生レタスで作り置き?目からウロコの生レタスサラダ

公開日: : 最終更新日:2016/12/25 ねかせておいしい, レシピ, 洋風, 野菜のおかず , , ,

冷蔵5日

生レタスサラダ
今回は、レタスが生のまま、おいしく、しかも簡単に作り置きできるレシピのご紹介です。

もう特価を横目に、1回で食べる分だけ買わなくて良いので、レタス特価の日は、いつもこのレシピにお世話になっています。
余ったレタスの大量消費にもいいですね。

冷製パスタや炒飯の具としても応用が効くので、とても重宝しています。

スポンサーリンク

レシピについて

ベーコンまたは豚肉をカリカリに炒め、塩、こしょうとともにレタスと和えて出来上がりです。
ベーコンや豚肉の旨味のイノシン酸に、昆布のグルタミン酸を加えることで、旨味の相乗効果により、油分・塩分控えめでもおいしくいただけます。

材料

具材 4人分 8人分
レタス 1個 2個
昆布 10cm長さ1枚 10cm長さ2枚
■具材(お好みで。それぞれの手順を追ってご紹介します。)
ごま油 大さじ1 大さじ2
ベーコン 2枚(「ハーフ」と記載されているものなら4枚) 4枚(「ハーフ」と記載されているものなら8枚)
豚肉(バラ肉、または こま切れ肉) 100g 200g
ひき肉(合い挽き、または 豚肉) 100g 200g
■合わせ調味料
ごま油 大さじ1 大さじ2
こしょう 小さじ1/4 小さじ1/2
塩(具材がベーコンの場合) 小さじ1/2 小さじ1
塩(具材が豚肉またはひき肉の場合) 小さじ2/3 小さじ1+1/3

作り方

次の3つのレシピのご紹介と、レタスの切り口についてご説明します。
1. ベーコン入りの作り方
2. 豚肉入りの作り方
3. ひき肉入りの作り方
4. 具レタスの切り口について

1. ベーコン入りの作り方

1 レタスは洗って、手でちぎり、水気をよく切っておきますレタスの下ごしらえをします。

レタスは洗って、手でちぎり、水気をよく切っておきます。
レタスを洗う際、沸騰したお湯と水道水を同量に混ぜた約50~55度のお湯に2~3分浸けてから水気を切って調理する・切ると、赤く変色しなくなります。

2 ベーコンは1cm幅に刻みます昆布はキッチンバサミで3mm程度の幅に切ります。
ビニール袋の中で切ると、破片が飛び散りにくいです。

3 ベーコンは1cm幅に刻みますベーコンの下ごしらえをします。

ベーコンは1cm幅に刻みます。
あらかじめスティック状にカットしてあるベーコンを使用すると、包丁を一切使わないで調理できますよ。

4 フライパンにごま油を熱し、刻んだベーコンを入れ、ベーコンがカリカリになるまで炒めますフライパンを中火にかけ、ごま油を熱し、刻んだベーコンを入れ、ベーコンがカリカリになるまで炒めます。
ごま油を少なくすると、カリカリになりません。ベーコンを炒める際は、ごま油は、たっぷりめを心がけると美味しく仕上がります。

油がはねることがありますので、注意しましょう。

5 大きなボウルか鍋に、手順1のレタスの水気をよく切って入れ、合わせ調味料、そして手順3のベーコンを油ごと入れます大きなボウルか鍋に、手順1のレタスの水気をよく切って入れ、昆布、合わせ調味料、そして手順3のベーコンを熱いうちに油ごと入れます。

フライパンに残った油はベーコンの旨味が出ているので、ぜひ加えましょう。
また、新たにごま油を加えることで、風味が飛ばず、しっかりとコクのある味になります。

6 消毒した保存容器を用意しておき、あれば使い捨ての手袋をはめましょう次の手順から完成に向かうこと、また、手で混ぜ合わせることから、消毒した保存容器を用意しておき、あれば使い捨ての手袋をはめましょう。

7 手で全体をよくもみますそして、手で全体を混ぜ合わせながら、よくもみます。
底からも返すように混ぜ合わせながらよくもんで、ベーコンと調味料がレタス全体に行き渡るようにします。

8 半分くらいのかさになります半分くらいのかさになります。

ここで味見をしましょう。
薄いようなら、さらに塩を少し追加して、ざっと全体を混ぜ合わせて、ちょうど良い塩梅になったら出来上がりです。

9 しっかり消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存しますしっかり消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

出来立てもおいしいですが、時間が経ったほうが、味がなじんで、さらに美味しく召し上がれますよ。

2. 豚肉入りの作り方

具材に豚肉を使った作り方です。
ベーコン入りと基本的な作り方は同じです。ベーコンと違い、豚肉には塩気が含まれていませんので、塩は少し多めの分量です。

1 レタスは洗って、手でちぎり、水気をよく切っておきますレタスの下ごしらえをします。

レタスは洗って、手でちぎり、水気をよく切っておきます。
レタスを洗う際、沸騰したお湯と水道水を同量に混ぜた約50~55度のお湯に2~3分浸けてから水気を切って調理する・切ると、赤く変色しなくなります。

2 ベーコンは1cm幅に刻みます昆布はキッチンバサミで3mm程度の幅に切ります。
ビニール袋の中で切ると、破片が飛び散りにくいです。

3 フライパンを中火にかけ、ごま油を熱し、豚肉を入れて炒めます豚肉を炒めます。バラ肉なら3cm程度の長さに切っておき、こま切れ肉ならそのままでOKです。

フライパンを中火にかけ、ごま油を熱し、豚肉を入れて炒めます。

4 豚肉の表面がカリッとするまで、揚げるように炒めます豚肉の表面がカリッとするまで、揚げるように炒めます。

5 大きなボウルか鍋に、手順1のレタスの水気をよく切って入れ、合わせ調味料、そして手順3の豚肉を油ごと入れます大きなボウルか鍋に、手順1のレタスの水気をよく切って入れ、合わせ調味料、そして手順3の豚肉を油ごと入れます。

フライパンに残った油は豚肉の旨味が出ているので、ぜひ加えましょう。
また、新たにごま油を加えることで、風味が飛ばず、しっかりとコクのある味になります。

6 消毒した保存容器を用意しておき、あれば使い捨ての手袋をはめましょう次の手順から完成に向かうこと、また、手で混ぜ合わせることから、消毒した保存容器を用意しておき、あれば使い捨ての手袋をはめましょう。

7 手で全体をよくもみますそして、手で全体を混ぜ合わせながら、よくもみます。
底からも返すように混ぜ合わせながらよくもんで、豚肉と調味料がレタス全体に行き渡るようにします。

8 半分くらいのかさになります半分くらいのかさになります。

ここで味見をしましょう。
薄いようなら、さらに塩を少し追加して、ざっと全体を混ぜ合わせて、ちょうど良い塩梅になったら出来上がりです。
しっかり消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

3. ひき肉入りの作り方

具材にひき肉を使った作り方です。
ベーコン入り、豚肉入りと基本的な作り方は同じです。ベーコンと違い、ひき肉には塩気が含まれていませんので、豚肉入りと同様、塩は少し多めの分量です。

1 レタスは洗って、手でちぎり、水気をよく切っておきますレタスの下ごしらえをします。

レタスは洗って、手でちぎり、水気をよく切っておきます。
レタスを洗う際、沸騰したお湯と水道水を同量に混ぜた約50~55度のお湯に2~3分浸けてから水気を切って調理する・切ると、赤く変色しなくなります。

2 ベーコンは1cm幅に刻みます昆布はキッチンバサミで3mm程度の幅に切ります。
ビニール袋の中で切ると、破片が飛び散りにくいです。

3 フライパンを中火にかけ、ごま油を熱し、ひき肉を入れて炒めますフライパンを中火にかけ、ごま油を熱し、ひき肉を入れて炒めます。

4 ひき肉の表面がカリッとするまで、揚げるように炒めますひき肉はよくほぐしながら、ひき肉の表面がカリッとするまで、揚げるように炒めます。

5 大きなボウルか鍋に、手順1のレタスの水気をよく切って入れ、合わせ調味料、そして手順3のひき肉を油ごと入れます大きなボウルか鍋に、手順1のレタスの水気をよく切って入れ、合わせ調味料、そして手順3のひき肉を油ごと入れます。

フライパンに残った油は豚肉の旨味が出ているので、ぜひ加えましょう。
また、新たにごま油を加えることで、風味が飛ばず、しっかりとコクのある味になります。

6 消毒した保存容器を用意しておき、あれば使い捨ての手袋をはめましょう次の手順から完成に向かうこと、また、手で混ぜ合わせることから、消毒した保存容器を用意しておき、あれば使い捨ての手袋をはめましょう。

7 手で全体をよくもみますそして、手で全体を混ぜ合わせながら、よくもみます。
底からも返すように混ぜ合わせながらよくもんで、ひき肉と調味料がレタス全体に行き渡るようにします。

8 半分くらいのかさになります半分くらいのかさになります。

ここで味見をしましょう。
薄いようなら、さらに塩を少し追加して、ざっと全体を混ぜ合わせて、ちょうど良い塩梅になったら出来上がりです。
しっかり消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

