レシピ 野菜のおかず ごぼう こんにゃく 赤唐辛子 冷蔵5日 ねかせておいしい 和風

ごぼうとこんにゃくの炒り煮

冷蔵5日


ごぼうとこんにゃくの炒り煮

今日は、ごぼうとこんにゃくを使ったおかずのレシピをご紹介します。

ごぼうは、ささがきではなく薄切りに、こんにゃくは手でちぎりますので、きんぴらごぼうよりも作りやすいです。また、甘味は砂糖ではなくみりんを使い、ごぼうの繊維をしめ、より歯ごたえと香りをたっぷり味わいます。

冷めてもおいしいですので、もうあと一品の副菜にはもちろん、酒の肴や、お弁当のおかずにもどうぞ。

レシピについて

切ったごぼうと、下ゆでしたこんにゃくを調味料で煮て出来上がりです。

スポンサーリンク

材料

4人分

  • ごぼう 300~350g(中なら2本、大なら1本目安)
  • こんにゃく 1枚(200~250g×1)
  • 塩 小さじ1
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 100ml
  • (または)水100ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/4
  • しょうゆ 大さじ3(45ml)
  • みりん 大さじ2(30ml)
  • ごま油 大さじ1(15ml)
  • (お好みで)輪切り唐辛子 小さじ1(1本分)

8人分

  • ごぼう 600~700g(中なら4本、大なら2本目安)
  • こんにゃく 2枚(200~250g×2)
  • 塩 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • だし汁 200ml
  • (または)水200ml+顆粒和風だしの素 小さじ1/2
  • しょうゆ 大さじ6(90ml)
  • みりん 大さじ4(60ml)
  • ごま油 大さじ2(30ml)
  • (お好みで)輪切り唐辛子 小さじ2(2本分)

作り方

step
1
ごぼう約300gです。

写真は中サイズの泥付きごぼう2本を、2~3つに切ったものです。

ごぼう

step
2
ごぼうは、たわしなどで泥を洗い落とします。皮はむきません。

ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。
シンクが狭い場合は、写真のように長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。

ごぼう
ごぼう

step
3
根元の硬い部分は切り落とし、皮ごと5mm厚さ(人差し指の1/3幅目安)、3~4cm長さ(指2本分の幅目安)の斜め切りにします。

ごぼうはすぐに調理するので、水にはつけなくて問題ありません。しばらく調理しない場合や、アクがどうしても気になる場合は、変色を防ぐため水につけるとよいです。

ごぼう
ごぼう
ごぼう

step
4
合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせておきます。

この作業は、手順8でこんにゃくをゆでている間か、手順9でこんにゃくを炒めている間に行うと効率が良いですが、無理しない程度に対応しましょう。

合わせ調味料

step
5
こんにゃくの下ごしらえをします。お湯(こんにゃく1枚で800ml~1リットル目安)を沸かし始めましょう。


お湯

step
6
こんにゃくは手でひと口大(指でOKを作ったサイズが目安)に、引っ張るようにしてちぎります。

形がいびつになればなるほどOKです。こんにゃくは味がしみこみにくいので、断面をできるだけいびつにすることで、表面積を増やし、より味が絡むようにします。

ちぎります
ちぎります

step
7
こんにゃくと塩をボウルに入れ、水分がにじむまで、よくもみ込みます。

1分ほどもんでいると、たっぷりと水分が出てきます。
「あく抜き済み」のこんにゃくの場合は、この手順7は省いても構いません。

よくもみ込みます
よくもみ込みます
よくもみ込みます

step
8
充分に沸騰したお湯に、こんにゃくの水気を切って入れて強めの中火にかけ、2~3分ほどして再び沸騰してきたら、ざるにあげます。

こんにゃくはボウルごとザバーとお湯に入れるのではなく、こんにゃくから出た水分と、残った塩は入れないように、少しずつ手で掴むかお玉ですくって入れるとよいです。

沸騰したお湯
水気を切って入れ
再び沸騰
ざるにあげます

step
9
手順8のこんにゃくをフライパンに入れて強めの中火にかけます。ピューピューという音が鳴るまで炒めたら、

油はひかず、空炒りします。

こんにゃく
こんにゃく

step
10
手順3のごぼう、手順1の合わせ調味料を入れて、ざっとかき混ぜて全体をなじませて、


ごぼう
ごぼう
ごぼう

step
11
ふたをして強めの中火にかけます。蒸気が出たら、中火にしてガーッと5~6分ほど煮ます。

火にかけている間は、ほったらかしで構いません。洗い物でもしておきましょう。

火にかけ
火にかけ

step
12
ふたをはずし、いったん、ざっと底からかき混ぜて、煮汁を具材全体に絡め、中火のまま2分ほど煮ます。


煮ます
煮ます
煮ます

step
13
全体をかき混ぜて具材にまんべんなく煮汁を絡め、汁気が少しだけ残り、ヘラでフライパンの底がなぞれる程度に煮汁の汁気を煮飛ばします。

完全に煮切る必要はありません。少なくとも調味料に加えた油分は残ります。それ以上煮詰めると調味料が焦げてしまいます。
火を止めて粗熱が取れるにつれ、煮汁がごぼうにぐんぐんしみ込みます。

煮ます
煮ます

step
14
保存の際は、

粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。

保存します。

スポンサーリンク

作り置きのコツ・ポイント

  • ごぼうは、皮と実の間に旨味、香り、栄養が詰まっていますので、皮はむかずに調理することをおすすめします。スポンジの硬い面、アルミタワシ、アルミホイルを軽く丸めたものなどが、ごぼうの皮をむくことなく、泥を落としやすいです。シンクが狭い場合は、写真のように長さを2つ3つに切ってから洗うと良いです。
  • ごぼうはすぐに調理するので、水にはつけなくて問題ありません。しばらく調理しない場合や、アクがどうしても気になる場合は、変色を防ぐため水につけるとよいです。
  • こんにゃくは味がしみこみにくいので、断面をできるだけいびつにすることで、表面積を増やし、より味が絡むようにします。
  • 保存の際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 一緒に加えておいしい具材:にんじん/れんこん/お好みのきのこ類
  • いただく際に加えておいしい具材や調味料:かつお節/いりごま/青ねぎ小口切り/マヨネーズ/ラー油/粉チーズ/一味・七味唐辛子
  • 作り置きして冷蔵庫で冷えた状態のものを、マヨネーズで和えると、サラダ感覚でいただけます。
  • 細かく切って作るか、作ったものを細かく切り、お好み焼きの具材に混ぜても。

おすすめ食材、ツール


しょうゆはここ2年ほどで、「ヤマサ醤油 鮮度生活 特選丸大豆しょうゆ」に落ち着きました。使い終わりまでずっとしょうゆの色が、おろしたての淡く赤い色、旨味と香りを保つのが、とてもうれしいです。


みりんは、タカラの本みりんを愛用しています。スーパーで安価に入手できて、まろやかな甘味や照りが付くので、ずーっと使用しています。


最近ごま油は、こちらのお品を使っています。濃いんです。とにかく濃い。少量でごまの芳醇な香りがふわぁぁああっとなります。炒めもの、ラーメン、スープ、納豆、サラダ、おひたし、冷奴、全部幸せになります。

ごぼうのレシピはこちらもどうぞ


ごぼうと鶏むね肉の甘辛ごまがらめ
ごぼうと鶏むね肉の甘辛ごまがらめ

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ごぼうと鶏むね肉を使ったメインおかずのレシピをご紹介します。 ごぼうと鶏むね肉を一緒にじっ ...

ごぼうとこんにゃくの炒り煮
ごぼうとこんにゃくの炒り煮

冷蔵5日 今日は、ごぼうとこんにゃくを使ったおかずのレシピをご紹介します。 ごぼうは、ささがきではなく薄切りに、こんにゃ ...

圧力鍋で作る 大豆と根菜の和風スープ
圧力鍋で作る 大豆と根菜の和風スープ

冷蔵4日/冷凍1か月 今日は、大豆と根菜を圧力鍋でスープにするレシピをご紹介します。 乾燥大豆をだし汁で戻し、圧力鍋で炊 ...

圧力鍋で作る野菜豆
圧力鍋で作る 野菜豆

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、根菜と大豆を圧力鍋で炊くレシピをご紹介します。 乾燥大豆をだし汁で戻し、圧力鍋で炊くと、驚 ...

甘酢ごぼうのごまがらめ
甘酢ごぼうのごまがらめ

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、たっぷりのごまを使った、ごぼうレシピをご紹介します。 ごぼうを酢水で下ゆでしてしっかりと ...


もっと見る

他のレシピをさがす

-レシピ, 野菜のおかず, ごぼう, こんにゃく, 赤唐辛子, 冷蔵5日, ねかせておいしい, 和風