小松菜と鶏むね肉のにんにく生姜醤油炒め

レシピ 野菜のおかず 小松菜 しょうが にんにく お肉のおかず 鶏肉 鶏むね肉 冷蔵5日 冷凍1か月 丼飯・のっけ弁の具材 お弁当のおかず 時間がたってもおいしい 和風

小松菜と鶏むね肉のにんにく生姜醤油炒め

冷蔵5日/冷凍1か月


小松菜と鶏むね肉のにんにく生姜醤油炒め

今日は、小松菜と鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。

淡白な鶏むね肉に、たっぷりの小松菜と、にんにくとしょうがをきかせた甘辛いタレが絡む、がっつりおかずです。

鶏むね肉に片栗粉をまぶして炒め、小松菜と調味料を加えたら出来上がる、さっと完成するボリュームおかずです。小松菜がたっぷり食べられます。

そのままメインのおかずにはもちろん、丼飯やワンプレートの具材としてもお使いいただけます。

レシピについて

そぎ切りにした鶏むね肉に、片栗粉をまぶしてゆっくりと焼き、切った小松菜と調味料を加え、炒め合わせて出来上がりです。
鶏むね肉は、ゆっくりと焼くことで、柔らかく仕上がります。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 小松菜 2把(200g目安×2)
  • 鶏むね肉 2枚(300g目安×2)
  • 片栗粉 大さじ4
  • サラダ油 小さじ2(10ml)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ3(45ml)
  • 砂糖 小さじ4
  • みりん 大さじ1(15ml)
  • にんにくすりおろし 小さじ1(1片分)
  • しょうがすりおろし 小さじ1(3~4cm角1/3片分)

8人分

  • 小松菜 4把(200g目安×4)
  • 鶏むね肉 4枚(300g目安×4)
  • 片栗粉 大さじ8
  • サラダ油 小さじ4(20ml)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ6(90ml)
  • 砂糖 大さじ2+小さじ2
  • みりん 大さじ2(30ml)
  • にんにくすりおろし 小さじ2(12片分)
  • しょうがすりおろし 小さじ2(3~4cm角2/3片分)

作り方

step
1
小松菜は根元を切り落としてから、流水もしくは、たっぷりの水に浸け込んでよく洗い、根元や葉に付いている土を落とし、4~5cm幅(指3本分の幅目安)に切ります。

この手順は、手順5の豚肉を炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。
特に根元に土が付いていることがありますので、しっかり洗いましょう。

小松菜小松菜
小松菜小松菜
小松菜小松菜

step
2
合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この手順も、手順5の豚肉を炒めている間に行うと効率良く出来ますが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
3
鶏肉は流水で洗い、水気を拭き、

鶏肉は、水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。

鶏肉鶏肉

step
4
皮は、はいでからひと口大に切ります。キッチンバサミを使うと切りやすいです。

皮を料理に含めるのは苦手という方も、捨てるのではく、ぜひ、別の料理に活用しましょう。鶏皮を使った作り置きレシピはこちらでご紹介しています。

皮は冷凍することも出来ます。水分をキッチンペーパーで拭き取り、ラップにぴっちりと包み平らにしてから急速冷凍すると良いです。

鶏肉鶏肉

step
5
鶏肉の繊維を断ち切るように、1.5cm程度(人差し指の幅目安)の厚さ、ひと口大のそぎ切りにします。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

厚みがとてもある場合は、いったん全体をそぎ切りにして開いてから、ひと口大に切るとよいです。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のように鶏むね肉をカットする際や、野菜では、キャベツの芯に近い硬い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

鶏肉鶏肉
鶏肉鶏肉

step
6
鶏むね肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

他のレシピよりも多めの片栗粉です。鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

鶏むね肉鶏むね肉
鶏むね肉鶏むね肉

step
7
ここまでの手順で、鶏肉に付着しているカンピロバクターが飛散しています。食中毒を防ぐため、シンク、まな板はしっかりと洗浄し消毒しましょう。

鶏肉を洗った際にシンクに飛び散ったり、まな板に付着していますので、しっかりと洗い、消毒しましょう。消毒は熱湯を回しかけるか、手軽で確実なアルコール消毒がおすすめです。

鶏肉鶏肉

step
8
フライパンにサラダ油をひき、手順6の鶏むね肉を広げ入れます。

8人分を作る場合は、フライパン2台で作るか、2回に分けて加熱するほうが無難です。
まだ火はつけません。
多少くっついたり重なったりしても構いません。あとの工程で、はがれます。

サラダ油鶏むね肉

step
9
ふたをして弱火にかけます。2~3分ほどすると、「ジューッ……」という音がしてきますので、そのままさらに8~9分ほどほったらかしにします。

鶏むね肉は急激に火を通すと、硬くなってしまいます。できるだけ、ゆっくり、じっくりと加熱しましょう。
炒めている間は、放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。洗い物でもしておきましょう。

ほったらかしほったらかし

step
10
表面が白く変わり、フライパンに面している側に軽く焼き色がついたらひっくり返し、再びふたをして、充分に蒸気が出るまで2~3分ほど加熱します。

くっついている部分は、ヘラで切るか、箸でほぐすと良いです。
小松菜を加え、調味料を絡める際にほぐれていきますので、あまり神経質になる必要はありません。

鶏むね肉鶏むね肉
鶏むね肉鶏むね肉
鶏むね肉鶏むね肉

step
11
手順1の小松菜を加え、ざっと全体を混ぜ合わせて油を回し、

小松菜は茎の部分、葉の部分、全てを一気に加えて構いません。

小松菜小松菜
小松菜小松菜

step
12
手順2の合わせ調味料を加え、少し火を強めて弱めの中火にし、かき混ぜて全体になじませたら、30秒ほどそのまま煮ます。

合わせ調味料は、砂糖がボウルの底にたまらないよう、ヘラで底からかき出すように加えましょう。

合わせ調味料全体になじませたら
煮ます煮ます

step
13
煮汁が沸騰したら、ざっと全体を底からかき混ぜて、煮汁を具材に絡めます。

煮汁は煮切る必要はありません。煮汁は沸騰すると、かさが多く見えます。一見たっぷりの煮汁に見えても、ざっと混ぜ合わせると、意外に煮詰まっています。加熱し過ぎて焦がさないようにしましょう。

また、加熱時間を長くすると、小松菜からたっぷりと水分がにじみ出ますが、そのように仕上げても問題ありません。つゆだくでもいただける調味料の配合にしています。

仕上げ

step
14
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 鶏肉は水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。
  • 鶏肉の皮は、キッチンバサミを使うと切りやすいです。
  • 「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。今回のように鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。
  • 鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。最後に合わせ調味料を加えて炒めると、少しとろみが付いて全体的にまとまります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 鶏むね肉は急激に火を通すと、硬くなってしまいます。できるだけ、ゆっくり、じっくりと加熱しましょう。またその際、できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、火の通りが悪くなり、片栗粉もはがれてしまいます。
  • 合わせ調味料は、砂糖がボウルの底にたまらないよう、ヘラで底からかき出すように加えましょう。
  • 煮汁は煮切る必要はありません。煮汁は沸騰すると、かさが多く見えます。一見たっぷりの煮汁に見えても、ざっと混ぜ合わせると、意外に煮詰まっています。加熱し過ぎて焦がさないようにしましょう。
  • 加熱時間を長くすると、小松菜からたっぷりと水分がにじみ出ますが、そのように仕上げても問題ありません。つゆだくでもいただける調味料の配合にしています。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:お好みのきのこ類/長ねぎ/にんじん(薄切り)/ゆでたけのこ(薄切り)
  • 仕上げに加えておいしい香辛料:ごま油/こしょう/唐辛子
  • にんにくは抜いても構いません。
  • 丼飯や、のっけ弁に。お好みで、青ねぎの小口切り、一味唐辛子をかけても。こってり味がお好みの方は、卵やマヨネーズを落としても。
  • 麺類にも合います。中華麺、かた焼きそば、パスタの具材としても。
  • お好みの量の鶏ガラスープを加えてのばし、スープや中華麺としても。

おすすめ食材、ツール


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


にんにくすりおろしは、これを使っています。普段使いにスプーンで簡単に計量することができて便利な、使いごたえのある1kgです。amazon定期おトク便購入です。


しょうが

しょうが大好きです。便利なチューブに頼ることもありますが、基本的には生しょうがを買い、おろしたりカットしながら使っています。

使いさしのしょうがは、水につけて冷蔵庫で保存すると、みずみずしいままずっと長持ちします。週1回水を替えれば、3~4週間は保存できます。

保存容器は、直径3~4cmなら写真のジップロック コンテナー130ml、もっと長いものならカットして長方形300mlがちょうどよいサイズです。

鶏むね肉のレシピはこちらもどうぞ


小松菜と鶏むね肉のにんにく生姜醤油炒め
小松菜と鶏むね肉のにんにく生姜醤油炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、小松菜と鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 淡白な鶏むね肉に、たっぷり ...

鶏むね肉のオニオンソース焼き
鶏むね肉のオニオンソース焼き

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 むね肉なのに柔らかく、こんがり香ば ...

鶏むね肉のマヨポン炒め
鶏むね肉のマヨポン炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 片栗粉をまぶしてじっくりと炒めた鶏 ...

鶏むね肉のオーロラソース炒め(鶏マヨ炒め)
鶏むね肉のオーロラソース炒め(鶏マヨ炒め)

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 炒めた鶏むね肉に、調味料を絡めて出 ...

鶏むね肉と小松菜ときのこの和風しょうがスープ
鶏むね肉と小松菜ときのこの和風しょうがスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、鶏むね肉で作る具だくさんスープのレシピをご紹介します。 鶏肉ときのこの旨味がじんわりと溶け ...


もっと見る

最新刊「もっとラクする!一生使えるつくりおきBEST」発売

使う食材や調味料も少なく、体にも優しく、時間もお金もかからず、手軽につくれるものなどを厳選して一冊にまとめました。

-レシピ, 野菜のおかず, 小松菜, しょうが, にんにく, お肉のおかず, 鶏肉, 鶏むね肉, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 丼飯・のっけ弁の具材, お弁当のおかず, 時間がたってもおいしい, 和風