休日に作る本格スパゲティ・ボロネーゼ (ミートソース)

冷蔵5日/冷凍1か月

本格ボロネーゼ
ガツンと焼いた挽き肉の旨味を、じっくり炒めたソフリット、トマトと赤ワインの風味でギュッと封じ込めたボロネーゼです。

手間と時間がかかりますが、本当に美味しいです。(*^-^*)←こんな顔になります。

たくさん作れて、1人分ずつ冷凍でき、ラザニア、ドリア、グラタンなど、他の料理にもガンガン使えますので、時間のとれる休日などに、ぜひお試しいただきたい一品です。

スポンサーリンク

レシピについて

Cpicon 本格ボロネーゼ(ミートソース) by まゆ庵
オリジナルのレシピです。
いろーんなボロネーゼのレシピを試して、おいしいとこ取りしたのと、ビーフシチューの作り方を応用してみました。カラメルが最強。甘くならずに深みが出ます。

材料

具材 8人分
挽き肉(できれば牛肉がオススメ、または合い挽き肉) 1kg(500g~1kgまでOKです。もちろん多いほうが具だくさん&お肉の旨味たっぷりで美味しいです!)
小さじ1/3
こしょう 小さじ1/3
オリーブオイル 大さじ1
■ソフリット
玉ねぎ 1個
セロリ 1/2本
にんじん 1/2本
にんにく 1~2片
オリーブオイル 50cc
■ベース
赤ワイン 300cc
トマト水煮缶 2缶
ブイヨンスープの素 1個
200cc
■香辛料
ローリエ 2枚
小さじ1/2
黒こしょう 小さじ1/3
バジル粉末 小さじ1/2
オレガノ粉末 小さじ1/3
■隠し味のカラメル
グラニュー糖 大さじ1
■仕上げ例:パスタの場合1人分
スパゲッティなど太めのパスタ 100g
バター 15g
パルメザンチーズ 大さじ2

作り方

1 野菜をきざみますソフリットを作ります。

玉ねぎ、セロリ、にんじん、にんにくを、それぞれ少し大きめのみじん切り(7~8mmくらいの大きさ)にします。フードプロセッサでガーとやると楽ですね。

ソフリットとは、玉ねぎ、セロリ、にんじんなど、炒めたら甘みの出る野菜を、オリーブオイルでじっくりと炒めて作る、イタリア料理の旨味の元として使われるものです。野菜の旨味や甘みをお料理に加えることができますので、煮込み料理などによく使われます。

2 オリーブオイル+にんにくフライパンにオリーブオイルを弱火で熱し、にんにくを1分くらい、いい香りが出るまで炒めます。
3 じっくり炒めますにんじん→セロリ→玉ねぎの順に炒めます。
約30分間ほど、焦がさないようにじっくりと茶色になるまで炒めます。

これで出来上がったものが、ソフリットです。

4 挽き肉を炒めます挽き肉はバットなどに広げて、塩こしょうをふっておきます。

フライパンを強火にかけて煙が立つくらい熱したら、オリーブオイルをひいて、挽き肉を加えます。

最初ざっくりと広げたら、それ以上混ぜずに、しっかりと焼き色をつけます。

5 挽き肉を炒める焼き色がついたらざっくりと返して焼く、これを何度か繰り返します。
6 挽き肉を炒める油が透明になって、カリッと焼き色がつくまで焼きます。
7 全体を強火で熱しますソフリットの入った煮込み用の鍋に挽き肉を入れ全体を混ぜて強火にかけてよく熱します。
8 ワインを注ぎます材料の2/3量のワインをジュワーッと注ぎます。
9 ワインを温めます挽き肉を炒めたフライパンは、油を捨てて、残りの1/3量のワインを注いで、強火にかけて木ベラ等で中身をこそぎ落としながら温めます。
10 ワインを注ぎます温まったワインを、手順8の鍋に加えます。

9~10の手順は、すごく手間に思えますが、肉汁が溶け込んだ赤ワインは隠し味として本当に素晴らしいこと、あと洗い物が格段に楽になるので、ぜひ省かずにお試しください。

