のし鶏 おせち料理にも お弁当にもどうぞ

冷蔵4日

のし鶏
今回は、のし鶏のレシピをご紹介します。

鶏ひき肉を使い、ほんのりと、みそとしょうがの香りが効いた一品です。

つくねとは、ひと味違った、上品な味わいが楽しめますよ。

ひき肉と材料を混ぜて焼くだけの簡単なレシピですが、切り方やトッピングで、豪華にも、大ぶりにも、いろいろなアレンジが出来るのもうれしい点です。

また、肉料理ではありますが、とても低コストで作ることが出来ますので、おせち料理にはもちろん、普段のおかずや、お弁当のおかずとしても活躍しますよ。ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

4~5人分で鶏ひき肉300gですので、大きめの鶏むね肉1枚の皮をはいで、フードプロセッサや包丁で細かくしても作ることが出来ます。
そして、ハレの日に用意するなら、鶏むね肉&鶏もも肉を半々にすると、とてもコクのある美味しい仕上がりになりますよ。ぜひおすすめします!

フライパンでもオーブンでも作ることが出来ます。両方の焼き方をご紹介します。

冷めてからでも美味しくいただけるように、私のレシピの中では、少し濃い目のはっきりとした味付けです。

材料

具材 4~5人分 6~7人分
鶏ひき肉 または 皮をはいだ鶏むね&鶏もも肉 300g 450g
少々(親指と人さし指でつまんだ量) 少々(親指と人さし指でつまんだ量)
Mサイズ1個 Lサイズ1個 または Sサイズ2個
片栗粉 大さじ2 大さじ3
■合わせ調味料
大さじ1 大さじ1.5
しょうゆ 小さじ2 大さじ1
砂糖 小さじ2 大さじ1
みそ 小さじ2 大さじ1
しょうがの絞り汁 大さじ1 大さじ1.5
■仕上げ
みりん 小さじ1 小さじ1~1.5
いりごま または けしの実 お好みで お好みで
青のり お好みで お好みで

作り方

1 鶏肉を包丁で叩きますひき肉を使わず、皮をはいだ鶏肉を使う場合は、鶏肉を包丁で叩いて挽きます。もちろん、フードプロセッサでブーンと挽いても構いません。
この写真は、東京へ単身赴任後、関西の家でおせち料理を作った際に撮ったため、フードプロセッサがないのです。。

2 よく混ぜますひき肉にした鶏肉に、まず塩を加えて、こねるように全体を混ぜ合わせます。

30秒ほど混ぜ合わせていると、全体に少し粘り気が出てきますので、卵、片栗粉、合わせ調味料をすべて加えて、全体をよく混ぜ合わせます。

3 型を用意します【オーブンの場合】バットにオーブンシートを敷きます。

【フライパンの場合】フライパンの底のサイズに切ったフライパン用ホイル(例:クックパー®フライパン用ホイル|旭化成ホームプロダクツ)を敷きます。

バットの幅や、フライパンの直径は、18cm(4~5人分)~23cm(6~7人分)程度、また、高さは1.5cm以上あると作りやすいです。

4 型にたねを入れます手順2のたねを、平らになるように敷き詰めます。

5 200℃のオーブンで焼きます【オーブンの場合】200℃のオーブンで10分焼いたら、様子を確認し、もしこの時点できつね色の部分があれば、上からアルミホイルを被せて、さらに5~10分、合計15~20分ほど焼きます。

表面がこんがりときつね色になり、竹串を刺して、何も付いていなければ焼けています。もし焼けていなければ、あと2分ほどずつ、様子を見ながら加熱してみましょう。

6 弱火で焼きます【フライパンの場合】上からアルミホイルかふたを被せて、ごく弱火、コンロとフライパンの1/3くらいの間に炎の先がある程度の火加減で15~20分ほど焼きます。

表面に弾力が出て、フライパンにあたる面が、こんがりときつね色になり、竹串を刺して、何も付いていなければ焼けています。もし焼けていなければ、あと1分ほどずつ、様子を見ながら加熱してみましょう。

7 焼き上がり焼き上がりです。
焼き上がりは、もとの大きさより、一回りほど縮みます。

確認をサボってアルミホイルを被せなかったので、あちこち焦げていますね(ノ∀`) オーブンの場合、クセがありますので、途中で必ず様子を見て、必要に応じて、アルミホイルを被せましょうね。
包丁で表面の焦げ目を切って取り除けば問題ありません(震え声)。なお、オーブン調理の場合、この焼き色側は、仕上がりの際、裏側になります。

8 まな板に乗せます焼き上がったら、まな板に乗せます。

【オーブンの場合】ひっくり返して、焼き色側がまな板の上に面するように乗せましょう。
【フライパンの場合】ひっくり返して、焼き色側が上になるように、まな板の上に乗せましょう。

つまり、つるんとしたほうが上になるように、まな板の上に乗せます。

そして、ハケで表面全体に、薄くみりんを塗ります。

9 ごま、青のりをふりかけますいりごま(または、けしの実)、お好みで青のりを全体にまんべんなくふりかけます。

ハレの日向けとして、白ごまを使用していますが、普段使いなら、黒ごまでももちろん構いません。白と黒の両方を使い、市松模様に仕上げてもきれいですよ。

10 食べやすい大きさに切り分けます食べやすい大きさに切り分けて出来上がりです。

11 盛り付け例切り分け、盛り付けは、この写真のように、ひと口大に切って市松模様のようにしてもきれいですし、

12 盛り付け例棒状、もしくは丸型なら8~12等分ほどに大ぶりに切り分けて、串を刺して、わざとお重からはみ出すように盛り付けると、豪快に美しく、そして、食べやすいですよ。

作り置きのコツ

  • オーブンで焼く際は、10分ほどで様子を見て、もしこの時点できつね色の部分があれば、上からアルミホイルを被せましょう。焦げます。
  • フライパンで焼く場合は、最初から最後まで弱火です。最初の5分ほどは、何も変化がないように見えますが、ごくゆっくりと火が通っていますので、問題ありません。
アレンジのヒント

  • トッピングは、白ごま、けしの実、黒ごま、青のりなど、色々とアレンジができます。
  • 切り方は、ひと口大に切って市松模様、棒状、放射状に切り分けて串刺しなどがきれいです。
おすすめ食材、ツール
塗り刷毛
塗り刷毛
愛用品の塗り刷毛です。これ1本で、お好み焼きのソースから、ケーキのシロップまで、幅広く対応できます。なぜなら、シリコン製で都度きれいに洗うことが出来て、臭いがつかず、とても清潔に使うことが出来るためです。

塗り刷毛
シリコン製は曲がりにくいのでは?というイメージを持っていましたが、驚くほど柔軟で、痛みません。また、表面張力を利用しているのでしょうか、しっかりと水分を含みます。
毛先がカピカピになりませんので、スポンジケーキなどの柔らかい繊細なものにも、傷つけることなく、優しく塗ることが出来ますよ。

鶏ひき肉メインのおかずは、こちらのレシピもどうぞ

こってり&ふわふわ!でもヘルシー!鶏つくね 2種類のタレでどうぞ
こってり&ふわふわ!でもヘルシー!鶏つくね 2種類のタレでどうぞ

目分量で全然OK!もう買わない!安価で簡単すぎるチキンナゲット
目分量で全然OK!もう買わない!安価で簡単すぎるチキンナゲット

豪快!巻かない丸ごとロールキャベツ あっさり&こってり
豪快!巻かない丸ごとロールキャベツ あっさり&こってり

おせち料理特集
「おせち料理特集」はこちら

こちらのレシピもどうぞ

鶏皮の甘辛生姜焼き

味見完食注意!ビールが、ごはんがウマい!鶏皮の甘辛生姜焼き

冷蔵1週間 カリカリに焼いた鶏皮に、甘辛いタレを絡めて仕上げた、ビールやご飯がガンガン進む危険

レシピをみる

とろとろなすのピリ辛炒り煮

辛うま!とろとろなすのピリ辛炒り煮

冷蔵1週間 今回は、食欲をそそる、なすのレシピをご紹介します。 甘辛でピリッとした味が、

レシピをみる

炒土豆絲(じゃがいもの細切り炒め)

じゃがいも嫌いの方におすすめ!炒土豆丝(じゃがいもの細切り炒め)

冷蔵4日 今回は、じゃがいも嫌いの私が、これならむしゃむしゃ食べてしまう、じゃがいもの細切り炒

レシピをみる

伊達巻き

甘さ控えめ 簡単ふわふわ伊達巻き

冷蔵4日 今回は、甘さ控えめで、簡単にふわふわに仕上がる伊達巻きのレシピをご紹介します。

レシピをみる

本格ハッシュドビーフ

休日に作る本格ハッシュドビーフ(ハヤシライス)

冷蔵5日/冷凍1か月 ハインツのデミグラスソース1缶+赤ワイン1/2カップで、炒めた玉ねぎ、き

レシピをみる

もっとお手軽 切干大根の煮物

もっとお手軽 切干大根の煮物

冷蔵5日 今回は、切干大根の煮物のレシピをご紹介します。 何を作ろうかな、そろそろ涼しく

レシピをみる

おせち料理のスケジュール

おせち料理のスケジュールと段取り

おせち料理は、準備に割と時間がかかります。 戻す時間など、下ごしらえに時間がかかる食材

レシピをみる

梅きゅうり バリエーションいろいろ

梅きゅうり バリエーションいろいろ

冷蔵5日 今回は、梅きゅうりのレシピをご紹介します。 ここ近年は、年々、夏の暑さが厳しく

レシピをみる

玉ねぎたっぷりドレッシング

ひと手間で旨味と甘味たっぷり!玉ねぎたっぷりドレッシング

冷蔵1か月 今回は、加熱して作る、玉ねぎがたっぷり入ったドレッシングのレシピをご紹介します。

レシピをみる

2017年1月1日の作り置き

新年あけましておめでとうございます 2017年1月1日の作り置き

新年あけましておめでとうございます。 なんとか無事、新年を迎えることが出来ました。 「年

レシピをみる

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

2017年12月10日の作り置き(10品)
2017年12月10日の作り置き(10品)

週末は関西に行ってました。土曜日は冷蔵庫のように冷えてました。

2017年12月2日の作り置き(15品)
2017年12月2日の作り置き(15品)

これからしばらく野暮用対応なので、先に仕込みました。 今

2017年11月27日の作り置き(13品)
2017年11月27日の作り置き(13品)

怒涛の11月もあともう少し 今週末からは怒涛の12月

2017年11月20日の作り置き(12品)
2017年11月20日の作り置き(12品)

週末は関西に行ってました。 移動が多いと、新幹線のどの辺

2017年11月13日の作り置き(14品)
2017年11月13日の作り置き(14品)

もう11月も半ばです。 この時点で忘年会の予定が4本入ってお

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy