レシピ 野菜のおかず 小松菜 きのこ しめじ しょうが お肉のおかず 鶏肉 鶏むね肉 冷蔵4日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい スープ・汁物

鶏むね肉と小松菜ときのこの和風しょうがスープ

冷蔵4日/冷凍1か月


鶏むね肉と小松菜きのこ和風しょうがスープ

今日は、鶏むね肉で作る具だくさんスープのレシピをご紹介します。

鶏肉ときのこの旨味がじんわりと溶け込んだ、野菜ときのこがたっぷりと摂れるスープです。

硬くなりやすい鶏むね肉は、片栗粉をまぶして、具材と一緒に蒸し煮にすることで、ふんわり、もちもちに仕上がります。

だし汁で煮込み、少しのしょうゆで仕上げる、やさしい和風のスープです。しょうがをたっぷりと使った、とろみのある仕上がりですので、体の芯から温まります。

レシピについて

ほぐしたきのこ、そぎ切りにして片栗粉をまぶした鶏むね肉を、だし汁と酒で煮込み、しょうゆで味付けし、小松菜を加えてさっと煮て出来上がりです。
きのこはぶなしめじを使いましたが、お好みのきのこで構いません。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 鶏むね肉 1枚(300g目安×1)
  • ぶなしめじ 2パック(100~150g×2)※
  • 小松菜 1把(200g目安×1)
  • しょうが 50g
  • 片栗粉 大さじ2
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 800ml
  • (または)水800ml+顆粒和風だしの素 小さじ2
  • 酒 大さじ2(30ml)
  • ■仕上げ用調味料
  • しょうゆ 小さじ4(20ml)

※お好みのきのこ2パックに差し替えて構いません。また、いろいろなきのこを組み合わせてもよいです。

8人分

  • 鶏むね肉 2枚(300g目安×2)
  • ぶなしめじ 4パック(100~150g×4)※
  • 小松菜 1把(200g目安×1)
  • しょうが 100g
  • 片栗粉 大さじ4
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 1600ml
  • (または)水1600ml+顆粒和風だしの素 小さじ4
  • 酒 大さじ4(60ml)
  • ■仕上げ用調味料
  • しょうゆ 大さじ2+小さじ2(40ml)

※お好みのきのこ4パックに差し替えて構いません。また、いろいろなきのこを組み合わせてもよいです。

step
1
ぶなしめじです。水洗いせず、そのまま使いましょう。

きのこ類は水分を含みやすいので、水洗いをすると水気を吸ってしまい、風味が落ちてしまうため、水洗いせずに使います。
流通しているきのこ類は、基本的に無農薬栽培であること、汚れを気にする必要はない状態で栽培・出荷されていますので、石突きの部分を切り落とすだけで使えます。

ぶなしめじ

step
2
手でほぐします。石づきがあれば取り除きます。

石づきがある場合、縦に2つに割いてから、直線ではなく、三角屋根のように、左右から石づきの形に沿うようにして包丁を入れると、むだなく石づきを取り除くことができます。

包丁ではなく、手で、裂くようにほぐしましょう。裂いた断面がいびつになって、表面積が増えることにより、味が染み込みやすくなるためです。

ぶなしめじ
ぶなしめじ
ぶなしめじ

step
3
ほぐしたそばから、フライパンか鍋に入れていくとよいです。

火はまだつけません。

ぶなしめじ

step
4
しょうがは皮ごとすり下ろします。

しょうがは、チューブではなく、ぜひしょうがをすり下ろして使いましょう。かなりの分量を使いますので、チューブだと仕上がりの味と風味が全く違ったものになってしまいます。

しょうが
しょうが

step
5
小松菜は根元を切り落としてから、

手順5~7で小松菜の下ごしらえをします。
この作業は、手順13~14で鶏肉、しょうが、きのこを煮ている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

小松菜
小松菜は根元を切り落としてから、

step
6
流水もしくは、たっぷりの水に浸け込んでよく洗い、根元や葉に付いている土を落とします。

特に根元に土が付いていることがありますので、しっかり洗いましょう。

土を落とします

step
7
4~5cm程度の長さに切ります。指3本分の幅が目安です。


4~5cm程度の長さ
4~5cm程度の長さ

step
8
鶏肉は流水で洗い、水気を拭き、

鶏肉は、水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。

鶏肉
鶏肉

step
9
皮は、はいでからひと口大に切ります。キッチンバサミを使うと切りやすいです。

皮を料理に含めるのは苦手という方も、捨てるのではく、ぜひ、別の料理に活用しましょう。鶏皮を使った作り置きレシピはこちらでご紹介しています。

皮は冷凍することも出来ます。水分をキッチンペーパーで拭き取り、ラップにぴっちりと包み平らにしてから急速冷凍すると良いです。

鶏肉
鶏肉

step
10
1cm程度の厚さ、ひと口大のそぎ切りにします。繊維を断ち切るように、包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

厚みがとてもある場合は、いったん全体をそぎ切りにして開いてから、ひと口大に切っていくとよいです。

鶏肉
鶏肉
鶏肉
鶏肉

step
11
ここまでの手順で、鶏肉に付着しているカンピロバクターが飛散しています。食中毒を防ぐため、シンク、まな板はしっかりと洗浄し消毒しましょう。

鶏肉を洗った際にシンクに飛び散ったり、まな板に付着していますので、しっかりと洗い、消毒しましょう。消毒は熱湯を回しかけるか、手軽で確実なアルコール消毒がおすすめです。

消毒
消毒

step
12
鶏むね肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。煮込むと表面がなめらかになり、加熱してもふわっとした舌触りになります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

他のレシピよりも多めの片栗粉です。しっかりと煮込んでも硬くならず、また、スープ全体にとろみがつきます。

鶏むね肉
鶏むね肉
鶏むね肉

step
13
フライパンか鍋に手順2のぶなしめじ、手順4のしょうが、手順12の鶏むね肉を並べ入れ、合わせ調味料の材料を加え、ふたをして強火にかけます。

鶏むね肉は急激に火を通すと、硬くなってしまいます。鶏むね肉を具材の一番上に並べることで、火の当たりが遠くなり、ゆっくり、じっくりと加熱されます。

きのこは水の温度から加熱することで、きのこがゆっくりと加熱されるため、きのこの旨味がより引き出されます。

具材
具材
具材
具材
具材

step
14
沸騰したら中火にし、そのまま5~6分ほど煮込みます。


煮込み

step
15
仕上げ用調味料、手順7の小松菜を加えて、全体を底からざっと混ぜ合わせます。


仕上げ
仕上げ
仕上げ
仕上げ

step
16
そのまま加熱し、ふつふつと沸騰したら1分ほど煮ます。

最後に味をみて、薄いようならしょうゆで整えます。小さじ1/2程度の量から加え、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。

仕上げ

step
17
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

保存します。
保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • きのこ類は水分を含みやすいので、水洗いをすると水気を吸ってしまい、風味が落ちてしまうため、水洗いせずに使います。
  • 小松菜は、特に根元に土が付いていることがありますので、しっかり洗いましょう。
  • 鶏肉は水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。
  • 鶏肉の皮は、キッチンバサミを使うと切りやすいです。
  • 「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。今回のように鶏むね肉をカットする際や、キャベツの芯に近い部分を切る際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。
  • 鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。煮込むと表面がなめらかになり、加熱してもふわっとした舌触りになります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 最後に味をみて、薄いようならしょうゆで整えます。小さじ1/2程度の量から加え、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:青梗菜/にんじん/かぶ/大根/ごぼう/れんこん/薄揚げ/厚揚げ
  • うどん、もちを入れても。
  • ささみで作っても。

おすすめ食材、ツール


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

スープ・汁物のレシピはこちらもどうぞ


キャベツとひき肉の旨塩スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、キャベツと豚ひき肉を煮込んで作るスープのレシピをご紹介します。 私が「ずるい味付け」と称し ...

白菜とひき肉のコンソメスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、白菜をたっぷりいただくスープのレシピをご紹介します。 たっぷりの白菜と豚ひき肉をコンソメス ...

圧力鍋で作る 白菜と豚バラブロックのトマト煮

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、たっぷりの白菜と、豚バラ肉ブロックを、圧力鍋で煮込んで作るレシピをご紹介します。 一滴の水 ...

圧力鍋で作る ポークシチュー

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、圧力鍋で煮込んで作るポークシチューのレシピをご紹介します。 塩こしょうした豚ロースかたまり ...

圧力鍋で作る 鶏もも肉とキャベツのトマトシチュー

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、鶏もも肉とキャベツを、圧力鍋で煮込んで作るシチューのレシピをご紹介します。 一滴の水も加え ...


もっと見る

最新刊「もっとラクする!一生使えるつくりおきBEST」発売

使う食材や調味料も少なく、体にも優しく、時間もお金もかからず、手軽につくれるものなどを厳選して一冊にまとめました。

最新刊
もっとラクする!一生使えるつくりおきBEST

amazon

kindle

楽天ブックス

-レシピ, 野菜のおかず, 小松菜, きのこ, しめじ, しょうが, お肉のおかず, 鶏肉, 鶏むね肉, 冷蔵4日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, スープ・汁物