11 赤ワインを煮詰めますワインがほとんどなくなるまで煮詰めます。
12 弱火で煮込みます弱火にし、ブイヨンスープの素と水、香辛料を鍋に加えます。

こまめにアクをとりながら煮込みましょう。

13 煮込みますアクが少なくなってきたら、トマト水煮を潰して加えます。

いよいよ、煮込み開始です。40分くらいコトコト煮込みます。焦げ付かないように、時々底から混ぜておきましょう。

14 カラメルを作ります煮込んでいる間に、隠し味のカラメルを作ります。

テフロン加工か鉄製の小鍋もしくはフライパンにグラニュー糖を入れて、そのまま混ぜないで、ごく弱火にかけます。

15 カラメルを作ります砂糖が溶けて茶色くなってきたら、フライパンをゆするか、木ベラを使って焦げないようにします。特に、ふちが焦げやすいので注意しましょう。
16 カラメルを作ります1cmくらいの大きめの泡がブツブツ立って濃い焦げ茶色になったら、煮汁をおたま1杯分入れます。

この時、ものすごく大きくジュワーッ!!!!!って音がしますが、大丈夫です。成功の音です。あせらないで、よくかき混ぜてから煮込み鍋に加えましょう。

17 カラメルを入れて煮込みますさらに10~15分くらい煮込みます。味見して、適宜塩こしょうして味を整えたら、鍋ごと自然に冷まして完成!です。お疲れさまでした。

冷蔵庫で一晩ねかせたら、より美味な仕上がりになります。

18 ミートソース冷凍一人分ずつ(おたま1杯強)に小分けにし冷凍保存すれば、いつでもおいしく食べられます。1か月くらいは冷凍保存がききます。
19 バターを加えますパスタで召し上がる際の仕上げ例です。
ボロネーゼソースにバター(1人分15g目安)を加え、弱めの中火で加熱します。
20 パルメザンチーズを加えます下パルメザンチーズ(1人分大さじ2杯くらい、たっぷりと)振り入れます。
21 パスタと和えます茹で上がったパスタを一気に和えて出来上がりです。
作り置きのコツ

  • 慣れれば、ソフリットを作る手順3と、挽き肉を炒める手順4~6は同時に進めることができます。その際、手順3のソフリットは、くれぐれも焦がさないようにしましょう。
  • 手順13でトマトの水煮を加えた後は、圧力鍋でも美味しく仕上がります。高圧設定で沸騰後1分加圧後、余熱調理でOKです。
  • 保存する際は、必ずよく冷ましてから冷蔵庫や冷凍庫に入れましょう。
アレンジのヒント

  • ラザニアパスタとベシャメルソース、そしてチーズがあれば、簡単に本格ラザニアが楽しめます。が、もっとお手軽に!オイルを塗った耐熱容器にボロネーゼソース、餃子の皮、ハインツホワイトソースを順に重ねてオーブントースターで7~8分ほど焼けば、お手軽ラザニアの出来上がりです。
  • 冷ご飯にボロネーゼソースととろけるチーズをかけてオーブントースターで温めれば、簡単ドリアの出来上がりです。
  • 蒸したじゃがいもに絡めてもおいしいですよ。
おすすめ食材、ツール
子供がパスタ好きのため、私はこれをAmazon定期おトク便で購入しています。
使いやすい1.6mmですので、特に塩味のあっさりしたソースがよく合いますが、表面がつるんとしているので、こってりしたトマトやクリーム系のソースもしつこくならず、どんなパスタメニューにも合うので重宝しています。

ゆで時間は、今回のように仕上げにソースと加熱しながら和えるのであれば、5分でOKです。
使いごたえがある量ですので、重曹を入れたお湯でゆでて中華麺のようにして、鍋のシメに使ったりもしていますよ。

こちらのレシピもどうぞ

鶏むね肉の甘酢煮

お酢でさっぱりやわらか!鶏むね肉の甘酢煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、安価な鶏むね肉が、柔らかく照り照りにおいしく仕上がる甘酢煮のレシ

レシピをみる

野菜たっぷりポテトサラダ

アレンジ、リメイクも満載!野菜たっぷりポテトサラダ

冷蔵5日 今回は、たっぷりの野菜で和えたポテトサラダのレシピをご紹介します。 来客時には

レシピをみる

コクと旨味たっぷり さつまいもと豚肉の甘辛炒め煮

コクと旨味とボリュームたっぷり さつまいもと豚肉の甘辛炒め煮

冷蔵5日 今回は、さつまいもレシピです。 何度も書いていますが、私は甘いものが苦手で、い

レシピをみる

具だくさん本格ミネストローネ

野菜を食べるスープ 具だくさん本格ミネストローネ

煮返して5日/冷蔵5日 ミネストローネは、イタリアの代表的なスープで、トマト・にんじん・玉ねぎ

レシピをみる

チリコンカン

辛うま!チリコンカンでおうちメキシカン 

冷蔵1週間 テキサス発、メキシコ風料理のチリコンカンは、スパイシーな風味で食欲不振が吹っ飛ぶ、

レシピをみる

夏野菜たっぷりラタトゥイユ

お手軽に本場の味!夏野菜たっぷりラタトゥイユ

冷蔵1週間/冷凍1か月 汗ばむ陽気が続いたら、そろそろラタトゥイユの季節到来です。 なす

レシピをみる

まぐろのアラの角煮

ご飯もお酒も進む!まぐろのアラの角煮

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、安価なまぐろのアラを使った、角煮のレシピをご紹介します。

レシピをみる

新じゃがの照り照り甘辛味噌炒め煮

ごはんが、お酒が、ガンガン進む、危険な炭水化物。新じゃがの甘辛味噌炒め煮

冷蔵5日 今回は、小さい新じゃがを使ったレシピをご紹介します。 皮をむかなくて調理できる

レシピをみる

中身ぎっしり!ほうれん草のトルティーヤ

中身ぎっしり!ほうれん草のトルティーヤ(スペインの田舎風オムレツ)

冷蔵5日 今回は、ほうれん草のトルティーヤのレシピをご紹介します。 トルティーヤとは

レシピをみる

玉ねぎたっぷりドレッシング

ひと手間で旨味と甘味たっぷり!玉ねぎたっぷりドレッシング

冷蔵1か月 今回は、加熱して作る、玉ねぎがたっぷり入ったドレッシングのレシピをご紹介します。

レシピをみる

Comment

  1. メロピー より:

    今回で作るのは二度目になります。前回はカラメルを入れませんでした。今回はカラメルにも挑戦してみました。煮込んでいる途中で味見をしましたが一度目とは雲泥の差です!深みがあって本当に美味しいです。
    お料理は手間暇掛けた分だけ、それに応えてくれるかのように美味しくなりますね。素晴らしいレシピをありがとうございます。

    • スガ より:

      メロピーさん
      スガです。コメントありがとうございます。ご返信がすごく遅くなってごめんなさい!!

      2回も作っていただいて、とても嬉しいです!!
      ありがとうございます。
      そして、カラメルを採用していただけたこと、また、お気に召していただけて、本当によかったです!!(´∀`人)

      カラメルは確かに一手間なのですが、やってみると確実に深みが増しますよね。
      面倒な手間を、そしてその美味しさを共有できることができて、本当にうれしいです(´∀`人)

      こちらこそ、ありがとうございました!
      今後ともよろしくお願いします(´∀`)ノ

  2. なお より:

    こんにちは。
    ミートソースが大好きで、いろいろ検索してたらこのレシピをみつけました。
    いつもは、適当に端折ったりしてしまうことが多いのですが、、、ソフリットも、お肉カリカリも、ワインも、カラメルも、一つずつ丁寧に作ると、こんなに美味しいんだぁ、と感動しました。
    美味しくできました。
    ミートソースだけでなく、他のレシピも参考にさせて頂きます!
    (私も酒飲みなので!)

    • スガ より:

      なおさん
      スガです(´∀`)ノ こんにちはです
      素敵なコメントをいただきまして、ありがとうございます~!!(*´∀`人)

      わぁーヽ(´∀`)ノ
      ミートソース大好きな方に、美味しく召し上がっていただけて、すごくすごく嬉しいです!!

      そうなんです
      私も昔は端折っていた(挽肉と玉ねぎをテキトーに炒めて、トマト缶とコンソメ入れて完了)のですが、ものは試しにと、一つひとつ「美味しくなる理由」と共に丁寧に作ってみると、あらま~これはごっつい美味しいわぁ~(゚д゚)となり、それからずっと、これです(´∀`)

      ここ最近はなかなか作れていないんですが、なおさんのコメントを拝読し、また作ってみたくなりました(*´∀`人)

      あっ 酒の肴レシピも、ぜひぜひ、お試しくださいませ(´∀`人)
      おヘルシーで、もたれないものが多いですよ~!

      ありがとうございました!
      では、今後とも、どうぞよろしくお願いします(´∀`)ノ

  3. くるみ より:

    はじめまして。素敵なレシピありがとうございます♪
    半分の量で作りました。
    圧力鍋に高圧の設定がないので1分だと、水分がまだ残っていて、水分が、ほとんどなくなるまで煮ました。これでいいしょうか。あと、カラメルですが、煮汁とはトマト缶をいれて煮たものを、砂糖の中に入れるということですよね?砂糖もなかなか溶けず不安になり、水を入れてしまいました。自分の作りやすい方法で、カラメルを作り、分量通りいれてもいいですよね。また、やってみます。ありがとうございます!

    • スガ より:

      くるみさん
      はじめまして(´∀`)ノ スガです!
      こちらこそ、作っていただきまして、ありがとうございます~!

      ご質問ありがとうございます。
      いろいろとご説明が不足しており、恐縮です(´Д` )

      ■1. 圧力鍋で煮込む件
      圧力をかけるのは1~3分程度でOKでして、圧力が抜けてから、水分を飛ばすように煮ていただいて構いません。
      圧力鍋で煮込む利点は、旨味が閉じ込められること、少しだけ時間短縮になることです。
      今回のような、粘性の強い煮物を、圧力鍋で長時間圧力をかけると、強い焦げ付きの原因となりますので、加圧1分としているのは、そのような理由のためです。
      ですので、加圧1分、自然放置後、お好みの固さまで煮詰めていただく、という方法で構いません(´∀`)

      ■2. カラメル
      砂糖が溶けないとのことですが、これは、まず煮汁を加える前に、砂糖だけをゆっくりと煮詰めることが大切です。
      手順14~15のように、ゆっくりと砂糖だけを加熱し、砂糖自体が大きく泡立つようになってから、煮汁を加えます。
      煮汁は、トマト缶を加えたものです。くるみさんが仰る、「水分がまだ残っている」という状態の、少しまだゆるい煮汁です。
      砂糖だけで泡立った状態に、この煮汁を少し(お玉1杯程度)加えると良いです。(´∀`)
      水を加えた状態とさほど変わりませんが、水を加えてしまうと、せっかくの煮汁が薄まってしまいますので、ゆるい煮汁を加えることをおすすめします。

      ご参考になれば幸いです(´∀`)
      では、どうぞよろしくお願いします。

  4. メイフイ より:

    最高です。実はもう三回も作ってます。二十年間いろんなミートソース作りました。使う材料にもよりますが、このれしぴは超絶に美味しいです。ありがとうございます。

    • スガ より:

      メイフイさん
      スガです(´∀`)ノ とっても嬉しいコメントをいただきまして、ありがとうございます!!(´∀`人)

      わぁ!(´∀`人)
      3回も作っていただいているんですね!!
      大変なお手間とお時間を割いていただき……(つД`)
      そして、20年間メイフイさんが出会われた、たくさんのミートソースレシピの中から、超絶美味しいとのご感想をいただき、感無量です(ノД`)

      そうなんです、これ、美味しいんです(自分で言うな)
      この美味しさが共有できて、本っ当に嬉しいです!!

      ここ近年はバターがなかなか手に入りませんが、バター無しでも充分に美味しいですし、スパゲティだけではなく、グラタンやドリアなどにも良く合いますので、ぜひ、これからもご贔屓いただけると幸いです!!

      ありがとうございました。
      今後ともよろしくお願いします(´∀`)ノ

  5. かれっじ名無しさん より:

    このページでは材料挽肉1kgとあり
    クックパッドのレシピでは500gとあります
    その他の材料に違いがないのですが1kgという表記は誤記でしょうか

    • スガ より:

      かれっじ名無しさん
      スガです(´∀`)ノ ご指摘ありがとうございます!(´Д` )

      こちら、クックパッドがご説明不足でした。ごめんなさい><
      クックパッドの「コツ・ポイント」に「1kgまでOK」と記載していたこと、500gでも1kgでも美味しくいただけましたが、やはり1kgのほうが当然具だくさんで美味しくいただけましたので、両方に追記をしておきました。。。(´Д` )

      このたびは、ありがとうございましたm(_”_)m
      また何かお気づきのことや、ご不明な点などがありましたら、どうぞご遠慮なくお申し付けくださいませ(´∀`)

      ではまた(´∀`)ノ

  6. メイフイ より:

    スガさん
    去年コメントさせていただきましたメイフイです。昨年は大変お世話になりありがとうございました。
    今年もまたまたまたまた作らせていただいてます。
    やっぱりおいしいです。スーパー超絶です。
    近頃は赤ワインを見たら作りたくなるほどです(笑)
    またお邪魔します。

    ご多忙でしょうから返信不要です!