レタスの切り口について

「レタスの切り口が真っ赤になった」とのご意見を伺っています。
切り口が赤くならない方法と、その理由をご説明いたします。

■防ぐ方法
レタスを洗う際、沸騰したお湯と水道水を同量に混ぜた約50~55度のお湯に2~3分浸けてから水気を切って調理する・切ると、赤く変色しなくなります。

■そもそもあの赤色は何?
レタスの切り口が赤く変色するのは、「酸化酵素」の働きによるものです。
レタスが自分自身を守ろうとして、赤くなるのです。これは、レタスの細胞が「酸性」になるためです。レタスからすると、自分を破られる=「天敵の虫が来た!」と思い、虫が寄らないよう、自分を守るため、酸性になるのです。

■赤くなった部分は、食べて大丈夫なの?
大丈夫ですが、取り除いたほうが賢明です。

「赤くなる」ということは、まだ細胞が生きている、という証拠です。よほど放置しておいて「生レタスが茶色になってカビっぽくヌルヌル」でもない限り、いただくことは出来ます。
とはいえ、赤い部分を食べるのは、その裏側が茶色になっていたり、とても腐敗が進みやすい状態ではあるので、取り除いたほうが賢明です。

■なぜ50度のお湯に浸けるの?
レタスを洗う際、沸騰したお湯と水道水を同量に混ぜた約50~55度のお湯に2~3分浸けてから水気を切って調理する・切ると、赤く変色しなくなります。
大発見!レタス魔法の調理術 : ためしてガッテン – NHKより引用します。

レタスは、細胞が死ぬと赤くなりませんが、「細胞が死ぬ」ということは、食べられなくなるということです。しかし、50℃のお湯につけると、細胞を生かしたまま変色を防ぐことができるのです。
これは、「熱」というショックを与えることによって、「切る」「ぶつける」というショックから“気をそらす”ことによって、変色するのをレタスに“忘れさせる”という原理です。

■レタスの選び方
実は私も長年、思い違いをしていたのですが、「葉の巻きがユルユルで、大きさのわりに軽い」のが、良いレタスです。

他の野菜や果物の選び方のように、「見た目よりずっしり」は、避けたほうが無難です。葉が密集し過ぎると、固すぎて、甘味が足りません。
芯の切り口が、大きくても10円玉程度で、「芯の切り口が大きくずっしり重いレタス」は、避けましょう。

作り置きのコツ

  • ベーコンから塩気が出るので、塩は控えめに加え、味見をしながら追加していきましょう。
  • 保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
  • 保存する際は、旨味たっぷりの汁気ごと保存し、召し上がる際に軽く水気を切ると良いです。
アレンジのヒント

  • ごま油をオリーブオイルに、こしょうをチリパウダーに変えてもおいしいです。
  • これをスープにすると、旨味たっぷり、でもあっさりおいしいです。私はスープのために作っているかもしれません。2人分で、水300cc+鶏ガラスープの素小さじ2、レタスサラダをお玉2杯が目安です。加えるタイミングは、水の状態からでも、沸騰してからでも、どちらでもOKです。お好みでこしょうをたっぷりと加えましょう。
  • 炒飯の具としても活躍します。炒飯の仕上げに、水気を切ったお玉一杯のレタスサラダを加え、ざっと炒めて出来上がりです。レタスがあらかじめごま油でコーティングされていますので、シャキシャキの歯ざわりが活きたおいしいチャーハンが簡単に出来ます。
  • 冷製パスタにも合います。レタスサラダをお玉1杯、切ったミニトマト、お好みでツナ缶小1つを和えたものに、カペッリーニ(素麺みたいな細いパスタ)を2分茹で冷水で冷ましたものを和えると、速攻で野菜たっぷりのおいしい冷製パスタの出来上がりです。
  • あっさりした味が、お弁当にもぴったりです。水気をよく切ってから入れましょう。
おすすめ食材、ツール
私のお気に入り、赤穂の天塩です。以前、スーパーで特価していたのでたまたま購入し、おにぎりや焼き魚に使ってみると、後味で甘み・旨味があり、それ以来ファンになり、あらゆる料理に使っています。

こちらのレシピもどうぞ

うどの酢味噌和え

歯ざわりと香りを堪能 うどの酢味噌和え

冷蔵4日 今回は、うどの酢味噌和えのレシピをご紹介します。 酢味噌和えのレシピと具材のバ

レシピをみる

冷めてもコクうま柔らか あっさり照り焼きチキン

冷めてもコクうま柔らか あっさり照り焼きチキン

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、鶏もも肉を使った照り焼きチキンのレシピをご紹介します。 こ

レシピをみる

関西風おでん

関西風おでんの作り方。だし、味付け、具材の下ごしらえのコツなど

冷蔵5日 私の一番の大好物、それは、おでんです! 疲れて帰って来ても、味の染みたおでん、それ

レシピをみる

甘さほんのり 黒豆の赤ワイン煮

甘さほんのり 黒豆の赤ワイン煮

冷蔵1週間/冷凍1か月 今回は、黒豆を赤ワインで煮た、甘さ控え目、つやつやに仕上がるレシピをご

レシピをみる

ぶり大根

きちんと絶品!ぶり大根

冷蔵5日/冷凍1か月 寒い季節に美味しい魚、ぶり。 今回は、その中でも安価に手に入る、ぶりの

レシピをみる

お肉屋さんの肉じゃがコロッケ

ほくほく!失敗なし!お肉屋さんの肉じゃがコロッケ

冷蔵3日/冷凍1か月 今回は、冷めてもおいしくいただける、ほくほくの肉じゃがコロッケのレシピを

レシピをみる

切干大根と糸昆布のあっさりハリハリ漬け

体にやさしいリセットおかず 切干大根と糸昆布のあっさりハリハリ漬け

冷蔵1週間 食欲の秋です。 塩分糖分脂肪分の誘惑が、何かと多い秋、いえ、現代です。 肉

レシピをみる

ほうれん草のツナごま和え

ごはんに、お酒にぴったり!ほうれん草のツナごま和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、ほうれん草が美味しくたっぷりいただける、ヘルシーな一品をご紹介し

レシピをみる

山形のだし

夏野菜たっぷり!山形のだし

冷蔵5日 今回は、山形のだしのレシピをご紹介します。 私は関西人ですが、ここ近年、毎年夏

レシピをみる

炒土豆絲(じゃがいもの細切り炒め)

じゃがいも嫌いの方におすすめ!炒土豆丝(じゃがいもの細切り炒め)

冷蔵4日 今回は、じゃがいも嫌いの私が、これならむしゃむしゃ食べてしまう、じゃがいもの細切り炒

レシピをみる

Comment

  1. ぱんぷきん より:

    初めまして!6月に3人目を産んで、11月に仕事復帰するので、夕飯の作り置きのレシピを検索していたらたどり着きました!
    何品か作ってみましたが、どれもほんっとうに美味しい~!!二歳の娘も青菜は食べなかったのに「ほうれん草とツナのサラダ」は完食!
    簡単だし、おいしいし、おっくうになっていた夕飯作りが楽しくなりました!本当にありがとうございます!!ぜひぜひずっと続けてください、ずっと参考にさせていただきますm(_ _)m

    • スガ より:

      ぱんぷきんさん
      初めましてー(´∀`)スガです。うれしいコメントありがとうございます!

      3人もお子さんがいらっしゃるとは!尊敬します(´Д` )
      6月にお誕生ということで、今はぱんぷきんさんのお体も大変かと存じます。ご無理のないように、ですね(´∀`)

      レシピ、娘ちゃんにもお気に召していただいて、すごくうれしいです!
      子供&仕事を持っていると、夕食作りはある意味拷問ですがw、
      少しでも楽しくなっていただけたようで幸いです(´∀`)

      これからの子育て&11月の仕事復帰、応援していますー(´∀`)ノ
      ではまた/

  2. ※きらら※ より:

    はじめまして。
    初めてHPを拝見しました。ラタトゥイユのレシピを検索していてたどり着きました(笑)

    ラタトゥイユを早速作ってみて、とっても美味しくて感激です。いつも何か一味足りない!と思っていたのですが、完璧に出来上がりとてもうれしいです。

    その後、他のレシピも拝見しましたが、どれもにそそられます♪追って、作っていきたいと思っています。

    当方は、すでに子供二人は巣立ち、夫婦二人で生活していますが、主人にもまだまだ元気で働いてほしですし、料理も大好きなので、こちらのサイトを見つけることができて楽しみが増えました。

    これからも、どうぞよろしくお願いいたします♪

    • スガ より:

      ※きらら※さん
      コメントありがとうございますー(´∀`)

      ご返信が大変遅くなりまして申し訳ございません><
      最近転勤で単身赴任しまして、えらい遅くなってしまいました……(´Д` )

      ラタトゥイユ、おいしく召し上がっていただけて、すごくうれしいです!
      また、他のレシピも拝見されたとのこと、ありがとうございます!

      お子さんは巣立たれて、ご夫婦お二人とのこと、
      ご主人においしいお食事を作って差し上げたいとのこと、
      すごく素敵です(´∀`人)私の理想ですー!

