レシピ 野菜のおかず ごぼう 野菜ひとつ ごま いりごま 冷蔵1週間 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

甘酢ごぼうのごまがらめ

冷蔵1週間/冷凍1か月


甘酢ごぼうのごまがらめ

今日は、たっぷりのごまを使った、ごぼうレシピをご紹介します。

ごぼうを酢水で下ゆでしてしっかりとアクを抜き、仕上げに調味料で火を通すことで、簡単に確実に味がしみ込みます。

ご飯に合う、しっかりめの甘酢仕立てのおかずです。もうあと一品の副菜にはもちろん、冷めてもおいしいですので、お弁当のおかずとしても活用いただけます。

レシピについて

ごぼうを4~5cm長さのスティック状に切り、酢水でゆで、調味料を絡めて炒り煮にします。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • ごぼう 300~350g(中なら2本、大なら1本目安)
  • すりごま 大さじ2
  • (お好みで)一味唐辛子 小さじ1/4~
  • ■下ゆで用
  • 水 600ml(3カップ)
  • 酢 大さじ3(水200ml1カップに対し大さじ1)
  • ■合わせ調味料
  • 水 50ml
  • しょうゆ 大さじ1+小さじ2(25ml)
  • 酢 大さじ1+小さじ2(25ml)
  • みりん 大さじ1+小さじ2(25ml)
  • 砂糖 大さじ1+小さじ2
  • 顆粒和風だしの素 小さじ1/2

8人分

  • ごぼう 600~700g(中なら4本、大なら2本目安)
  • すりごま 大さじ4
  • (お好みで)一味唐辛子 小さじ1/2~
  • ■下ゆで用
  • 水 1200ml(6カップ)
  • 酢 大さじ6(水200ml1カップに対し大さじ1)
  • ■合わせ調味料
  • 水 100ml
  • しょうゆ 50ml(大さじ3+小さじ1)
  • 酢 50ml(大さじ3+小さじ1)
  • みりん 50ml(大さじ3+小さじ1)
  • 砂糖 大さじ3+小さじ1
  • 顆粒和風だしの素 小さじ1

作り方

step
1
フライパンか鍋に、下ゆで用の水と酢を入れておきます。


下ゆで用

step
2
ごぼうは、たわしなどで泥を洗い落とします。皮はむきません。

ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
シンクが狭い場合は、写真のように長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。

ごぼう
ごぼう

step
3
根元の硬い部分は切り落とし、扱いやすい長さに切ります。


ごぼう
ごぼう

step
4
太いものは縦4等分~2等分にして7~8mm幅程度(人差し指の半分の幅目安)、4~5cm長さ(指3本分の幅目安)に切り、切ったそばから手順1のフライパンに入れていきます。

切ったらすぐに酢水に入れることで、変色を防ぎます。

ごぼう
ごぼう
ごぼう
ごぼう

step
5
切ったごぼうをすべてフライパンに入れ、ふたをして強火にかけ、沸騰したら少し火を弱め、強めの中火で3分間加熱します。


ふたをして強火にかけ
ふたをして強火にかけ
ふたをして強火にかけ

step
6
ざるにあげて水気を切ります。


ざるにあげて
ざるにあげて

step
7
フライパンか鍋に、合わせ調味料の材料を入れて強めの中火にかけ、充分に沸騰させます。

充分に沸騰させることで、みりんのアルコール分を飛ばします。アルコール分が残ったままですと、雑味や余分な苦味が出てしまいます。
調味料は煮立ててからごぼうを加えることで、歯ごたえがおいしい仕上がりになります。

充分に沸騰させて
充分に沸騰させて

step
8
手順6のごぼうを加え2~3分ほど加熱し、煮汁が底に少し残り、ヘラでなぞれる程度まで煮ます。

火加減は強めの中火のままです。

煮ます
煮ます
煮ます

step
9
弱火にし、いりごま、一味唐辛子を加え、全体をざっとかき混ぜて、ごまを絡めます。

調味料の焦げ付きが気になるようなら、火は止めて、余熱で絡めても構いません。

ごぼう
ごぼう
ごぼう

step
10
保存の際は、

保存容器に入れる際、ゴムベラを使うと、無駄なく移せます。
粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
  • シンクが狭い場合は、ごぼうの長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。
  • 切ったらすぐに酢水に入れることで、変色を防ぎます。
  • 充分に沸騰させることで、みりんのアルコール分を飛ばします。アルコール分が残ったままですと、雑味や余分な苦味が出てしまいます。
  • 調味料は煮立ててからごぼうを加えることで、歯ごたえがおいしい仕上がりになります。
  • いりごまを絡める際、調味料の焦げ付きが気になるようなら、火は止めて行っても構いません。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に煮ておいしい具材:にんじん/こんにゃく/れんこん/大根/豚薄切り肉/鶏もも肉
  • マヨネーズと和えると、歯ごたえがしっかりとした、酒の肴にも合うサラダが出来上がります。
  • 斜め薄切りや、ささがきにして作っても。

おすすめ食材、ツール


内堀醸造の米酢は、酸味が強すぎず、まろやかで、優しいのにコクがある味ですので、口当たりがやわらかく、酢が苦手な方でも食べやすいと思います。酢の物、ドレッシングや煮物などにも、たっぷり使っても尖った味にならず、とてもまろやかな仕上がりとなります。


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


いわゆる「顆粒和風だしの素」は、味の素さんのほんだしを使っています。味の素やほんだしに対して「悪いもの」「甘え」「使ってはダメ」「手抜き」「これをおいしいと感じるのは味覚がおかしい」と、自分自身に呪いをかけている方が何と多いことか。素直に甘えれば良いのです。おいしいですよ。

ごぼうのレシピはこちらもどうぞ


ごぼうと鶏むね肉の甘辛ごまがらめ
ごぼうと鶏むね肉の甘辛ごまがらめ

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ごぼうと鶏むね肉を使ったメインおかずのレシピをご紹介します。 ごぼうと鶏むね肉を一緒にじっ ...

ごぼうとこんにゃくの炒り煮
ごぼうとこんにゃくの炒り煮

冷蔵5日 今日は、ごぼうとこんにゃくを使ったおかずのレシピをご紹介します。 ごぼうは、ささがきではなく薄切りに、こんにゃ ...

圧力鍋で作る 大豆と根菜の和風スープ
圧力鍋で作る 大豆と根菜の和風スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、大豆と根菜を圧力鍋でスープにするレシピをご紹介します。 乾燥大豆をだし汁で戻し、圧力鍋で炊 ...

圧力鍋で作る野菜豆
圧力鍋で作る 野菜豆

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、根菜と大豆を圧力鍋で炊くレシピをご紹介します。 乾燥大豆をだし汁で戻し、圧力鍋で炊くと、驚 ...

甘酢ごぼうのごまがらめ
甘酢ごぼうのごまがらめ

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、たっぷりのごまを使った、ごぼうレシピをご紹介します。 ごぼうを酢水で下ゆでしてしっかりと ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, ごぼう, 野菜ひとつ, ごま, いりごま, , 冷蔵1週間, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風