    お礼まで。

    • スガ より:

      メイフイさん
      スガです!またまた作っていただいたとのこと、本当に嬉しいです!!ありがとうございます(*´∀`人)

      また、赤ワインを見たら作りたくなるほどなんて、、、
      いやーもう(つД`) めちゃくちゃ嬉しいです!!
      とても手間がかかるのに、そんなご感想をいただけるなんて・(つД`)・゚

      返信不要とのことでしたが、すごく嬉しかったので、せめてお礼を申し上げます!

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

  7. ももん より:

    初めまして☆
    美味しいボロネーゼ食べたくてこちらのページにたどり着きました。読んでいて作ってみたくなったのですが手順9は油を捨てるんでしょうか?捨てないんでしょうか?誤字みたいでどちらかわかりません(。> <。)教えていただけると嬉しいです。

    • スガ より:

      ももんさん
      はじめまして(´∀`)ノスガです!サイトをご覧いただきまして、ありがとうございます!また、ご指摘ありがとうございます!誤字があり申し訳ございませんでした><

      手順9は、油を捨てます。
      挽き肉を炒めたフライパンは、油を捨てて、残りの1/3量のワインを注いで、強火にかけて木ベラ等で中身をこそぎ落としながら温めます。
      と修正いたしました。
      大変失礼いたしました。

      こちらでお試しいただければ幸いです!
      どうぞよろしくお願いいたします(´∀`)ノ

  8. Takku より:

    たった今こちらのサイトを参考に作り終えました!たまには奥さんの代わりに子供達に料理を作ろうと奮闘しました笑
    すごい美味しいミートソースが完成し、今晩1日寝かせて更に美味しくなった頃に明日家族で食べようと思います^ ^
    わかりやすいレシピありがとうございます😊

    • スガ より:

      Takkuさん
      スガです(´∀`)ノ とっても素敵なコメントをいただき、ありがとうございます!なのに、ご返信がものすごーーーく遅くなりまして、本当にごめんなさい!!(´Д` )

      こちらのレシピを参考に作っていただいたとのこと!
      また、美味しく仕上がったとのこと、すごくすごくうれしいです!ありがとうございます(´∀`人)

      作るのはとても手間がかかったかと思います。
      奥さまに代わって作られたとのこと、すごいなぁ……(´Д` )

      1日ねかせたものは、特に格別かと思います。
      ぜひまた機会がありましたら、お作りいただけますと幸いです。

      ありがとうございました!
      ではまた(´∀`)ノ

  9. より:

    すっごく美味しいです!自分でもこんなに美味しいボロネーゼが出来るなんて感激!
    他のレシピも試してみたくなりました。

Message

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。*は必須項目です。

本当にたくさんのコメントをいただいており、現在、コメントへのご返信に2~3か月ほどお時間をいただいております。コメントへの返信が書きあがりましたら、ご記入いただいたメールアドレス宛にもご連絡いたします。

2018年1月15日の作り置き(15品)
2018年1月15日の作り置き(15品)

秋から葉物高いわ~って避けてたら、11月末からロクに葉物食べて

切干大根のイタリアン風 アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ
切干大根のイタリアン風 アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノ

冷蔵5日/冷凍1か月 今回は、切干大根の洋風煮物のレシピをご紹介

2018年1月9日の作り置き(10品)
2018年1月9日の作り置き(10品)

野菜が全部高いままですね。台風の後、年末と年始を挟んだので、時

新年あけましておめでとうございます 2018年1月1日の作り置き
新年あけましておめでとうございます 2018年1月1日の作り置き

新年あけましておめでとうございます。 本年もよろ

2017年12月25日の作り置き(8品)
2017年12月25日の作り置き(8品)

メリークリスマスです。 24日は昼から贅沢に、「火鍋」を

→もっとみる

↓↓感謝!好評発売中!!↓↓
スポンサーリンク
ぜんぜん おしゃれじゃない
Instagramやってます @sgmy