      お料理がお好きとのこと、
      私もまだまだ勉強中ですので、ぜひアドバイスなどいただけると、すごくうれしいです!
      こちらこそ、どうぞよろしくお願いしますー!(´∀`)ノ

  3. きゅきゅ より:

    偶然たどり着いたのですが、出会いは必然でした
    全部のメニューを真似るのは無理でしたが、1週間に4、5品いつものメニューに加えただけで、いつもの食事が華やぐし、お弁当のおかずにも助かるし、良いことばかりです
    最強飯はまだチャレンジしれませんが、近々する予定です
    いつも参考にしてます
    ありがとうございます!

    • スガ より:

      きゅきゅさん
      スガです(´∀`)ノ とても嬉しいコメントをいただきまして、ありがとうございます! (つ∀`)

      いつものメニュー&4・5品も加えられたら、それは食卓がさぞかし華やかになると思います(´∀`人) まさに、私の理想ですよ~!
      私は横着して全品作り置きしていますが、毎日食事は用意しつつ、副菜やねかせて仕上げる主菜があると、本当にバランスも美味しさも、とても素敵に仕上がりますね~!!

      最強飯にもご興味をお持ちいただき、ありがとうございます!
      これ、主食が白米の方からすると、かーーなり抵抗がある組み合わせかと思いますので(ノ∀`)、五穀米や玄米・麦飯のように、白米に、最強飯の材料を2割~3割ほど混ぜ込むところから試されても、もちろんOKですよ~!(´∀`)ノ

      ありがとうございました。
      今後とも、どうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

  4. すぅ より:

    最近、こちらのサイトを知りました。
    大変参考になります!手順等も詳細に書かれていて、とても分かりやすいです。
    これから毎週少しずつ、こちらのサイトのレシピを作らせていただこうと思っています。
    今日は、ひじきたっぷり炒り高野とキャロット・ラペを作りました。
    食べるのが楽しみです(´∀`)

    こちらのレタスサラダは冷蔵1週間とのことですが、5日目にはレタスの切り口?が真っ赤になってしまいました。
    包丁を使わず手でちぎったのですが・・・。
    週の後半に赤くなってしまうのはさすがに仕方ないでしょうか?
    それとも、作り方に不備があると赤くなりやすいのでしょうか。

    • スガ より:

      すぅさん
      スガです(´∀`)ノ 素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます(´∀`人)
      ご返信が遅くなりましてごめんなさい><

      さて、ご質問をいただきました、「レタスの切り口が真っ赤になったんですが……」の件につきまして、順を追って、ご回答いたします(´∀`)

      ■そもそもあの赤色は何?
      レタスの切り口が赤く変色するのは、「酸化酵素」の働きによるものです。
      人の体に、すり傷が出来ると、かさぶたになるように、レタスが自分自身を守ろうとして、赤くなるのです。
      切るよりも、ちぎるほうが赤くなりにくい、と言われていますが、切る場合は、おいしいかそうでないかはさておき、繊維にそって縦に切る方が細胞を壊しにくくなります。でもちぎったほうがラクですし、美味しいですよね。

      切った後は、薄い食塩水か酢水や調味料に浸して酵素の働きを抑えるか、ラップをするか、ひたひたの調味液に浸けるなどして、なるべく空気にふれないようにすると、赤くなりにくいです。

      ちなみにレタスの芯のほうを切ると出てくる汁は、ポリフェノールの一種なのです。むっさ苦いですけどね。。

      ■で、食べて大丈夫なの?
      大丈夫です。
      実は、「赤くなる」ということは、まだ細胞が生きている、という証拠なのです。なので、よほど放置しておいて「生レタスがカビっぽくヌルヌル」でもない限り、いただくことは出来ます。

      さきほど、「かさぶた」という例えをしましたが、正しくは、細胞が「酸性」になっています。
      なぜ酸性になるかというと、レタスからすると、自分を破られる=「天敵の虫が来た!!」と思い、虫が寄らないよう、自分を守るため、酸性になるのです。

