レシピ 野菜のおかず ゴーヤ 玉ねぎ かつお節 すりごま 冷蔵5日 時間がたってもおいしい

しっかり苦味を抜いたゴーヤのサラダ

更新日:

冷蔵5日


ゴーヤのサラダ

今回は、ゴーヤのサラダのレシピを、ゴーヤの下ごしらえの方法と併せてご紹介します。

ゴーヤはビタミンなどの栄養素がたっぷりです。
ゴーヤ1本にはレモン2個分のビタミンCをはじめ、ビタミンB1やEが含まれていますので、疲れの回復や、日焼けのアフターケアとしても効果が期待できます。

また、カリウムが豊富に含まれているのも、嬉しいポイントです。
カリウムは、体の中の塩分を排泄し、利尿作用もありますので、むくみの防止や、血圧を安定させる働きがあります。

身体に良いとわかっていながらも、「この苦みが嫌い」という方。また、この苦味と歯ごたえが好きなのに、ゴーヤが苦手な家族のリクエストに応えようと色々なことをしたら、なんかヘナヘナで香りも味気も歯ごたえもなくなってしまった……という方も、ぜひ、お試しいただければ幸いです。

スポンサーリンク

レシピについて

ゴーヤ嫌いの下の子、ゴーヤ好きの私。
色々な下ごしらえと味付けを試して、「これならOK!」と、みんながおいしくいただけたサラダのレシピです。

完全に苦味が消えるわけではない、ということをご了承くださいませ。でも、苦味が感じにくくなり、ゴーヤの歯ごたえが活きた仕上がりになります。

たっぷりのかつお節とすりごまで仕上げますので、ゴーヤの苦味をさらにカバーするとともに、調味料は控え目で、おいしくいただけますよ。

材料

3~4人分

  • ゴーヤ 1本
  • 玉ねぎ 小1個(大きいものなら1/2個)
  • ■ゴーヤの下ごしらえ用
  • 塩 小さじ1
  • 砂糖 小さじ2
  • ■合わせ調味料
  • マヨネーズ※ 大さじ1+1/2
  • ※(マヨネーズが苦手な方は、オリーブオイルで代用できます) 大さじ1
  • しょうゆ 小さじ1/2
  • 粉末だしの素 小さじ1
  • すりごま 大さじ1
  • かつお節 10g(小袋2.5gパック×4袋)

6~8人分

  • ゴーヤ 2本
  • 玉ねぎ 小2個(大きいものなら1個)
  • ■ゴーヤの下ごしらえ用
  • 塩 小さじ2
  • 砂糖 小さじ4
  • ■合わせ調味料
  • マヨネーズ※ 大さじ3
  • ※(マヨネーズが苦手な方は、オリーブオイルで代用できます) 大さじ2
  • しょうゆ 小さじ1
  • 粉末だしの素 小さじ2
  • すりごま 大さじ2
  • かつお節 20g

作り方

step
1
あとで慌てないように、お湯を沸かし始め、氷水を用意しておきます。


お湯を沸かし始め
氷水を用意しておきます

step
2
ゴーヤは両端を切り落とします。


ゴーヤは両端を切り落とします。

step
3
長さを半分に切り、縦半分に切ります。


縦半分に切ります。

step
4
手で種とワタをかき出します。

ワタは完全に取り除く必要はありません。ワタは食べられますし、苦味もありません。ワタが苦いというのは都市伝説です。

手で種とワタをかき出します。

step
5
3mm程度の幅に切ります。

切り口を上にすると切りやすいです。3mm程度の幅が歯ごたえが活きた仕上がりになります。

3mm程度の幅に切ります。

step
6
下ごしらえ用の塩と砂糖を、よくもみ込みます。

水分がにじんで、泡立つくらいになります。

下ごしらえ用の塩と砂糖を
よくもみ込みます
泡立つくらいになります

step
7
充分に沸騰したお湯にゴーヤを一気に入れ、10数えたらざるに上げます。

充分に沸騰したお湯に
ゴーヤを一気に入れ
10数えたらざるに上げます。

step
8
すぐに氷水に放ちます。


すぐに氷水に放ちます。

step
9
粗熱が取れたら、ざるに上げます。

水につける時間は3分以内にしましょう。それ以上つけると、水っぽい仕上がりになってしまいます。

粗熱が取れたら、ざるに上げます。

step
10
玉ねぎはスライサーでスライスし、水に2~3分ほどさらします。

水に2~3分ほどさらします

この間に、合わせ調味料を用意しておきましょう。

step
11
大きなボウルに、合わせ調味料の材料を入れ、よく混ぜ合わせます。


合わせ調味料を混ぜ合わせておきます。

step
12
玉ねぎはざるに上げて、水気をぎゅっと絞り、

水につける時間は3分以内にしましょう。それ以上つけると、水っぽい仕上がりになってしまいます。

ゴーヤの水気をぎゅっと絞ってから、

step
13
ゴーヤの水気をぎゅっと絞り、

写真は片手ですが、両手でしっかりと絞りましょう。もちろん、清潔な布巾で包んで絞っても構いません。

ゴーヤの水気をぎゅっと絞ってから、

step
14
合わせ調味料と和えます。

手順11の合わせ調味料とよく混ぜ合わせます。

合わせ調味料と和えます。

step
15
冷蔵庫で冷やします。

出来立てもおいしいですが、冷蔵庫で30分以上冷やすと、全体の味がなじんで落ち着き、さらにおいしく召し上がれます。充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。

保存します。

作り置きのコツ・ポイント

  • ゴーヤは表面が固いですが、全体に柔軟性がある食材ですので、薄切りの際にスライサーを使うと、力を加えた際にゴーヤがぐにゅっと曲がるため、怪我をします。必ず包丁を使って薄切りにしましょう。
  • 氷水につけるのは、3分程度までにしましょう。それ以上つけると、水っぽい仕上がりになり、栄養分も抜けてしまいます。
  • 冷やす際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。

アレンジのヒント

  • 今回ご紹介する下ごしらえは、和え物やサラダなど、ゴーヤを使った色々なお料理に活用することが出来ます。ぜひ、お試しくださいませ。
  • かつお節に替えて、ツナを使っても美味しくいただけます。その場合は、レモン汁を小さじ1(3~4人分の場合)加えると良いです。
  • あっさりした仕上がりですので、とんかつ、唐揚げやコロッケなどの揚げ物やハンバーグなど、こってりとした肉料理の付け合わせにも、ぜひどうぞ。
  • ゴーヤの濃い緑色が彩り良く仕上がりますので、ワンプレートや肉料理の付け合わせにもどうぞ。

おすすめ食材、ツール

味付けに使う顆粒だしの素は、こちらを愛用しています。たっぷり1kg、グルタミン酸の宝庫です。浅漬けやドレッシング、煮物など、和食から洋食、中華、韓国、エスニックまで、幅広く活躍します。

愛用品です。これ一つで、つぶす、なめらかにする、混ぜる、和える、食卓の取り分けスプーンにと大活躍します。今回のように、サラダの具材を調味料とまんべんなく和える際は、具材と調味料が混ぜやすい形状ですので、大活躍します。
また、耐熱温度が200℃ですので、穴あきお玉としてはもちろん、揚げ物をすくう際や、炒める際の木べら代わりとしても充分に使え、食洗機でもきれいに洗える、優秀キッチンツールです。

ゴーヤのレシピはこちらもどうぞ


夏の滋養 ひじきとゴーヤのマリネ
夏の滋養 ひじきとゴーヤのマリネ

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、ひじきとゴーヤで作るマリネのレシピをご紹介します。 ひじきとゴーヤという、それだけでは味 ...

【野菜ひとつ】ゴーヤの佃煮 甘さひかえめ
【野菜ひとつ】ゴーヤの佃煮 甘さひかえめ

冷蔵10日/冷凍1か月 今日は、ゴーヤの佃煮のレシピをご紹介します。 砂糖ひかえめの佃煮です。 下ゆでをすることで苦味を ...

【野菜ひとつ】ゴーヤのおひたし
【野菜ひとつ】ゴーヤのおひたし

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ゴーヤのおひたしのレシピをご紹介します。 おひたしといっても、だし汁に薄口しょうゆ仕立てで ...

ごまたっぷり ゴーヤと豚こまの甘酢
ごまたっぷり ゴーヤと豚こまの甘酢

冷蔵5日/冷凍1か月 今日は、ゴーヤと豚こま切れ肉を使ったレシピをご紹介します。 カリッと揚げ焼きにしたゴーヤと、カリッ ...

【野菜ひとつ】ゴーヤのマリネ
【野菜ひとつ】ゴーヤのマリネ

冷蔵1週間/冷凍1か月 今日は、ゴーヤだけで作るマリネのレシピをご紹介します。 ゴーヤは塩と砂糖でしっかりともんでから、 ...

もっと見る

最新刊「しみこむ作り置き」詳細ご紹介

「近所の書店にない」「なかなか書店に行けない」という方々も多くいらっしゃると思います。全ページご紹介動画を作りましたので、立ち読み感覚でご覧ください。

最新刊
しみこむ作り置き

詳しくはこちら

-レシピ, 野菜のおかず, ゴーヤ, 玉ねぎ, かつお節, すりごま, 冷蔵5日, 時間がたってもおいしい

Copyright© 週末の作り置きレシピ , 2018 All Rights Reserved.