えのわかめを戻します。
  8. もやしと春雨の中華サラダ海藻ときゅうりと春雨の酢の物たいめいけんのコールスロー野菜たっぷりヤムウンセンの、きゅうり、にんじんをスライスします。
  9. たいめいけんのコールスロー野菜たっぷりヤムウンセンの、玉ねぎをスライスします。
  10. もやしと春雨の中華サラダ海藻ときゅうりと春雨の酢の物の、それぞれの調味料を合わせておきます。
  11. 酢味噌和え菜の花のおひたしもやしと春雨の中華サラダ海藻ときゅうりと春雨の酢の物を仕上げます。

■2時間目

  1. さつまいものわさマヨサラダの、さつまいもを切り、水にさらしてから、ゆでて冷ましておきます。
  2. たいめいけんのコールスローを作り、冷蔵庫に入れ、重しをします。
  3. ぶり大根の、ぶりに塩をふり、大根の皮をむいて切ります。お湯をわかし、圧力鍋に調味料をいれ、大根を並べておきます。
  4. ぶり大根の、ぶりを霜降りにし、水洗いしたら、圧力鍋に加えて加熱します。
  5. さつまいものわさマヨサラダを仕上げます。ゆでたさつまいもの半分は冷凍します。
  6. 若竹煮を作り、冷まします。作る前に、たけのこは少しだけ酢味噌和えに足します。
  7. おからの煮物(卯の花炒り)のおからを炒り、冷まします。
  8. 若竹煮の半分は冷凍し、半分はわかめを加え、仕上げます。
  9. 炒って粗熱が取れた、おからの半分を冷凍します。

■3時間目

  1. ひじきたっぷり炒り高野の、ひじき、高野豆腐を戻します。
  2. おからの煮物(卯の花炒り)ひじきたっぷり炒り高野の、こんにゃく、にんじんを刻みます。
  3. おからの煮物(卯の花炒り)を作ります。具材を炒めている間に長ねぎを切り、だし汁とおからを加える際に一緒に加えます。
  4. 野菜たっぷりヤムウンセンひじきたっぷり炒り高野の、鶏むね肉をフードプロセッサにかけ、ひき肉にします。
  5. 野菜たっぷりヤムウンセンを作り、冷まします。
  6. ひじきたっぷり炒り高野を作り、冷まします。

作った感想

たけのこの下ゆでは、確かに圧力鍋なら5分加圧で済むんですが、圧力がかかるまでと、冷めるまでに、ものすごーく時間がかかります(通算約1時間半少し)。最初に仕込んでおいて本当に良かった……。でも、すごくなんというか、クリーミー(?絶対違う気が。でもそうなんです)な香りで、もう1週間若竹煮だけでいい!ってくらい美味しいですね。

あと、作るより、これを書いているほうが、時間がかかりますね(ノ∀`)
まぁ、そのうち慣れるでしょう。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-作り置きメニュー

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.