      ■でも赤いとか茶色とかイヤ(>_< ) レタスを洗う際、沸騰したお湯と水道水を同量に混ぜた約50~55度のお湯に2~3分浸けてから水気を切って調理する・切ると、赤く変色しなくなります。 レタスは、細胞が死ぬと赤くならないのです。生きているから、赤く反応します。でも殺すのはNGですね。 50℃のお湯につけると、細胞を生かしたまま変色を防ぐことが出来ます。これは、先に「熱」というショックを与えることによって、「切る」「ぶつける」というショックから、レタスの「気をそらす」ことによって、変色するのをレタスに「忘れさせる」、という理屈なのです。 ちなみに50℃前後のお湯に浸ける免疫力が上がることは、苺やきゅうり、稲などの植物でも実証され、実際に栽培の現場で使われているとのことです。 ■レタスの選び方 実は私も長年、思い違いをしていたのですが、「葉の巻きがユルユルで、大きさのわりに軽い」のが、良いレタスです。 他の野菜や果物の選び方のように、「見た目よりずっしり」は、避けたほうが無難です。葉が密集し過ぎると、固すぎて、甘味が足りないのです、、、。 なので、芯の切り口が、大きくても10円玉程度で、「切り口が大きく、ずっしり!!わーい→ではなく、避けましょう」です。 もしご存知でしたら、大変失礼しましたm(_"_)m 以上になります すごく長く書き連ねてしまいましたが……(´Д` )、ご参考になれば幸いです。 もし、わかりづらい点などがございましたら、どうぞご遠慮なく、お申し付けくださいませ(´∀`)ノ あっ 炒り高野、キャロット・ラペもお作りいただいたとのこと、すごーく嬉しいです(´∀`人) 美味しく召し上がっていただければ幸いです! こちらも、もし、「え~……('A`)」みたいなことがありましたら、どうぞご遠慮なく仰ってくださいね(´∀`) ありがとうございました! ではまた(´∀`)ノ 追記: ……って、ここまで詳しく書いていませんでしたが、レタス50℃の技は、こちらではご紹介していましたね……(´Д` ) このページのレタスサラダには記載していませんでした!ごめんさないです。。また、書いておきますね、、、(´Д` ) ・調味料いらずで美味しい!即効!レタスとツナとミックスビーンズの簡単チーズサラダ http://mayukitchen.com/lettuce-tuna-mix-beans-cheese-salad/

      • すぅ より:

        とても丁寧にご回答くださいましてありがとうございます!
        50℃のお湯につけるワザは知らなかったので、次に作るときに試してみますね。
        キャロット・ラペと炒り高野、どちらもとてもおいしかったです!特に炒り高野は、主人も絶賛でした。キャロット・ラペはとっても簡単に1品できるのが良いですね。

        これからも参考にさせていただきます。
        本当にありがとうございました。

        • スガ より:

          すぅさん
          スガです(´∀`)ノ とてもご丁寧にご返信をいただいていながら、お礼差し上げるのが遅くなり、えらい恐縮です……(´Д` )

          そうなんです50℃のお湯
          熱湯と水半々で出来ちゃいますが、色々と「魔法の水」として活用できます(´∀`人)
          ただ、温度が下がりすぎて、43℃前後になっちゃうと、食中毒菌が「気持ちよく増える」温度になりますので、手早く調理することをおすすめします!


          キャロット・ラペ、炒り高野、どちらも美味しく召し上がっていただけたとのこと、良かったです!!(´Д` ) しかもご主人にもお気に召していただいたとのこと、すごく!嬉しいです!

          炒り高野は、色々な方のコメントや、私の周りの方のご意見をうかがっていますと、なんだかすごく男性の方にもウケが良いみたいですね。
          「ひじきとか高野豆腐とか興味ないし……って何これ?!@*#$%?~弁当入れて!!」な感じのようでして(ノ∀`)
          酒飲みの方にはもちろん、そうでない方も、ご飯との相性がすごく良い、と仰っていただいています。
          ミネラルは身体にとても必要なのにも関わらず、特に男性は、あくまで一般論ですが、年を重ねるほど、酒とかストレスとか外食とかで、だんだん摂りづらくなる傾向な食生活になりますので、ぜひ、これからもご活用いただけると幸いです(´∀`)

          キャロット・ラペ、あー確かに!
          切って和えるだけで一品、見た目オサレ、βカロテンの宝庫(というか、そのまま)、アレンジも色々とききますので、ぜひぜひ、今後ともご贔屓いただけると幸いです!
          私は、、、キャロット・ラペのレシピにも少し書いたかもですが、大食いの子供たちと同居していた頃は、6~8本とか千切りにしていたので、もう全工程の最後に、「……さぁ、やるで!!」と気合いを入れまくっていたり、下手すると翌日きつい筋肉痛になりましたので^_^;、なんかトラウマになって、なかなか作れていません(ノ∀`)
          でも美味しいし、おかずや、お弁当の彩りにも天才的な威力を発揮するので、これからもぜひ、ご活用いただけると幸いです!
          ちなみにうちの子たちは、生オレンジをしぼった汁を加えて味付けすると、特に悶絶していました。これ、押麦をゆでたものや、お嫌いでなければレーズンを混ぜて、一緒に寝かしてふやかせると、とても合います。

