鶏むね肉とキャベツのコンソメスープ

レシピ 野菜のおかず 玉ねぎ キャベツ お肉のおかず 鶏肉 鶏むね肉 コンソメ・ブイヨン 冷蔵4日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 洋風 スープ・汁物

鶏むね肉とキャベツのコンソメスープ

冷蔵4日/冷凍1か月


鶏むね肉とキャベツのコンソメスープ

今日は、鶏むね肉とキャベツを煮込んで作るコンソメスープのレシピをご紹介します。

鶏肉の旨味がじんわりと溶け込んだ、野菜がたっぷりと摂れるスープです。

硬くなりやすい鶏むね肉は、片栗粉をまぶして、野菜と一緒に蒸し煮にすることで、ふんわり、もちもちに仕上がります。

素材の旨味を活かした、ごくシンプルな味付けです。お好みで色々な野菜やきのこなどを足して具だくさんアレンジにしたり、市販のルウを足してカレーやシチューにも展開できます。

レシピについて

ザク切りにしたキャベツ、薄切りにした玉ねぎ、そぎ切りにして片栗粉をまぶした鶏むね肉を、コンソメスープで煮込み、塩こしょうで味付けして出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • 鶏むね肉 1枚(300g目安×1)
  • キャベツ 1/4個(300~450g目安)
  • 玉ねぎ 1個(200g~300×1)
  • 片栗粉 大さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 水 800ml
  • 顆粒コンソメスープの素 小さじ4(固形なら2個)
  • ■仕上げ用調味料
  • 塩 小さじ1/2
  • こしょう 小さじ1/4

8人分

  • 鶏むね肉 2枚(300g目安×2)
  • キャベツ 1/2個(600~900g目安)
  • 玉ねぎ 2個(200g~300×2)
  • 片栗粉 大さじ2
  • ■合わせ調味料
  • 水 1600ml
  • 顆粒コンソメスープの素 大さじ2+小さじ2(固形なら4個)
  • ■仕上げ用調味料
  • 塩 小さじ1
  • こしょう 小さじ1/2

作り方

step
1
キャベツの芯を取り除きます。キャベツの芯は、使用しません。芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。


キャベツ
キャベツの芯

step
2
芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。
今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。

そぎ切り

step
3
ひと口大(3~4cm角目安)のザク切りにします。

3~4cm幅は、指2本分の幅を目安にすると良いです。端から指2本分の幅を目安に切っていき、90度回転させ、端から同様に切っていくと、だいたい大きさのそろったひと口大になります。
切ったキャベツは、フライパンか鍋に入れておくとよいです。

キャベツ
キャベツ
キャベツ
キャベツ

step
4
玉ねぎは半分に切り、繊維に沿って、5mm幅程度(人差し指の幅の1/3目安)に切ります。

玉ねぎの皮は、皮ごと半分に切ってから、上下を切り落とし、下側から皮をむくと、比較的むきやすいです。
切った玉ねぎは、キャベツの上に重ね入れておくとよいです。

玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ
玉ねぎ

step
5
鶏肉は流水で洗い、水気を拭き、

鶏肉は、水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。

鶏肉
鶏肉

step
6
皮は、はいでからひと口大に切ります。キッチンバサミを使うと切りやすいです。

皮を料理に含めるのは苦手という方も、捨てるのではく、ぜひ、別の料理に活用しましょう。鶏皮を使った作り置きレシピはこちらでご紹介しています。

皮は冷凍することも出来ます。水分をキッチンペーパーで拭き取り、ラップにぴっちりと包み平らにしてから急速冷凍すると良いです。

鶏肉
鶏肉

step
7
1cm程度の厚さ、ひと口大のそぎ切りにします。繊維を断ち切るように、包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。

厚みがとてもある場合は、いったん全体をそぎ切りにして開いてから、ひと口大に切っていくとよいです。

鶏肉
鶏肉
鶏肉
鶏肉

step
8
ここまでの手順で、鶏肉に付着しているカンピロバクターが飛散しています。食中毒を防ぐため、シンク、まな板はしっかりと洗浄し消毒しましょう。

鶏肉を洗った際にシンクに飛び散ったり、まな板に付着していますので、しっかりと洗い、消毒しましょう。消毒は熱湯を回しかけるか、手軽で確実なアルコール消毒がおすすめです。

消毒
消毒

step
9
鶏むね肉に、片栗粉をもみこむようにして、まぶしつけます。

鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。煮込むと表面がなめらかになり、加熱してもふわっとした舌触りになります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
写真は直接手で片栗粉をもみ込んでいますが、ポリ袋に入れて行っても構いません。

鶏むね肉
鶏むね肉
鶏むね肉

step
10
フライパンか鍋に手順3のキャベツ、手順4の玉ねぎ、手順9の鶏むね肉を並べ入れ、合わせ調味料の材料を加え、ふたをして強火にかけます。

キャベツの芯に近い部分でキュッと固まっている部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなります。
鶏むね肉は急激に火を通すと、硬くなってしまいます。鶏むね肉を具材の一番上に並べることで、火の当たりが遠くなり、ゆっくり、じっくりと加熱されます。

具材
具材
具材

step
11
沸騰したら弱火にし、そのまま10分ほど煮込みます。


煮込み

step
12
いったん全体を底からざっと混ぜ合わせてから、仕上げ用調味料を加えて全体になじませ、1分ほど煮ます。

最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。

仕上げ
仕上げ
仕上げ
仕上げ
仕上げ

step
13
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。水で冷やして10~15分ほど置いておくと、粗熱が取れます。

保存します。
保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • キャベツの芯に近い部分でキュッと固まっている部分は、よくほぐしておきましょう。固まったままですと、火の通りが悪くなります。
  • 鶏肉は水洗いして水気を拭いてから調理すると、臭みが取れます。
  • 鶏肉の皮は、キッチンバサミを使うと切りやすいです。
  • 「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。今回のように鶏むね肉をカットする際や、キャベツの芯に近い部分を切る際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。
  • 鶏むね肉に片栗粉をまぶすことで、鶏むね肉にボリュームを持たせ、旨味を閉じ込めます。煮込むと表面がなめらかになり、加熱してもふわっとした舌触りになります。作り置きして時間が経っても余分な水気が出にくくなり、また、「硬い干し肉」状態になることを防ぎます。
  • 最後に味をみて、薄いようなら塩(分量外)で整えます。塩はほんの少量でとても味が濃くなりますので、少々(親指と人差し指でつまんだ量:小さじ1/8~1/6目安)を振り入れて、全体をかき混ぜてなじませてから、味をみて調整しましょう。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • スープですので、汁気が多い仕上がりです。周りを水で冷やしながら、中身が空気にふれるようにかき混ぜて急冷することで、食中毒を防止することができます。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:お好みのきのこ類/にんじん/じゃがいも/かぶ/ブロッコリー/にんにく
  • ささみで作っても。
  • 市販のルウを加えるとカレーやシチューに展開できます。ただし塩分と風味がきつくなりますので、仕上げ用調味料の塩こしょうは抜くか、作り置いて半量ほどに残った状態のものに、水を記載分量の半分ほどを追加してから作るとよいです。

おすすめ食材、ツール


コンソメは顆粒タイプが味の調整がしやすく、いちいちあの銀紙をむかずに済みますのでストレスフリーです。おなじみ味の素のコンソメを使用していますが、最近、初回開封時の中の封が開けやすくなり、ますますストレスフリーになりました。amazonではスーパーでの販売サイズの倍量サイズが安価に入手できます。


私のお気に入り、赤穂の天塩です。以前、スーパーで特価していたのでたまたま購入し、おにぎりや焼き魚に使ってみると、後味で甘み・旨味があり、それ以来ファンになり、あらゆる料理に使っています。特に、味付けがシンプルな料理に使う際には、とても頼りになります。

スープ・汁物のレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】玉ねぎの冷製和風スープ
【野菜ひとつ】玉ねぎの冷製和風スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、玉ねぎで作る、冷たい和風スープのレシピをご紹介します。 玉ねぎをじっくりと酒蒸しにして、玉 ...

キャベツとひき肉の旨塩スープ
キャベツとひき肉の旨塩スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、キャベツと豚ひき肉を煮込んで作るスープのレシピをご紹介します。 私が「ずるい味付け」と称し ...

白菜とひき肉のコンソメスープ
白菜とひき肉のコンソメスープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、白菜をたっぷりいただくスープのレシピをご紹介します。 たっぷりの白菜と豚ひき肉をコンソメス ...

圧力鍋で作る 白菜と豚バラブロックのトマト煮
圧力鍋で作る 白菜と豚バラブロックのトマト煮

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、たっぷりの白菜と、豚バラ肉ブロックを、圧力鍋で煮込んで作るレシピをご紹介します。 一滴の水 ...

圧力鍋で作る ポークシチュー
圧力鍋で作る ポークシチュー

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、圧力鍋で煮込んで作るポークシチューのレシピをご紹介します。 塩こしょうした豚ロースかたまり ...


もっと見る

ワンルームでも、きちんと作る梅干し

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
ワンルームでも、きちんと作る梅干し

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る

-レシピ, 野菜のおかず, 玉ねぎ, キャベツ, お肉のおかず, 鶏肉, 鶏むね肉, コンソメ・ブイヨン, 冷蔵4日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 洋風, スープ・汁物

© 2020 スガ