こってり&ふわふわ!でもヘルシー!鶏つくね 2種類のタレでどうぞ

冷蔵5日/冷凍1か月

鶏つくねの甘辛照り焼き
今回は、お安く簡単に、しかも確実においしく出来る、こってりでふわふわ、なのにヘルシーな鶏つくねのレシピをご紹介します。
味付けは、もともと、甘辛照り焼きダレだけのご紹介でしたが、塩ダレも合わせてご紹介します。

関西の家の近所に、ものすごくおいしい焼き鳥屋さんがありまして。
このお店の鶏つくねは、他店より明らかに一回り大きく、その甘辛いぶりぶりの身から肉汁がジュワァアと溢れ出し、でも中身は軽く、食べ出すと止まらない。それでいて、胸焼けがしない。

そんな鶏つくねを目標に、さらに、作り置きしてもおいしくフワっといただくことが出来て、かつヘルシーな仕上がりを目指して作りました。

出来立てはもちろん、作り置きをして温めても、おいしくいただけます。ぜひ、お試しくださいませ。

レシピについて

鶏肉をたたいて作っても作りやすいように見直しました。
タレは、甘辛照り焼きダレ、塩ダレの2種類をご紹介します。

材料

4人分
■たね
鶏ひき肉 250~300g(鶏むね・鶏もも肉なら1枚分)
 小さじ1/4
こしょう 少々(親指と人差し指でつまんだ量)
豆腐 150g(1/2丁)
パン粉 大さじ4
長ねぎ 1/4本分
(または、塩ダレならぜひ)大葉 10枚
■甘辛照り焼きダレ
砂糖 大さじ1
 大さじ1
みりん 大さじ2
しょうゆ 大さじ3
■塩ダレ
ごま油 大さじ1
鶏ガラスープの素 小さじ1/2
 ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量)
■召し上がる際に
大根おろし お好みで
卵黄 お好みで
大葉 お好みで
ピーマン お好みで
8人分
■たね
鶏ひき肉 500~600g(鶏むね・鶏もも肉なら2枚分)
 小さじ1/2
こしょう ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量)
豆腐 300g(1丁)
パン粉 大さじ8(1/2カップ強)
長ねぎ 1/2本分
(または、塩ダレならぜひ)大葉 20枚
■甘辛照り焼きダレ
砂糖 大さじ1.5
 大さじ1.5
みりん 大さじ3
しょうゆ 大さじ4.5
■塩ダレ
ごま油 大さじ1.5
鶏ガラスープの素 小さじ2/3
 小さじ1/4
■召し上がる際に
大根おろし お好みで
卵黄 お好みで
大葉 お好みで
ピーマン お好みで

具材 4人分 8人分
■たね
鶏ひき肉 250~300g(鶏むね・鶏もも肉なら1枚分) 500~600g(鶏むね・鶏もも肉なら2枚分)
小さじ1/4 小さじ1/2
こしょう 少々(親指と人差し指でつまんだ量) ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量)
豆腐 150g(1/2丁) 300g(1丁)
パン粉 大さじ4 大さじ8(1/2カップ強)
長ねぎ 1/4本分 1/2本分
(または、塩ダレならぜひ)大葉 10枚分 20枚分
■甘辛照り焼きダレ
砂糖 大さじ1 大さじ1.5
大さじ1 大さじ1.5
みりん 大さじ2 大さじ3
しょうゆ 大さじ3 大さじ4.5
■塩ダレはこちら
ごま油 大さじ1 大さじ1.5
鶏ガラスープの素 小さじ1/2 小さじ2/3
ひとつまみ(親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量) 小さじ1/4
■召し上がる際に
大根おろし お好みで お好みで
卵黄 お好みで お好みで
大葉 お好みで お好みで
ピーマン お好みで お好みで

作り方

1 鶏肉はフードプロセッサーで粗挽きにします鶏ひき肉を用意します。

鶏ひき肉は、もちろん市販のひき肉でも良いのですが、鶏むね肉や鶏もも肉を自分で挽いて作ると、安価でおいしいですよ。むね肉ともも肉を混ぜて作ると、よりコクが出て美味しくいただけますよ。
鶏肉はぶつ切りにしてから、フードプロセッサーで粗めに挽きます。

フードプロセッサーがなくても問題ありません。大雑把で良いので、包丁で叩いて細かくすると良いですよ。粗く叩くほうが美味しく仕上がります。特にむね肉の薄皮は切れにくいですので、最初は包丁を入れるように細切れにしてから、包丁で叩くと絶品な仕上がりになります。

皮はお好みで除いても加えても良いです。皮を加える場合は、キッチンバサミが適しています。

2 こねますボウルに鶏ひき肉と塩、こしょうを入れ、粘り気が出るまでよくこねます。

ここでよく練り混ぜてこねておくことで、後に加える材料がよく混ざり合い、ふんわりとした仕上がりになります。また、焼いている際に豆腐の水分が流れ出てしまうといったこともありません。

3 豆腐、ねぎ、パン粉を加えてよく混ぜますひき肉に粘り気が出たら、豆腐、みじん切りにした青ねぎ(または大葉)、パン粉を加えて、よく混ぜ合わせます。

豆腐の水気は、切らないまま加えましょう。ふわっふわに仕上がります。

全体がよく混ざり、もったりした感じになったら、たねの出来上がりです。

4 フライパンを熱しますたねが出来上がったら、フライパンを熱します。中火にかけ、サラダ油(分量外)をうすくひきます。
5 片手で軽く握ります熱したフライパンに、たねを落としていきます。水でぬらしたスプーンですくっても良いですし、私のように手を使う場合は、次の方法が簡単で、均一な大きさにたねを作ることが出来ますよ。

まず、手を水でぬらし、片手にたねを取り、軽く握ります。

6 ぎゅっと握り、親指と人差し指の間から絞り出しますぎゅっと握り、親指と人差し指の間から絞り出します。これが1個分です。
鍋料理のつくねとして使用する際は、この状態で鍋スープに加えると良いです。
7 たねを並べて焼きますたねを並べ、上からふたをして焼きます。
8 両面に焼き色をつけます片面が焼けたらひっくり返し、両面に焼き色をつけます。
9 調味料を加えます両面に焼き色がついたら、弱火にし、タレの合わせ調味料を加えます。
甘辛照り焼きダレ、塩ダレとも、混ぜ合わせておいたものを、焦げないように、つくねが崩れないように、静かに全体を絡めながら加熱しましょう。
10 つくねをひっくり返しながら、全体を絡めて煮詰めますタレが全体に絡んで、煮詰まったら出来上がりです。
作り置きのコツ

  • たれの調味料は全体的に若干薄味にしています。味を濃くする場合は、すべての調味料を同じ割合で追加すればOKです。
  • たねを混ぜる時は、まず鶏ひき肉と塩、こしょうをよくこねて練ってから、他の材料を加えて混ぜ合わすと、全体がよく混ざり合い、ふんわりとした仕上がりになります。
  • 豆腐の水は切らなくて良いです。つくねは、水分が混ざることで、よりふんわりとした仕上がりになり、よく火を通しても固くなりにくく、作り置きにも向いた仕上がりになります。
  • 保存する際は、粗熱が取れたら、よく消毒した容器に入れて保存しましょう。冷凍保存する際は、1食分ずつを、なるべく空気を抜いてラップで包み、ジップロックなどの袋に入れて、空気をなるべく抜いてから急冷すると良いです。
アレンジのヒント

  • 豆腐+パン粉に替えて、れんこんを使うとさらにヘルシーに出来上がります。4人分でれんこん200gまで、8人分で400gまで加えることが出来ます。包丁かフードプロセッサで砕いて加えます。豆腐+れんこんという合わせ技もOKですが、もし、ゆるすぎる場合は、片栗粉大さじ1~で調整しましょう。
  • 豆腐+パン粉に替えて、戻した高野豆腐を使うとさらにヘルシーに出来上がります。4人分で高野豆腐1枚、8人分で2枚目安です。こちらも、包丁かフードプロセッサで砕いて加えます。
  • フードプロセッサーをお持ちの方は、ごぼうを加えても美味しいです。フードプロセッサーで砕いたごぼうを、手順3で加えると良いです。4人分1/4本目安です。
  • 召し上がる際のバリエーションとして、大根おろし、卵黄、大葉、ピーマンを書きました。ピーマンは生のまま縦半分にカットし、ヘタと種を除き、その上に鶏つくねを乗せます。どれも違った味わいでおいしいですので、ご家族での食卓やご来客時のおもてなしの際に提供する際は、この4種類と一味唐辛子を添えて、個々お好みで召し上がっていただくと良いでしょう。
  • もちろん、マヨネーズも絶品です。苦手でなければ、練り辛子とマヨネーズを添えると、こってり+まろやか+ツーンとして、とてもおいしくいただけます。
  • 手順10で、あえてタレが少し水っぽい状態で火を止めて仕上げ、タレごと丼ご飯にかけて半熟玉子を落とし、お好みでねぎの小口切りと一味唐辛子を振りかけると、格別な丼が出来上がります。ただし、寝る前や夜食には避けたほうが懸命です。
おすすめ食材、ツール
愛用品のフードプロセッサーです。「きざむ」「する」「まぜる」「くだく」「あわだてる」「こねる」「おろす」の1台7役、低速から高速まで無段階変速で「思った通りの」仕上がりになります。また、非常に音が静かで、洗いやすく衛生的なのも嬉しい限りです。もっと早く買えばよかったと、使う度に後悔している逸品です。

鶏ひき肉メインのおかずは、こちらのレシピもどうぞ

目分量で全然OK!もう買わない!安価で簡単すぎるチキンナゲット
目分量で全然OK!もう買わない!安価で簡単すぎるチキンナゲット

豪快!巻かない丸ごとロールキャベツ あっさり&こってり
豪快!巻かない丸ごとロールキャベツ あっさり&こってり

のし鶏 おせち料理にも お弁当にもどうぞ
のし鶏 おせち料理にも お弁当にもどうぞ

会社員、料理家、リコーダー奏者、ランナーです。娘二人、孫一人のシングルです。詳しくはこちらからどうぞ。

本日公開レシピ

関連するレシピ