【野菜ひとつ】にんじんのきんぴら

レシピ 野菜のおかず にんじん 野菜ひとつ いりごま ごま油 赤唐辛子 冷蔵5日 冷凍1か月 おつまみ お弁当のおかず 時間がたってもおいしい 和風

【野菜ひとつ】にんじんのきんぴら

冷蔵5日/冷凍1か月

にんじんのきんぴら

今日は、にんじんの炒め物のレシピをご紹介します。

にんじんを千切りにして、フライパンで調味料で和えて、さっと炒めて出来上がりです。

にんじんがたっぷりと食べられる、甘辛味付けです。甘味調味料を使っていないとは思えないほど、にんじんの甘味が活きた仕上がりです。

もうあと一品の副菜にはもちろん、冷めてもおいしいですので、お弁当のおかず、おつまみにもどうぞ。

レシピについて

千切りにしたにんじんを、フライパンで調味料で和えてから、加熱して出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • にんじん 中2本(1本150~200g前後×2本)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ2(30ml)
  • 酒 大さじ1(15ml)
  • ごま油 大さじ1(15ml)
  • 顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • いりごま 大さじ1
  • 輪切り唐辛子※ 1本分(小さじ1)

※小さいお子さんがいらっしゃったり、辛味が苦手であれば、省いても構いません。

8人分

  • にんじん 中4本(1本150~200g前後×4本)
  • ■合わせ調味料
  • しょうゆ 大さじ4(60ml)
  • 酒 大さじ2(30ml)
  • ごま油 大さじ2(30ml)
  • 顆粒和風だしの素 小さじ1
  • いりごま 大さじ2
  • 輪切り唐辛子※ 2本分(小さじ2)

※小さいお子さんがいらっしゃったり、辛味が苦手であれば、省いても構いません。

作り方

step
1
にんじんは洗い、千切り用スライサーなどで、皮ごと千切りにしてフライパンに入れます。

多少重めでも問題はありませんが、2割増程度までにとどめたほうが、味付けがぼやけることがなく、うまく仕上がります。
皮ごと使いますので、よく洗います。

8人分以上など、大量になると、千切りにするだけで大変です。手伝ってもらったり、時間を作って休憩をしながら、無理をしないように仕込みましょう。無理をするとトラウマになるぐらい疲れます。

にんじんにんじん
にんじんにんじん

step
2
合わせ調味料を加え、和えるように全体をよく混ぜ合わせてから、ふたをせずに弱めの中火にかけます。

にんじんにんじん
にんじんにんじん

step
3
2~3分ほど経ち、「シューッ……」という音がしてきたら、ざっと全体を混ぜ合わせ、さらに1~2分ほどそのまま加熱します。

炒めている間は、ずっとかき混ぜている必要はありません。できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、かえって火の通りが悪くなってしまいます。

にんじんにんじん
にんじんにんじん

step
4
香りが立ち、にんじんがしんなりしたら、ざっと全体を混ぜ合わせて、火を止めます。

多少焦げても構いません。そのほうがおいしいです。

にんじんにんじん

step
5
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。
ゴムベラを使うと、無駄なく移し替えられます。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • 8人分以上など、大量になると、カットするだけで大変です。手伝ってもらったり、時間を作って休憩をしながら、無理をしないように仕込みましょう。無理をするとトラウマになるぐらい疲れます。
  • 炒めている間は、ずっとかき混ぜている必要はありません。できるだけ放置しましょう。むやみにいじると、かえって火の通りが悪くなってしまいます。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:糸こんにゃく/きくらげ/乾燥ちりめんじゃこ
  • いただく際、お好みで添えても:かつお節/ラー油/青ねぎ小口切り
  • 細切りにして作っても。
  • 卵と合います。玉子焼きやオムレツ、ココット、キッシュの具材としても。
  • マヨネーズと和えて、サラダとしても。
  • サンドイッチの具材にも。

おすすめ食材、ツール

しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


料理酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がります。

料理に使う酒は、ぜひ、アルコール入り、食塩無添加の酒を使いましょう。
酒は、材料の臭みを消したり、材料を柔らかくしたり、さっぱりとした甘味を付けたり、野菜の煮物にコクを付けたりと、その役割はとても大きいです。

にんじんのレシピはこちらもどうぞ


【野菜ひとつ】にんじんのコンソメサラダ
【野菜ひとつ】にんじんのコンソメサラダ

2021/7/21

冷蔵5日 今日は、にんじんを使ったサラダのレシピをご紹介します。 コンソメで仕上げた、あっさり、さっぱり、とても軽い口当 ...

【野菜ひとつ】にんじんのきんぴら
【野菜ひとつ】にんじんのきんぴら

2021/7/14

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、にんじんの炒め物のレシピをご紹介します。 にんじんを千切りにして、フライパンで調味料で和え ...

【野菜ひとつ】にんじんの旨塩炒め
【野菜ひとつ】にんじんの旨塩炒め

2021/7/6

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、にんじんの炒め物のレシピをご紹介します。 千切りにしたにんじんを、フライパンでさっと炒めて ...

豚こまの南蛮漬け
豚こまの南蛮漬け

2021/7/3

冷蔵5日 今日は、豚こま切れ肉を使った、メインおかずのレシピをご紹介します。 カリッと焼いた豚こま切れ肉を、たっぷりの玉 ...

おからと野菜の味噌マヨサラダ
おからと野菜の味噌マヨサラダ

2021/6/29

冷蔵4日 今日は、おからとたっぷりの野菜を使った、サラダのレシピをご紹介します。 おからがベースのサラダですので、食物繊 ...


もっと見る

梅干しの作り方

単身赴任のワンルーム住まいなので、もちろん家もベランダも狭いのですが、昔ながらの王道の作り方で作っています。長年作ってきた失敗&成功の経験や、狭いなりの工夫を交えてご説明いたします。

梅干し
梅干しの作り方

常温半年~ 今回は、梅干しの作り方をご紹介します。 2015年は東京で初めての夏を迎えたこともあり、東京の自宅でいただく ...

続きを見る