レシピ 常備菜 野菜のおかず にんじん 海藻・乾物 切干大根 油揚げ 冷蔵5日 ねかせておいしい 和風

もっとお手軽 切干大根の煮物

更新日:

冷蔵5日

切干大根の煮物
今回は、切干大根の煮物のレシピをご紹介します。

何を作ろうかな、そろそろ涼しくなってきたし……と、レシピを振り返って、あらま。
切干大根の煮物、とうの昔に上げたつもりで、上げていませんでしたね。

私の切干大根の煮物のレシピは、切干大根を戻さず使います。
もみ洗いや、水につけて戻して絞る、下ゆでするといった、切干大根を使った作り置きサラダなどでご紹介している、これらの手順は、煮物には一切ありません。

さっと洗って、すぐに調理しますので、切干大根の甘味と旨味が、そのまま煮汁に溶け込み、じんわりと広がります。
ですので、味付けに砂糖やみりんは加えません。だし汁と酒で煮込み、少しのしょうゆで仕上げます。

きっと、これまで切干大根の煮物を作ったことのある方からすると、「調味料の内容と分量がおかしくない??」と思われるかもしれません。
でも、自然な甘味と旨味がじんわりと染みる、滋味あふれる仕上がりになります。

豊富な食物繊維の摂取、そして減塩にも役立つこの一品、だまされたと思って、ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

切干大根を戻さず使いますので、時短はもちろん、自然な甘味と旨味が活きた仕上がりになります。

材料

4人分
切干大根 40g
にんじん 1/2本
油揚げ 1枚
だし汁 300ml
(または) 水300ml+顆粒だしの素小さじ2/3
 大さじ2
しょうゆ 大さじ1
8人分
切干大根 80g
にんじん 1本
油揚げ 2枚
だし汁 600ml
(または) 水600ml+顆粒だしの素小さじ山盛り1
 大さじ4
しょうゆ 大さじ2

具材 4人分 8人分
切干大根 40g 80g
にんじん 1/2本 1本
油揚げ 1枚 2枚
だし汁 300ml 600ml
(または) 水300ml+顆粒だしの素小さじ2/3 水600ml+顆粒だしの素小さじ山盛り1
大さじ2 大さじ4
しょうゆ 大さじ1 大さじ2

作り方

1 油揚げは油抜きをします油揚げは油抜きをします。

油揚げを熱湯に30秒ほどつけます。
火は、止めていても、加熱していても、どちらでも構いません。熱湯で、油揚げの両面を洗うようにします。

2 ざるにあけますざるにあけます。

油揚げは、このようにして表面の油を落とすことで、油臭さを抜き、仕上がりが油っぽくなることを防ぎます。また、よく味が染み込みます。

3 油揚げは、縦半分に切ってから、1cm幅前後に切りそろえます油揚げは、縦半分に切ってから、1cm幅前後に切りそろえます。

4 にんじんは、3mm幅程度の、少し太めの千切りにしますにんじんは、3mm幅程度の、少し太めの千切りにします。

5 切干大根は、水にさっとくぐらせて洗い、表面のごみなどを取り除きます切干大根は、水にさっとくぐらせて洗い、表面のごみなどを取り除きます。

6 鍋かフライパンに、だし汁と酒、油揚げ、にんじん、切干大根を入れます鍋かフライパンに、だし汁と酒、油揚げ、にんじん、切干大根を入れます。切干大根がもし長すぎるようなら、キッチンバサミで切りながら入れると良いです。

7 ふたをして、強火にかけますふたをして、強火にかけます。

8 煮立ったら、弱火にします煮立ったら、弱火にします。

弱火は、コンロとフライパンの半分くらいの間に炎の先がある程度です。
家庭用のガスコンロは、炎からフライパンや鍋に当たる距離が短いため、弱火でも充分に火が通ります。

9 時々、全体をざっとかき混ぜ、5~7分ほど煮て、にんじんが柔らかくなるまで火を通します時々、全体をざっとかき混ぜ、ふたをしたまま5~7分ほど煮て、にんじんが柔らかくなるまで火を通します。

この時点で、煮汁がひたひたに残っていても、まったく問題ありません。
冷めるときに具材が煮汁を吸い、味が染み込みます。

10 しょうゆを加えてしょうゆを加えて、

11 しょうゆが行き渡るように、全体をざっとかき混ぜますしょうゆが行き渡るように、全体をざっとかき混ぜます。
そのまま加熱して、沸騰したら、ひと呼吸置いて、すぐに火を止めます。沸騰してから30秒以内までを目安に火を止めましょう。

このように、「沸騰したら、ひと呼吸置いて、すぐに火を止める」ことを、「ひと煮立ちする(させる)」といいます。
しょうゆや、みそなど、長く煮ると香りが飛んでしまうもの、かつお節のように長く煮ると臭みが出るものは、「ひと煮立ち」のタイミングで火を止めると、おいしく仕上がりますよ。

12 しょうゆを加えて煮物は、冷めるときに味が染み込みます。その日の食卓でいただく場合も、いったん急冷し、いただく際に再度温めると、よく味が染みて、よりおいしくいただけます。

作り置きとして、すぐにいただかない場合は、できるだけ急速に冷ましてから、よく消毒した保存容器に移し替えて、冷蔵庫で保存しましょう。

一回り大きい鍋やボウル、シンクに水をはったところに、調理した鍋ごと入れて、氷+流水で、かき混ぜながら冷まします。もちろん、はった水に、氷をたくさん入れてもいいですよ。4~8人分程度でしたら、10~15分くらいで粗熱が取れます。

急冷することで、食中毒の予防にもなります。詳しくは、食中毒を防止するために 知識と実践をご参照くださいませ。

作り置きのコツ

  • 油揚げの油抜きは、熱湯で両面を洗うようにしましょう。
  • 切干大根を洗うのは、表面のごみを落とす程度です。もし長い場合は、キッチンバサミで切ると良いです。
  • だし汁と酒で具材を煮込み、具材に火が通ったら、しょうゆを加えてひと煮立ち、冷まして味を含めます。
  • 保存容器はしっかり消毒してから使いましょう。
アレンジのヒント

  • 干し椎茸を加えると、さらに旨味が出ます。その際は、4人分でだし汁200cc+椎茸の戻し汁100cc目安です。
  • 昆布、干しえび、高野豆腐など、色々な乾物が合います。昆布や干しえびは、だし汁にあらかじめつけておいてから調理するとよいです。高野豆腐は戻してから、お好みの大きさに切ったものを加えると良いです。
おすすめ食材、ツール
味、香り、歯ごたえがしっかりしていておいしい宮崎県産の切干大根です。使いごたえのある500gです。
私はよく大豆高野豆腐と一緒に購入しています。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, にんじん, 海藻・乾物, 切干大根, 油揚げ, 冷蔵5日, ねかせておいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.