レシピ 常備菜 野菜のおかず 夏の旬野菜 ピーマン なす お肉のおかず 冷蔵5日 冷凍1か月 時間がたってもおいしい 和風

ごはんが進む 鶏もも肉となすのにんにくみそ炒め

更新日:

冷蔵5日/冷凍1か月

鶏肉となすのにんにくみそ炒め
今日は、鶏もも肉となすを、にんにくみそで炒め合わせるレシピをご紹介します。

なすとピーマン、そして漬け込んだ鶏もも肉をそれぞれ炒め、最後ににんにくみそで炒め合わせます。
ひと手間かかりますが、よりおいしく確実に仕上がります。

スポンサーリンク

レシピについて

なすにしっかりと火を通してから、ピーマンを加えて炒めたらいったん取り出します。
そして、漬け込んだ鶏もも肉を焼いて、最後に合わせておいたにんにくみそで仕上げます。

材料

4人分
鶏もも肉 1枚(250~350g)
なす 4個(長なすなら2本)
ピーマン 2個
ごま油 大さじ1(なす&ピーマン炒め用)+小さじ1(鶏もも肉炒め用)
 大さじ1
■鶏肉の下味用調味料
 小さじ1
しょうゆ 小さじ1
にんにくすりおろし 小さじ1(1片分)
■合わせ調味料
みそ 大さじ2
砂糖 大さじ1
みりん 大さじ1
しょうゆ 小さじ1
にんにくすりおろし 小さじ1(1片分)
7~8人分
鶏もも肉 2枚(250~350g×2)
なす 8個(長なすなら4本)
ピーマン 4個
ごま油 大さじ2(なす&ピーマン炒め用)+小さじ2(鶏もも肉炒め用)
 大さじ2
■鶏肉の下味用調味料
 小さじ2
しょうゆ 小さじ2
にんにくすりおろし 小さじ2(2片分)
■合わせ調味料
みそ 大さじ4
砂糖 大さじ2
みりん 大さじ2
しょうゆ 小さじ2
にんにくすりおろし 小さじ1(1片分)

作り方

1 鶏もも肉は皮にフォークで穴をたくさん開けておきます。鶏もも肉は皮にフォークで穴をたくさん開けておきます。
こうすることで、味をしみ込みやすく、火の通りを良くし、また、皮の焼き縮みを防ぎます。

2 ひと口大に切ります。ひと口大に切ります。
ひと口大は、親指と人差し指でOKを作ったくらいのサイズです。キッチンバサミを使うと切りやすいです。

3 下味用調味料に漬け込み、ひと口大に切った鶏もも肉は、下味用調味料に漬け込み、冷蔵庫に置いておきます。この時点で3日間冷蔵保存可能です。
この間に、合わせ調味料や、なすとピーマンの準備をします。

4 合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。
よく混ぜ合わせて、みそをしっかりとほぐしておきましょう。

5 なすはガクを取り除きます。なすはガクを取り除きます。
鉛筆を削るように、斜めに包丁を入れると、無駄なく使えます。

6 ひと口大の乱切りにします。ひと口大の乱切りにします。
指でOKを作ったサイズを目安に、回しながら切っていくとよいです。

7 ピーマンは縦半分に切り、ピーマンは縦半分に切り、

8 ヘタを取ります。ヘタを取ります。
親指でヘタを外側から押すようにすると、パキッと取れます。

9 種やゴミを洗い流し、種やゴミを洗い流し、

10 3~4cm幅に切ります。3~4cm幅に切ります。
指2本分の幅を目安にすると良いです。

11 なすと油を入れますなすをフライパンに入れて、ごま油を回しかけ、なす全体に油がまわるように混ぜ合わせます。

12 ふたをして、弱めの中火にかけます。ふたをして、弱めの中火にかけます。
このまま2分ほど置いておくと「ジューッ……」という音がしてきますので、さらに1分ほどそのままにします。

13 酒を加えてなすに軽く焼き色がついたら、ざっと全体をかきまぜ、酒を加えて、

14 なすにしっかりと火を通します。ふたをして、2~3分ほど加熱し、なすにしっかりと火を通します。

15 ピーマンを加えてざっと混ぜ、2~3分ほど炒めピーマンを加えてざっと混ぜ、2~3分ほど炒め、ピーマンがしんなりとしたら、

16 いったん取り出します。いったん取り出します。
先に野菜を炒め、そのあとに鶏肉を焼くことで、それぞれにしっかりと火が通り、また、火が通り過ぎることを防ぎます。

