レシピ 野菜のおかず にんじん 野菜ひとつ めんつゆ 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

【野菜ひとつ】にんじんのきんぴら

冷蔵5日/冷凍1か月


にんじんのきんぴら

今日は、にんじんをきんぴらにしていただくレシピをご紹介します。

細切りにしたにんじんをじっくり炒めることで、にんじんの甘味をたっぷりと引き出して作ります。

かくし味にほんの少し加えている酢が、にんじんのクセを飛ばし、甘味を引き立て、コクのある仕上がりになります。

作り置きしておけば、お弁当のおかずに、もうあと一品の副菜に、ココットや卵焼きの彩りなど、何かと活躍します。

レシピについて

にんじんを細切りにし、じっくりと蒸し焼きにし、調味料で味付けします。仕上げに香り付けのしょうゆを加えます。

材料

4人分

  • にんじん 2本(150~200g×2本)
  • サラダ油 大さじ1
  • ■合わせ調味料
  • 酒 大さじ2
  • めんつゆ(3倍濃縮推奨) 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ2
  • 酢 小さじ1/2
  • ■仕上げ用調味料
  • いりごま 大さじ2
  • しょうゆ 小さじ1

8人分

  • にんじん 4本(150~200g×4本)
  • サラダ油 大さじ2
  • ■合わせ調味料
  • 酒 大さじ4
  • めんつゆ(3倍濃縮推奨) 大さじ2
  • しょうゆ 小さじ4
  • 酢 小さじ1
  • ■仕上げ用調味料
  • いりごま 大さじ4
  • しょうゆ 小さじ2

作り方

step
1
にんじんです。豊作の年は、かなり太くなりますので、1本で300g超えになります。

このレシピは4人分の味付けで300~400gまでOKですが、念のため重さを量るとよいです。今回は使い差しを足して約400g強で作っています。
多少重めでも問題はありませんが、5割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。
皮ごと使いますので、よく洗います。

にんじん
にんじん
にんじん

step
2
にんじんは皮ごと4~5cm長さ×3~5mm幅の細切りにします。まず、ヘタを切り落とし、4~5cm長さ(指3本分の幅目安)に切り、

この長さが、仕上がりの長さになります。

ヘタを切り落とします
4~5cm長さ

step
3
縦に置いて、2~3mm幅の薄切り(マッチ棒の幅が目安)にします。

この幅が、仕上がりの幅になります。

縦に置いて
2~3mm幅
2~3mm幅

step
4
横に並べて、端から2~3mm幅に切っていきます。マッチ棒がたくさんできるイメージです。

たくさん重ねて切るとズルッとすべって非常に危険ですので、重ねても3~4枚程度にし、並べて切りましょう。

2~3mm幅

step
5
切ったそばから、フライパンに入れていくとよいです。

火はまだつけません。

にんじん

step
6
合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

この作業は、手順7でにんじんを炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
7
サラダ油を入れ、よく混ぜ合わせてからふたをして、弱めの中火にかけます。

火加減は弱めの中火で、じっくりと火を通し、にんじんの甘味を引き出します。

サラダ油
よく混ぜ合わせ
ふたをして

step
8
充分に蒸気が立ったら、手順6の合わせ調味料を加え、かき混ぜて全体になじませ、


蒸気が立ったら
合わせ調味料
合わせ調味料

step
9
再びふたをして、弱火にして、蒸気が充分に立つまで、2分ほど加熱します。

ここでもじっくりと火を通し、にんじんの甘味を引き出します。

ふた
ふた

step
10
ふたを外し、いりごまを加え、中火にして全体をかき混ぜてから、

火加減を強くすることで、いりごまの香りが立ち、余分な水分が飛びます。

ふたを外し
いりごまを加え
全体をかき混ぜて

step
11
しょうゆをフライパンの鍋肌にそって加え、かき混ぜて全体になじませます。

充分に熱くなった鍋肌から入れることで、しょうゆの香りが立ちます。
やけどしないように注意しましょう。

しょうゆ
しょうゆ

step
10
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • にんじんは、豊作の年はかなり太くなりますので、1本で300g超えになります。念のため重さを量るとよいです。多少重めでも問題はありませんが、5割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。
  • にんじんを細切りにする際、たくさん重ねて切るとズルッとすべって非常に危険ですので、重ねても3~4枚程度にし、並べて切りましょう。
  • にんじんを加熱する際は、火加減は弱火~弱めの中火のまま、じっくりと火を通し、にんじんの甘味を引き出します。
  • 仕上げの際、火加減を強くすることで、いりごまの香りが立ち、余分な水分が飛びます。
  • しょうゆは、充分に熱くなった鍋肌から入れることで、しょうゆの香りが立ちます。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 加えておいしい具材:糸こんにゃく/輪切り唐辛子/きくらげ
  • 卵焼きの芯や、ココットの具材としてもどうぞ。
  • 作り置き保存して冷えた状態のものに、マヨネーズを和えるとサラダになります。ただし塩分にはご注意くださいませ。

おすすめ食材、ツール

ファンであり、愛用品のめんつゆです。かつお風味たっぷりの濃厚つゆです。ざるそば、そうめんのつけつゆにはもちろん、和え物、冷奴、鍋物、丼物、たまごがけごはんなど、とても手軽に、あらゆる和風料理がおいしく仕上がります。この1リットルサイズは、牛乳パックより少し太め+背が低めの容器です。

にんじんのレシピはこちらもどうぞ


にんじんとコーンのマヨサラダ
にんじんとコーンのマヨサラダ

冷蔵5日 今日は、にんじんとコーンを使ったサラダのレシピをご紹介します。 調味料は下味用の塩と、マヨネーズ、かくし味程度 ...

にんじんとツナのシンプルサラダ
にんじんとツナのシンプルサラダ

冷蔵5日 今日は、にんじんとツナを使ったサラダのレシピをご紹介します。 材料は、にんじん、ツナ缶、酢、塩こしょうのみです ...

切干大根とにんじんの塩昆布なます
切干大根とにんじんの塩昆布なます

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、切干大根とにんじんを、塩昆布を使ってなますにするレシピをご紹介します。 なますは味がきつく ...

圧力鍋で作る 大豆と根菜の和風スープ
圧力鍋で作る 大豆と根菜の和風スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、大豆と根菜を圧力鍋でスープにするレシピをご紹介します。 乾燥大豆をだし汁で戻し、圧力鍋で炊 ...

圧力鍋で作る野菜豆
圧力鍋で作る 野菜豆

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、根菜と大豆を圧力鍋で炊くレシピをご紹介します。 乾燥大豆をだし汁で戻し、圧力鍋で炊くと、驚 ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, にんじん, 野菜ひとつ, めんつゆ, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風