          あと、味濃ゆいですが、クラッカーやカットしたフランスパンに、クリームチーズやサワークリームなどと一緒に乗せて、ミントやバジル(余ったものでOK!)なんか乗せるとですね、見た目にも美味しいオードブルてきなものが出来上がります。むっさ味濃ゆいですけどね(ノ∀`) でも夏場などは、なんか身体が塩分や酢(クエン酸)を欲するせいか、飛ぶように売れていました。むっさ味濃ゆいですけどね(しつこい)

          こちらこそ、ありがとうございました!
          ではまた(´∀`)ノ

          • すぅ より:

            何度もすみません(^_^;)
            千切りもできるフードプロセッサー、とっても良いですよ!
            人参1本分の千切りが、本当にものの数秒でできます。
            ちなみに私は5年ぐらい前に買ったブラ○ンのフープロを使用していますが、スライサー(厚・薄)、千切り(太・細)の計4枚の替刃がついており、キャロット・ラペは千切り(細)で作りました。他に、にんじんしりしり等は千切り(太)で作っています。
            洗い物が増えたり、千切りの長さが短め(投入口に入る大きさにしないといけない)だったり、デメリットはありますが、手軽さには代えられません。私は大量のみじん切り・千切りが必要なときは全てこれに頼ってしまっています・・・。
            本当におススメですので、フープロ買い替えの際は、是非ゼヒご検討ください(もちろん、ブ○ウンだけでなく他のメーカーも含めて)。

            キャロット・ラペの色々なアレンジ、どうもありがとうございました!こういったアレンジは私では思い浮かびませんので、とても参考になります。

  5. スガ より:

    すぅさん
    スガです(´∀`)ノ わー!またまた嬉しいコメントをいただきまして、ありがとうございます!!(´∀`人)

    あーブ○ウンのフープロ
    あれ、私愛用の山本電気さんのフープロと、当時、ほんっっと天秤にかけて悩みましたね~(ノ∀`)
    ブラ○ンは、ヨドバシで実物を見て、「……でかい。収納場所が無い(´Д` )」という理由で、でもあきらめきれず、家に戻ってから、その収納場所を確保しようと色々がんばったりしましたが、結局、「これ絶対使う&洗うん楽やろ」な山本電気さんにしたことを、すごく思い出しました。

    そうなんですよ、○ラウンは、千切りが出来るのが、すごくいいんですよね~。山本電気はカッター1種類、アタッチメント無しなんで、千切りだけは出来ないんですよね。で、価格.comを当時読み込んだんですが、「千切りはスライサーのほうがいいし手軽で洗い物が少ない」旨のコメントにヤラれた覚えがあります。
    ……まさかにんじん8本近く一気に千切りにするなんて思ってもなかったんで(ノ∀`)

    山本電気さんのフープロがもんんんのすごい丈夫なので、当面買い換えることはなさそうですが、関西の家でリクエストがあったり、子供たちが家を出る際には、ぜひぜひ、候補に入れたいと思います!だって、もともと僅差の候補でしたので……(´∀`)b

    キャロット・ラペのアレンジに、うれしいコメントありがとうございます!(´∀`人)
    あれ、もとがシンプルですので、すごく「遊び」が出来るんです。
    何通りにもいろんなことが出来ますので、ぜひ、いろいろとお試しいただければ幸いです!!

    ありがとうございました!
    ではまた(´∀`)ノ

  6. ファラン より:

    初めまして。ファランと申します。こちらで「生レタスで作り置き?目からウロコの簡単すぎるレタスサラダ 」を一目見て、これは絶対に旨いはず!と思い、レタス(大)¥78(1ヶ月前は¥298でした)をスーパーで2個ゲットして作りました。
    思った通り、本当に美味しい!!丸1個分全然食べれちゃう美味しさ。ただしごま油使ってるからほどほどに我慢しましたが。
    明日、義両親のところにも持って行く予定です。きっと喜んで食べてくれるに違いありません。美味しい料理を教えて下さってありがとうございます。次はやめられない止まらない!のブロッコリーに挑戦したいと思います。本当にありがとうございました。そしてご馳走様でした。

    • スガ より:

      ファランさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!とても素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます~(´∀`人) なのに、もんんのすごくお返事が遅くなりまして、本当にごめんなさい!!(´Д` )

      わぁ(´∀`人)
      作っていただきまして、ありがとうございます!!
      しかも大1個78円とは!なんとお買い物上手&ラッキーですね!!
      ごま油使っていますが、かなりかわいらしい量ですので、たくさん召し上がっても、全然かめへんですよ!
      あ、どちらかというと、ごま油よりベーコンの油のほうが要注意かもしれませんね(ノ∀`) まぁあれが美味しくてコクを出すんですけどね。
      とはいえ、一般的なドレッシングやマヨたちと比較すると、やはり、かわいらしい量ですので、全然大丈夫やないでしょうか(´∀`)b

      義両親さまのところにもお持ちになったとのこと!!(´∀`人)
      喜んでいただければ良いですね~(´∀`*)
      あっさりしているのに、はっきりした味という、言葉にすると矛盾した美味しさ、そして、生なのにたくさんいただける食べやすさがポイントかなぁと思いますので、お気に召していただけると本当に良いですね(*´∀`人)


      ブロッコリーのサラダ、あれもぜひぜひです(´∀`人)
      青臭さが吹っ飛ぶ&旨味コクたっぷりの味に仕上がりますし、これ1品で野菜とたんぱく質が摂れますから、もしファランさんがヘルシー志向の方でしたら、もう充分にメイン張れるおかずちゃうかなぁと思いますし、副菜でしたら少しの量でもボリュームと見栄えがしますので、これからブロッコリーがどんどんお安く美味しくなる時期、ぜひ、ご活用いただければ幸いです!!

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

  7. […] 画像引用元:http://mayukitchen.com/simple-lettuce-salad/ […]

  8. とうこ より:

    こんにちは。
    いつもスガさんのレシピを参考に作り置きおかずを作っています\(^o^)/
    美味しくて簡単で、ほとんど家にある材料や調味料でできるのでとても助かっています。

    こちらのレタスのサラダも何度もリピートしているのですが、いつもレタスをもみもみすると手が汚れるし、手袋するのも面倒だしと思っていたのですが、レタスをちぎったはしからビニール袋に入れて、調味料なども直接入れてもみもみしたら超簡単でした。
    当たり前のことすぎてどこかでスガさんもおっしゃっておられたら恥ずかしいのですが、ちょっとした発見だったのでご報告させていただきました。
    これからも美味しいレシピを楽しみにしています!

    • スガ より:

      とうこさん
      スガです。素敵なコメントありがとうございます!なのに、ご返信がものすごーーーく遅くなり、年も明けてしまい、ごめんなさい!!><

      ご意見いただいたビニール一括、確かに便利なんです!><
      でも……
      状況によって、破れてしまうことが多い※ので、載せていないんです……(´Д` )
      ※こんな状況です↓
      ・炒めたベーコンや肉&油類が、火からおろしたてだと高温のためビニールが溶ける
      ・炒める際に使用したフライパンがビニールに触れて溶けることがある

      メーカーによってビニールの丈夫さが違ったり、
      粗熱が取れるまで待つと、ベーコンや肉の「脂」が取れにくかったり、
      いろいろ検証したんですが、「これなら大丈夫&美味」というのが断言できなかったので、載せずじまいです……(´Д` )

      ありがとうございます。
      もう少し検証してみて、「これならいける!」が見つかれば、ぜひ、載せますね!
      絶対便利ですからね~(´∀`人)

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

  9. みなみ より:

    いつも楽しくブログ拝見させていただいてます。
    五階の角部屋さんの元レシピのURLと説明は消してしまわれたんでしょうか。

    • スガ より:

      みなみさん
      スガです。コメントありがとうございます!ご返信が遅くなりまして、ごめんなさい!!

      ご指摘ありがとうございます。
      元レシピからかけ離れたものになってしまいましたので、五階の角部屋さんの元レシピのURLと説明は消しました。。。
      シンプルな五階の角部屋さんの元レシピのURLはこちらです。
      https://cookpad.com/recipe/929648

      どうぞよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

身につく作り置き
新刊「身につく作り置き」出版のお知らせ

新刊「身につく作り置き」出版のお知らせです。 発売予定日

2017年1月22日の作り置き(12品)
2017年1月22日の作り置き(12品)

めずらしく炊き込みご飯を作りました。 うまく仕上がったのです

簡単!すぐ完成 大根の皮の漬物
簡単!食感よし、香りよし!大根の皮の漬物

冷蔵1週間 今回は、たくさんの方々からリクエストをいただいていた

2017年1月14日の作り置き(12品)
2017年1月14日の作り置き(12品)

寒いですね。 風邪やインフルエンザが流行っていますが、み

2017年1月9日の作り置き(11品)
2017年1月9日の作り置き(11品)

昨日やっと年賀状を投函しました。 年末年始がもう半年くら

→もっとみる

スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy