レシピ 常備菜 野菜のおかず ブロッコリー 野菜ひとつ すりごま マヨネーズ 冷蔵4日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 洋風

【野菜ひとつ】ブロッコリーのごまマヨ和え

投稿日:

冷蔵4日/冷凍1か月


ブロッコリーのごまマヨ和え

今日は、ブロッコリーを蒸して、たっぷりのすりごまとマヨネーズで和えるレシピをご紹介します。

ブロッコリーは蒸し煮にすることで、手早く仕上がり、ブロッコリーそのものの旨味や甘味が、しっかりと活きます。
マヨネーズは控えめ、しょうゆは香り付け程度の分量ですが、しっかり濃い味に仕上がります。

レシピについて

ブロッコリーを小房に分けてからフライパンで蒸し煮にし、粗熱を取ってから、すりごま、マヨネーズ、しょうゆで和えて出来上がりです。
ブロッコリーの洗い方、小房の分け方といった、ブロッコリーの下ごしらえも、少し詳しくご説明します。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • ブロッコリー 1株
  • ■蒸し煮用調味料
  • 水 60ml
  • 塩 小さじ1/2
  • ■合わせ調味料
  • すりごま 大さじ2
  • マヨネーズ 大さじ1+小さじ2
  • しょうゆ 小さじ1/2

8人分

  • ブロッコリー 2株
  • ■蒸し煮用調味料
  • 水 120ml
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • すりごま 大さじ4
  • マヨネーズ 大さじ3+小さじ1
  • しょうゆ 小さじ1

作り方

step
1
ボウルに水をはり、ブロッコリーの房をつけて振り洗いし、ごみや汚れを取り除きます。


振り洗い

step
2
房を下にして、斜めに包丁を入れ、房を切り離します。


房を切り離し
房を切り離し

step
3
大きいものは軸の方に切れ目を途中まで入れて、裂くようにし、大きさを揃えます。

房は刃物で切ると、モロモロになってしまいます。軸の方から切れ目を途中まで入れてから、手で裂きましょう。

切れ目
裂く

写真のように、切れ目は途中までで止めます。最後まで切り落としません。その後、手で割きます。

step
4
切ったそばから、フライパンに入れていくと良いです。

火はまだつけません。

フライパン

step
5
太い茎は、表面の硬い皮の部分を3~5mm厚さを目安に、厚く切り落とします。切り落とした部分は使いません。

表面の硬い皮の部分ですが、表面のみ薄く削って茎を食べることもできることはできるのですが、ブロッコリーによっては本当に硬く食べられない部分がありますので、厚く切り落とすのが無難です。

厚く切り落とします
厚く切り落とします
厚く切り落とします

step
7
斜め薄切りにします。

アスパラガスのように、1cm幅(人差し指の2/3幅)×3~4cm長さ(指2本分の幅目安)程度の棒状に切っても良いです。

斜め薄切り

step
7
ブロッコリーの房、茎ともフライパンに入れ、蒸し煮用調味料を加えて、ざっと混ぜ合わせ、


ブロッコリー
蒸し煮用調味料
ざっと混ぜ合わせ

step
8
ふたをして強めの中火にかけ、充分に蒸気が立ったら、1分ほど蒸し煮にします。


蒸し煮
蒸し煮

step
9
火を止め、ボウルに移し、冷まします。

もしフライパンに水分が残っていた場合、水分はボウルに移さないようにしましょう。

ふたをはずし
冷まします

step
10
粗熱が取れたら、合わせ調味料を加え、よく和えます。

湯気が出ず、手で触れる程度に冷ましてから和えましょう。熱いうちに和えると、マヨネーズが分離してしまいます。
菜箸よりも、ゴムベラのほうが混ぜ合わせやすいです。

合わせ調味料
よく和えます

step
11
保存の際は、

充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。
保存容器に入れる際、ゴムベラを使うと、無駄なく移せます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ブロッコリーの房は刃物で切ると、モロモロになってしまいます。軸の方から切れ目を途中まで入れてから、手で裂きましょう。
  • ブロッコリーの表面の硬い皮の部分は、表面のみ薄く削って茎を食べることもできることはできるのですが、ブロッコリーによっては本当に硬く食べられない部分がありますので、厚く切り落とすのが無難です。
  • 調味料は、湯気が出ず、手で触れる程度に冷ましてから和えましょう。熱いうちに和えると、マヨネーズが分離してしまいます。
  • ブロッコリーと調味料を和える際は、菜箸よりも、ゴムベラのほうが混ぜ合わせやすいです。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 加えておいしい具材:ナッツ類/お好みの豆類/ゆで卵/コーン/(野菜はいずれもゆでます)にんじん/さやいんげん/キャベツ
  • 耐熱容器に入れてココットやキッシュの具材としても。
  • さらにマヨネーズや溶けるチーズを加えてオーブンで焼いても。ただし塩分にはご注意くださいませ。

おすすめ食材、ツール

愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

ブロッコリーのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】ブロッコリーのごまマヨ和え
【野菜ひとつ】ブロッコリーのごまマヨ和え

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、ブロッコリーを蒸して、たっぷりのすりごまとマヨネーズで和えるレシピをご紹介します。 ブロッ ...

ツナ蒸しブロッコリーの粒マスタード和え
ツナ蒸しブロッコリーの粒マスタード和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ブロッコリーをツナで直接蒸して作るレシピをご紹介します。 ブロッコリーをツナで蒸し煮にして ...

【野菜ひとつ】蒸しブロッコリーの胡麻おかか和え
【野菜ひとつ】蒸しブロッコリーの胡麻おかか和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ブロッコリーを蒸して、すりごまとかつお節で和えるレシピをご紹介します。 ブロッコリーは蒸し ...

【野菜ひとつ】蒸しブロッコリーの焼き海苔和え
【野菜ひとつ】蒸しブロッコリーの焼き海苔和え

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ブロッコリーを蒸して、ごま油と焼き海苔で和えるレシピをご紹介します。 ブロッコリーは蒸し煮 ...

ブロッコリーとゆで卵のマスタードマヨサラダ
やめられない止まらない!ブロッコリーとゆで卵のマスタードマヨサラダ

冷蔵5日 今回は、ブロッコリー嫌いだったうちの子供たちが、むしゃむしゃ食べて止まらなくなってしまったレシピのご紹介です。 ...


もっと見る

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, ブロッコリー, 野菜ひとつ, すりごま, マヨネーズ, 冷蔵4日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 洋風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.