極上 豚の角煮

冷蔵1週間

豚の角煮
今回は、これまで私が試した中で、一番美味しかった豚の角煮のレシピをご紹介します。

豚肉にしょうゆを絡めてから、しっかりと焼くことで、旨味をギュッと閉じ込めるとともに、余分な脂をガンガン落とします。
そして調味料を絡めてから、昆布とともに、ゆっくりゆっくり加熱し、最後は寝かせて、ゆっくりゆっくり味を含ませつつ、さらに余分な脂を落とす、という手順です。

一見とても手間がかかりそうですが、意外とそうではなく、下ごしらえをして放置しておくと絶品料理が出来上がる手軽さが嬉しいレシピです。
これまで角煮を作ったことがあるけど、手間がかかるだけで、どうもパサパサする、赤身が固い、味が染みない、脂がくどい……という方は、ぜひお試しいただきたいレシピです。

一晩以上寝かせてから温めることで、よりいっそうおいしく召し上がれますので、休日や、夜に時間の取れる際に、ぜひ、お試しくださいませ。

スポンサーリンク

レシピについて

諸々見直しました。
大根や卵を加える場合の手順や、煮込む際のポイントも追記してご紹介します。写真は6人分です。

材料

具材 4人分 6人分
豚バラ肉ブロック 600g 900g~1kg
サラダ油 大さじ1 大さじ1+1/2
しょうゆ 大さじ4 大さじ6
砂糖 大さじ3 大さじ4+1/2
日本酒(料理酒や合成酒ではないもの) 200cc 300cc
昆布 20g(大2枚程度) 30g(大3枚程度)
800cc~(豚肉がかぶる程度) 1200cc~(豚肉がかぶる程度)
■お好みで
大根 1/3本 2/3本
4個 6個

作り方

お好みで大根や卵を加える場合は、事前に下ごしらえをしておくと、要領よく手順を進めることが出来ます。もちろん、豚肉だけを煮込んでもおいしいですので、手順を節目に分けてご説明します。
1. 大根の下ごしらえ
2. 卵のゆで方
3. 豚の角煮の作り方

1. 大根の下ごしらえ

1 大根の皮は厚めにむきます大根は厚めに皮をむきます。

大根を柔らかく炊く場合、せっかく柔らかく仕上げても、大根の皮のすぐそばにある筋が舌触りを悪くするので、皮は厚めにむいておきましょう。

2 皮は切干大根や浅漬けにします大根の皮は、切干大根や浅漬けにするとおいしくいただけます。私は、大根の皮を細切りにし、キッチンペーパーをひいたバットなどの平らな容器に並べて、3日ほど天日干しにし、切干大根にしています。

もしくは、寒い時期でしたら、ぜひ、根菜汁豚汁をおすすめします。動脈硬化や生活習慣病予防にも効果的といわれる、根菜類に含まれる食物繊維を無駄なくいただくことが出来て、体がとても温まりますよ。根菜や、野菜の皮の一掃メニューとしても、ぜひ、お役立ていただければ幸いです。

3 大根は十文字に切り目を入れます皮をむいた大根は、四つ割りなど、お好みの大きさに切ります。

大きめに使う場合は、深さ1cmほど十文字に切り込みを入れておきます。このようにすることで、味の染み込みが良くなります。この手順を「隠し包丁」といいます。

4 大根をゆでます大根の下ゆでをします。鍋に大根を並べ、水をひたひたに注ぎます。この時、米のとぎ汁、もしくは、水+小さじ1のぬか、水+大さじ1の生米を加えてゆでると、大根のアクがよく取れ、臭みが抜けます。
5 竹串がスッと通るまでゆでます沸騰したら、大根がコトコト揺れる程度に火を弱め、そのまま竹串がスッと通るまでゆでます。
6 ゆでた大根は洗い、水にさらしますゆで上がった大根は、鍋ごと流しへ持っていき、流水をかけて水の色が透明になるまで水を入れ替え、透明になった水にさらして冷ましておきます。冷めたら、手でやさしく水から引き上げておきます。

下ゆでした大根はとても柔らかいですので、ざるで受けてザバーとゆで汁を切ると、大根が崩れてしまうことがあります。このように扱うことで、大根がくずれず、また、水に浸して冷ますことで、より大根のアクと臭みを抜くことができます。

2. 卵のゆで方

1 卵のとがっていないほうに画鋲やキリで穴をあけます卵をゆでます。まず、卵のとがっていないほうに画鋲やキリで浅く穴をあけます。穴をあけてからゆでることで、卵の殻が中の薄皮ごと、するりとむくことができますよ。
2 卵をゆでます鍋に卵を並べ、ひたひたに水を注ぎ、酢大さじ1(分量外)を加え、ふたをして加熱します。
酢を入れることで、殻がよりいっそう割れにくく、もし割れても中身が出にくく、きれいに仕上がります。

よく沸騰したら火を止め、そのまま7分蒸らします。

3 急冷します卵がゆで上がったら、すぐに氷水にとって急冷し、3分間冷やします。
4 殻をむき、水にさらします殻をむき、水にさらします。こうすることで、硫黄臭さが取れます。

3. 豚の角煮の作り方

1 豚肉に醤油を揉み込みます豚肉の下ごしらえをします。
豚肉は常温に戻した後、5~6cm幅に切り揃えます。ボウルかビニール袋に入れて、しょうゆを加え、よく揉んで豚肉全体にしょうゆを絡ませます。そのまま10分ほど置いておきます。

写真ではビニール袋に入れて揉んでいます。こうすると手が汚れなくて済みますが、後で、ここに残ったしょうゆを鍋に加えるという手順がありますので、ボウルに入れて揉むほうが、やりやすいです。

2 豚肉を焼きます豚肉を焼きます。
フライパンを弱めの中火に熱し、サラダ油をひき、フライパンが温まったら弱火にします。そこに、手順1の豚肉を脂の面を下にして入れます。小さくジューッという音がしてきたら、そのまま2分ほど焼きます。すべての面を、2分ずつ焼きます。

しょうゆをまぶしているため、焦げやすいので、弱火で焼き付けましょう。焼いていると、そのうちたっぷりと脂が出てきます。

3 豚肉としょうゆを絡めます焼いた豚肉は、煮込み用の鍋に移して、ボウルまたはビニール袋に残ったしょうゆを加え、そのまま10分ほど置き、落ち着かせます。
粗熱が取れたら、鍋を弱火にかけ、とろりとするまで4分ほど、肉としょうゆを絡めながら煮詰めます。
4 豚肉を煮詰めますしょうゆがとろりとしてきたら、日本酒を加え、火を少し強めて7~8分煮て、アルコール分を飛ばします。
5 豚肉を煮込みます砂糖を入れ、水を豚肉がかぶるまで加えます。

大根や卵を加える場合は、豚肉と水を加えた上から加えます。このとき、調味料の分量は変えません。水のみ、大根や卵が完全にかぶるまで増やします。

全体を覆うようにして昆布を入れます。
昆布を加えるのは、うま味成分のグルタミン酸を追加するためです。うま味は2種類以上が合わさることで、何十倍にもうま味が活きます。豚肉のイノシン酸に、昆布のグルタミン酸を加えて、うま味たっぷりの角煮に仕上げます。

いよいよ煮込み開始です。

6 煮込み方法長くゆっくり煮込むのが、おいしく仕上がるコツです。3つの方法をご紹介します。

■弱火でじっくりと煮込む
90分間(時間に余裕があれば120分間)ていねいにアクと脂を取りながら、弱火でじっくり煮込み、そして肉をひっくり返してから、さらに90分間(時間に余裕があれば120分間)煮込みます。
途中で水を足して、具材が完全に煮汁にかぶるようにします。

■圧力鍋で煮込む
圧力鍋は高圧に設定して火にかけます。圧力がかかったら、おもりが揺れる程度の火加減に弱め、25~30分間加熱し、火を止め、そのまま冷まします。ゆで卵を加える場合は、冷めてから加えます。
圧力鍋を使う際は、次の2点に注意しましょう。
・内容量が鍋の2/3を超えないようにしましょう。煮汁があふれだすなど、事故の元になります。
・水は具材が完全にかぶる量まで加えましょう。特に、豚肉が水から出た状態で加圧すると、パサついた仕上がりになります。圧力が抜けた後、豚肉が煮汁から出ているようなら、豚肉が完全に被る程度に水を加えて加熱し、沸騰後、5分ほど加熱してから、冷まします。

7 ■保温調理
私は次の手順で、保温調理をしています。それぞれ好みがあると思いますが、私は保温調理での仕上がりのほうが好きです。

1)手順5の鍋を、ふたをして火にかけ、弱火で10分煮込みます。ゆで卵を加える場合は、一緒に煮込みましょう。
2)火から下ろし、新聞紙3~4枚で鍋をくるみます。
3)ダンボール箱にバスタオルをしき、新聞紙でくるんだ鍋を入れ、バスタオルできつめにくるみ、重しなどでダンボールのふたをしておきます。この状態で、4時間放置します。4時間以降はいたみますので、急冷して粗熱を取り、冷蔵保存しましょう。
新聞紙3~4枚ほどで鍋をくるみますダンボールにバスタオルを敷きますバスタオルでくるみますふたをします
# きっとシャトルシェフ的な保温調理鍋があれば、それで保温調理でOKだと思います。ほしいなあシャトルシェフ

8 仕上げ粗熱が取れたら、肉をひっくり返し、鍋ごと冷蔵庫で一昼夜(24時間程度)冷やします。煮物は冷める時に味が染み込みますので、柔らかくなった豚肉に、よりいっそう、味が染み渡ります。
大量の脂とアクが白く固まっていますので、取り除きます。鍋ごと冷やすことで、簡単に取り除くことが出来ますよ。
9 温めていただきます脂とアクを取り除いたら、鍋を火にかけて、沸騰したら弱火で5分ほど温めて出来上がりです。
トロットロ、つやつや、極上の豚の角煮をお召し上がりくださいませ。
作り置きのコツ

  • 豚肉は焦げないように、弱火でゆっくり、しっかりと全面を焼き付けましょう。旨味を閉じ込めるとともに、余分な脂をガンガン落とすことが出来ます。煮込んでも脂臭くならず、旨味がギュッと詰まった仕上がりになります。
  • 圧力鍋を使用する際は、具材が完全にかぶる程度の水を注いでから煮込みましょう。圧力が抜けた後、豚肉が煮汁から出ているようなら、豚肉が完全に被る程度に水を加えて加熱し、沸騰後、5分ほど加熱してから、冷ますと良いでしょう。こうすることで、肉のパサつきを抑えます。
  • 鍋ごと保存する場合は、常温なら1日2回(朝と晩)、火を通しておきましょう。
アレンジのヒント

  • いただく際、練り辛子、白髪ねぎ(ねぎの白い部分を、白髪のように縦にごく細くせん切りにしたもの)、ねぎの小口切りなどを添えてもおいしいです。山椒の葉や三つ葉を飾ると、お手軽に、ワンランク上の彩りを楽しめます。
  • 煮込んだ昆布は、そのままお召し上がりいただけます。
  • 豚の角煮の手順2、手順8で出た脂は、油こしやザルなどでこしたものを、塩少々を加え、消毒したビンに詰めると、旨味たっぷりのおいしいラードが出来上がります。野菜炒めや炒飯を作る際の油として、揚げ物をする際の揚げ油に混ぜたり、ラーメンスープの仕上げに少量混ぜるなど、コクと旨味がたっぷり出る、絶品の食用油として活用出来ます。冷蔵庫で2週間程度、保存が可能です。
  • 炊き込みご飯にもアレンジできます。角煮を細かく切って煮汁+水+舞茸などのきのこ類と合わせて、炊飯器で炊き上げます。
  • 豚肉のいい出汁が出た煮汁は、煮物にも活用が出来ます。パサつきがちな鶏むね肉と、小さめの一口大に切って下ゆでした大根を、ラードで炒め、煮汁がなくなるまで煮込んだら出来上がりです。
おすすめ食材、ツール
料理をする際の酒はタカラ「料理のための清酒」を愛用、1.8リットルパックで購入しています。塩分が含まれていないこと、また、飲むお酒では抑えられている雑味の中に含まれている、調理には有効な旨味成分を引き出すよう、独自の酵母で造られた清酒ですので、味のバランスが崩れず、ふんわり、まろやかに仕上がりますよ。
下記はAmazonなどへのリンクですが、お近くにアルコールを扱うスーパーやコープがある場合は、そちらの方が、お安くお買い求めいただけます。

こちらのレシピもどうぞ

秋刀魚(さんま)の梅煮

骨までおいしい!秋刀魚(さんま)・いわしの梅煮

冷蔵1週間 今回は、圧力鍋を使って、さんま、いわしが骨まで柔らかくおいしく食べられる、ご飯にお

レシピをみる

にしんの昆布巻き

旨味ふっくら にしんの昆布巻き

冷蔵1週間 今回は、圧力鍋を使った、にしんの昆布巻きのレシピをご紹介します。 にしんの昆

レシピをみる

山形のだし

夏野菜たっぷり!山形のだし

冷蔵5日 今回は、山形のだしのレシピをご紹介します。 私は関西人ですが、ここ近年、毎年夏

レシピをみる

生レタスで作り置き2 トマトとひき肉の生レタスサラダ

生レタスで作り置き2 トマトとひき肉の生レタスサラダ

冷蔵5日 今回は、レタスが生のまま、おいしく簡単に作り置きできるレシピ、第2弾のご紹介です。

レシピをみる

簡単きれい お手軽栗きんとん

簡単きれい お手軽栗きんとん

冷蔵5日 今回は、簡単にできる栗きんとんのレシピをご紹介します。 栗だけで上品にあっさり

レシピをみる

野菜たっぷりポテトサラダ

アレンジ、リメイクも満載!野菜たっぷりポテトサラダ

冷蔵5日 今回は、たっぷりの野菜で和えたポテトサラダのレシピをご紹介します。 来客時には

レシピをみる

鶏マヨ

節約簡単豪華おかず えびマヨちゃうよ「鶏マヨ」

冷蔵5日 今回は、安価な鶏むね肉を使って、ボリュームたっぷりの鶏マヨのレシピをご紹介します。

レシピをみる

切干大根のあっさり中華風サラダ

切干大根のあっさり中華風サラダ くらげのような歯ざわり

冷蔵5日 今回は、切干大根のサラダのレシピをご紹介します。 切干大根を、あっさりとした中

レシピをみる

とろとろなすのピリ辛炒り煮

辛うま!とろとろなすのピリ辛炒り煮

冷蔵1週間 今回は、食欲をそそる、なすのレシピをご紹介します。 甘辛でピリッとした味が、

レシピをみる

おから野菜マヨみそサラダ

ポテサラみたい?もっとヘルシー!おから野菜マヨみそサラダ

冷蔵4日 今回は、おからと野菜を使った、体に優しいサラダのレシピのご紹介です。 おからが

レシピをみる

Comment

  1. より:

    すがさん、こんばんは。
    以前ナムルに書き込みしたものです。
    あの時は温かいコメントありがとうございました。
    ナムルも旦那からプラチナ殿堂入り(笑)のお墨付きをもらい、
    毎週のように作っております。

    今回、気になっていた角煮をやっと作ることができました。
    他のレシピで作っても上手くいきませんでしたが、
    今回はついに成功!美味しい角煮を食べられてホクホクでした^o^
    肉のみ四人分で作ったので、次回は大根卵も一緒に6人分で挑戦してみます。
    いつもながら分かりやすいレシピをありがとうございます。

    ところで。このレシピにもある大根を煮ているお鍋。
    取っ手が丸く抜かれていますがもしかして他の鍋と重ねられるものでしょうか?
    収納が上手くいくように積み重ね可能な鍋を前々から探しているのですが、
    よかったらすがさんが使われている鍋のメーカーを教えていただけると嬉しいです。
    よろしくお願いします。

    • スガ より:

      遼さん
      とてもうれしいコメントをいただき、ありがとうございます!!(´∀`人)

      ナムルはご主人のプラチナ殿堂入りとは、とても光栄です!
      また、角煮もおいしくいただけたとのこと、本当によかったです (つ∀`)
      手間がすごくかかったと思います。
      お試しいただき、ありがとうございます~!

      さて、ご質問いただいた、大根を煮ているお鍋は、こちらです。
      ■アサヒ軽金属工業 ワイドオーブン(フライパン)
      http://www.asahikei.co.jp/campaign/wo.html

      私が持っている型は、少し古いですが、基本は同じです。

      上記ページでは、ダッチオーブンのような使い方や、パンやケーキを焼いたりなど、イケイケな使い方がメインに紹介されていますが、私が気に入っている点は、大きく以下です。

      ・油なしでも焦げ付かない
      ・フッ素加工なのに、鉄鍋と同じ使い方(空焼きし、一気に食材を熱する)が出来る
      ・そのまま食卓に出せる
      ・下ごしらえをして、そのままオーブンで調理できる
      ・柄がなく、かさが浅いので、冷めたらそのまま冷蔵保存できる
      ・本当に焦げ付かないこと、食卓にそのまま出せるので、チーズ入りなどの焦げやすい鍋料理が、おいしくいただける

      ここの調理器具は、だいぶ値がはりますが、本当に長持ちし、また、フライパン類については、長年使って汚れが落ちなかったり、フッ素加工がダメになっても、メンテナンスに出せば、新品同様で帰ってくるので、本当に重宝しています。もう充分、元は取っています(笑)
      もし、強いて欠点を述べるなら、少し重いかなー、という点だけです。

      ちなみに、私の使っている圧力鍋も、ここの圧力鍋です。
      古い型で、もう10年以上使っていますが、まだまだ大活躍していますよ。

      ご参考になれば幸いです(´∀`)ノ

  2. より:

    わ!これまたご丁寧な返信ありがとうございます!
    アサヒ軽金属工業は初めて聞きました。
    確かに鍋、フライパンで1万オーバーはかなり高い気がしますが
    それだけ長く使えるなら納得です。
    我が家はフライパンは普通のフッ素加工のものを1年単位で買い換えてますので、結果的には同じ値段(もしくはそれ以上)になってそうです^^;

    積み重ねは出来ないけれども、
    こういうしっかり長く使える鍋フライパンを大事に使うのもいいですね。
    今、海外に住んでいるのですぐに買う事はできませんが
    購入検討リストに入れさせていただきます。
    スガさん、お忙しい中どうもありがとうございました!!

    • スガ より:

      遼さん
      ご返信、ありがとうございます!!(´∀`人)

      あっ!肝心なことを書いていませんでしたね。ごめんなさい!
      このお鍋、ばっちり積み重ね収納できます(´∀`)b
      大きい鍋の上に、小さい鍋が、同じ向きですっぽり重なり、その上にフタを置けば、コンパクトに収納できます。

      柄がないので、下ごしらえなど、お湯を切ったり、少し炒めて取り出したり、という手順では、必ず両手を使わざるをえないので、最初は少し面倒に感じるかもしれませんが、慣れるとどうということはなくなります。
      # というか、それは別の小鍋やフライパンでやればいいですね (ノ∀`)

      おっしゃるように、ここのメーカーの商品は、とーっても長く使えるので、長い目でみると、とっても経済的です。
      今単身赴任なのですが、実家のほうには、すでにもう10年以上使い込んでいる柄付きのフライパン2台を置いてきています。柄付きのほうが、重いけど調理には使いやすいので、子供たちからの強いリクエストにより置いてきました(つ∀`)

      遼さんは今、海外にお住まいなのですね!
      そちらも寒いのでしょうか
      どうぞご自愛くださいませ(´∀`)

      ではまた/

  3. 沼田 由利 より:

    とてもていねいで分かりやすい豚の角煮のレシピで早速作ってみました
    大根と茹で卵も入れた為に材料がかぶる位の水を入れるとかなり調味料の分量が変わってきてしまい それについて書かれてなかったので味付けにとても困ってしまい 仕上がりもいまいちで残念でした

    • スガ より:

      沼田 由利さん
      スガです(´∀`)ノ ご指摘ありがとうございます!!せっかく作っていただいたのに、いまいちな仕上がりになったとのこと、本当にごめんなさい!!(´Д` )

      ご説明不足、大変申し訳ございませんでした。
      水の量はあくまで豚肉を覆う量でOKでして、大根や卵を加える際も、水、調味料の分量は変えないのです。
      写真のように、大根が煮汁のかさから出ていますが、煮ているうちに大根の水分が出ること、大根が縮むことから問題ありません。
      その旨、煮込みの手順5で追記させていただきました。

      また、冷ます際に味が染みること、いただく際に再び温めることで、大根や卵を加えても、水や調味料の分量は同じとなります。

      この度は申し訳ございませんでした。
      どうかこれに懲りず、また機会があればお試しいただければ幸いです。。。
      どうぞよろしくお願いいたします。

  4. 沼田 由利 より:

    この度はご丁寧な返信 ご指導ありがとうございました
    前回は角煮が初めてにも関わらず
    お肉が安かったこともあり 倍の量での調理で しかも保温鍋を使った為に 沸騰しないからと水も倍量入れてしまいました スガさまの今回のご指導で 量に関わらずお肉がかぶる程度のお水で…
    大根は水が出るので…というお話 とても勉強になりました
    ありがとうございました
    スガさまは女性の方でしょうか?
    とても素敵な文面でファンになってしまいました
    これからもおいしいお料理レシピを宜しくお願いいたします
    本当にありがとうございました

    • スガ より:

      沼田 由利さん
      スガです(´∀`)ノ わぁ!!とってもご丁寧なご返信をいただきまして、ありがとうございます!なのに、ご返信が遅くなり、ごめんなさい!!(´Д` )

      わぁ勉強になったなんて、とんでもないです><
      私のご説明不足にも関わらず、とてもお優しいコメントをいただき、こちらこそ感激です(つД`)

      大根は水が出るというのもありますが、卵もそうですが、入れるだけで、まず、煮汁のカサが増えるんですよね。
      それもあって、このレシピや、私の他の煮物のレシピもそうなんですが、倍量作る際も、煮汁や調味料って倍量にしないことがとても多いのです。
      特に野菜は、塩分もそうですが、砂糖を加えると、浸透圧の関係で、水分がどんどん出てきます。ですので、野菜の煮物を煮込み始めた頃、たとえば具材にだし汁と砂糖がまわったあたりで、「あれ?なんか煮汁が増えてる?」みたいなことが起こるのは、そのためです。

      由利さんは保温鍋をお持ちなのですね(´∀`人)
      すんごいうらやましいです!!
      私は昔から欲しいんですが、でかい圧力鍋が戸棚に鎮座していることから、置き場に困るという理由で、なかなか手が出せていません……(ノ∀`)

      あ、ご推察のように、私は女性です(´∀`)
      基本的に酒飲みの大食いですので、写真も豪快なものが多く、また、今は単身赴任な旨を時々書いていることもあり、よく男性と思われるようです(ノ∀`)
      いやーもうファンとかもうありがとうございます(ノ∀`) すごい恐縮です(ノ∀`)

      レシピは、今年に入ってからはまだ書けていませんが、ちょっと落ち着いたら、また少しずつ書いていきたいと思っています。遅筆ですが……(ノ∀`)

      こちらこそ、ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

  5. […] ・極上豚の角煮 週末の作り置きレシピ […]

  6. Hiro より:

    豚バラのレシピ有難うございます、たいへんおいしくいただけました。
    低温調理器ですが、ウチでは使わなくなった炊飯器を使っています、保温状態で一晩おけばイロイロ作れますよ。^^

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

←←前のレシピ
2014年8月31日の作り置き
次のレシピ→→
2014年9月7日の作り置き
2017年10月16日の作り置き(7品)
2017年10月16日の作り置き(7品)

東も西も、急激に寒くなりましたね。 秋の長雨は好きですが

2017年10月9日の作り置き(6品)
2017年10月9日の作り置き(6品)

木曜日の晩、帰国した上の娘と会い、 金曜日は銀座・六本木界隈

2017年10月2日の作り置き(8品)
2017年10月2日の作り置き(8品)

今週5日、上の娘が日本に帰って来ます。 成田着→東京の私の家

2017年9月25日の作り置き(7品)
2017年9月25日の作り置き(7品)

この週末は、ものすごく久しぶりに東京の自宅で過ごすことが出来ま

2017年9月19日の作り置き(12品)
2017年9月19日の作り置き(12品)

色々一段落したり、下の娘家族は娘の夫の実家に行ったりで、3連休

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy