【野菜ひとつ】レタスのおひたし

包丁いらず レシピ 野菜のおかず レタス 野菜ひとつ 冷蔵4日 冷凍1か月 おつまみ お弁当のおかず ねかせておいしい 和風

【野菜ひとつ】レタスのおひたし

冷蔵4日/冷凍1か月


レタスのおひたし

今日は、レタスのおひたしのレシピをご紹介します。

レタスはゆでると、うんとカサが減り、たっぷりと食べられます。また、味がよくなじみますので、おひたしにしても、とてもおいしくいただけます。

あっさり、シャキシャキとした歯ざわりで、しっかりと冷やすと、蒸し暑い日でも箸が進みます。

手軽に出来る副菜です。もうあと一品の副菜に、あっさりとした酒の肴に、ぜひご活用くださいませ。

レシピについて

ちぎったレタスを、さっとゆでて水にさらし、水気を絞り、調味料で和えます。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • レタス 1個(300~500g×1)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • しょうゆ※ 大さじ2(30ml)
  • 砂糖 小さじ2

※あればぜひ、「うすくちしょうゆ」を使いましょう。きりっとした味わい、薄くきれいな色に仕上がります。

8人分

  • レタス 2個(300~500g×2)
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 400ml
  • (または)水400ml+顆粒和風だしの素 小さじ1
  • しょうゆ※ 大さじ4(60ml)
  • 砂糖 小さじ4

※あればぜひ、「うすくちしょうゆ」を使いましょう。きりっとした味わい、薄くきれいな色に仕上がります。

作り方

step
1
たっぷりのお湯を沸かし始めます。レタス1個で2リットル程度目安です。

レタスの歯ざわりを活かしますので、塩は入れません。

たっぷりのお湯を沸かし始めます

step
2
レタスの葉を1枚ずつはがして洗い、5~6cm角(指4本分の幅目安)にちぎり、ざるに入れて水気を切っておきます。

特に暑い時期は、芯に近いところがヌルッとなっていることがありますので、念入りに洗いましょう。

レタスレタス
レタスレタス

step
3
お湯が充分に沸騰したことを確認し、火加減は強めの中火にし、

沸騰

step
4
手順2のレタスを全部入れます。

菜箸を使い、レタスが熱湯に全部浸かるようにしましょう。

レタスレタス

step
5
1分ほどで、すぐに再度沸騰しようとしてきますので、ざるに取り、水に放ち、水を2~3回替えて冷まし、ざるに上げておきます。

「グラッとくる」という状態です。
水は氷水である必要はありません。
水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると、栄養分も流れ出てしまいます。

レタスレタス
レタスレタス
レタスレタス

step
6
ボウルに合わせ調味料の材料を混ぜ合わせます。

合わせ調味料

step
7
レタスの水分を、しっかりとぎゅっと絞ります。

かなりの水分が出ます。写真は撮影の都合から片手ですが、両手を使ってぎゅっと絞りましょう。

ゆでたレタスはしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと、味がぼけ、また、作り置きにも向きません。

ぎゅっと絞り

step
8
手順6の合わせ調味料のボウルに、レタスをほぐしながら加え、全体をほぐすようにして和えます。

レタスをよくほぐすことで、味がしっかりとなじみます。
菜箸でよくほぐしながら、ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせると良いです。

和えます和えます

step
9
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
出来立てでもおいしいですが、冷蔵庫で1時間以上冷やすと、あっさりと口当たりよく、よりおいしくいただけます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • レタスは、特に暑い時期は、芯に近いところがヌルッとなっていることがありますので、念入りに洗いましょう。
  • レタスを水につけておく時間は3分以内を目安にしましょう。それ以上つけると、栄養分も流れ出てしまいます。
  • ゆでたレタスはしっかりと水気を絞ってから調味料と和えましょう。水気が多いままですと、味がぼけ、また、作り置きにも向きません。
  • レタスをよくほぐすことで、味がしっかりとなじみます。
  • 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
  • 出来立てでもおいしいですが、冷蔵庫で1時間以上冷やすと、あっさりと口当たりよく、よりおいしくいただけます。

アレンジのヒント

  • いただく際に添えておいしい具材:かつお節/すりごま/いりごま/とろろ昆布/おろししょうが/刻み海苔
  • 一緒に和えておいしい具材:焼き海苔/ちりめんじゃこ/刻み昆布
  • お弁当に詰める際は、水気をよく切りましょう。

おすすめ食材、ツール

愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。


うすくちしょうゆはヒガシマルさんを使っています。東京にはうすくちしょうゆがなかなか売っていないので、amazonが重宝しています。

レタスのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】レタスのおひたし
【野菜ひとつ】レタスのおひたし

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、レタスのおひたしのレシピをご紹介します。 レタスはゆでると、うんとカサが減り、たっぷりと食 ...

レタスと鶏むね肉の旨塩炒め
レタスと鶏むね肉の旨塩炒め

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、たっぷりのレタスと鶏むね肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 レタスは熱を加え ...

【野菜ひとつ】塩昆布でレタスの浅漬け
【野菜ひとつ】塩昆布でレタスの浅漬け

冷蔵5日 今日は、塩昆布を使って作る、レタスの浅漬けのレシピをご紹介します。 このレシピは、火も包丁も使いません。ちぎっ ...

レタスと厚揚げの蒸し煮
レタスと厚揚げの蒸し煮

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、厚揚げとレタスを蒸し煮にするレシピをご紹介します。 油抜きをした厚揚げを、お好みの大きさに ...

【野菜ひとつ】レタスのレモン即席漬け
【野菜ひとつ】レタスのレモン即席漬け

冷蔵4日 今日は、レタスの即席漬けのレシピをご紹介します。 レモンの爽やかな風味を、オリーブオイルがフルーティーにまとめ ...


もっと見る

最新刊 2020/9/19発売

通常のレシピ本2冊分くらいのレシピを、ぎゅうぎゅうに詰め込んだ、大ボリュームの一冊です。レシピ数約300、季節ごと、週ごとの献立形式、食材リスト付きでのご紹介です。

最新刊「スガさんの 365日使えるつくりおき」出版のお知らせ
最新刊「スガさんの 365日使えるつくりおき」出版のお知らせ

続きを見る

-包丁いらず, レシピ, 野菜のおかず, レタス, 野菜ひとつ, 冷蔵4日, 冷凍1か月, おつまみ, お弁当のおかず, ねかせておいしい, 和風

© 2020 スガ