17 鶏肉フライパンにごま油を足して中火で熱し、漬け込んでおいた鶏肉を、漬け汁ごと広げ入れて焼きます。

18 ひっくり返し、3~4分ほどそのままにして、焼き面がこんがりと焼けたら、ひっくり返し、

19 鶏肉にしっかりと火を通します。さらに3~4分ほどそのままにして、鶏肉にしっかりと火を通します。

フライパンがものすごく熱くなっていますので、表面ばかり焼けてしまうようなら、火を少し弱めましょう。

20 鶏肉に火が通ったら、なすとピーマンを戻し入れ、鶏肉に火が通ったら、なすとピーマンを戻し入れ、

21 合わせ調味料を加え、手順4の合わせ調味料を加え、全体をざっと混ぜ合わせて、からめるように30秒~1分ほど炒めて完成です。

煮汁を完全に煮詰める必要はありません。火を通すほど、野菜から水分が、鶏肉から脂が出て、どんどん煮汁だらけになってしまいます。炒め合わせるのは長くても1分程度にしましょう。

22 保存します保存する際は、しっかり粗熱を取ってから、充分に消毒した保存容器に入れて、冷蔵庫で保存します。

作り置きのコツ

  • 先に野菜を炒め、そのあとに鶏肉を焼くことで、それぞれにしっかりと火が通り、また、火が通り過ぎることを防ぎます。
  • 弱めの火加減ですが、時間が経つにつれてものすごく熱くなりますので、ずっと弱めの火加減で炒めることで、焦げたりせず進めることができます。
  • 鶏肉を加える時点のフライパンは、ものすごく熱くなっていますので、表面ばかり焼けてしまうようなら、火を少し弱めましょう。
  • 合わせ調味料を入れてからは、煮汁を完全に煮詰める必要はありません。火を通すほど、野菜から水分が、鶏肉から脂が出て、どんどん煮汁だらけになってしまいます。炒め合わせるのは長くても1分程度にしましょう。
  • 保存する際は、粗熱を取ってから、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫に入れましょう。
アレンジのヒント

  • 具材は他に、ししとう/オクラが合います。ピーマンと差し替えるとよいです。
  • 仕上げに輪切り唐辛子を加えてもよいです。手順22、なすとピーマンを戻し入れる際に一緒に入れると良いです。
  • 煮汁ごとごはんにかけて、丼としても。
  • チーズととても相性が良いので、溶けるチーズを混ぜ込んで、オーブンで焼いてもよいです。ただし、塩分には注意しましょう。
おすすめ食材、ツール
にんにくすりおろしは、これを使っています。普段使いにスプーンで簡単に計量することができて便利な、使いごたえのある1kgです。amazon定期おトク便購入です。

愛用品です。みそに差して、くるっと回して抜き取るだけで、簡単に軽量ができます。計量は2つあり、大さじ1、大さじ2を確実に計ることができ、そのまま溶くことが出来るので、とても便利です。
みそだけでなく、練りごまやコチジャンなどの粘性の強い調味料を計る際や、合わせ調味料を混ぜる際にも大活躍しています。

愛用品のキッチンバサミです。皮やスジ付き、調理済みの肉、骨付きの魚、ヌルヌルのイカも、皮ごと滑ることなくスパッと切れます。カーブがあるので、まな板、バットやお皿に乗っているままの食材も切りやすく、また、野菜などはこれでスパスパ切っています。錆びないのも嬉しいですね。
使い方のコツは、大きく刃を開いて一気に切ることです。面白いように切れます。紙を切ったり、刃先だけで切るのは不得意ですので、完全に調理用専用バサミとして使用しています。

愛用品のゴムべらです。スケッパーの刃先のような薄さ、弾力性としなやかさがあり、また、耐熱温度が200℃なので、木ベラ代わりに炒め・かき混ぜに使え、また、こびりつきがちな調味料も、熱いうちに根こそぎ残らずいただくことができる、素晴らしい逸品です。

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 常備菜, 野菜のおかず, 夏の旬野菜, ピーマン, なす, お肉のおかず, 冷蔵5日, 冷凍1か月, 時間がたってもおいしい, 和風

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.